曼荼羅花アート(心花絵写し®) 心に響くおとなパステルの描(えが)き方

絵は祈り、絵はもう一つの私たちの言葉です。
ならば、等身大の美しい言葉で語りかけてみませんか?
アート専科35年から生まれたパステル表現を、そのひとつの方法としてお伝えしています。

年内講座のご案内 (年内の講座は全て募集終了しました) 
      
パステル白の世界
 杉本メソッドの入門コース

パステル曼荼羅花アート@東京 国内唯一、特許シートをお使い頂ける講座
点対称模様を素早く簡単に、しかも準備まで早く!と私自身の為に作った道具です。

基礎からはじめるお部屋を彩るフラワーパステル画講座 
 誰の真似でもない完全な「あなただけのアート」
目の前のお花から世界に一つのあなただけの型紙つくりからスタートです。
あなたというフィルターを通してお花が魅せてくれる風景を、あなたの心と言葉で紡ぎませんか。
アート専科35年だから伝えられるハードパステル描くアカデミックな世界です

女性のみの講座ですので、リラックスして描いていただけます。

曼荼羅花アートインストラクター講座
 
超不定期配信ですが・・ 無料ニュースメール『心花絵通信』はこちらから
受講後の継続会員グループ 花咲職人さん倶楽部
ご受講された方は、いつからでも何度でも好きな期間フォローアップあります。
「描く」を楽しむ時間をご一緒しませんか。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

今朝、facebookに

英語のメッセージが来ていました。

 

いつものワケワカメな

外国人さんたちからのメッセだと思って

(毎日わんさと来る・・^_^;)

完全無視~しようと思ったら、

 

ん?「Pastel」とか「Brand」とか

「Skype」とか単語がある・・?

 

 

ジャンクなメールとは違うのかな?と思って、

目を通したら、

 

「あなたのフラワーの大ファンです」

「どこのメーカーを使うのですか?」

「スカイプで受講したいのですが可能ですか?」

 

と言う、ありがたいメッセでした。

(しかも実態ある女性でした^^)

 

 

 

 

 

インターネットってスゴイですね~

(@@)

 

今のままでも、

昔だったら絶対に巡り会えなかっただろう

遠方の方たちと

ご縁が繋がってびっくりなのに、

 

言葉の分からない方からも

連絡が来る時代なんだ・・!

(その方も英語ネイティブじゃないみたい)

 

 

こうなると、

グーグル先生がいてくれてよかった~♡

 ・・となりますね(笑)

 

 

ところが!

私ってば、ナマイキにも、

お返事用の文章に(グーグル先生の翻訳に)、

手直しを入れてしまいました。

 

前置詞を少し直したら、

「ありがとうございました。今後に生かします」

とメッセが・・汗

 

いえいえ、コピペする前に

画面上で整えただけなんですが・・

 

グーグルコンピューターには

筒抜けなんですね(@@)

 

 

そんな体験も新鮮で、

こんな笑っちゃうドッキリ談も

いつか、

楽しい思い出になりますように^^

 

 

 

 

 

で、その海外の方のリクエストへは・・

 

 

やっぱり私は・・

対面にこだわりたいのですよね^_^;
 

モニターを通して、この繊細な

色の重ねを伝えるのは難しい・・

 

 

 

でも本当は、

それ以上に大切にしているのは、

 

 

描いている方の、


描いてる時の視線の動かし方、
指先の力加減、
コットンの立てる音、
そして息づかい
 

 

たとえば、

対面だからこそできる

しょっちゅう声かけする事の一つに、

 

ほんの1~2ミリズレてる

力点の修正があったりします。

 

 

こういう繊細な作業が、

モニター越しにできるかどうか?が・・判りません。

 

話すだけで伝わる内容なら

構わないのですが、

 

繊細な表現を伝える時には、

(私には)リスキーだな・・

 

 

古くさいと言われても、

こういう内容だからこそ!

 

実際の描いてるものを、よく見て、

描き方の癖も、よく見て、

確信が持てるまで、見て、見て、見て、、

 

そうして

「ああ、やっぱりココがあなたのポイントね」

となる部分に気付きたいんですよね。。

 


私はものすごく不器用な人間なので、

徹底して自分の目でじっくりと見るからこそ、
(私からあなたへの)

本当に生きたアドバイスが生まれると

本気で信じてるんです。
 

粉の削り方、

取り方、

含ませ方、、、

 

実はこんなスタート時点にも、

「あなた」という人が

とってもよ~く現れているんですよ^^

 


究極のアナログ作業には、
生きたアナログ情報が満載なのダ。
 

 


それでもいつか、「ネットで講座」って・・


真剣に考えなくちゃならない時が来るのかな?


う~ん・・でもやっぱり、直接会いたいなぁ。

 


 
ま、いいや。今じゃないし。
 
ゆっくり考えよう。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

明日までの「白の世界基礎」フォローグループは

今までより深い部分からの話題を

(私の中から)引っ張り出して下さいます^^

 

 

今朝は、私の思う「白基礎のお役目」を、、

 

これは、ひっそり胸に秘めていたのですが ・笑

文字にしてしまいました。

 

 

 

 

 

私は、今こうして

絵を教えている自分のことが不思議なくらい、

 

ずーーっと長い間、

 

自分の絵を人に見られること、

人前で絵を描くことに、

 

大きなコンプレックスを持っていました。

 

 

だから昔からの友人達にとっては

今の私のしていることって、

 

「うっそ~!絵に関わる!?あなたが~~?(@@)」

 

 ってくらい、驚きらしいです。 

         ニヒヒ^_^

 

 

 

というわけで、

私自身が

 

とことん落ち込ん経験があったからこその

模索しながらの、一つ一つ解決してきた疑問点を

 

今あの頃の私のような方に、

役立てていただける・・・

 

というこの流れに、

神様の壮大な時間の組み立て方を感じるのでありマス。

 

 

 

 

 

そんな風に

「どうしたらこの劣等感を払拭できるんだろう?」

 

からスタートしてみて、分かったのは、

 

苦手意識にフォーカスしたら、苦手意識が育ってしまうこと。

 

 

この世界は、撒いた種が芽を出して育ちますものね。

 

 

スイカを植えればスイカが成り、

ヒマワリを植えればヒマワリが咲き、

ハバネロを植えればハバネロが育つんです。

 

 

だから、どんなに小さな事でもいいから

「上手くいって嬉しかったこと」に

意識を向けるようにしました。

 

 

1/100でも1/1000でも

1/10000でもいいです。

 

 

だって、1/10000でも

「イイトコロ」を見つけられたら、

昨日までの自分より

1/10000軽くなれます^^

 

 

今日は昨日より、

少~しだけ軽くなって

 

明日は今日より、

少~しだけ気持ちが明るくなって、

 

明後日は明日より、

少~し、疑問点が解消できる。

 

そして植えた種が芽吹き、

小さな双葉から、大きくなっていく。。

 

 

そんな自然な無理のないペースで

楽しめればいいか~と。

 

 

そんな風にしてたら、

いつの間にか、

引き出しがたくさんに増えていました。^^

 

 

 

 

 

 

私は中学生の時、

 

一人で口ずさんで歌ったり、

口笛を吹いてたりするのが好きだったんですね。

 

スッキリするほど思い切り歌ってみたい

 だけど!

人に聞かれるのは恥ずかしすぎる・・

 

 

だから、いきなり

合唱部とかには、入れなかった。

 

いつも遠巻きに見て、

放課後に流れてくる歌を聴いていました。

 

 

だから、合唱部に参加したのは

二年生の中頃だったかな?

 

合唱そのものに力を入れていた

我が校の中では、

ずいぶんと遅いデビューだったんです(笑)

 

 

でも、参加できるようになったら楽しくて。

 

青春時代が合唱一色で染まりました^^

 

 

 

 

でね、今思っても、やはり。

いきなり合唱部へ飛び込まなくても

良かったんですよね。

 

最初は一人で、

自分の確認をしてながら、

 

助走を付けて・・やがて

「よし、イケル!」

 

って思ってからの参加になっても。

 

 

誰かに言われたわけじゃないけれど、

 

自分にはあの時のタイミングが

合っていたんだなぁ~と、今も思います。

 

 

 

 

 

 

白の世界も、

そんな感じに似てるかも。

 

 

基礎の一色が独唱の世界なら、

 

応用の多色は、合唱ですね。^^

 

 

 

自分の旋律を

自由に歌えるようになったなら、

 

もっと膨らみが欲しくて

もっと感動が欲しくて

もっと成長したくて!

 

機の熟したその時には、

 

大勢のハーモニーに

引っ張られることなく

 

調和を楽しみながら

自分の声を響かせられます(⌒⌒)

 

 

 

 

 

私は私の経験してきたやり方しか

データがないので、

 

自分のステップアップしてきた方法しか

伝えられないんです。(たぶん・・)

 

 

このステップの進め方が

合う方がいて下さると嬉しいなぁと思いつつ、

 

違う進め方の合う方も、

当然いらっしゃるわけ。、

 

 

みーんながそれぞれに

合う方法と、

1日も早く出会えるといいなぁと

 

 

ほんと、心から思います。(⌒⌒)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベランダのミモザに

季節外れのツボミがつき始めてから、もう2ヶ月になります。

 

 

秋にしてはお日さまポカポカの日があって

ミモザも勘違いしたのかな?

 

 

そんな風に話ながら、見守ってきましたが

ここ数日の寒さに、

 

「このままツボミも朽ちるかな」

なんて、ちょっと思っていました。

 

 

そのうちの一つ (一粒 )が開花して、

我が家はプチ・ミモザ祭りです(笑)

 

 

狂い咲きに歓び狂うひとたち・・

 

まぁなんと、善いコンビ♡だこと(⌒⌒)

 

 

 

「ねぇ、やっぱりお花は咲くと”嬉しい”ねぇ~^^」

 

と、かけた言葉に、

即、

 

「でもね、膨らみかけの時が”愛おしい”んだよね」と。

 

 

ああ、彼らと家族でよかったなぁ・・と、

胸の真ん中がほわんと温かくなりました。

 

 

 

 

 

その膨らみかけのツボミは、君らだよ。

 

愛おしいって、

パパとママだけの特権じゃなかったんだね。

 

 

世界のいたるところに溢れてる ”愛おしい”  が、

 

   愛おしい^^

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)