美肌食マイスター竹内美香のブログ

美肌食マイスターの視点から、健康や美容に関するちょっと役立つ知識をアップしています!


テーマ:

 

 

ビタミンは、人が生きていく上でかかせない栄養素で、脂質やたんぱく質・炭水化合物以外の有機化合物の総称を指しています。

 

ビタミンと一言で言ってもいくつかの種類があり、13種類に大別することができます。それぞれに固有の機能があり、人の身体の中で生成できないものも多いため、普段の食事の中でバランス良く摂取していく必要があるんですね。

 

 

 

またビタミンは、大きくは脂溶性と水溶性のものに分けることができます。脂溶性のビタミンは、油類と一緒に摂取することでその吸収率が向上しますし、水溶性のビタミンは尿などと共に排泄されやすいといった性質があります。

 

 

 

一般に脂溶性のビタミンとして知られているのが、ビタミンA・D・E・Kの4種類です。

 

ビタミンAは、体内の粘膜を正常に保つ等の働きがあり、緑黄色野菜に含まれるβカロテンと、動物性食品に含まれるレチノールにさらに分けることができます。

 

 

また、ビタミンDはカルシウムの働きを調整したり、ビタミンEは血行を促進することで、肌老化の要因となる酸化を防ぐ作用があることが知られていますね。ビタミンKは、骨の形成に直接関わる栄養素となり、女性に多い骨粗しょう症の防止などにも繋がります。

 

 

 

水溶性のビタミンとして知られているのが、ビタミンB1・B2・B6・B12・C・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンの9種類です。

 

ビタミンB1は、大豆や玄米などに豊富に含まれるビタミンで、健康的な素肌を保つのにかかせないストレスの蓄積を抑える作用もあります。

 

ビタミンB2は各細胞の再生を促し、ビタミンB6にはたんぱく質の代謝を促進する作用などがあります。

 

 

ビタミンCは抗酸化作用が強い成分としても知られ、肌のハリと弾力を内側から支えてくれているコラーゲンの生成にも欠かせない栄養素なんですね。

 

最近の美白化粧品と呼ばれるものには、このビタミンCをより肌に作用しやすい形に改良したビタミンC誘導体が広く利用されるようになり、シミやくすみの改善に使われています。ゴーヤやキウイとった野菜やフルーツに豊富に含まれていますね。

 

 

またビオチンも、肌の健康促進に役立つビタミンで、たんぱく質や脂質の代謝を促す作用があります。ピーナッツやレバー等に、多く含まれる水溶性のビタミンですね。

 

 

 

このように、ビタミンといってもいくつかの種類があり、それぞれで私たちの身体や肌に働きかけてくれる効果は違ってきます。

 

全てを意識して摂取し続けることは難しいですが、野菜を中心とした和食を日々心がけることで、自然とバランス良く摂れる食生活になるのではないでしょうか。食事の終わりのデザートに、フルーツを一品加えたりする工夫だけでも違ってきますね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

トマトや西瓜などに豊富に含まれる、赤色やオレンジ色の色素成分であるリコピンは、近年になって広く知られるようになってきました。

 

 

リコピンはカロテノイドのひとつで、野菜類に豊富なβ-カロテンもこのカロテノイドのひとつです。しかしながら、リコピンは摂取しても身体の中でビタミンAには変化しないため、それほどこれまで注目されてはいなかったんですね。

 

そのリコピンがもつ機能の中でも大きいのが抗酸化作用で、上述のβ-カロテンの2~3倍にもなり、ビタミンEと比べると100倍ほどになるとも言われています。

 

 

 

肌老化の大きな要因として活性酸素が知られていますが、この活性酸素が過剰に生成されると、肌はこれを抑えようとメラノサイトと呼ばれる細胞からメラニン色素が分泌されるようになります。このメラニン色素の沈着が、シミにそのまま繋がってしまうんです。

 

 

リコピンは強力な抗酸化作用をもつため、上記のメラニン色素が生成される要因となる活性酸素を駆除して、メラノサイトにもうメラニン色素はつくらなくても良いよ!と指示してくれるんですね。

 

そのため、シミに繋がるメラニン色素の生成が抑えられることで、健康的な肌が保たれるようになるという訳です。

 

 

 

またリコピンは、活性酸素の中でも特に肌への悪影響が強い一重酸素を駆除する作用に優れています。この一重酸素は、上記のようなメカニズムでシミを誘発してしまうだけでなく、肌の弾力やハリを保ってくれているコラーゲンを分解してしまう作用もあるため、小じわの原因にもなるんです。

 

 

 

リコピンを豊富に含む食品としては、トマトや西瓜がその代表的なものですが、ほかにもピンクグレープフルーツやグァバなどにも含まれています。

 

またリコピンは、油に溶けやすいという性質があるため、トマトもオリーブオイルなどをかけて一緒に摂ると、その吸収率もあげることができますね。

 

 

最近では、こうしたリコピンの美容作用が注目されるようになって、サプリメントなども提供されるようになってきています。こうしたもので補助的に補うのであれば、食後に摂る方が他の食品の脂質と共に口にすることになり、その吸収率も高まることになります。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

キレイで健康的な素肌を保つために、外部からのスキンケアは丁寧に行っていても、身体の内側からのケアを怠ってしまっている方というのは、意外に多いのではないでしょうか。

 

肌の老化を抑えて美しい肌をつくるためには、もちろん日々のお手入れは大切になりますが、普段の食生活によっても肌状態というのは大きな影響を受けるんですね。

 

 

 

海外のセレブの間でも、一時期マクロビオティックという言葉が流行りましたが、これは東洋の陰陽という思想に日本食を組み合わせた食事方法です。

 

日本の和食も、無形文化遺産に登録されたことで大きな注目を集めましたが、古来から続く一汁三菜を基本とした日本人の食生活は、自然と栄養バランスが整い、身体や肌へのエイジングケアができるものなんですね。

 

 

昔からよく言われる「孫はやさしいよ」で表現される、豆・ごま・米・わかめ・野菜・魚・しいたけ・芋・ヨーグルト(発酵食品類)などは、非常に低カロリーなのにも関わらず栄養価の高い食品です。

 

 

 

こうした食品を利用した献立を日々続けることで、過度なカロリー摂取を抑えながら、必要な栄養素をバランス良く摂ることが可能となり、それが素肌の健康にも内側から効いてくるようになるんです。

 

普段口にしているものから、日々新しい肌細胞もつくられていくわけですから、当然といえば当然ですね。

 

 

 

また、特定の肌トラブルを防ぐためにも、必要な栄養素を普段の食事から意識的に摂ることは大切です。

 

 

例えば、多くの女性の悩みとなるシミやくすみも、その根本的な原因となっているメラニン色素の沈着を抑える作用のあるビタミンCを、積極的に摂ることなども良いですね。

 

ブロッコリーやピーマンなどの野菜類や、キウイやイチゴなどのフルーツにも豊富に含まれている栄養素です。

 

 

しかしながら、ビタミンCは水溶性で体外へ排出されやすいという性質もあるため、こまめに摂取する工夫も必要になってきます。日々の3食に、必ず含有量豊富な野菜やフルーツを加えるなどしたいですね。

 

 

 

他にも、しっかりとした肌細胞を形成するために良質なたんぱく質の摂取は欠かせませんし、抗酸化作用の高いビタミンAなどは、肌組織や粘膜そのものを強くしてくれます。

 

また、ビタミンEなども、肌を外部刺激から守るバリア機能を整え、肌内の水分を保つ力を促す作用などがあります。

 

 

 

こうした各栄養素も、やはり和食を中心とした食生活を心がけることで自然と摂れるようになりますから、高カロリーな食事はできるだけ避け、内側健康的な素肌を育てていけるようにしたいですね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

キレイな素肌をつくる成分として、広く知られているのがビタミンC。フルーツや野菜類などから、手軽に摂ることができる栄養素ですが、肌にどのような作用があるのかを改めて考えてみたいと思います。

 

 

 

まず、強い還元作用をもつことから、シミの改善に有効というのが最もよく知られている働きではないでしょうか。

 

日焼けによる炎症を抑えたり、シミの根本的な原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあるんですね。ビタミンAもシミの予防に有効な成分として知られていますが、色素が沈着してシミができてしまった肌には、ビタミンCが非常に有効に作用してくれるんです。

 

 

 

この作用に注目して、美白化粧品と呼ばれるコスメにもビタミンCを応用したものが増えてきています。

 

しかしながら、ビタミンCは空気中で分解してしまいやすい性質があり、壊れてしまったビタミンCは、肌の角質の中に入り込むことができないために、肌に作用することができないんですね。

 

 

そこで一般的には、ビタミンC誘導体という改良を加えられたものを美白成分として配合することが多く、肌に直接作用させるのが難しかったビタミンCの弱点を改善しています。

 

このビタミンC誘導体は、空気中でも分解することなく、肌内に浸透してからビタミンCに変化する性質があるために、シミの改善に直接的に作用することができるんですね。

 

 

 

ビタミンCは他にも、肌の弾力を保つ役割を担ってくれている真皮層のコラーゲンの生成を促進する作用もあり、ハリ感の向上や小じわの予防にもつながります。

 

また、過剰に分泌されてしまう皮脂を抑え、活性酸素を分解する作用があることから、できてしまったニキビの炎症を抑えたり、ニキビの予防にもつながるんですね。

 

 

このようにビタミンCは、健康的な身体を保つのにかかせない栄養素であると同時に、さまざまな肌トラブルを予防し美しい素肌をキープするためにも、必要不可欠な成分なんです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

システインという成分は、近年ではサプリや健康食品にも利用されるようになり、その際にはL-システインという表記で目にする機会も増えてきました。

 

システインは、体内でも自然に合成され作られている成分でアミノ酸の一種となります。普段あまり耳にすることのない成分なのですが、健康的な身体を維持するためには欠かせない成分なんですね。

 

 

 

体内の有害な物質を外へ追い出す作用があり、二日酔いのための飲料やお薬としても利用されることが多いんです。

 

しかしながら、このシステインには抗酸化作用もあり、美白の大敵となるシミやくすみの防止にも深く関わることが注目されています。

 

 

 

女性の肌トラブルの悩みとして最も多いとされているシミですが、これは肌内のメラニン色素が沈着してしまうことで引き起こされます。シミの直接的な原因がメラニン色素なので、この生成を抑えることはそのままシミ予防にも繋がるんですね。

 

システインには、このメラニン色素の生成を抑える作用があるため、シミ予防に繋がる成分として認知されてきているということです。

 

 

 

また、人の肌状態は、体内の臓器の状態を反映しているとも言われるように、内臓とも深く関わっています。特にシステインには、肝機能を正常に保つ作用もあり、肝臓の状態が整うことで実は上記のメラニン色素の生成を抑えることにも繋がるんですね。

 

このようにシステインは、シミの原因となる肌内のメラニン色素に作用するだけでなく、身体の内側からもその生成を抑える作用があるということなんです。

 

 

 

システインは元々体内でも作られる成分であるため、サプリなどで補う以外にも、体内での生成を促してあげるという方法もありますね。

 

システインのもともとの原料となる成分は、メチオニンと呼ばれる必須アミノ酸で、このメチオニンを意識的にしっかり摂るような食生活をすることで、必然的にシステインの生成も促されることになります。

 

 

メチオニンは、チーズやミルクなどの乳製品や、お豆腐や納豆といった大豆を原料とした食品に豊富に含まれています。他にも、カツオなどの青魚にも含まれている成分です。

 

 

 

シミ対策というと、どうしても美白化粧品などを使った外側からのアプローチだけを考えてしまいがちですが、こうした普段の食生活などを意識した内側からのアプローチも、非常に大切になってくるんです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。