人のケツ見てブログ

ドラマー、ドラムテクニシャンの三原重夫のブログです。


テーマ:

タバコ自体は16歳から53歳までずっと吸って来たのだが、さすがにしんどくなって来ていた。元ボ・ガンボスのキーボード、ギターのキョン氏は、ずいぶん前から葉巻というかシガーに替えていて、葉巻は肺まで吸わないから良いな。とは思っていたのである。ジャイアント馬場も葉巻吸って70までプロレスやってたからねえ。ま、しかし葉巻系はけっこう高い。

ま、そんな事を考えていたら、行きつけの飲み屋のマスターが、パイプを自分で作り出し、パイプを吸うようにもなり、ちょっと吸わせてもらったりもして、ネットでもパイプについていろいろ調べ始めた。実際にパイプを買って吸うようになったのは、2013年の9月ぐらいからである。下北沢の北口に専門店が一軒あるので初心者セットと、タバコは安いところでマックバレンのセブンシーズのどれかを買って、家で吸い始めた。

当初パイプ喫煙が、これほど奥深いとは思っていなかったで、パイプにするメリットは、「肺喫煙でない」「安上がり」ぐらいに考えていた。あとはまあ「パイプにタバコ詰めて吸うだけでしょ?」てな事である。実際パイプは安上がりである。50gのパウチ入りで1050円から1500円ぐらい。ヒマな日の僕のペースで吸っても4、5日は持つ。3g程度を詰めて小1時間は吸えるので、じっくり楽しむ事も出来るし、パイプ煙草は置いておくと、すぐ消えてしまうので、用事が出来て置いておいても、再び着火して吸い始める事が出来るので、その度に1本消費する紙巻に比べるとずいぶん無駄が無い。

パイプは肺喫煙ではなく口腔喫煙である。ニコチンも口内や鼻の粘膜などから吸収するのだが、肺喫煙に比べてニコチンの吸収率は10パーセント程度しかないらしい。パイプを吸えない状況では紙巻(最近はアメスピのペリック、美味い!)も吸うのだが、これも肺までは吸いこまない事にした。全面的に口腔喫煙に切り替えて、現時点で4ヶ月ほどになるのだが、実際吸収率の悪さからか、ニコチンへの依存度はかなり下がっているらしく、「タバコ!タバコ!」という感じにあまりならない。想像だが、タバコをやめたい人は、肺喫煙をしていた人なら、しばらく口腔喫煙に変えて、それからやめれば楽にやめられるんじゃないかな?僕にしても止めるなら、そう苦しむ事もなく、止められそうな気がしているし、口腔喫煙にした事で、以前に比べると体はずいぶん楽である。

始めてしばらく経って吸い方にも慣れてくると、何よりパイプは、物凄く美味いのである。「タバコって、こんなに美味かったの?」と心底ビックリした。ニコチンは主に脳の報酬系という部分に作用する事で、いろいろな作用の出方をする向精神物質らしいのだが、どうもこれは吸うやり方にも左右されているようで、紙巻が、どちらかというとアッパーに出るとすれば、パイプ喫煙はその美味さもあいまって、非常にダウナーに出る。ものすごくリラックスする。実際前出のバーなどで、喫煙者にパイプを吸わせてみると、抜群に口数が減る。必ずそうなるのでマスターと二人で面白がって観ていた。僕もわりと細かい人で、いろいろ考え出すと忙しく紙巻を吸っていたのだが、パイプは落ち着くので、これはかなり助かる。

煙が「美味い」って、どゆこと?なのだが、多分上手くくゆらせたパイプタバコには多くの芳香成分以外に舌で旨味を感じるアミノ酸なども含まれているのである。これは非常に複雑で魅力的な美味さである。「ノドの奥がたまらん甘い!」とか。この複雑さゆえ、タバコ自体に300を下らない製品があり、それぞれに個性的な美味さを持っている。紙巻では急激で高温の燃焼でこういった趣は飛んでしまう。

ま、こういう深いリラックス感ゆえか、パイプは多くの作家や科学者にも愛されて来た。それは分かる気がする。開高健は「紙巻は昼の実具である。パイプは夜の虚具である。」というセリフを残しているらしい。うーん、何だか分かる。アインシュタインがパイプをくわえて沈思黙考している姿など良い絵である。今の御時勢でこういう事を言うと、怒られるが、まあこれは破滅的な意味も含めて「カルチャー」なのである。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

miharaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。