久しぶりにブログ。
梅雨も明け、本格的な夏。
しかし、暑いですね(;´Д`A。
水分補給 こまめになさって下さいね。

さて最近の、(お風呂本)は、こちら。

{4EAE3618-B0FA-4A6B-9A6A-A3BA6D870D7B}


司馬遼太郎さん好き公言しながら、まだ読んでなかったのかよっ、と言われそうですが。。
実は歴史好きな私ですが、どうも戦国時代は苦手なんです(^^;;。

そりゃあ、織田信長、豊臣秀吉ら、
スーパーヒーローのたくさん登場するこの時代。

逆にファンも多いでしょうね。

なんでかなあ、昔から苦手なんです(^^;;。

で、(関ヶ原)。
お風呂本とは、わたし言葉で、
湯船に浸かってるとき読む本  笑。

だからご覧くださいな、
しわしわ  笑笑。

しかも一回に読むのが短いから、なかなか前に進みません 笑。
3巻ある、2巻目の半ば。

いよいよ石田三成が、家康討伐の命を出したアタリです。

いよいよ面白くなってきました  笑。

狸の家康  狐の三成。

秀吉を支えた二人には、明確に違った目的があって、
両者とも、
しずしずと、
虎視眈々と、
決戦もまじか。

やはり面白いですね。

歴史モノが好きな私は、時系列の中には見られない、
主人公を、囲む人達の人間味溢れる描写が大好きです(良きも悪きも)。

護身ばかりに図る人、
武将らしく散る覚悟の人
戦に臨む人々らの立ち位置からまた、
歴史ストーリーは始まります。

家康や三成ばかりが主人公じゃないんですね。

これこそ、(歴史に学ぶ)ってことでしょうか。

すぐでも読みたいですがコレは悪魔でお風呂本 ( •̀ .̫ •́ )✧ 。昼間は封印です。

最近では、政治的な本を読むことが多くなり、
そちらは、ダーッと読むんですが、この本は
一行一行  線を引いたり、頭に胸に染み込ませて読んでます。

{C67E528E-E39C-4241-A6AA-C934A84CCFA7}


カナダのリズ ブルボーさんが最初、1987年に出版し、2012年に少し改定されたものです。

私が一番信頼している、占い師さんからのススメで、アマゾンで注文。

読みながら、感じ入ったり、腑に落としたり。

要は自分の体に問いかけて、
今 どのような思考でいるのがベターか、を
丁寧に書いてくれてる本です。

わたしはこうなりたい。

その思いを大切にしなさい、ということです。

しかし本を読んでるだけではいけないですね。

歴史ストーリーも、このような本も、
出来たら実を自分に取り入れたいと、
欲張りな私など、思うわけです。


さて最近、
やたらと気になるのが、
グレーを認めない風潮です。

シロかクロか。
怪しいか 清廉潔白か。

そんな感じ。

歴史ストーリー見てくださいな。
グレーな人など、てんこ盛りにいます  笑。

人間だから、間違いもあるし、
グレーじゃない方がおかしい。

テレビは見ないですが、たまにワイドショーなど動画で見ます。

(私たちの信頼を裏切った!)って。。

あなた普段、そんなにその方、信頼をしてたの?みたいな。いや、してないだろ、的な  笑。

(差別だ!ヘイトだ!)
いやいやアタナ、そんなあなたはどーなのさ、みたいな。

どうも私には苦手な、てか嫌いやわータイプは、
(弱者を盾にして、後ろから騒いでるヤカラ)なわけです。

自分の信じる人権とか、
社会的弱者を庇うならば、
全ての弱者にそうあって欲しいもんです。

虎の威を借る狐じゃあるまいし、
弱者の後ろから石をぶつけてるようなマネすんな!と、
温厚なワタクシなど、おもったりします。はい。

どんな生き物にも、もちろん人間にも、
役割があるのだろうと思います。
また、それぞれが、
あー  なんか幸せだーって思えたら
万事丸。

(信頼)
そんな美しい言葉に隠れてるんじゃいよいよ、みたいな  笑。
信頼なんて、言葉には表せないし、
信頼したり、そうかな?揺らいだり。

人ってそんな感じで生きてると思います。

揺らがないのは、他者への信頼より、
例えば 人権活動家が、世界中の差別を無くす!
みたいな、(信念)であったり、目的に向かっていく、チカラ、みたいなものだったり。


なんだか話したいことたくさんあって、
いつも通りの  独りよがりですが、

そんなこと考える毎日です。
AD