NEC_3863

このワンちゃんは、街で出会いました。

あんまり可愛くて写真を撮らせていただいちゃいました。

名前は「しずくちゃん」だそうです。

飼い主さんは、ホント目に入れても痛くないほど可愛がっている様子。

ペットというよりも家族。

子供よりもカワイイと目を細めていました。

そんな愛犬家の方が見たら憤るだろうニュース。

京華時報によれば今、中国でファッションと言う名の動物虐待が問題になっているそうです。

北京市郊外の通州区に住むある人が3月末、ペット市場で見かけた茶色のポメラニアンを2000元(約2万9000円)で買ったそうです。

ところが、洗う度に色落ちして、すっかり違う色になってしまったとのこと。

業者に抗議しようとしたそうですが行方がわからなくなっていたそうです。

中国で犬の毛染めが行われていて、染められた犬は購入後1週間で死んでしまうこともあるそうです。

「星期狗(ウィークリードッグ)」といわれ大量の薬液を浴びて瀕死の状態になった犬たちは、売りに出される時だけ痛み止めが与えられ、一時的に元気を取り戻すのだとのこと。

普通なら700元(約1万円)のトイプードルが、茶色に染めれば1500元(約2万2000円)の価値になるとのことで、事実であるならば許されない問題ですよね。

日本でも白いプードル犬の耳と尻尾がピンクだったり、緑だったり・・明らかに染毛しているワンちゃんを見かけることもあるけれど、健康被害はないのかな?

染められているワンちゃんは、自分が可愛くなったって喜んでいるのかな?

以前、中国では二重まぶたに整形したワンちゃんや、パンダ色に染められたチャウチャウ犬の問題もありましたが、動物のかわいさって見た目だけじゃないと思うんだけど・・。
AD