自転車ライフは6年目に突入 自転車


自転車のことや日常のちょっとした発見目 など


気が向いたときに更新してますニコニコ





テーマ:
【行程編】に引き続き、こちらも大変でした(笑)

とにかく、第一回大会ということもあって、事前情報がまるで無いんにゃ?
行ってみないことには、どんな人たちが何人くらいエントリーしているのかも分からないうーん

そんな状況で、前日やっと入手したエントリーリストに目を通すと 
参加者の99%近くは北海道の方々。そして、女子の参加者は全カテゴリーを合わせても、たったの5人

・Lクラス(HCF登録者) 2人
・オープン女子     2人
・J-Lクラス(HCF登録者/ジュニア)1人

私は「オープン」なので、同じカテゴリーのライバルは、たった一人心配

やっぱりレースで70キロとなると、地元の人もほとんど参加しない様子

実際、エントリー者の内訳的には
実業団チームReady Go JAPANの米田選手(今年の全日本で6位入賞)とTeam Nisekoの選手が2人(内一人はオープン)
そしてジュニアの女の子(なんと外国人w)が1人(笑)

ん~~やっぱり場違い!? 
東京から単独参戦の私・・・アウェー感バリバリ

【レース当日】

開会式ではHCF(北海道自転車競技連盟?)からの注意事項もあって、段々と緊張が高まるドキドキ

スタート前には、サインボードに出走サイン
「おーおーっ! プロみたい」と、ちょっとワクワク(笑)

ニュートラルモトにはスペアのホイール
カンパもあるんだってびっくり 感動

(写真は、モトライダーの方のブログから)

レースは、始めの2キロほどがパレードラン。

各カテゴリー毎のスタートではなくて、70キロコースに参加する選手が全員一緒にスタートします。

米田さんが一番前に並んでいたので、何となく女子はそこにかたまって先頭で出発。
実はこの「始めの2キロ」は平均5%ほどの上り。
先導車のサンルーフから旗を持って顔出してるHCFのおじさま?が
「パレードランだからゆっくり行きましょうね~!」って言ってたけど・・・
米田さんたちがピッタリ車の後ろを走るので(笑)
ちょっと煽られてる感じになって、だんだん車のペースも上がっていく(結果“ゆっくり”ではない・・・
しかも登り切った先がアクチュアルスタートの予定だったんだけど、
煽られ感に押されて?登り切る数メートル手前で白旗が振られる白旗(マジ
一斉に後ろから男子たちがダンシングで追い抜いて行く自転車
勢いにのまれて先頭集団には乗れずやばい 
慌てて後ろのグループに乗って走る

後から思うと、ここで全てが決まった気がする・・・

70キロコースは中盤の上り口までは、緩いアップダウンはあるものの、ほぼ平坦なコース

10人くらいの集団で入れ替わり立ち代わり前に出たり下がったりしながらレースは進行。
Team nisekoのジャージが多いけど、「先頭交代・・・」という感じでもない。

誰かが前に出てきてしばらく牽いて、疲れてきてペースが落ちたら別の人が前に出て・・・といった感じを繰り返す。
だからペースも上がったり下がったり
私もたまに前に出てみるけど(「たま」でスミマセンごめん、ペースを上げて牽き続ける脚はなしがっくし
先は長いし、登りも待ち構えてる・・・70キロのレースなんて初めてだから、自分がどれくらいいけるのか分からなくて、ついつい省エネ(ダメダメですね

ちなみに、私の唯一のライバル女子(オープンクラス)も同じ集団
途中ちょっとキツそうな感じだったので、平坦は得意じゃないのかな思ってたら、スルスルっと後ろから前に上がってきたりして・・・
「あれ全然余裕じゃん・・・」って。

一応、彼女にだけは負けられないので、彼女が前に上がってきた時には、すかさずマーク(笑)
登りが得意そうだったので、平坦のうちに引き離したかったけど
「切れたかなぁ~」って思うと、また後ろから上がって来て、なかなか離れられないうーん

前方はだだっ広い平原で視界も開けてる。前の集団は全く見えなくて
私たちは、完全に孤立した集団になってる感じ
風は微風だけど、遮るものが何もないので前に出るとキツい。

だんだんと登りの入り口が近づいてきて、川沿いの細いカーブが続く道になった時
前方に前から千切れてきたライダーを一人発見
やっと目標物が現れたので「よし彼まで追い付こう」と思って
前に出てペースを上げたら、意外にも後ろが離れ気味ほえ~ ヤッタグッド

そしてそのままの勢いで登りに突入
すかさず数人の男子たちがダンシングでペースアップ
確かこのあたりに脚切りポイントがあって、観客から「トップから8分差!」という声が飛ぶ。

ここから11キロ、平均勾配 6~7% の登り小山
せっかく良い勢いで登りに突入したけど、登りが苦手な私は一気にペースダウン
登りが得意そうだったライバル女子が後ろから上がってくるかもしれないけど「その時は勝負だ戦うと覚悟を決めて、同じくらいのペースの男性陣と付かず離れず黙々と上る・・・ 
途中、一度だけ後ろを振り返ったけど、ライバル女子の姿は無かった。

そうそう、ライバル女子といえば
登り口でダンシングで上げていく男子たちに紛れて、どこから現れたのか?ジュニアの外国人女子が良いテンポで上って行ったすごっ!
同じ女子クラスで順位に絡んでいるとは思わず、他人事のように
「軽くて、速いなぁ・・・おーっ」なんて感心しながら見送ったけど
実は彼女もライバル・・・のんきに見送ってる場合じゃなかった

レース後半戦は、この11キロの登りを皮切りにアップダウンが続く。
すでに敵は近くにいないし・・・
このあたりから、レースという感じが薄れてきて、ただ淡々とこなす感じ。周りを走ってる男性たちも皆そんな感じ。

それでも、下りではペースアップを試みて踏み込むぞと思ったら
右ふくらはぎ内側に違和感 攣りそうな気配・・・
「えーここで マジか。。。
仕方がないので、膝下に力を入れないように軽めに脚を回す
攣りそうな気配は解消できたけど、結局長い下り区間ではタイムを稼げず

その後のアップダウンはもうグダグダな感じ。
このあたりで、140キロコースのトップ集団がニュートラルモトを連れて右側を抜けて行く。
レース終盤でみんなキツそう・・・

さて、山でバラバラになっちゃったから、もう近くに人がいない
たまに前から下がってくる人はいたけど、一緒に下がっても仕方ないので、長い下りの後は、ほとんど一人旅
いったい何と戦っているか分からなくなってきて、どんどんモチベーションが下がる

残り10キロくらいからは、身体もあちこち痛くなってきて、脚も重い
特に左の股関節が“壊れた”って思うくらい痛くなってきてビックリ
左股関節なんて初めて痛くなったやられた

それでも、沿道で応援してくれる地元の人たちの声やきゅぴーん
牛や馬に励まされて?(笑)  リタイヤすることなく無事ゴール

トップから約32分差だって。。。遅っ
ってか、後半だけで24分離されるって・・・どんだけ登りが遅いんだガックリ・・・

初めてのロードレース・・・
振り返ってみれば、反省することばかりだけれど
ダメだったことも全て、やってみなければ分からなかったことだから
思い切ってチャレンジして良かったと思いますがんばる

5人しかいなかった女子総合は、3位。
2人だけのオープン女子は、1位になれたけど
私にとっては 『敢闘賞』・・・ 
多くの“初めて”と向き合って戦った自分へ
ちょっとだけご褒美ですスマイル

大会関係者の皆様、ボランティアスタッフの皆様、お疲れ様でした。
ありがとうございました

周回じゃない公道の長距離レースは、国内ではホントに貴重だと思います。
景色を楽しむ余裕は無かったけど、チャンスがあればまた行きたいです。

そうそう、リザルトが出てから知ったのですが
「70キロコース オープン」というリザルトもあって・・・
つまり、一緒に走ってたオープン参加の男性陣も実はライバルだったみたいです(笑)
最初から知ってたら、もうちょっと・・・ いや、変わらないか(笑)(笑)

男女混ざって一緒に走れるから、チームのみんなで参加したら楽しいかも音符

以上、レース報告おしまい。 
お疲れ様でしたぺこり

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう既に先週末ですが、何とかスケジュールの調整がついたので
予定通り「第一回 ニセコクラシック」に行ってきました
※レースの報告は後日まとめますぺこり

飛行機は貯まっているマイルで予約。
空きがある便が限られているので土曜日の14:00出発
帰りは月曜日の朝8:30現地発という強行スケジュール
あとは、ホテルとレンタカーを手配して・・・

いやぁ~ 自転車連れて一人旅は大変でした
そして北海道は広い

レースが終わったら少しくらいは観光もするつもりで、
カメラも持っていったのに出番なし
旅の間、ずーーーーーっと時間に追われてドキドキドキドキバタバタえ~ん

それでは、私の弾丸ニセコツアーをご紹介致します

① 羽田空港の駐車場・・・まさかの90分待ち

予定通り90分で順番がまわってくれば、フライト時刻まで約50分。
でも・・・予定より時間が掛かったら・・・
国内線だから乗るだけだったら余裕だけど、自転車を預けなきゃいけないし、お昼ごはんも食べたいし・・・
とにかく、初めての飛行機輪行だから予測がつかなくて不安倍増

[結果]
60分くらいで駐車場に入れられたのでセーフホッ
自転車もトラブルなく無事に預けられました(超過料金も無し)
でも、やっぱり余裕はなくて、ランチは早食いです


② 千歳からニセコへ爆走130キロ

空港のコンビニでお水と軽食を買って、レンタカー屋さんへ。
飛行機の到着が少し遅れたこともあって、レンタカー屋を出発する時は既に夕方17:00過ぎ。
レースの前日エントリー受付が19:00までだったので、慌ててカーナビに目的地を設定
・・・・・・・ え到着予測 20:30マジか
「全然間に合わないじゃん」「(大きな声では言えないけど)法定速度では走らないとしても1時間半は短縮できないよね・・・」(ココロの声)
前日エントリーは諦めて宿に直行するか少し迷ったけど、
どうせ行く方向は一緒だから、とりあえずチャレンジしてみることにしたダッシュダッシュダッシュダッシュ

慌てて出発しちゃったので、ドライブのお供のドリンクは水しかないしCDも持ってこなかったので、ラジオを聞こうと思ったらどのチャンネルからも「ザァーーーーーーー」というノイズが聞こえるばかりナク
無音で運転するのは寂しいので、携帯で音楽を聞こうと思ったけどバッテリーが残り僅か
この先、どんなトラブルが待っているか分からないので、こんなことで無駄遣いできないダメ
結局、無音のまま爆走
そうそう、北海道って街を抜けるとコンビニどころか自販機もなくて
缶コーヒーすらGET出来なかった おまけに、急な雨雲がやってきて、前が見えないくらいの豪雨に会うし レンタカーのワゴンは足回りがフワッフワで、コーナーでお尻振っちゃう感じだし
手に汗にぎる爆走130キロ。
でもね、景色の感じがフランスと似ててとっても素敵 
フランス旅行を思い出しました

[結果]
ギリギリセーフで前日エントリーに間に合いました


③ 宿にチェックイン

部屋に荷物を入れたらすぐ、車に戻って自転車の準備自転車
飛行機輪行のバッグから出して、ホイールをセット。
既に真っ暗だから、車のヘッドライトで照らしながらの作業
お陰でいっぱい蚊にくわれるの巻

部屋に戻って、ジャージにゼッケンつけたり、翌日の準備。
翌朝むっちゃ早いので・・・ お休みなさ~いねんね


★ここからレース終了までは、一応予定通りに進行。


④ ニセコから千歳へ高速使って爆走170キロ

レースは昼には終了予定。だから、千歳に戻りがてら名所観光する予定だった。
(実際ゴールしたのは11:30くらいだったと思う。)

しか~し そんなに上手く事は運ばなかった

私が出場した70キロコースは、スタート地点とゴール地点が離れていて
レース終了後に、スタート地点まで送迎バスで移動することになっていたバス

「バスに乗るにはどこにいればいいですか?」スタッフの方に尋ねると
「表彰式が終わってから13:30過ぎに出発予定ですので、その頃に玄関前にいて下さい。」
・・・13:30。ガーン2時間もある。
仕方がないので、コーヒー飲んだり、FBチェクしたり、補給食の余りを食べたり・・・

表彰式が少し長引いたので、結局バスが出発したのは14:30くらい?
スタート地点の駐車場に到着するころには15:00をまわって、
そこから自転車をバラして梱包作業~着替え etc


(一人取り残されて梱包頑張る!の図

やっと千歳に向かって出発できたのは、確か16:00過ぎ・・・
千歳のホテルに荷物を置いて、レンタカーはこの日中に返す予定。返却予定18:30。

行きの距離感を考えると2時間半で、チェックインと給油を済ませるのは厳しいか・・・
とにかく出発!ナビをセットすると、高速道路を使用するルートを薦めてる。
距離的には遠回りになるので、170キロ・・・ 
良くわからないし迷ってる時間ないから行くしかないGO

またしても 無音の爆走ドライブ170キロ(笑)

[結果]
給油してる時18:30の2分前。「すぐ行きます」と電話してセーフ


おなかペコペコすぎて胃が痛い(。>0<。)
でも、とにかくビールが飲みたくてw
レンタカー屋とホテルの間にあったファミレス?と思われるステーキ屋にIN

ホントは北海道の夜を満喫したかったのにファミレスとは・・・トホホやられた
だって髪はボサボサ、顔は塩吹いてるし 
コジャレた飲み屋に入れる状態じゃなかったんだもんほろり


⑤ 翌朝。ホテル~空港へ

翌朝のフライトは8:30。もうバタバタしたくないから早めに空港に行きたかったんだけど
30分毎に運行しているホテルのシャトルバスが、早くても7:30しか空いてないらしい
空港までは10分ほどらしいので、まあ間に合うとは思うけど・・・

[結果]
チェックインは間に合ったけど、手荷物検査の列に中国人のツアー客が大量のスーツケースと共に並んでる
セキュリティチェックの前にお土産と朝ごはんを買いたかったけど、一人だから列を離れるわけにもいかず、時間だけが過ぎていく
やっと荷物を預けられた時には、搭乗まで15分ほど
急いでお土産とサンドイッチを買って、セキュリティチェックへ
搭乗口に到着した時には既に搭乗が始まっていたけど、
搭乗に向かう列を横目に急いでサンドイッチを流し込むモグモグ
慌ただしすぎて食べた気がしないけど、何とか食べ終え無事搭乗ホッ



(写真、全然撮れなかったから、飛行機の窓越しに撮ってみたw)

帰宅後は、自転車の無事を確認してから休む間もなく出社

はぁ~~~~~ お疲れ様でしたグッタリ
ね・・・ 大変だったでしょ。(笑)

でも何とか無事に帰って来れて、
お一人様・飛行機輪行のシミュレーションは完了
次は台湾にでも行こうかなぁ(笑)飛行機

注 スケジュールは余裕をもってね (笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あっ・・・・・・・という間に6月 2014年も残り半分弱
怒涛の年末年始から 年度末まで駆け抜け 「乗り切ったぁ
と思ったら 何故か(有難いことに)4月に入っても多忙な日々ため息

数々のトラブルもあったけど・・・ 何とか乗り越えて 
最近やっと 少しだけ落ち着いてきたホッ

そんなわけで
今年はまだ1度もレースに参戦せずに ぬるま湯生活(苦笑)

そろそろ刺激を求めて 楽しいこと探し
来月は 初めての長距離レースに参戦予定ですドキドキ

しかも 北海道だから 初めての飛行機輪行ドキドキドキドキ

初めての土地に 一人で乗り込む・・・ 
荷物のこと 移動のこと
機材のこと 補給のこと そしてもちろんレースのこと
不安なことだらけでパニックになるけど 
そんなことも全部含めて 楽しんでみようと思うがんばる
夏の冒険旅行に向けて 準備は進行中

そうそう 準備といえば 実は私 ちょっとした持病のせいで
口内環境や胃の消化吸収があまりよろしくなくて
走りながら摂取する固形物の補給食セレクトが難しいうーんうーん
で、初長距離レースに持っていく補給食をどうするか悩んだ挙句
最近お気に入りのセミドライフルーツに着目


程よい酸味と水分 そして糖分(カロリー)
とても私向きな補給食だと思う たぶんね(笑)

ってことで とりあえず通販で大人買い

後は “脚” だな・・・



見本誌で頂いた雑誌を開いてみた。
多くの興味深い記事が目に留まる・・・
自転車を始めたばかりの頃を思い返し
随分と様変わりした自分の環境と感覚に驚くほえ~
あの頃よりも  想うことがいっぱいある・・・

ストレスフルな世の中で ココロが折れることもあるけれど
ネガティブなことは 汗をかいて忘れよう(笑)

そして  まずは自分が強くなろう かお
ストレッチ ストレッチ 腹筋 ストレッチ 走る 自転車

そして
7月の冒険旅行・・・ 仕事に邪魔されず 無事に行けますよ~にお祈り

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。