【登場キャラクター】

・森繁ちとせ

・炉端イチカ

・ちとせの父親


【あらすじ】

初日から大変な学校生活を体験し、帰宅後ちとせとともに夕食を楽しむイチカ。排泄のやり方を教わるがやはり欠陥同然ぼシステムであった。それらの改善点を踏まえ、開発者であるちとせの父親「アップデート」を頼むが...


【考察・感想等】

ついに最終回(?)。


初日から大量の欠陥があり、直すにはなんと早くても1年〜5年は掛かると言われ、ここで悩むはずのイチカも、大人のボディには勝てませんでした。わかるわかる


ちとせの気持ちをまだ理解していなかったイチカも、きっとちとせを喜ばせたかったのでしょうね。


やっぱり、本当は友達になりたかったちとせでしたね〜。イチカの突然の別れに怒りつつも、布団を敷いておく優しさはなかなか友情を感じさせますね。


イチカの豊胸はどこかであるとは思っていましたが、やはり来てしまいました。

豊胸グッズはかなり簡素な作りになっているようですが、ぷるんぷるんぼいんぼいん。それでもあの変態女性警察官には敵わなさそうですけど。


そして最後はやっぱり「カチャ」からの「ファンファンファン」でしたね。とてものりお先生らしいこの終わり方には、どこか安心感がありました。


週チャン44号から始まり約1ヶ月という短い期間の中での作品でしたが、のりお先生の個性溢れるエロワールドは毎週一番の楽しみでした。最後には「このお話のつづきにご期待ください!」とあるので、またいつか見れるかもしれませんね。のりお先生お疲れ様でした。


また、小学生並みの読解力で書き続けたこのブログを見てくださって本当にありがとうございました。

恐らく今後の更新はありませんが、このブログ自体はずっと残しておきます。ただし、諸事情でライブドアの方に移転させます。詳しくは別記事でお知らせします。


それでは。

AD
【登場キャラクター】
・森繁ちとせ
・炉端イチカ
・ちとせの父親
・女性警官

【あらすじ】
初日からハプニングだらけの学校生活を終えて、帰宅したちとせとイチカ。イチカは念のための点検で一時期に猫に意識を移され、ちとせに「自分はロボット」であることを証明しようとするが、なかなかタイミングが合わない。そこへ、突然交番で出会った女性警官が訪ねてくる。パンツを返したついでにイチカのことを探し始め、これまでかと思い白状すると...

【考察・感想等】
点検作業でちくびを付け直してもらったイチカ。よかったね!

点検作業中はどこを見ようが、触ろうが、仕方ないね。あーんなところもこーんなところも...うひひ

ちとせは、イチカのことを本心ではロボットだと信じているみたいですが、表面上は信じていない感じでやっているみたいです。ちくび取れるぐらいだからそりゃ信じるよね

猫はやっぱりのりお先生溺愛のマム猫がモデルだそうです。前作では猫シーンが少なめでしたが、今回は増えるのかも...?

そして、タイトル通りやってきた女性警官はあのクールさを一気に失い、変なムードへ...
完全に百合漫画と化しました。あとやっぱりでかい。

ナデナデしたり、ペロペロしたり...なんて、かなりド直球ですね。笑撃のエンドでした。
AD
【登場キャラクター】
・森繁ちとせ
・炉端イチカ
・ちとせの父親(声のみ)
・戌井うみこ 

【あらすじ】
夏の恒例行事・プールの授業で着替えるちとせ達。ロボットのイチカは用意されていた防水用の水着とマスクに着替えるが、すぐに無駄にしてしまう。その上、うみこに振り回されるが...

【考察・感想等】
第3話目にして水着&裸の神回です。のりお先生が暴走しております。(なお、週チャン46号「あつまれ!ふしぎ研究部」も裸回です。)

読者サービス更衣室シーンでの体の隠し方は絶妙。流石のりお先生です。
ここでちょくちょく出てくる、みつどもえの「宮なんとかさん」似の子は今後セリフも出てくるのでしょうか。それとも、モブキャラかな?ちょっと注目ですね。

イチカの防水用水着&マスクのゴツさは一体どうやったらそうなるのでしょう。しかも、何故かムキムキになってます。

マスクを無駄にしたシーンからは更に違和感増量。クラスメート達と比べるとイチカの身長は割と高いみたいですね。

うみこは攻撃的キャラといった感じになっていきそうですが、百合要素もありそうです。あれ、これ何の漫画だっけ...

ちとせがイチカを助ける場面から、完全に百合モード突入。ちなみに、男性はちとせの父親以外まだ登場していません。

読者大興奮ちとせトイレシーン。しかも、水泳なので裸に。うん、のりお先生はこれをやりたかった感がありますね。というか、簡単に見えてしまう窓も問題ですね...

オチは必ずイチカが災難に遭うようですが、今後の展開によっては変わりそうです。
AD