わんこが私にくれたもの

Dogs Restaurant L.pinonをしています。
わんこ達がいつも笑っていてくれますように☆*


L.pinon



*次回の手作りごはんセミナー(カフェでのビギナーレッスン)



7月23日(土)14時~16時30分 満席


7月30日(土)11時~13時30分 満席

8月7日(日)10時~12時30分


<プライベートセミナー  >ご希望日の一週間前~受付しています。



テーマ:

 

こんばんは^^

 

前回の記事『恐怖』

 

http://ameblo.jp/mihocafe/entry-12180644346.html

 

 

 

今回は前回の記事に関して詳しく書いて行きたいと思います。(長いです。)

 

 


★★★★

 

 

 

?歯垢と歯石

 

 

歯垢(歯ブラシで取れる)

 

★歯周病の直接的原因

 

・細菌や細菌の代謝物(副産物)

・歯ブラシで除去可能

・6〜8時間で形成

 

 

 

↓↓

 

歯石(歯石除去の道具が必要)

 

★歯周病の直接的原因ではない

 

・歯垢が唾液中のミネラルと結合し硬くなったもの

・歯ブラシでの除去は困難

・3〜5日で形成

 

 

 

 

 

 

?歯石を除去する意味

 

 

歯石の表面には凹凸がありボコボコしているため歯垢がつき易く、特に歯周ポケット内の歯石(見えない部分)は細菌の住みかになりやすいことから歯周病を引き起こすことに繋がるため。

 

 

 

歯垢放置→歯石が出来る→歯石に菌や歯垢が溜まり易い→歯垢により→歯周病

 

 

 

 

?歯周病はなぜ悪いの

 

 

・菌は歯周ポケットや口腔内から全身へ。 心疾患、糖尿病、肺炎、骨粗鬆症、皮膚疾患、腎炎、関節炎、妊娠トラブル、脳梗塞等を招き、口の近くにある鼻(くしゃみ鼻づまり等)や目(涙やけ等)や耳(炎症等)にも影響が出る

 

・進行すると、治療を行っても回復することが難しく歯が抜けてしまうこともある

痛くて食べることが辛くなる

・口臭がひどくなる→以前は避けられなかったのに、飼い主の手を舐めることなどの

愛犬の愛情表現の行為が拒否されるようになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無麻酔歯石除去と麻酔下の歯石除去についてです。

 

 

 

 

 

?一般的な歯石除去とは

 

 

・麻酔を用いて本人が眠っている間に行う歯石除去

・病院により使用器具の豊富なところと、シンプルな場所がある

・獣医師のみが行える獣医医療行為にあたる

 

 

 

?メリット

 

 

・本人が寝ている間に終わる

・歯周ポケット内(見えない部分)や、歯の裏側の歯石や歯垢も除去出来る

・歯石除去後、ポリッシングにより歯の表面の凸凹を無くしツルツルに仕上げるため歯石をつきにくくすることが出来る

・取れた歯石や歯垢、ポリッシングの研磨剤もきちんと洗い流すことが出来る

・レントゲンを撮ることによりそれぞれの歯茎内部の歯の状態も把握出来、適切な処置が出来る

・歯周病の治療、予防にも繋がる

 

 

 

 

?無麻酔歯石除去とは

 

 

・麻酔をかけずに、本人の意識がある中で超音波スケーラーやハンドスケーラー等の器具を用いて歯石を除去すること。

・獣医師のみが行える獣医医療行為にあたる

 

 

 

?メリット

 

 

・歯冠(見える部分)の歯石を除去出来る
・麻酔をかけずに行える

・比較的短時間で終わる

・見た目が綺麗になる

・歯石がついていることによる口臭が軽減する

 

 

 

※それぞれのメリットの一部は、もう一方へのデメリットでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

ここからは私の考えです。

 

 

 

麻酔による不安は、多くの方にあると思います。

 

ラテもぴのんも麻酔の経験がありますが、その時間は生きた心地がしませんでした。『大丈夫』と言われても信じていても、どれだけ症例を聞いても、事故が低いという確率を聞いても、勉強しても、仕組みを理解しても、不安なものは不安です。頭ではわかっていても心配なものは心配なのです。もしも今後麻酔をかけなければいけないことがある時は、その自分の気持ちを受け止めた上で、ラテとぴのんに余計な心配をかけないよう気持ちを強く持つしかありません。

 

 

 

なので、麻酔をしないで行える無麻酔歯石除去が流行る気持ちも理解しています。

 

 

ご家庭により、老犬、病気、麻酔が怖い、保護犬、様々な理由があります。

また、臭いと避けられるよりも短時間の我慢でわんこが親に愛されるのであれば、そちらの方がわんこにもメリットになるとも思っています。

 

 

ただ、無麻酔(麻酔をかけずに)で出来ることは麻酔をかけて行う歯石除去とは別物だと言う事を、同時に知って頂けたらいいなと思っています。

 

 

何も知らずに歯周病がひどくなった時、病気になったあとになって、
歯石とっていたのになんで....と思うのは悲しいと思うです。

 

 

 

そして

 

 

 

何より一番伝えたかったことは、
毎日の歯磨きの重要性です。

 

 

 

 

歯石が出来なければ、歯石除去する必要がありません。

 

 

歯磨きが出来れば沢山の病気の予防にもなり、生涯美味しくものを食べられるためにも、”臭い”と拒否されるような悲しい想いをさせないためにもなります。

 

 

 

麻酔をかけずに簡単に見える所の歯石を除去出来るようになったため、普段歯磨きをしなくても ”歯石がついたらまた除去してもらえばいいや" と安易に考えることが出来るようになってしまっているのではと感じます。怖い思いをすれば、歯磨きが余計嫌になってしまう悪循環の可能性も考えられます。

 

 

 

繰り返しになりますが、ご家庭により、老犬、幼犬、保護犬、様々な理由があります。

考え方も人それぞれです。

 

 

 

そしてハミガキが嫌いな子は多いですよね。ラテもぴのんも自分から進んで喜ぶような好きなことではありません。(本当は大好きになって欲しかったのですが私の不徳です苦笑) 愛犬の嫌なことをするのは気が引けるものです。

 

 

 

 

ただ、例え歯磨きが出来なかったとしても
歯磨きが出来るようになるための日々の努力は、愛犬を心から想うとびきりの愛情なのではないのかなと思っています。

 

 

 

 

なーんてえらそうなこと言っていますが、ラテとぴのんにはいつも元気で笑顔でずっと一緒にいてほしいと言う結局は全部自分のためなのですが^^;
 

 

 

 

歯磨きについての過去記事です。

<わんこの歯磨き7つのステップ>

 

 

記事

 

http://ameblo.jp/mihocafe/entry-12071628750.html

 

 

歯磨きが出来るようになるために日々していたこと

[口の中を触られることに馴れる]

 

動画

 

 

 

 

 

 


色々書きましたが、この記事を全部受け止めて”う"ぅーガーン”とならないでください。

前回の記事も今回の記事もあくまでも私の個人的な考えです。

昔の私のような、必要な人に届けばいいなと思っています。

 

 


とても長くなりました滝汗

最後まで読んでくださりありがとうございます。土下座

 

 

 

 

 

 

*チワワランキングに参加しています*

下の写真をポチッとクリックして頂けたら
とても嬉しいです双葉

 



にほんブログ村

 

ありがとうございますcrml

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。