へその緒が2/20にとれた。
こんな小さなへその緒で
私と朔が繋がっていたんだと
しみじみ思う。

命綱。

つくづく人1人産まれるって奇跡。
今になりこの子が股から出てきたって思うと
人間の身体って不思議で仕方ない。
豆粒の様な小さな個体が産まれてくる時には、
ちゃんと人間になっている。
あぁ、生まれてきてくれてありがとう。
{7030EAD3-D30B-4C8D-AD1C-69F4FB225E61:01}

なんやかんやで1日はあっという間で
気付いたら生後15日も経っていた。
お股の傷もほぼ完治して、ストレッチも出来るように。
ただ今度は痔になるという。
あらゆるとこからこんにちは状態だけど、
朔の顔見ると、こんなんへっちゃらになる。
{32E8CEB9-3F92-4134-B968-761950161349:01}

毎日おっぱい、うんち、沐浴、爆睡、
ときどき見せてくれるスマイルに
キュンキュン。
とにかく何をしても可愛い。
本当親バカってこれなんですね。

黄疸数値も下がってきて一安心。
ただ、頭のコブがまだ痛々しいT^T
あと二、三ヶ月の辛抱。
頭から足先っちょまでカサカサ肌だったけど、
少しづつ脱皮中、、、。
ワセリン塗りたくり。

さて、陣痛中に作ったメロンパン
{EA7DC27D-893B-44E8-AE1F-A8ACA08734F2:01}

【材料】
・ホットケーキミックス 200g
・バター  40g
・卵   1個
・グラニュー糖 適量

【作り方】
1.バターを電子レンジで溶かした後、オーブンを180度に予熱。
2.ホットケーキミックスをボールに入れて、
溶かしたバターと溶いた卵を入れて混ぜる。
3.ポロポロしてきたら手で捏ねて6等分にして、1つ1つ軽くドーム型に形成。
4.オーブンシートにのせて、パン生地に切り込みを深めに入れる。
5.グラニュー糖をパラパラふって、
180度で15分焼いて完成~!!

AD

私の出産物語

テーマ:
ご報告。
2016年2月10日20:17分
我家に新しい家族が増えました。


妊娠発覚から出産まで一切つわりもなく
臨月ギリギリまで働くこともできた。
お腹が大きくなるに連れどんどんハッピーに、
そして元気をくれた親孝行息子です。

そんな息子・朔(さく)と旦那・祐樹と三人で
頑張った出産ストーリーを、、、
貴重な体験を忘れる事のないように書き記す。

2016年2月10日
◆5:30
生理痛のような痛みが!
足裏がぎゅーってする位の痛さで、まだ余裕で耐えられる。
間隔は20分。
前駆陣痛的なものを知らないだけにこれが、本陣痛なのか前駆なのかと
考えつつまた眠る。

◆9:30
軽く睡眠を取り、両親と朝ごはんを食べる。
20分間隔が続く。大阪の姉に「陣痛なうかも?」と連絡を入れたら
大興奮してテレビ電話がかかってくる。

◆10:30
結局、陣痛間隔が短くなる待ちも飽きたので
昨夜ものすごく食べたくなったメロンパンを作りはじめる。

◆11:30
焼き上がりとと共に急に7分間隔に。一つパクリ。
父に病院へ行くと焦り気味に言うと「これ食べていい?」
のんきなことを言われ「後でにして!!」とイラっ。笑

◆12:09
病院に到着。早速陣痛室で心音と張りを測る。
助産師さんに「まだ笑って会話できるなら帰る?」と言われ迷う。
このまま入院が良いけど、、、。なんか帰れムード。
助産師がドクターにTEL。
ドクター:「不安なら入院させてあげて」と優しい一言。
そして入院するため、部屋に移ろうとしたらイテテーのやつがきた。
声は出ないけど陣痛が来る時は歩けないし、会話できない。

◆13:40
五分間隔に。

◆13:52
主人からから最寄駅に着くと連絡が入った。
不安になりとりあえず昼食べないで来てくれーーと。連絡。
そしたらまさかのタクシーで到着!笑
(※駅から病院まで徒歩5分)

◆14:00
5分間隔になりさすってもらわないと痛くなってきた。
が、まだ声は出す程でない。
ソフロロジーをしようと、ひたすら産道開いて導くようゆっくり吐くを繰り返す。

◆15:30
徐々に唸り始める。笑

◆16:00
内診6cmで陣痛室へ通される。
とりあえず便意を催し助産師さんに、
「う○ちが出そうなんですけど」とカミングアウトすると、
「それ赤ちゃんだよって。笑」って軽く笑われる。

◆17:00
内診で8cmまで開く。
とりあえずウゥーと唸り主人に腰と肛門付近を「押してーー」ってひたすら言う。
破水マチ的な感じでどうしたら出るのか考える。
そんなこんなで陣痛は待ったなしで来る。
息んだらダメだしいきみ逃しがキツい、、、。
目を開けて力抜いて~と言われやってみると少し楽になる。
手は震える。

◆18:30
もういきみたいですと言い分娩室へGO。
まだ9.5cmだから大きく深呼吸して待ってて~と言われ
主人としばらく2人きりで放置される。
ひたすら破水マチな感じ。

◆19:33
腰をスリスリしてもらい、いきむなと言われたが一回いきんだらパンッて破裂!笑。
ジョローーーっと破水。
すぐ助産師さん登場!でも、まだ全開ではないからまたヒッヒッフーをやってと言われる。
しばらくヒッヒッフーを繰り返すがどこで息を吸うか分からない。w
私「ヒッヒッフーってどこで息を吸うんですか・」
助産師&主人 失笑。
助産師「吐いて吸って吐いて吸って長ーく吐くんだよ」
主人「それ初歩すぎるやつ!!」
と陣痛中に笑いながら今更ヒッヒッフーを習得。

◆19:40
主人一時外へ案内される。
助産師さん:「おしっこした?」
私:「まだです!」
助産師:「行けそう?」と言われるが陣痛でそれどころじゃないし、
私:「行くと赤ちゃん出そうになる」と答える。
そしたらカテーテル登場!もー陣痛以上に痛いもんないわ~と思いつつ
尿道にカテーテル入れられて、おしっこしたみたい。笑。

◆19:50
助産師:「いきみたくなったらいきんでー」
「吸ってー吐いてー吸ってー止めてーうんこするようにいきんで!!」と言われ
同時に肛門を強烈に押される。ナイス!
それを8回ほどするがなかなか出てこん。酸素マスク投入。

◆20:00頃
息子氏の心音が低下する為、ドクターの登場。

◆20:05
「切ります」と言われ、ジョキジョキハサミの音が鳴る✂︎
しかも6回程。1箇所ちゃうんかい!!!と思いつつ
もーどーでも良いから早くいきませてーって。4回ほどいきむ。

◆20:10
そしたらお上手お上手と言われ助産師さん2人がかりで私の上半身を持ち上げて
イキムーーー!
助産師:「はっはっはっはっと言って」
私:「いきみたいです!」
助産師:「ダメー!はっはっはっはっってして」


◆20:17
息子:「オギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

!!!?、??
えっ!?産まれたの?といった具合。
ふにゃふにゃの我が子。一生懸命頑張って産まれてきてくれた。
感動していたが、神秘的すぎて不思議で仕方なかった。
想像以上に小さくて、わわわわわわーって感じだった。

ホッとしつつ胎盤ジョロジョロだす。
縫合しながらベラベラ喋る。
縫い過ぎやろーって思いつつ
「これ溶ける糸ですか?」とか諸々しゃべっていた。

2時間オロが出るまでここで待機と言われる。
でも、やっとこさ我が子が抱けた♡
ムフフしながら外で待つ母に助産師さんが息子くんをお披露目♡
母帰宅。


主人は部屋で寿司でも食べて帰るかな~と話しえいた時
「お父さんお母さんとその他諸々来られましたよ」って。
えっ!?諸々?誰???
うーーん。お婆ちゃん?えっ!?誰?となってた時に主人外へ出て
帰ってきたと同時にフルメンと言って笑顔で写メを見せてくれた。
なんと大阪にいる姉ファミリー!!!!
泣けるT^T

そして面会時間が過ぎていたためみんな強制的に帰えされる。

私は1人分娩台の上でぼーっとする。
その間2回程、子宮収縮させる為にぎゅーと押され悪露をだす。
2時間後に解放。全裸になり身体を拭いてもらい、本当にお婆ちゃん状態。笑
で、「おしっこするよー」と言われトイレへ誘導される。
ビビりながらするも、余裕だった。
縫合箇所はしっかり消毒をしなければらしい。

そして車いすに乗ってベッドに移動。
もちろん興奮して寝れやしない。
無事に産まれてきてくれたことへの安心感がどっと押し寄せ、
泣いてしまう。
なんというか本当に全ての人、モノに感謝をした一日。
産まれてきてくれて、ママにしてくれてありがとう。

2016年2月10日 20:17
第一子・朔 3239gで誕生

AD

シフォンサンドと日曜日

テーマ:
39週2日。
兆候もないので陣痛来やすくなる、
焼き肉ランチしてみた。
美味しくて食べて終わった。笑
そ、そ、そうですよね。
あくまでもジンクスですからね。

最終妊婦健診の一つ前の内診が驚きの痛さの為、
最終健診もビビってましたが今回は平気だった。

我が子は3200gと最近の子にしてはBIG BABY。
でも父 4300g ♥ 母3555gならなんか妙に納得してしまう。

息子くんのタイミングで母は気長にその時を待ちますかね。

さて昨日作ったシフォンケーキは、
本日3時のおやつとしてシフォンサンドへ変身!


ミントは高いので、ピスタチオを砕いたものでグリーンを添えてみる。


みんなぺロリですぐ完売~。



一日経ったらしぼんでしまうかな~
なんて思っていたが、ふわふわもちもちは焼き立ての時と変わらずで驚き~。
今週もう一回くらい作ろうかしら、、、
なんせ美味しい卵といちごがあるのでね。

実家に戻り独身時代に買い込んだお皿やお菓子の調理器材の多さに
少しひいた。
捨てずに取っておいてくれた母に感謝。
AD
矢口さんも芸能界を再開したみたいなので、
私もムクッとブログを再開してみた。

2014年12月24日に入籍をし夫婦になったわけですが、
2年も同棲をしていると全く新婚感ゼロなわけで、、、。

でも2015年9月19日にやっとこさ結婚式を挙げて一区切りつき、
やっと結婚したという実感が。
それはそれは本当に人生で最高に幸せな瞬間でした。
とにかく結婚できたことに
ただただ神様に感謝。

そして、ベイビーを授かったわけなのです。
神様はワタシにいつも少しだけ優しいのです。

現在臨月(39週1日)のワタシは
毎日暇を持て余しているのです。
ただただ早く我が子に会いたい気持ちが募るばかり。

里帰り中の今、家に美味しい卵を大量に発見。
ってな具合で久々にシフォンケーキを作ってみた。
前回失敗したので今回はネットで色々見て研究してみました。
なんせ暇ですからね。笑




【材料】
・卵 3個(M~L)
・砂糖① 10g
・砂糖② 60g
・お湯 35cc
・サラダ油 35cc
・薄力粉 60g

【作り方】
1.薄力粉を4回以上はふるう。
※粉類をふるうことで粒子が均一になるため、生地と混ざりやすくなる。
2.卵黄と卵白に分ける。
※卵白は冷蔵庫に入れる!あたたかいと、キメが粗くなる。
3.オーブンを200度で余熱開始
※予熱が不十分だと、生地が膨らまない。
4.卵黄をほぐし、砂糖①の10gを加える。
※泡だて器を持ち上げると、とろりと落ちるくらいまで混ぜる。
5.お湯とサラダ油を混ぜたものを④に少しづつ加える。
※表面に細かい泡が覆うくらいまで混ぜる。
6.薄力粉を一気に投入し、粉っぽさがなくなるまでしっかりと混ぜる。
※泡だて器から落ちる生地が、少し盛り上がるくらいまで。

《メレンゲ作り》
ここからは、卵白が室温に戻らないように作業は手早く!

7.卵白を軽くほぐし、塩ひとつまみと砂糖②の大2を入れ高速で泡立てる。
※塩は卵白をほぐし、全体を安定させてくれる!
8.全体のボリュームが増えたら、
残りの砂糖の半分を加えてさらに1分泡立てる。
9.残りの砂糖を加えて全体が、モコモコした状態になるまで高速で泡立てる。(約1分)
つやが出て持ち上げると、つのが少しおじぎするくらいまでしっかり泡立てる。
※泡立てすぎて、ぼそぼそとしたメレンゲにならないように気を付ける。

《ミックス作業》
10.手動の泡だて器でメレンゲをひとすくいして⑥に加え、
メレンゲの泡がつぶれてもOKなのでなめらかになるまで軽く優しく混ぜる。
11.ゴムベラに持ち替えて、残りのメレンゲの半分を加えて
底の方からすくうように混ぜる。
※完璧に混ざらなくてOK。とにかくメレンゲの泡をつぶさないように優しく。
12.残りのメレンゲを投入して、底からすくうように混ぜて
メレンゲの白い部分を消すように優しく混ぜ合わせる。(30回以内で)

《流し込み~焼きあげ》
13.型に生地を流し入れ、竹串を刺してぐるぐるとかき回し、
表面をなめらかにする。
※高いところから流すと余分な空気が入り、生地に穴が開く原因!
14.筒をおさえてトントンと気泡を抜く。(10回程度)
15.180度で10分焼く。
16.その後、160度で20分焼く。
17.竹串で刺して何も付かなければOK。つくようなら適宜焼く。
18.マグカップを裏返しにした上に、焼きあがったシフォンをすぐ裏返しにのせる。
※逆さにせず冷やすと、生地がしぼみ縮んでしまう。
完全に生地が冷める前に型からはずしても縮むので注意!


完成~!

細かく書くとこんな感じです。
でもきめ細かく美味しすぎるフワッフワッもっちもっちのシフォンケーキの完成です。

明日は旦那君が実家に遊びに来てくれるので
少し早いバレンタインとしておもてなし。
【母パート、妹デート、俺ニート】
という謎のTシャツを着た殿方。
色々大丈夫なのかという心配になる。
冬だけどジャケットの下から見えるそのフレーズは紛れもなく
去年の夏に会った殿方である。

そう実は遭遇2回目なのも知ってるけど、
毎度話したくなる衝動に駆られる。

かくいう私も【つま】とへったくそな字で
書いてあるTシャツを2年前から持っている。

昨年末に入籍しTシャツだけの妻から
本当の妻になり一安心。
嫁にもらってくれた旦那さまには感謝です。

最近魚を調理する機会が増えました。
専らメインは肉でしたが、
ここ数年で変化しました。
{4A9E260E-BB47-48B5-9FBF-3D3D0AB484DB:01}

✳︎材料✳︎
・鯛の切身  2切れ
・アサリ 1パック
・プチトマト
・ニンニク 1かけ
・白ワイン 大3
・水  1/2カップ
・塩 コショウ
・オリーブオイル

✳︎作り方✳︎
1.魚は塩を高い位置からふりかけ15分放置。
2.魚の水気をクッキングペーパーなどで取り、フライパンにオリーブオイルを入れて熱し皮目から焼く。
3.両面焼いたら、ニンニクのみじん切りとアサリを加える。
4.香りが立ってきたら、プチトマトと白ワインと水1/2カップ加える。
5.アサリが開くまで弱火で蓋をして蒸す。
6.バジルやミツバをのせて完成!


トマトは入れると酸味が増すので、
なるべくならミニトマトで!
ドライトマトなら尚よし。