ワーママでもできる!自分から
遊ぶように勉強する子どもになる家庭学習法
西宮・阪神間 親勉インストラクター
さかね みほ です。


いよいよゴールデンウィーク!


保育園に飾られた鯉のぼり。
手の届く高さなので、娘は男の子に混じって
鯉のぼりと戦っていましたよ。

風の具合で鯉のぼりが応戦してきて、
チビちゃんたちは苦戦してました。笑



ゴールデンウィークには
帰省される方も多いでしょうね。


わが家も
旦那さまの実家に泊まりがけです。

旦那さまの妹さん一家も帰ってくるので
娘は1歳上のいとこちゃんに会えるのを指折り数えています。


この
おじいちゃんおばあちゃんに会うことは
子どもにとってかなりプラスですよキラキラ


普段の学びの成果が
ほんの少しでも出ちゃったものなら、えらいことです。



歴史好きな父が切り抜きした新聞を見て

2歳児が
「あ、さかもとりょうま」

「さかもとりょうま と さいごうたかもりは、仲良しさんだったの?」

千円札を見て

「これ ひでよ だね」(野口英世)

ニュースの天気予報図を見て

「ほっかいどう、雨ザーザーだね」



もう、おじいちゃんは卒倒です びっくり

満面の笑みで
「えーー、わかるんかぁー!?
すごいなぁ!!すごいなぁ!!」


ベタ褒め。


これが、ちびっこの「学びが楽しい!」に
つながるんです。


私はこれ、知ってた。
これも知ってた。
おじいちゃんビックリしていた。

えっへん
嬉しいニコニコ

他のことも知りたい!爆笑爆笑


毎回、うちの親に会うたび
頼んでるわけじゃないけれど
ありがたいことに褒めてくれます。


ご近所さんでもいいんです。

親以外の、第三者の大人に認めてもらうことが
子どもには大きなプラスになるんです。キラキラ


周りの大人を巻き込んで
学びの上昇スパイラル!

グングンのぼっていきますよ!



あなたもこの楽しさ
体験しませんか!?

遊びながら学ぶ親勉体験会はこちらから☆


親勉 創始者小室 尚子先生の
子育てお役立ちメルマガはこちらから☆





AD