• 30 Jun
    • 新ブログのお知らせ

      いつもブログを読んでくださっている読者の皆様、ありがとうございます。     渡仏後、アカウント名もパスワードも忘れていたアメブロを再開したのは、早4、5年前になるでしょうか。     フランス語勉強中に、自分の勉強法をシェアしたり、覚え書きに使ったりしながら、モチベーション維持の大切なツールとして使い始めました。     その後、同じフランス語学習者さんや、フランス在住の方を中心に読者の方が増え、時折メッセージを頂いたりと、ブログを通した交流も増えていきました。     更新のない間も、絶え間なく読みに来てくださっている方がいて、ジーン。としていました。ありがとうございます。         タイトル通り、実は2017年1月より、細々と新ブログを始めていました。     告知前から、どちらのブログにもいいねしてくださる方が見受けられるので、きっと、お気付きの方もいらっしゃいますね笑。       新ブログは、夢への一歩として、私とオットが大切にしている想いにfeatureすることで、そういった思いを共有できる方たちとつながりたいという意味を込めて、アカウントを分けて始めました。     ブログ開設後、取り巻く環境や心境の変化が訪れ、予定の大幅な変更も必要となり、未だ、頭も心もあちこち行ったり来たりしている状態ではありますが、諦めず、二人と一匹の夢に向かって進んでいます。       今後暫くは、私にしかわからない振り分け?笑 でどちらにも記事を書いていくと思います。   新ブログの方は、どちらかというと、変わり続ける中で変わらない、私の根っこの部分に近かったり、大切にしている事柄に触れることが多いかな、と思います。     もし、ご興味ある方はコチラになりますので、引き続きお付き合いよろしくお願いします。     これまで読んでくださった方、コメントやいいねしてくれた方、本当にありがとうございました。     さようなら感が強いですが、当面はこちらにも、最近再開したフランス語の勉強や、日常のあれこれなど、更新していく予定です。     それではまた!     Merci beaucoup!      M*kis  

      19
      テーマ:
  • 28 Jun
    • Soldes d'été サマーセール 2017

      本日よりフランスのサマーセールスタートしました!         私が商品を置いている、フランス版 Etsy 、alittleMarket でも同時スタート。   和アクセサリーショップ「Origami Zaiku」でも、一部商品を除き割引を設定しています。     涼しげな風車の折り紙ピアス       ↓ショップはこちらからどうぞ Origami Zaiku     先日までの1、2週間、セール前のフライング?!で沢山のご注文をいただき、在庫がなくなってしまったものもあるので、これからまた少しずつ製作して補充していきます。     お客様の殆どはフランス人ですが、時折在仏日本人の方から、自分用もしくはフランス人へのプレゼント用としてもご注文いただいています。     日本らしいものをプレゼントしたいなーなんて方は是非♪     東西南北フランス全土からご注文いただいているのですが、最近ではパリ周辺のご注文が増えてきています。   やっぱり、おしゃれ人が集うところからの注文は嬉しい♡   これまで、イギリス、スペイン、ドイツ、スイス、ベルギー、カナダ、日本からのご注文も承りました。   どの国も無事に届いているので、近隣諸国にお住いの方も是非♪     買う側としてはセールに全然無頓着なのですが、売る側としては忙しい日々。   皆様にも、素敵な出会いがありますように⭐️    

      4
      テーマ:
  • 27 Jun
    • 【フラ語】Barbapapa バーバパパの話

      ものすっーーーーーごく久しぶりのフランス語ネタ。     数ヶ月前から生活に英語を取り入れていたら、人間楽な方に流れるもので笑、ラジオも本も英語、しまいにインスタやFBの投稿も英語に傾き始め、最近またフランス語がたどたどしくなってしまいました(大汗)     ほぼ毎日、犬友や散歩友達と1,2時間くらい話すのですが、そこにも英語が混じり始め「うわ、なんか最近やばいな私」という危機感を感じるようになったので、フランス語のお勉強再開。     これからちょいちょい、フランス語も挟んでいきたいと思います!   興味のない方もいらっしゃると思うので、フランス語関連の時はタイトルに【フラ語】と明記していきます。       ***     今日は、日本でもお馴染みのバーバパパのお話。     先日、日本人友達と相方と3人でご飯していた時、友達とバーバパパの話になると「何それ?綿菓子?」と奇妙な発言をした相方。     実は奇妙でもなんでもなくて、バーバパパは、つまりBarbe à papa、フランス語で綿菓子ってことだったそうです!   ご存知でしたか??   2分のビデオはこちらから↓       Cette friandise n'était pas rose mais blanche d'où l'analogie avec la barbe à papa.   と言っているように、白い綿菓子がパパの髭って呼ばれていて、その発音をとって作られたのがアニメのタイトルBarbapapa。   ちなみに、friandise(f)は甘いお菓子のことを指しますが、犬のご褒美にあげるおやつもfriandiseと呼びます。     今日はここまで♪   語学学習は毎日の積み重ねが大切(って昔よく言ってたな汗) またしばらく頑張ります!  

      3
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 猛暑とインスタと。

      ご無沙汰しています。 みなさん、いかがお過ごしですか?     ブログの更新が滞っているにもかかわらず、覗きに来てくださっている方、読者登録してくださる方がいて嬉しくなり、またこうやってポツポツブログを書いております。   いつもありがとうございます     日本はあまり雨が降っていないという噂を聞いたのですが、最近の南仏プロヴァンスは、とにかく暑いです。       犬の散歩も最早修行僧の気分。   滝汗で黙々と一歩一歩。   犬もベロが地面に着くんじゃないかというほどベロ出しています。   毎朝集合しているフランス人の犬友たちも、プフプフ言いながら「猛暑だ猛暑だ」と騒いでいます。       南仏の人から「雨降ってほしい」発言が飛び出すほどなので、結構重症。       食いしん坊が自慢(?)の私も、ちょっと食欲がなかったりします。 昔もちょっと書いたけど、エアコンがないので、猛暑はシャレになりません。     本気で北のもうちょっと涼しいところに引っ越したい最近。     日本の湿気を含んだ暑さはこちら以上のもの。 皆さんもくれぐれもお体にお気をつけください。       Photo by Brooklyn Morgan on Unsplash       さて、お気付きの方もいらっしゃると思うのですが、最近インスタグラムを公開モードから承認制?っていうのかな?フォロワーしか見えないモードに変えました。     ご丁寧にブログ読者の方から「不都合でしたらフォロー解除しますので教えてください」って連絡をいただいたのですが、大丈夫です。     実は仏人男性のフォロワーにちょっと困った方がいたので非公開にする運びとなりまして。。。     時々ヨコシマな目的で見ている人もいるので、公開モードでされている方で、住んでいる都市がわかったり、名前を書いていなかったとしても、写真から本人がわかるような方はお気をつけくださいませ。     私のインスタアカウントはこちら。     個人のインスタ ヨコシマじゃない方限定、笑。フランス在住の女子の方のインスタは、旅行の参考にしていたりするので、フォローいただけたら嬉しいです♪   手仕事のインスタ こちらは公開中       それではまた!      

      5
      テーマ:
  • 23 May
    • 朝の光景

      久しぶりの犬日記。   フランス生まれの柴犬ライト。 今日で1歳8ヶ月。   毎朝の光景。       夜は自分のゲージで寝て、朝相方がゲージを開けると、ベッドにやってくる。   そして私より遅くまで寝る笑。       私が服を着替えたりして準備を始めると、散歩の気配を感じて目を覚ます。   「散歩行く?」   と聞くと、行きたいときは「アーーーゥ」と返事をする。   けど、まだ寝たい時や、行きたくないときは、         狸寝入りをする。   これ本当。   彼なりの、行きたくないの合図で、いきなり目をしぱしぱさせ始めて、眠い、行きたくないアピールをしてくる。   狸(タヌキ)寝入りが得意技。       未だにフランス人に、狐(キツネ)かって聞かれるのに笑。   多分この尻尾の先だけ黒いのが、余計キツネっぽいのかな。         先日は犬嫌いのマダムに愛想を振りまいて近寄って行ってしまい、叫ばれて尻尾下げて怯えて逃げてきたライト。。。     ライトは誰でも好きだけど、ライトのことが怖い人もいるんだよね。 私もそれ、忘れてた。。。     これから気を付けよーねーと言いながら、少し凹んで帰ってきた1人と一匹。 それにしても、怖かったなーあのおばちゃん!    

      16
      3
      テーマ:
  • 16 May
    • 選択 choice choix

      35歳を目前に、最近またやたらと話題に上る、子供作る、作らない話。     フランスでは、日本ほど「子供作らないの?」とか「作ったほうがいいよ!」とか言ってくる人はいない。その会話はもはや、一昔前のモラルレベルのもの。   今や、欲しくてもできない体の人のことを思えば、気軽に口に出せるものでもない。     うちの場合は現状、作らない選択をしている夫婦だけど、もし自分ができない体でそんなこと言われたらと思うと、胸が押しつぶされそうだ。     相方の同僚(といっても50代)の妻で、1人だけ毎回子作りをごり押ししてくる世話焼き南仏おばさんがいて、その人とはいつしか必要最低限しか会わないようになった。笑   更に、彼女の家庭環境が憧れるようなものでもないから、説得力に欠けてる。。。     自分の親ならまだしも、正直関係ない人にごちゃごちゃ言われるのは鬱陶しい。     渡仏後さらに、子供を作る作らないは、そのカップルの「選択」だと強く考えるようになった。   もはや、結婚→子供っていう流れだけが「当たり前」ではないのだ。     こちらでは、他国から子供を養子に取っている人が身近にいたり、子なしを選択して生きている人もいる。     子供を作って生きていく以外の選択肢が、周りにたくさん見える。     先日知り合った34歳のフランス人の女性は、自分の体が健康で、たとえ子供を作ることができても、恵まれない国から養子をもらうつもりで生きているといっていた。     ちょうどその2週間後に、「Lion」という実話に基づいた映画を見て、オーストラリアでインド人の養子をとった女性が同じことを言っていて、なんだかシンクロした。     数年前、実は同じことを考えたことがある。     地球は、人で溢れかえっている。   日本は少子高齢化でも、地球規模で言ったら人口は右肩上がりに増え続けてる。   それに伴って地球資源もどんどん搾取され、環境も破壊され続けてる。   だったら、既に生まれて来ていて、でもとても厳しく苦しい環境で生きていかなければいけない子供達を養子として育てるのも、一つの選択肢かもしれない。   夫婦で、真剣に、そんな風に話していた時期がある。       これは真剣に考えれば考えるほど簡単なことではない。   映画を見ても、近くにいる養子をとっているカップルを見ても、課題は山のようにある。       思うのは、考えて、作らない選択をしたカップルの意思も尊重してほしいということ。   子なし夫婦が子供を持つ夫婦に「作るべきじゃない。人口増えすぎてるんだから」って言わないように、子供を作らない選択をした人に「子供を作ったほうがいい。作るべきだ。」とか言うのはやめてほしい。     特に先進国は少子高齢化で、年金問題やら、経済的な問題もあり、メディアも政府も、子供を作ることが「美」とされるように、あらゆる手立てを使って国民に向けて情報発信しているから、そう思い込んでいる人も多い。       子供がいるカップルでも幸せな人もいれば不幸な人もいて、逆に子なしカップルでもそう。   幸せは、子供のあるなしで決まるものではない。   それぞれのカップルにそれぞれの考えがあり、それに他人が口を挟む問題ではない。   言っていいのは、孫の顔が見たい親まで!w    

      9
      4
      テーマ:
  • 11 May
    • 走りたくて走りたくて

      昨年末足を捻挫してから、ヨガ以外のスポーツを中断していたここ半年。     かかりつけ医に出されたキネジテラピー(kinésithérapie, 運動療法、通称キネ)の診断書も半年ほど放置し、やっと通ったのが先月。     運良くマジックハンドを持つキネの先生を見つけ(→他と同様キネの腕もピンキリ。口コミ要チェック!)、5回通っただけで足の変な違和感が改善され、今では毎日気が狂ったようにランニングをしています。     こんなことならもっと早く行けばよかった!         考えてみれば、「健康のために」「ダイエットのため」「マラソン大会出場のため」とかで、”走らなきゃ!!”ってプレッシャーをかけて走ることばかりで、”走りたい”と思って毎日走り続けるのは、これが人生初かも。   この、心の底から◯○したいってパワーが、何よりの原動力だなーと、今更ながら感じる日々。     あーだこーだ理由をつけたり、理屈っぽくなったりしている内は、やりたいと思っているように見えて、そう思い込もうとしてるだけのことも多い。     今日みたいに雨が降るとテンション下がるのは、もはや雨のせいではなく、雨で走れないせい笑。ベタベタになりながらも走りたいくらいなのでした。       キネに「君の足のためには絶対必要だよ」って言われたオーダーメイド中敷も、今日やっと完成し、podologue(足専門医)に受け取りに行きました。     日本でも、なぜだかプロ野球選手がいくスポーツドクターに迷い込み、高いお金を払って中敷を作ったことがあるんだけど、フランスで作ったものの方が支えられている感抜群で気に入ってます!     フランスの医療制度は、いちいちかかりつけ医に行かなきゃいけなかったりで面倒な側面もあるんだけど、Sécurité sociale(社会保障)とmutuelleで医療費がほとんどカバーされ、安心して病院にかかれるのも良いところ。     税金は高いけど、こういうところにちゃんと使われていれば文句は言えないなーと思うのでした。税金払っても、政治家のポッケにほとんど消えてしまう国もあるから。     キネも足専門医もめちゃくちゃ親切でいい人。     フランス在住で、扁平足が原因で捻挫しやすかったり、膝壊したり、腰に痛みが出る人は、かかりつけ医に相談するのがオススメ!足の調子がかなり良くなります     超曇ってるけど、雨が止んだこの隙に、ジョギング行ってきます!     Bonne soirée!!    

      8
      テーマ:
  • 29 Apr
    • 日本人女性が海外でモテる説

      渡仏前から聞いていた都市伝説で、渡仏後も日本に帰るとちょくちょく人から聞かれること。   「日本人女性って海外でモテるんでしょ?フランスでもそうなの?」   っていう件。     あくまでフランスの場合だけど、結論から言って、これは都市伝説どまり。   残念!笑     「日本人女性はモテる」っていうと、普通にフランス人女性とデートしてる感じのフランス人男性が「日本人の彼女が欲しい!」って思うイメージだと思うけど、それはちょっと違う。   そういう普通のフランス人男性の場合は、その日本人女性が人として魅力的かどうかがポイントで、日本人だっていうことはプラスアルファの要素でしかない。     もちろん、単にアジア人好きのフランス人男性も沢山いるし、さらには子供の頃から見ているアニメやゲームなどの影響で日本オタクな人たちや、フランス人女性に相手にされない女性経験の少ない人とか、、、を除いての話。       よく思うのは、モテるタイプの女性の種類が全然違うこと。     フランスに関してはっきり言えるのは、日本でモテるキャラ(ほんわかタイプ、無知キャラで「へー、そうなんだー!すごい!かわいい!」が口癖タイプの子)は、こちらでは真剣交際には発展しない。   興味本位で遊び相手になる可能性はあっても、事実婚や結婚を意識する相手としては見てもらえない。(例外もあるけどね、、。)     逆に日本ではちょっと煙たがられる、知性のある女性や、自分の意見をはっきりと述べて討論できる人、そういう女性の方が真剣交際の相手として意識される。     というのが私の考察結果。       そして見た目も、可愛さより断然セクシーさ重視。   下着は服を着ている時に形が綺麗に見えるものよりも、脱いだ時のセクシーさが大事。   メイクは日本のガッツリメイクは逆に引いちゃう。そして例えばするとしても、日本でよく見るタレ目アイラインなら、女豹風の方がウケたり。     アラサーの私の女友達でも、日本でなかなか素敵な男性が見つけられない女子がいるけど、そういう友達ほど、こっちに来たら好かれるタイプだなーって子が多い。     少し前、婚活留学ってのがあるらしいって噂を聞いた。   アラサー、アラフォーの人が海外に留学に来て、外国人の恋人を作って結婚する方法らしい。   最初それを聞いた時、「なんだそれー!動機が不純!!!」って思ったけど、思い起こせば周りにも、、、?     でも今は別にいいんじゃないかと思う。 需要と供給がマッチしていれば。     日本から素敵女子がどんどん海外に流出してしまうのは少し残念だけどもね。     ちなみにフランスは、「恋愛が国技」とか言われるらしい。(なんだそれ!)   離婚率は50%を軽く超える。   大統領ですら浮気してもお咎めがない国で、何十年も前から不倫すら法律的な罰則すらないフランス。   軽い気持ちで近づいて来るフランス人男性も多いから、純な日本人女性はくれぐれもご注意を♪     私も入国早々移民局の面接で、結婚ビザできている私に色目を使ってくる管理官に当たったり、レストランやバー、そしてスーパーや道端で声をかけられることもある。     ただ、道端やバーで急に腕を掴まれる、ちょっと怖い(情熱的な)ナンパや、会ったばっかりなのに映画みたいなセリフを浴びせて来るのは、ハワイのが断然多かった。フランス人男性の方がアプローチは慎重で、シャイな人も多い印象。     とはいえ、日本人男性に比べればストレートだし、sexに対してもオープンだから、これからフランス入りする女子は日本と同じノリでは考えないように気をつけて!    

      20
      テーマ:
  • 16 Apr
    • GIRL TALK

      相方の留守中、友達と一緒に我が家でお泊まり会。   ”お泊まり会”   って響きだけでウキウキ♪       寿司と日本食と日本のビールと梅酒で進む会話。   おそろのパジャマも用意してくれて、盛り上がる女子2人とちびっこ1名に、女子の香りに反応したのか去勢したのに発情し始める犬一匹。       喋っても喋っても喋り足らず、朝3時半の歯磨きでも、狭い洗面所で軽く20分しゃべり続けるという、寝るか喋るかどっちかにしたらの状態。笑   結局寝たのは朝四時近く。   彼女の子供は7時過ぎに「◯◯ちゃん起きたのー!!」ってなハイテンションで寝室に侵入してきたので、大人は3時間しか寝ていないという超ド級の睡眠不足。       そしてゾンビ状態の朝7時から10時くらいまでまたズーーーーーッとしゃべり続け、バイバイしてからも電話、笑。     色々濃い一日でした。   話題に事欠かない私たち。   本当、ぶっちゃけトークができる友というのは、すごく大切。   幾つになっても、友達ってやっぱり大事だな。と思うのでした。       バックミュージックは終始 ed sheeranのオンパレードだった割に、今日のゾンビ状態のお散歩中はずっと頭の中、 安室ちゃんのGIRL TALKでした。         と言っても、私たちの場合、ガールズトークってか、おっさんトークも満載だったかな。     今日は明日からのバカンス準備の予定が、脳みその活動スピードがいつもの1/3にも満たないため、結局ダラダラとバックパックに下着とTシャツを詰め込んで終了。     複雑な部分はミスりそうなので、全部明日に回します。   9時前には確実にダウンしそう。   おやすみなさい!    

      9
      テーマ:
  • 12 Apr
    • ロマンス注射 injection of romance

      相方の不在中に軽い恋愛ものの映画を3本。     日々deepなことばっかり考えていると心が枯れるから、久々のロマンス注射。   のつもりが、久々の恋愛ものに少々ロマンスオーバードーズ気味。   ずっとEd sheeranが頭から離れず、無意味に切ない夜。 色々昔の余計なことも思い出し、いいやら悪いやら笑。     チョイスしたのは、cheesyな映画が大の苦手な相方とは、絶対一緒に観ないなーって3本。       Me Before You       The Age of Adaline       The Fault In Our Stars       と、ついでに1本、絶対観ないと思っていた     Fifty Shades Of Grey       最後の一本は興味本位で観たけど、かなり微妙、、、でコメントしづらい。     他3本は想像通り、ロマンス注射大成功でした。       最近昼間は予定を詰め込みすぎて毎日バタバタ。   だからか余計、夜のお一人様ソファータイムは極楽。   愛犬と一人暮らし気分を楽しんでいます       若干ロマンスレベルがtoo muchではあるけど、たまにはこういう映画もいいもんですね。カサカサしてた部分が滑らかになった気がする。     ちなみに、英語リハビリ中の私は、だいたい英語字幕付きで観ます。 選択肢がないときは、字幕なし(そして語学に関して鬼レベルな相方と見るときは、100%字幕なし)。聞き取れないところもあるけど、なんとなくで乗り切る笑。 日本語字幕は読んじゃって勉強にならないから、あえてつけないようにしてます。     映画で流れてた、ヘビロテ中のEd sheeran2曲       切ない!!!!      

      6
      2
      テーマ:
  • 27 Mar
    • 文化的ハーフが好き

      私は日本にいた頃、「どういう人が好き?」って聞かれると、外国に住んでいるか、海外経験がある日本人が好きって言っていたことがある。     その頃の私は留学経験もない日本純粋培養の女子だったけれど、仕事柄沢山の海外在住のビジネスパートナーと接する機会をもらっていた。   そんな経験も重なって、日本という文化ベースを持ちながら、外国のスパイスで味付けされた人々の面白さにはまっていったのだ。   まさか自分がそっち側の人になるとは、思ってもみなかったのだけど。       そして今フランスにいて思うこと。   "海外経験があるフランス人が好き" 笑   基本思うことが日本にいた時と変わっていない。   そう、私は文化的ハーフが好きなんだな。   一度もフランスから足を踏み出したことがないタイプのフランス人より、海外で暮らしたりして、外国のスパイスが入っているフランス人の方が話が合うのは経験上確かな事実。     そして、フランスに住んでいる外国人も面白い人が多くて好き。   彼らもそれぞれの文化ベースを持ちながら、フランスのスパイスで味付けされている。   私も同じく。       国際化が進んで、こうやって色々な文化が混じり合うことで、人はどんどん面白くなっていくのだなぁと、周りの人を見ていてしみじみと思う。     もちろん自国の、大切な素晴らしい部分を残す努力は必要!   善悪判断なしでなんでもアメリカの真似っことかは本当に残念だし、今の時代逆にcoolじゃないと思う。   でも、多文化から学べる素敵な部分って、人格を形成する上でも、平和を築く上でもたくさんあると思うから、上手にフィルターをかけて吸収していけたらいいな。国レベルでも、個人レベルでも。     かといって、海外留学にはお金もかかるわけで、海外で仕事をしたり暮らすチャンスは誰にでも転がっているわけではない。   そういう場合は、日本に住んでいる外国人や、帰国子女と仲良くなるだけでも色々感じて、視野を広げてもらえると思う。私もそうだったから。     日本純粋育ちの人でも大好きな友達もいるし、海外に住んでいる人でも合わない人もいるので、もちろんgeneralization できないけどもね。     そんなこんなで、まだ5年生の姪っ子に、将来の留学をお勧めしまくっているおばでした笑。    

      15
      2
      テーマ:
  • 14 Mar
    • 私が外国語で得たギフト

      ヨーロッパの中で、外国語を不得意とする国の1位に輝くのがフランスだと聞いたことがある。   「フランス人はフランス語に誇りを持ちすぎて英語を話したがらない」   そんな都市伝説を信じていたこともあったけれど、移住してきて感じるのは、単に「話せない」人が多いこと。   最近では若い人で英語を話したがる人も増えていて、私の外見を見て嬉しそうに英語で話しかけてくることもある。フランス語で返すと、ちょっとガッカリされちゃったり笑。   でも、肌感覚でも英語が喋れる割合は、近隣ヨーロッパ諸国に比べてまだまだ少ないと思う。     英語が苦手な人が多いところは、なんとなく日本と共通してる。   フランス人と日本人って、お互いの国で、お互いの国の文化や芸術が重宝されたり、食品が高く取引されたりって、なんだか美的センスというか、好むものの感覚は似ているようだけれど、性格は真逆。   主張してなんぼの国と、協調してなんぼの国。   でも主張したーい!って国でも英語が喋れないのは一緒なわけで、語学って面白い。         ちょっと話が逸れてしまったけど、私が外国語で得た最大のギフトについて。 それは「世界が果てしなく広がる」こと。     出会う人の多様性と、その人たちや彼らの世界から得られる情報量が格段に増えるという意味での広がりがすごい。     渡仏後、日本という島国で育った自分の考え方が結構偏ったものだった事実を実感した私は、違う環境で育ってきた人々の考えや、人となりそのものに、日本では感じられなかった大きな気づきをもらってきた。     そしてその人たちとの交流で考え方の幅が広がるだけでなく、情報ソースが外国語のニュースや記事まで広がることで、日本の報道との格差など、驚く事実も目の当たりにしてきた。     仕事柄海外出張も多かったので、以前もそれなりに国際人だと思っていたけれど、やっぱり異文化に入り込んで住むというのは全く別の話だった。     フランス到着当初、日々頭をトンカチで殴られたような衝撃を受けながら生活していたっけ。     結構辛い時期もあったんだよーなんて話を友達にしたら、海外経験のある友達にこう言われた。   「それはM(私)が、相手の文化を理解しようとしたり、色々吸収しようと努力したからだよ」と。   外国に住んでも、表面上で合わせるだけで頑固に自分を崩さなかったり、日本人とつるんでばっかりだと、楽だけれど成長はしない。彼女曰く、海外に行けば変わると考える人も多いけど、結局伸び代はその人次第だって言っていた。   個人的には、吸収しよー!と思って努力していたわけではなくて、直感的にそれをしていたのだけれど、嬉しかったな。       私は今フランスに住んでいて、フランス語を聞き、話して生活している。   我が家の場合は子供が生まれたら、生まれつき日仏バイリンガルになるだろうけど、でもやっぱり、英語は勉強させたいと思う。     理由は単純。多国籍の人が集まると必ず、標準語は英語になるから。 フランス人8、スペイン人2、ドイツ人2、日本人1の飲み会がフランスであったとして、誰か一人でもフランス語を話せなければ、共通語は英語になる。 多数決は通らない笑。     英語が苦手なフランス人が混ざっていると、そこだけ孤立してフランス語で話しだしてしまって、なんだかもったいないし、残念だなと思ったこともある。     そういう意味でも英語は大事だなーと、ひしひし思う。     そして、恥ずかしいとか、間違わないようにって気持ちが強い日本人にはなかなか超えられない壁だけど、「間違いを恐れずにひたすら喋る」のが一番の練習法だと実感。     特に英語は、仏語に比べて間違ってても意外と通じるし、じゃんじゃん間違いながら喋っていいと思う。     現在我が家では、オットの日本語リハビリと、私の英語リハビリが進行中。   でも最近、私の日本語もちょっと怪しい。   「こんにちは」だっけ?「こんにちわ」だっけ!?!?   って、迷う時すらある。   「こんにちゎ」とか書いちゃう女子高生みたいだ笑。     こんなに日本語でブログ書いているのに、やっぱり読み物が外国のものが多いと、知らず知らずの間に色々失われているみたい。       日本語も、頑張ろう。。。   そして外国語を勉強されている皆さんへ。   楽しみつつ、頑張ってください!   私も頑張ります♪              

      20
      テーマ:
  • 05 Mar
    • フランス語を始めて数年、英語が話せなくなった話。

      2ヶ国語はおろか、3ヶ国、4ヶ国語話す人も少なくないヨーロッパ。     母国語を有した状態で移住してくる私のような移民を除いても、そもそもヨーロッパに住んでいる人の半数以上がバイリンガル、約25%が3ヶ国語、10%近くが4ヶ国語を話すそう。     バイリンガルすらちょっと珍しい島国日本から出てきた私は、当初その「当たり前」が結構衝撃的だった。     相方やスウェーデン人の友達も4ヶ国語を話すのだけど、さすがにそれはちょっとレア。でもバイリンガルくらいなら周りにわんさかいる。     中学から普通に英語を勉強してきた私も、英ペラと自信満々に言うほどではなくても、読み書き喋るくらいはできていた。     はずなのに、フランスに到着して、毎日フランス語を勉強し、聞き、って始めたら、英語がうまく話せなくなってしまった時期が3年ほどある。     結構長い。     まるで、私の脳みその「外国語部門」が「一つしか無理!」って拒否したように。   アメリカ人の友達と英語で話したくても、口をついて出るのはフランス語。   無理すると、まるでルー大柴のフランス語と英語バージョンみたいになって、今考えると面白いけど、その時は結構ショックで笑えなかった。       そんな時、ドイツ人の義姉がこういった。   「わかるよ。なんでか本当にそういう時期があるんだよね。でも大丈夫、絶対にいつか戻ってくるから。」     彼女は母国語のドイツ語に加え、多くのドイツ人のように高校生の頃には英字新聞を普通に読み話す、英ペラ状態。   けれど大学時代、スペインに留学し、スペイン語を学び聞き話し、スペインで学生起業までしちゃった彼女ですら、一時期英語が出てこなくなって、frustrationを感じた期間があったんだとか。     それでもいつの間にか戻ってきたと言っていた。     数年経ってもその”いつか”が来ず、若干焦り、ちょっと諦め、いやいや勿体無いし!と思ったりを繰り返し、それでもなかなかルー大柴から抜け出せなかった数年間。   私にもやっとその時が来たようだ。       同じような悩みを持つ外国人の記事を読んだら、脳は「母国語」と「それ以外の言語群」って認識するから、「それ以外」の箱に2つ目が入ると、最初は混乱するんだとか。   そして第1外国語と第2外国語を両方キープしたい場合は、日によって言語を変えると良いと書いていた。     で、実践している。     英語デー、フランス語デー、日本語デー     これは結構いけそう。   英語も少しずつでも、着実に錆が落ち始めているのがわかる。   最近、相方の日本語特訓と称して怠けまくっていたフランス語も、日にちを決めることで前より話すようになった気がする。     無理かもー     と思っていたことも、どうにかなる日が来るもんだ。     前に、日本の英語教育もどんどん変わって、中学での英語授業が全て英語で行われることになるっていう記事を読んだ。   でも英語を英語で教えられる教師の数が極端に少なくて、そこが大きな課題になっているらしい。   英語の文法をテクニックとして知っていることと、使えることは別だから、それって結構高いハードルだと、自分の経験からしても思う。     あと、日本人が教えるとなると、発音の問題もどうなのかな?     どうなるんだろう日本の英語教育。     でもやっぱり思うのは、外国語って大事。     私にとって、自分の人生観を変える大きなきっかけになった宝物だし、そのおかげで沢山の出会いがあった。     昨日のサプライズバースデーパーティーで♡   腹を抱えて笑い合えるフランス人の友達ができたのも、フランス語のおかげだしね。     私が外国語を勉強して得たギフトの話は、また今度。   Bon dimanche!  

      14
      1
      テーマ:
  • 25 Feb
    • This morning, a customer told me that I made ...

      This morning, a customer told me that I made her day because she found earrings that she loved. That message made my day!! #handmadejewelry #makemyday #手作りアクセサリー #ありがとう #origamizaiku #origamiearrings #origami Une publication partagée par Miho (@lakiskis) le 25 Feb 2017 à 2h41 PST

      5
      テーマ:
  • 21 Feb
  • 18 Feb
    • ”anniversaire”

      私事ですが、先日結婚して4年を迎えました。   付き合ってからは早いもので7年が過ぎました。   そして今年は私のみならず、相方も記念日を忘れていて、1日経った今、何でかわかりませんが急に思い出しました。     仕事から帰ってきたら、この4年で一番嬉しかったことを聞いてみたいと思います。   昨年、頭からとろけるかと思う甘いコメントをもらったので、今年も乞うご期待、笑。       嬉しいこと、悲しいこと、色々あるけれど、結局愛する人と一緒に居られることが、私にとっては最高の幸せだと、当たり前のようで当たり前でないこのミラクルに感謝しようと、そう思った夕暮れ。     今から愛犬とお迎えに行ってきます。     みなさん良い週末を!      

      12
      テーマ:
  • 16 Feb
  • 09 Feb
    • メガネ女子と3つ目のピアスの謎

      最近の謎ふたつ。     自分では好きじゃないメガネの評判がすこぶる良い   私は中学から365日コンタクト。 でも、最近左目の調子が悪くて毎日メガネ。   裸眼では隣の人の顔も判別できないくらい視力も悪いので、メガネも極薄加工を施してもまだ目がちょっと小さくなってしまうくらいの分厚いやつ。       なのにメガネ生活を始めてから、何人ものフランス人に褒められました。   今日は日本人の方達に、綺麗になったと言っていただきまして。   普通、メガネからコンタクトになった時に言われるやつじゃ?   自分では断然コンタクトのほうが好きだから、不思議でしょうがない。   そして相方は、いつもメガネの方がいいという。 似合うというより、エコだから。理由がブレなさすぎて笑える。   しばらくコンタクト無理そうだから、いっそメガネ女子になろうかな。       3つ目のピアスの場所に宿るあるある  フランスに来てから、30すぎてピアスを開けたのは2年前。   3つ目のピアスが開けたくて、よく髪をかける左耳に開けようと思ったら、どうやら女子で左耳に2個、右耳に1個ピアスがあるのは、同性愛者と言う暗黙の意味があるらしい。   穴が●個で幸せになる、とかそういうのはどうでも良いんだけど、性的なところはちょっと気になった。   というのも前、こちらのタトゥーショップのお兄さんがファーストピアスの説明をしてくれた時に、選択肢の中でこのカラーは同性愛者のカラーだから、と教えてくれた。   知らないでバーとか行くと勘違いされちゃうからね。   って言ってくれたんだけど、3つ目のピアスの場所も本当にそんな意味があるなら右耳にしようかと考え中。       ジュディマリの歌にもあったじゃない?古いけど、   「思い切りあけたー、左耳のピアスにはー、笑えないエピソードー」って。       私も左耳がいいな、3個目。   相方には、「えー!なんで?治るのに時間かかったんだからやめときな!」と言われるんだけど、なんとなくこの感じは、抑えられそうにないワクワク感。     寒い時期のほうがいいっていうし、急がなきゃな。    

      8
      テーマ:
  • 08 Feb
    • ナンジャコリャー!

        手が泥だらけやんけ。ホジホジしたな、これ。    もうずっとここに置いてあった土。     なぜだか今日になってこうなっていた。     一応、土が大好きなライトにいたずらされないように、袋に入れて、さらに大きな鉢植えに入れていたんだけどもね。           口も泥だらけ!!食べたな、おバカ!     最初見た瞬間、笑えてしまって思わず怒るのを忘れて現場写真を撮っていたけど、「は!怒らなきゃ!」と思い立ち怒ったら、       得意の、悪いことしたら目をそらすやつ。     なぜだかほっぺもすごい汚れている。     お風呂に入れて、ケージに閉じ込め反省させたら、寝てる。       この土、実は人からもらったものだから、化学肥料が入っているかどうか不明。。。   昔実家の犬が、お花用の肥料を食べて何週間か入院したから、結構シャレにならない。     何事もありませんように。。。    

      6
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 日本人美容師さん

      フランスに来て何度か聞いた、   美容院に行ったらこけしにされた伝説。     それからこちらで美容院には行かず、日本に帰国する度に義兄に切ってもらっていたけれど、ライト(犬)が来てから帰国頻度も下がっていて、もうモサモサの極み。     最近はお団子でなんとかしていたけれど、面倒臭がりでそれも億劫に。     そんな時「日本人美容師さんのところへ行きますが一緒にいかがですか?」と天の声が降ってきました。     そして行ってきましたー!     セミロングになっていた髪をバッサリ! 図々しく、水原希子ちゃんの写真を見せてリクエスト。 (もちろん、顔は違うけどっていう前置き付きで笑)         言葉であれこれ言わなくても、求めているものをわかってくれるのはさすが日本の美容師さん。     すっきりしたー!前回もボブにしたけど、やっぱりボブが好き。     10年前はロング一本で、毎日名古屋巻きに精を出していたなー。 今はもう、コテすら持っていませんが。     すごく気に入ったので、これからちょくちょくお世話になろうと思います!        

      16
      4
      テーマ:

プロフィール

M*kis

お住まいの地域:
海外
自己紹介:
南仏プロヴァンスに住んでいます。 日本では旅行会社に勤務し、ハワイなど 大好きな海外リゾート...

続きを見る >

読者になる

AD

↓ポチッと応援お願いします↓


{3AC6639A-4D9A-4ECE-A019-15B4F1C68512}

{86F2804C-82F9-41F4-89EA-9F2EC0B3520A:01}

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。