魂が200%輝くカラーリーディング ~自分らしさを高める~

女性は何歳からでも自分らしく輝くことができる!
自分らしさを高めるには、外見と内面の両面からのアプローチが必要です。
日常で活かせるパーソナルカラー診断&レッスンや潜在能力を開花させるメンタルカラー診断、自分らしさを高めるメンタルセッションをしています。


テーマ:

美穂です。

 

 

 

当ルームにご来室されるお客様は

 

たくさんの 色布 を見て、

 

色ってこんなにあるんですね・・

 

と、しみじみおっしゃる方が多いです。

 

 

 

 

 

私たちは、色というものを

 

「赤・橙・黄・黄緑・緑・・・」と

 

12色、24色と捉えてしまっていることが

 

多いです。

 

 

その理由は、

 

子どもの頃に使っていた、

 

クレヨン、色鉛筆、絵の具の影響が

 

大きいでしょう。

 

 

 

ですが、

 

色は、何万色もあります

 

 

 

私がカラーリーディングをしていて

 

お客様に対して思うことは、

 

圧倒的に 色を知らない

 

ということです。

 

(※私もそうでした・笑)

 

 

 

認識不足、と言ってもいいかな。

 

 

本当は知っているのですが、

 

視点が漠然としていて認識していない

 

状態です。

 

 

 

 

色には、

 

赤、橙、黄・・・といった基本色以外に、

 

中間の色 が あります。

 

 

青緑、赤紫、青紫などや、

 

紫が強い赤、 橙が強い黄色や

 

白の量を加えていく

 

ライトカラー、ペールカラー、

 

そして、黒を加えていく

 

ダークカラー、グレイッシュカラーなどの

 

明暗の色もあります。

 

 

 

色のバリエーションを増やすためには

 

色彩の間の色 や 明暗の色 を

 

意識することが大事です。

 

 

 

 

 

 

色は、感覚的部分だけでなく、

 

理論的な部分もとても多いです。

 

 

 

「色ってそういう仕組みなのね!!」

 

とロジカルに理解すると、

 

「じゃあ、こういう配色もアリね」

 

「じゃあ、ここにこの色もアリよね」

 

という感じで

 

色の世界が広がっていきます。

 

 

 

カラーバリエーションが増えない、

 

というのは、

 

「色を知らない」、という

 

単純だけど大きな理由もあります。

 

 

 

まずは、色を知りましょう。

 

 

これがファーストステップです。

 

 

 

下記の色サイトは、

 

たくさんの種類の色が載っています。

 

色の名前の美しさも感じます。

 

↓ ↓ ↓

 

『洋色大辞典』

 

 

 

オススメ本はこちら↓

 

色の名前 色の名前
 
Amazon

『色の名前』 角川書店

 

 

これは色の定番本です。

 

エッセイ本みたいな感じで

 

写真もステキなんです。

 

 

色が好きな人は、

 

こういう本をみている時間も

 

幸せを感じるでしょう。

 

 

 

当ルームでは、

 

色を見極めるトレーニングの一環として、

 

パーソナルカラーの4シーズン分と

(30色×4シーズン)

 

CUS®12色相環の計185色が入った

 

単語帳型カラーカードをお渡ししています。

 

 

 

 

これも、見ていると

 

幸せを感じてきますね^^

 

 

 

 

関連記事:

「カラーセンスを磨くには」

 

 

 

 

>>人気記事はこちらにまとめました

 

 

>>メニュー・料金一覧はこちらから

 

 

本日もお読みくださいまして

ありがとうございました

 

゜――.+゜女性専用゜+.――゜ 
Clair/クレア◇カラー&メンタルルーム 

・アクセス 【神奈川県大和市】
 小田急江ノ島線、南林間駅・鶴間駅
 各々徒歩10分
・営業時間  11:00~16:00
 不定休


宝石赤お申込み・アクセス
宝石赤プロフィール
サイト 『Clair』 http://clair.jp.net/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

トータルカラーアナリスト美穂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります