上海で、きのこ鍋屋というと「林海野生菇」きのこ

日本のテレビや、雑誌、ガイドブックなどでもよく取り上げられているお店です


こちらで「寒い夜には鍋を囲もう!」と、行って来ました

場所も日本人御用達のお店がひしめき合う古北地区

まず、お店のガラス窓にはビックリ!鍋の蒸気で曇りって中が見えない・・・ サウナ状態??

そしてお客さんは日本人だけかと思いきや、中国人でもけっこう賑わっている様子



席に着くとまずは、28種類ものキノコを10時間煮続けてできたと言うスープを素でいただきます

以前行ったきのこ鍋屋「磨力茹」 とはまた違った味わいでした


その後は、まず鍋底(ダシ)を選びます

今日は大人数なので、3つの鍋に別れて、鳥骨鶏・地鶏・スッポン

私の前の鍋は有無を言わさず「スッポン」が投入されました・・・・まぁよかったんだけどね。

                              ↓ほら、スッポンの頭・・・


キノコの種類は意外と少なかったような気がするけれど、季節により50-60種類はあるらしい

写真つき・効能つきのメニューを見ていると面白い


いろいろな種類をオーダーするも、店員さんがドンドン説明なしで鍋に投入するので、

実際、キノコの名前と姿の判別はほとんどつかなくなるきのこキノコ茸木野子づくしキノコを投入したら、蓋をして10分!



(写真右)のタレに付けて食べるのだけれど、このタレも独特

薄い醤油風味のタレに、ゴマ味噌のような塊が入っていて、コレを溶いていただくのだ

唐辛子、豆板醤、ニンニク、香菜などもあるので好みでアレンジ!

豆板醤とニンニクの具合で、坦々麺のタレみたいになりました 美味!



個人的に、特に美味しかったキノコをご紹介すると

<1>「竜目茸」という龍の目をイメージさせる見た目のキノコ

食べると、外はなめこのようにヌル・ツルンとしていて、噛むとシャキッとした食感、味は仄かにホヤのような風味があってちょっと癖があるのが後を引く感じ


<2>「アミガサ茸」は、その名の通り網目状に繊維が張りめぐっている茸

シャクシャク、っとした不思議な食感と、麩のようにだしを吸い込む素材が面白い


<1>竜目菌                       <2>アミガサ茸

一つ一つ、すり身をその場で丸めて作る、キノコと豚肉でできた「林海天然キノコ肉団子」も美味しかったなぁ

キノコも低カロリーながら、けっこうお腹が膨れます

うーーん、満腹と思った最後にサプライズが!!!


私事ながら、明日が私の誕生日

こんなステキなケーキを用意してくれていましたバースディヶーキ*

ふゎーーっ、感動感動

予想外すぎて、ちょっとフリーズ  嬉しい前夜祭となりました



さて、翌日の効果は、、、といいますと、

はい、お肌ツルツル、お腹快腸!やっぱりキノコ効果は侮れません!

風邪などへの免疫力もつくので、冬こそきのこ鍋が最適かもしれませんね



林海野生菇
住所:水城路12-20号和平広場2階
電話:6209-9952


AD