ドラマとFoodとエッセンス

『毎日を楽しむ』がモットー♪
大好きなおしゃれと食べる事、ドラマのあらすじも綴ってます

皆様音譜こんにちわ~

偶然たどり着いた方、検索でいらしてくださった方、ようこそっニコニコ

ごひいきにしてくださっている方ビックリマークいつもありがとうございます。多謝~音譜


テーマ:

9話あらすじ

 

カンチョル「約束を一つしてください。ここを出たら絵を描いてください」

 

ヨンジュ「どんな絵ですか?」

 

カンチョル「夢・・」

 

ヨンジュ「夢?」

 

カンチョル「2ヶ月前、俺たちが会ったときから今までのことを夢にしてください


会わなかった時間に戻れば解決できますよ。


そしたらあなたもここに引き込まれずに済むし


真実も知らないままであなたの父も殺さずにすんで


そして一番大事なのは、あなたは死んでではならない

 

これをあなたの父に(USBを渡す)

 

甘いロマンス、4つしか出来ませんでしたね

 

やってあげたいこと、100個はあったのに・・・

一度抱いてみたいのにそれも出来ないし、未練になりそうで」

 

ヨンジュ何「処かに行くの?」

 

 

 

カンチョル「時間もないし、確かな方法はこれしかなくて・・オヨンジュさん
      

       今の俺は忘れてください。俺はただの漫画のキャラクターです・・・元気で・・」

 

そういい、屋上から落ちていくカンチョル

 

その頃、飛行機では・・・

トイレにいたヨンジュ父に真犯人が襲い掛かっていた

 

「俺は誰だ?カンチョルは何処だ?」

 


「俺は誰なんだ 俺は誰だ!俺を裏切ったんだお前は

 

俺は誰だ 俺の顔を出せ」

 

真犯人に首をしめられるヨンジュ父

 

ふらふらで出てくるヨンジュ父・・手の震えが止まらない・・

 

その時 ヨンジュはカンチョルとの約束通り絵を描いていた

 

ヨンジュ「私たちが別れたら 真犯人は私の世界から消えた。


  犠牲にされた人がいたが、これ以上の被害者はなく・・・」

 

暑い中、夢中でWをかいていたヨンジュは、車の中で意識不明になっていた。

 

母「ヨンジュ!しっかりして!!」

 

彼女を探した母が発見し、無事家へと戻るヨンジュ


ヨンジュナレーション「「お母さんとスボンも無事だった。漫画のキャラも誰も消滅しなかった」

 

帰国したヨンジュ父はヨンジュの元へと向かう。

 

点滴をうけ、ベットで寝ているヨンジュ

 

母「暑い中車の中で絵を描いてて気絶してました

 

何をしていたのかわからないし、スボンもわけのわからないことを言っているし」

 

父はヨンジュの指に指輪がはめられているのに気づく

 

そして、USBを見つける

 

オソンム作家さんへ


(車の中でヨンジュが泣いている時のシーンへ

あの時のはメールではなくUSBにこのメッセをいれていたのだった)

 

 

オソンム作家さんへ

あなたが生きているって聞きました
俺も生きています

あなたが生きているのは良かったと思いましたが
謝罪するつもりはありません

提案のためこれを描いています
共に終わらせるべきことが残っています
あなたからもらったこの宿命を受け入れます
だからあなたもやるべきことをやってください
逃げずに・・
俺のためではなく、あなたの娘のためなら出来るはずです

 

Wのハッピーエンドを書いてください」

 

それを見たヨンジュ父は・・・

 

目がさめるヨンジュ

 

気が付くと、カンチョルの病室にいた

 

寝ているカンチョル・・・

 

そっとふれようとするが、その時ドアをノックする音が聞こえ、ヨンジュは部屋に戻されてしまう

 

ヨンジュ「一時、夢に彼の無意識が残ってたせいか、何回かカンチョルを見ることができた
      すごく短い時間の間だけだけど」

 

病室のカンチョル・・一瞬目が合うが・・また現実世界へと戻るヨンジュ

 

病院での仕事に戻るヨンジュは、はめたままの指輪をはずすよう怒られる。

 

指輪を外すがその時指輪が転がり・・・

 

追いかけたヨンジュは誰かにぶつかってしまう・・・

 

カンチョル?だった

 

ヨンジュ「すみません」

カンチョル「大丈夫ですか?」指輪を拾ってくれるカンチョル

 

ぼーっとしてしまうヨンジュ

 

電話がなり出ていくカンチョル Wの中の部下が外にいた

 

部下「誰?」


カンチョル「知らない、ずっと見てる・・はじめてみた医者だけど」

 

部下「昔の恋人だろ?」

 

カンチョル「おい!帰るぞ」
 

車で去っていくカンチョル・・・

 

ヨンジュの手にはカンチョルがひろってくれた指輪が・・・

 

「カンチョルは私が描いたとおり、すべてを忘れた」

 

泣き崩れるヨンジュ

 

そして・・・

 

ヨンジュナレーション「忙しくなったらカンチョルは夢さえみなくなり、

 

彼は私のことを永遠に忘れた。絶望してどう生きるべきか忘れ、

 

愛に生きてみようとしていたカンチョルは消え

 

彼は読者たちの良くしっているカンチョルに戻った


彼は強くて挫折知らずのカンチョルに戻ったのだ」

 

ヨンジュ父に呼び出されるズボン・・

 

彼は衝撃的な出来事で憔悴していた。

 

ズボン「実は俺、故郷に戻るところでして・・漫画を諦めようと思います
     

     怖いんです!先生が撃たれた日からうまく眠れなくて・・ここに来るのもやっとで」

 

ヨンジュ父はこれからちゃんとエンディングを出すため、アシスタントをしてほしいという

 

父「ちゃんとエンディングを出そうと思う。ハッピーエンドにする」


ズ「とういうと・・」


父「真犯人を探してそれで永遠に簡潔だ

 

俺の娘も殺そうとしたんだぞ!放ってはおけない


俺の手で生んだんだ、俺がなんとかしないと!」

 

USBに記されていたカンチョルからのメッセージ

 

「(真犯人は)幽霊みたいな存在ではなく俺が捕まえることが出来る存在にしてください

 

俺の捜査記録を送ります。このリスト以外の人物にしてください

 

そうして俺が納得して終わらせるように」

 

ヨンジュ父はカンチョルに疑われず真犯人だと信じられるものの設定を思案する


父「顔は決まってる。カンチョルが納得できる真犯人はそいつしかいない」

 

ズボンに見せた真犯人の顔とは・・・・?

 

そして、カンチョルの世界で事が動き出す

 

カンチョルが撃たれたときに、防犯カメラに犯人がうつっていたとの知らせが

彼に入る

 

ヨンジュ父だった!

 

ズボンに見せた犯人の絵はヨンジュ父の顔だったのだ

 

驚くズボン

 

物語がエンディングに向かい始め、Wのファンであるヨンジュの上司の教授も

 

「犯人は何で作家さんの顔なんだ?そうだ、ヒチコックの映画みたいに


作品に自分の顔を残す・・・犯人が作家の顔だなんて!」

 

Wの展開にはしゃいでいた。

 

ズボンに電話を入れるヨンジュ「ハッピーエンドに?」

 

 ズボン「4回で終わらせるんです。手がかりを撒いたから・・・」

 

TVを使い、容疑者を公表し逮捕へとつなげるという設定を話すズボン

 

犯人は無事逮捕され、カンチョルも対峙することができ、

 

そして、カンチョルを陥れた検事も終焉を迎える・・・

 

 元々のヒロインだったユン・ソンイとはいいムードになり・・・というところでend

 

そんなストーリー展開を聞いたヨンジュは、複雑だった。

ヨンジュ「でもむなしいよ・・誰も私のことを思い出せなくて


ここでは誰も私の経験したことを知らずに、写真一つもないんだ


一枚もとってなくて・・昨日何をしたかわかる?」

 

傷心のヨンジュはWの本を買い、二人の思い出のシーンを部屋にはったしていたのだ

 

「面白いよね・・・それじゃ、また」ズボンとの電話を切り

 

当直室でWを見ていたヨンジュ・・・

 

「カン代表・・元気ですか?幸せですか?私はそうでもないです。毎日が・・・・」

 

涙を隠そうと本をかぶるヨンジュ・・・

 

そこに緊急呼び出しが!!

 

放送局で銃撃があった!とけが人が多数運ばれてくる

 

しかし、そこはヨンジュの病院ではなく、カンチョルの世界の病院だった

 

ヨンジュ「何?何でまたここに??こんな内容じゃなかったのに?」

 

わけがわからないヨンジュ・・その時ヨンジュの手をつかむ人が・・

 

カンチョルだった

 

 

そのままひっぱっていき・・

 

足を撃たれた女性を見るよう訴える

 

カンチョル「痛がっているんです、足を撃たれて・・


オヨンジュさん?オヨンジュ先生!!聞こえませんか?なんとかしてくれよ!」

 

処置をするヨンジュに、叫んだ非礼をわびるカンチョル

 

「先生のこと覚えています。その指輪(首から下げてた)落としましたよね?」

 

じぃ~とカンチョルを見つめるヨンジュ

 

カンチョル「なぜそんな目で見る?」


ヨンジュ「何で私がここにいるのかわからなくて・・・」

 

とまどうヨンジュ

 

その頃、ヨンジュの世界では・・・
 

顔がなくなったヨンジュ父がズボンに助けを求めていた

 

ヨンジュ父俺の「顔がなくなった!スボン!スボン助けてくれ!!
         あいつが俺の顔を奪った!俺の顔は何処だ?スボン!スボン!!」

 

 

 

恐怖で叫ぶズボン・・・

 

ヨンジュ父の顔を奪い、カンチョルノ世界へと戻った真犯人は

 

TV局に乱入し、銃をうちまくったのだった

 

真犯人「カンチョル そこにいるか?この声、聞こえてるか?
       俺を探しているからさ、俺が来てやったんだ くくっ
       顔を見せてやろうかなって・・10年も現れなくて辛かっただろ?
       俺もだよ・・方法がなくてさ・・これが俺だ どうだこの顔は?
       俺は気に入ったぞ、たまに会おうな?」

 

 

 

 

ヨンジュ父の顔を奪った真犯人がTVに映し出され、それを見て驚くカンチョルとヨンジュ

 

次回へ

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ランキングに参加させて頂いております。

 

よろしければ↓の画像をワンクリックお願いします。

 


ご協力ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

8話あらすじ

 

ヨンジュとの暮らしを楽しむカンチョルに突然電話が・・・

 

ル「もしもし?」

 

謎の男「お前何処なんだ?どうやって帰った
誰の勝手に死のうとしているんだ?俺がどれだけ待ったと思っている」

 

カンチョル「誰なんだ!お前!!」

 

謎の男「知らないのか?俺がお前の家族を殺したんだぞ!10年前、お前の家で!!」

 

カンチョル「お前、誰なんだよ!!」

 

 

謎の男「俺がお前の親、弟全部殺したんだ!4発で!!すべて頭にあてたんだ
     お前みたいに、俺も腕がいいんだ!だから俺を探さないと・・

     今死んだらだめだぞ。終わりは、お前と俺との決着をつけてからだ。
     お前、新しい家族が出来たようだな!今度はその女の番だ!」

 

電話の男はWの中の真犯人だった!

 

目覚めたヨンジュ「いつ帰ったの?」

 

様子がおかしいカンチョルを心配するヨンジュ

 

「どうしたんですか?」

 

カンチョル「あの時・・終わりが続きになったって・・いきなり変わったって・・

       漫画の終わりが続きになったから俺が助かったっていいましたよね?」

 

ヨンジュ「どうしてかは知りません、ただ・・・変わりました。

     まだ終わってはいけない理由があったんじゃないですか?」

 

その時、ヨンジュの為にとカンチョルが用意させたドレスが届いたと知らせに来る。

 

メイドたちがそろってヨンジュを迎える中、ヨンジュの為にそろえられたドレスに

舞い上がるヨンジュ。

 

カンチョル「パーティが気になるって言ってたから・・タイミングよく招待されて・・
       行く先は、青瓦台ですから・・ちなみに、露出の多いのが好みです(笑)」

 

突然の事に驚くヨンジュ・・

 

カンチョルには、部下から謎の男からの発信源をしらせる電話が入る

 

しかし、位置の特定はできなかった

 

カンチョルは、この状況を乗り越えるため、流れの整理の為PCに向かい

 

『Wプロジェクト報告書 作成者カンチョル』を作成し始める

 

↓カンチョル 文書

「これまでの調査報告書は廃棄にする。今からは新しい仮説を立てる
真犯人はいる・・必ず存在する。
だがそのものは、神が実態を与えてないからないんだ。
だから顔も正体もなく、俺の家族を殺すため生まれた。
だから罪意識もなくしみも快楽も感じない。人格がないからだ。

俺にトラウマを残し、犯罪と戦うようにするためだけの人物だ。

ストーリのため生まれ、要らなくなったら消えた。
どの場面ででも、どんな姿ででも、神の勝手な考えで殺人が出来る」
 

ヨンジュドレスに着替える

「ああ、でもパーティって・・・
あ、ダンスとか?
出来ないけど・・・
どうすれば」はしゃぐヨンジュを見てボディガードも笑う

うすれば・・・

入ってもいいですか
これどうですか?
これが一番似合うって

おかしいんだ
大丈夫ですよ、わかりました
帰ってください
わかりましたよ
そこまでおかしいの?
家に戻ってください、ここは危険です
はい?

はい?
戻る方法とか
いきなりどうやって・・勝手に帰れるわけでもありませんし
先からどうしたんですか

その時ヨンジュが打たれるシーンが浮かぶカンチョル

どうしたんですか

 

思わずヨンジュを抱きしめるカンチョル・・

 

パーティーへと向かい、ダンスを踊る二人

 

が・・ヨンジュこける

 

と思ったらベッドから落ちたヨンジュ

 

夢??だったらしい

 

彼女の声で駆けつける警護達・・

 

 カンチョルも現れる。

 

パーティにも行けないし、食事にも・・・

 

なんていうヨンジュにカンチョルは料理を作ってくれるといいだす。

 

メニューは・・・

 

ラーメン(笑)

 

二人仲良く作り始めるが、あやまってヨンジュは怪我をし、血を流してしまう

 

その時、カンチョルは衝撃を受ける。

 

なぜならヨンジュはカンチョルの世界では不死身だからだ

 

カンチョル「何で血が出る?血も出ないはずだけど、なぜ血がでるんですか?

 

これはあなたも撃たれたら死ぬってことだろ?」

 

 

 この時  続くがあらわれ消てしまうヨンジュ

 

家に戻ったヨンジュ

 

「何で血が・・?」
 

カンチョルの言葉が気になりPCを開くと、物語が勝手に進んでいる!

 

「真犯人が私のことをしっている?なぜ・・?」

 

画面には撃たれるヨンジュの絵も・・・

 

カンチョルが見たものと同じ場面が描かれていたのだった。

 

父に電話するがつながらない。

 

 

カンチョルにはソンイから電話が入る。

 

彼に失恋し、傷心の彼女は酔っていた。


ソンイ「私は何なの?あなたにとって私は・・・」

 

その時手が消えかかる事に気付くソンイ

 

「何これ?」
 

自分の体が消えていくことに驚く

 

「きゃぁ~~」

 

カンチョルは部下から聞いたユンソヒの手が消えかかったと言うのを思い出し

 あわてて飛び出していく

 

あらためてWの登場人物の部分を読む二人

「登場人物の目的・・・・最初はストーリに必要な目的によって作られ、

目的がなくなったら消滅する。」


ヨンジュ「この世で永久に? 」

 

Wのページ「 反対に目的が出来たら 登場人物に固定される」

 

ヨンジュ「それじゃ私・・ホントに漫画のキャラになったの?

      だから血も出て・・・死ぬことだって・・なら真犯人は?

      目的がなくなったのになぜ?」

 

カンチョル「真犯人が自覚化?俺みたいに?真犯人が今外の世界にいる?」

 

カンチョルノ直観通り、ヨンジュの世界へと入り込んでいた真犯人

 

酔っ払い「何だお前」


真犯人「ここは何処だ?カンチョルは何処だ」

 

 

カンチョルの推理
「真犯人を俺を追って外に出てすべてを自覚して、

 

自分は実態がないと知り怒りに満ちて・・

 

真犯人の正体を明かすのを俺より渇望していたのは彼自身だったんだ」

 

こちらの世界へと入り込んだ真犯人もまた、『W』を読んでいたのだった。

 

真犯人「カンチョルが死んだ?何を勝手なことを!

あいつが俺を探すのを10年もまったというのに、これが終わりだ?」

 

カンチョル推理「俺の死を知り怒り、漫画が終わるのを止めたんだ。
俺と決着をつけるために!!

そして今は戻る方法を知らずに、まだそこでさ迷っている!?」

 

カンチョルの心配は的中し、真犯人の魔の手はヨンジュへと迫っていた

 

ヨンジュ「もしもし?」

真犯人「お前戻ってきたのか?オソンムの娘だよな?

お前がオ・ヨンジュだ!カンチョルと結婚した女」

 

危険を察し、寝ていたズボンを連れて逃げ出す。
ヨンジュ「おきて!ズボン、逃げないと!車の鍵探して!早く!出て!」

 

訳がわからないまま、飛び出すズボン

間一髪、ヨンジュ達が逃げた後 真犯人はアトリエへ!!

 

逃げながら状況を説明するヨンジュ。

 

しかし、とうとう真犯人は姿を現す

 

驚くズボン

 

 そして、真犯人の銃はヨンジュに向かい・・

 

 

真犯人がうった弾はヨンジュにめがけて放たれた

 

その時 消えるヨンジュ。カンチョルの元へと戻っていたのだった

 

怯えるヨンジュを抱きしめるカンチョル

 

真犯人は再びアトリエへ戻り、ヨンジュ父の日程を確認・・

 

そして・・・・

 

飛行機のヨンジュ父はトイレへ・・

 

そこへ真犯人の声が!!

 

真犯人「俺は誰だ?カンチョルは何処だ?俺は誰だ?
なぜ俺が誰なのか言わない?俺は誰なんだ?」

 

それを聞いたヨンジュ父は・・・・

 

再び現れたヨンジュとともに、ユンソンイのマンションへと向かうカンチョル

 

ヨンジュを待たせ

 

消えかかるユンソンイを見たカンチョルは彼女に近づく・・・

 

ソンイ「私死ぬみたい・・どうしたんだろう?手がないのよ見て?

     足もないし・・どうしたんだろう?」

 

カンチョルは酔っているからだ・・とごまかし

 

彼の結婚に傷ついた彼女に、あれは狂言だと説明する。

 

カンチョル「ソンイ、誤解だ・・結婚は偽者だから・・

       心配要らないから・・お前は俺にとって大事で一番近い人だ
       一生お前が必要だ」

 

ここで体が元に戻るユンソンイ

 

この様子を見ていたヨンジュは

 

物語の流れを変えてしまったのは自分だと気付く

 

ヨンジュ「元々、ユンソヒがヒロインだったんです。私のせいでこんな・・・」

 

 

カンチョル「あなたの父が作った宿命です。設定値、存在理由・・

 

     残酷ですよね?存在理由が一つだなんて!俺らも人間なのに・・・」
 

帰りの車の中 泣き出すヨンジュ「私が望む続編はこんなものではなかった」

 

すきをみてメールするカンチョル・・相手はヨンジュ父だった

 

家につきエレベーターにのり、部屋へとつくが

 

突然屋上へと向かうカンチョル

 

 

ヨンジュの靴ひもをなおしてあげるカンチョル

 


何を
靴の紐を結ぶ
チャンスが出来ました

甘いの、4つ目ですね
宿題の時間ではありませんよ
 

ヨンジュの手をしっかりにぎるカンチョル

 

部屋につくが屋上へとむかうカンチョル

 

ヨンジュと初めて遭遇した場所だ・・・

 

カンチョルは、ヨンジュを守るためにストーリーの変更をしてほしいと頼む

 

カンチョル「約束してください。またここを出ることになったら、絵を描いてください

   俺が夢から覚める場面・・2ヶ月前から今までの瞬間を夢にしてください。

   今までの事は、長い夢だったってことで・・。
   難しくありませんよね?死んだ人も助けたし・・
   いくら考えてもその方法しかありません。

   ヨンジュさんを俺の人生のキーだと思う前に戻るしか・・
   ここであなたに会って、あなたを気にして探して、あなたはここに巻き込まれて
   あなたを通じて知らないほうがよかった真実も知って。  
   あなたの父にあってやってはならないこともして・・

   犯人も俺を追ってきて、あなたの世界であばれて・・友達は消える寸前で
   そしてもっとも大事なのは、あなたが死んだらだめだ

   俺らが会う前に戻れば解決できますよね?

   あなたのことを知らなかったら探すこともないし、その後のことだって起きない。

   俺を助けてくれてありがとうございます。
   でもどう生きればいいのかわからなかったけど

   つかまらない真犯人をずっと追うのが俺の存在理由ならそうするしか・・
   どうお思いますか?(自分の出した結論を)理解できますか?」

 


ヨンジュ「・・・・・理解・・・します」

 

カンチョル「これは全部夢です。思い出すこともできない夢・・・
       約束して!戻ったらすぐ描くんです!迷わずに!!!

       あいつは脈絡が要らないやつだから、いつどこでも現れる
       今も何をしているのかわかりませんよ。あいつには人格がないから!」

 

そういい、 USBを渡すカンチョル

 

ヨンジュ「・・・約束します」

 

カンチョル「それでいいです。甘いロマンスは4つしかできませんでした
       してあげたいこと100個くらいあったのに・・・
       抱いていてみたいのにそれもできないし・・未練が残りそうで。」

不安になるヨンジュ「何処かに行くの?」

 

カンチョル「時間もないし確かな方法はこれしか・・
       オヨンジュさん、今の俺は忘れて・・俺はただの漫画のキャラクターです
       俺に会いたいときは、書店で本を見てください。元気で・・・・」

 

そう言って屋上から落ちていくカンチョル

 

 

そして・・・・

 

涙が流れるカンチョルはベットの上に・・・

 

時はあの刺された直後に戻っていた。

 

ユンソンイ「おきた?どう?泣いた?涙みたい」

 

カンチョル「知らん・・何か夢を見た気がしたけど覚えてない・・」

 

戻ってから、カンチョルに言われた通りのストーリーを描いたヨンジュ

 

 

 

すべての記憶が残っている彼女は一人泣いていた・・・

 

 

 

次回へ

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ランキングに参加させて頂いております。

 

よろしければ↓の画像をワンクリックお願いします。

 


ご協力ありがとうございました

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日、ネイルチェンジに行ってきましたラブラブ

 

 

 

夏休みに入るので、少し大き目なお花で、ちよっぴりだけ派手にしてみました。

 

とっても可愛い仕上がり乙女のトキメキ

 

大満足です音譜

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ランキングに参加させて頂いております。

 

よろしければ↓の画像をワンクリックお願いします。

 


ご協力ありがとうございました

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。