ワーママでもできる!自分から
遊ぶように勉強する子どもになる家庭学習法
西宮・阪神間 親勉インストラクター
さかね みほ です。


仕事で家にいない旦那さんが、
たまの休みに娘と触れあいたくても
なんだか娘が よそよそしい。

毎日娘と過ごしている私が怒るのと、
たまにしか会わない旦那さんが怒るのでは
娘の受け取り方も違ってくる。

もしかして、
娘とどう接したらいいものか  わからなくなってきた?

親が子に接するのは時間じゃない、質だ
とは聞く。

それなら、質をあげるために
私の持ってる情報をシェアしたら
娘の成長がわかるかな。
ノートに日々のことを書くようにしてみた。


前はメールしてたんだけど
メールじゃ簡潔な事務連絡になってしまって。
アナログだけど
手書きノートのほうがイラストとか描いたりしてニュアンスが伝わるんですわ。


毎日書かなきゃ、と思うと絶対続かないから
これ伝えたい!って気持ちになったら書く、の方式。

「あ、あのこと書こ」と思い出すのが通勤帰りの電車だったりする。
だから電車で立ちながら書いてる日も。

ノートは鞄から出し入れしやすいA5サイズ、軽めのものを100均で。
極力負担にならないようユルユルでするのがヨシ。


そしたら、たまに旦那さんが返事を書いてます。
休日の娘への接し方も少し変わってきた。


もうすぐ3歳。
まだまだ抱っこが大好きで  甘えたで
夜もすぐ起きてママを探して泣いてしまう。

そういうことをメールすると愚痴っぽくなるんだけど
ノートだと「記録」になる。

子どもの成長をまるごと見る。
22歳になったら安心して手を離せるように。


◼最初の一歩、
親勉体験会はこちら☆
7月29日(土)14:00~15:30 
西宮北口駅 付近


私が親勉にハマるきっかけをくれた
ワンオペワーママでもできる遊ぶようにできる子育て☆
かとうきさよマスターインストラクターのメルマガはこちら

親勉カルタやトランプが買える
親勉オンラインショップはこちら

親勉 創始者小室 尚子先生の
子育てお役立ちメルマガはこちらから☆



AD