おとなパステル講座 シンプルメソッドと特許シートの曼荼羅花アート

おとなの世界を描いたパステル画講座
国内でここだけ!の特許マンダラシートを使った曼荼羅花アートをはじめシンプルメソッドは、単なるパステル講座を超えたアート講座です。

2017年 講座のご案内 本年は各コース2回ずつの予定
     下記講座 3月末までのお申し込みの方は早期割引あり
 

パステル白の世界
 杉本メソッドの入門コース
 基礎講座 6/11(日)~7/10コース  応用講座 7/30(日)~8/29コース

パステル曼荼羅花アート 特許マンダラシートをお使い頂ける国内唯一の講座
 基礎講座 5/14(日)~6/13コース
 応用講座 7/2(日)~8/1コース

礎からはじめるお部屋を彩るフラワーパステル画講座 
  アート専科34年だから伝えられるハードパステルの最高峰テクニック
5/28(日)・6/18(日)・7/9(日)・8/6(日)・9/3(日)・10/9(祝月)
 上記の日程から 、1回コースまたは3回コースをお選び頂けます。

超不定期配信ですが・・ 無料ニュースメール『心花絵通信』はこちらから
受講後の継続会員グループ 花咲職人さん倶楽部
ご受講された方は、いつからでも何度でも好きな期間フォローアップあります。
「描く」を楽しむ時間をご一緒しませんか。
いつでもお気軽にお問い合わせください。
2月19日が継続さんへの会場開放日です。


テーマ:

「私駄目です。(パステルは)続かなかったです。」とメッセージを頂きました。
そして「みのりさん、続き物(記事)は続けて書いて下さいね(笑)」と。

すみませぬ~。
不思議なお話が入る時は、慎重に慎重を重ねないと、、。
誤解を生まぬように。。と(今は)思うとなかなか進みません^_^;
(昔のブログを知ってる方からしたら、驚きですね)



で。
そう言われれば、、私も以前に
「毎日描くなんてムリかな」と思った記憶もあるんです。

それが、いつから「普通のこと」になったのでしょう・・?


なんてことを、今朝起きたときに、
頂いたメッセでぼんやり考えていた杉本です^^


 




毎日少しでも楽して続けるために、環境・道具・テクニック・・
今の自分の暮らし方を振り返るシリーズ4回目ですが、

でも、今まで出てきたことは、
どれも小さな事ばかりなんですよね^_^;


自分にとって、どれが「続ける決め手」なのかしら・・
ハード面(上の三つ)じゃなければ、ソフト面(気持ち)かしら??




というわけで今日は、「気持ちのこと」を振り返ってみますね。



今回は、少しだけ不思議なお話も入るので
苦手な方はスルーしてくださいね~。



さて。


みなさんが何かをはじめる時に、
その動機になる何かをお持ちのように、

私がこんな風に、
毎日パステルに触れるようになったのにも、
キッカケがありました。


それは、娘が生死をさまよったとき。
そして、お医者様から、この状況を
生涯背負う覚悟をして下さいといわれた事でした。



長くなりそうですが、私にとって、
パステル画との歩みの歴史そのものなので
お時間のある方はこの長文におつきあい下さいね。^^



 




なんと表現したらいいのか、
あのとき、自分に対しては、

人生で一番激しい自己嫌悪、
自分自身の存在の全否定と後悔。
漫画みたいに足元がガラガラ崩れる感覚は、今でも覚えています。


だけど同時に、
その時寄り添ってくれた友人達への無限の感謝もあって。

私にとって生涯忘れられない、
傷みと深い感謝の両方が、持ちきれないほど湧いた体験でした。



パステルの直接の話題からは少しずれますが、
私の人生観みたいなことなので、広く絵とリンクする故、書かせて下さいね。



その時知ったのは、この世界は、
傷みだけ・感謝だけが、単独で存在するのではなく、
たとえどんな状況でも、
必ず両極が同じ分量だけあるということでした。



さらに、その両方を足した同じだけの質量を持つ確信。
「ああ・・自分で選べということなんだな・・」

そんなものが、どーーーんと自分の真ん中に居座っていました。



上手く表現するのがむずかしいのですが、
「自分」を起点に、
過去の全てと未来の全ても、静も動も同じものの裏表。

常に私たちは同じ質量を可能性として両手に抱えて
「ここ」にいるんだなぁ・・という漠然とした理解でした。


目の前の出来事が見せてくれる、その向こうにあるものの中から、何を取ろうと自由・・

もしもそんなルールがあるのなら、
今まさにそれを見せられているのかもしれないなぁという感覚になっていました。




 



う~ん。。
言葉はほんとうに抽象度がひくくて、、
360度に拡がる様々な感覚を表現するにはとても足りませんね^_^;

自分でも言葉で書いてみると、陳腐だな~と笑えます。





その頃の私を、一番近くで(横で)見ていた夫が
2~3年後に言った言葉は、

「僕はあのときどうしたらいいのか分からなかった。
 自分の子どもにさえ、どういう言葉をかけて、どういう態度で接するのがいいのか、何年も皆目わからずにきたよ。
 だけど君は、あの日でさえ、まるで普通の日常のように何事もなかったかのように過ごしてたよね。
 母親だから強いのか、女性というのは誰もがこんなにたくましいのか、、、と、実は驚いていた。」

のだそうです。(*≧m≦*)ププッ
本当は毎日24時間、私の選択はこれでいいのだろうか?と
常に問いかけ続けていた日々でしたのにね(笑)


とはいうものの、こころがけていたのは、ただひとつ。

私はただ、家の真ん中で、どどーーーーんと
「動かざる事山のごとし」でいようということ。

あ、これも今もずっと続いています(笑)
(今気づいた! そろそろこの思考を変えたら、ダイエットできるかも!^^)



ただ、あのときは「そういう人がこの家には必要」だと分かっていただけなので、誰かにしてもらうよりも、自分がとっととその役をするのが早いかなぁ~~と。^^

というのは、それまでプロのヒーラーを名乗っていましたからね。
ここでその培った100%を使えないなら、いつ使うの?とすんなり腑に落ちることだったんです。



で。

話は戻って、
そんなその後の我が家の暮らしが一変した最初の日の夜の
自分の内側にいろんな視点が内在した時に、

自分が自分で在るためにナニカせずにはいられなくて、

「この感覚を一度全部出し切ろう」と、
ぐる~っと見わたすと・・パステルが目に入りました。



私の家は玄関から続く壁一面の大きな収納棚があります。

そこには、油絵の具・岩絵の具・干彩・透明水彩・不透明水彩・イラストマーカー・色鉛筆・インク・粘土数種類・彫金道具・木工道具・樹脂道具・和紙細工道具・柿渋・漆・箔・・・

ちょっとした画材店よろしく、あらゆる画材・工芸用品が入っています。


その中から私は、なぜか、ハードパステルを手にしたんですね。


若い頃の私なら、音楽を聴きました。
失恋すれば中島みゆきにどっぷり浸かり(笑)、
とことん悲しんで、泣きまくりましたっけ。。


あのとき、絵を描くなら今の私は悲しい絵を描くのかな~?と思ったのですが。。


描いてみると、意外や意外!
悲しみにどっぷり浸かるかと思ったら、
逆に頭を空っぽにできて、スッキリしました。



パステル画は、指先の感覚をダイレクトに使います。

スピード、感触、音、熱、、、

文字通り「ただそこに在る」「今この瞬間」だけに集中できたことが
あのときの私にはとてもありがたいことでした。


本当なら、ものすごい焦燥感に駆られるはずなのに、
指先の感覚以外は意識の中にカケラもなくて、
「ただ在る」ことが出来ました。



このとき描いた一枚は、今も大切な宝物です。

余談ですが、この翌日、
娘は自分で歩いて自宅へ戻ってきたんですよ。^^




と描くと、オカルトチックですが(笑)
彼女の心の回復にはまだまだこれから長い時間がかかるわけで・・

その先の見えない時間にも、ずっと
「ママ、動かざること山のごとし」で在ろうと決めました。

そのためにサポートしてくれるだろうと感じたのが、一番簡単な「描く」ことでした。



 
 




去年のクリスマスワークショップでもお話ししたのですが、
本来、絵は、祈りです。
これは私の枕詞のひとつです。

(絵に霊的パワーが籠もってるとか、ありがたく拝むとか、
 そういう意味ではまーーーったくありませんよ~!(笑))

本来、絵そのものではなく「描くこと」にこそ意味がありました。



そんな原始の時代の本能的なエネルギーの使い方を
身をもって体験したことは、
その後の自分にとってはとても大きな、だけど言葉にできない気付きがありました。




面白いことに、今も
私の描く時間と家の中の笑い声が比例するんですよ。^^


家族のひとりひとりが「本当に好きなこと」「やりたいこと」「生き方」を正直に語るようになったり、

とにかく笑顔が増えて、会話が増えて、一緒にいることが増えました。

おだやかな思い遣りがふえ、さり気ない心遣いがいつもハートをほっこりさせてくれます。

ひとりで頑張らなくても、得意な人が得意なことをすすっと手を貸してくれる心地よい共同生活になったように感じます。


だからといって「描かなくちゃ不幸になっちゃうーー焦」という焦燥感も全くありません(笑)


「描く」という行為の意識の向け方が解った今は、いつでも「真ん中」にいられるからです。


私が平和な状態でいることは、そのまんま!
 家族が平和で幸せだということだと。

たったそれだけの、この世界のシンプルなルールを
人生50年を数えるようになって、やっと理解と実践が伴ってきた気がします。




「描くから幸せ」と「幸せだから描く」も、また
一枚のコインの裏表なんですね。^^



描けば描くほど幸せが濃くなる
描けば描くほど暮らしの面白さが増える
描けば描くほどもっとその先の技術に到達したくてたまらなくなる


私の枕詞のひとつに「絵はもう一つの私たちの言葉です」というのがありますが、

言語を覚えていくときと同じように、絵も、
思いや知識やテクニック、そして経験値が、ある一定以上になったとき、突然!

あふれるように、もっとその先にある面白い世界が拡がります。^^


そのボーダーラインを(たぶん)超えることができた事が、
もしかしたら、継続のモチベーションのひとつになったのかもしれません。





次回はやっと(笑)、最後の「人を想う」ですね~^^



 















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
講座はまだしばらくお休みを頂いているなか、
今日は継続さんの「自由に描こう~」日でした^^
 
 
講座で習った分野を復習するもよし、
習った範囲の最大限の発展をさせるもよし、
私の描くところを見ていただいていてもよし、
仲間がいたら、その方の描き方を見てみてもよし、
一日中お話ししていただいてもよし、
好きな時間に来て、帰りの時間もご自分で決め手頂いてよし、
3講座以外の図柄を描いていただくこともよし、

な、

なんでもOKな特別な時間です。


今日はね、よ~~くおしゃべりした。^^


そして、今日お話しした中でのキーワードは
「時間はそのままあなたの大切な命」だということでした。


そうと気づくと日々の暮らし方も
少し変わってきますよね。


360度、全方向への感覚感情を体験することは素晴らしいことで、

傷みがあって感謝があり、
妬みがあって向上心があって、、、
あらゆるものが極のどちらかにあるんですよね。


そして、それを知りつつ、


じゃぁ、私は私の時間(命)をどう使いたい?
と、自分に問うてみます。


悪いところを数えるのも、私たちの大切な時間(命)なら
幸せに向かってリアルに足を一歩踏み出すのも、同じ時間(命)。


どちらが良い悪いではなく、
どちらの時間が自分は幸せか?を指針にしようよ~と、


そんなお話しをしていました。^^




 



ゆっくりと心と身体をやすめることも、
新しいチャレンジも、

両方在ってのバランス。



基本をなぞることも、新しい試みも、
容易に目にとまる色も、光のチカラをかりて主張できる色も、
真ん中にじっとたたずむ花も、流れる枝葉も、

両方在って、あなた(命)の足跡。



1枚に表された様々な極の表情は、
これからの懐の広さの証ですね。^^









銀がわかる光の場所を探して、会場中を巡りました。
最後に行き着いたのは、流しの蛍光灯。

メイン会場じゃなく、こんな裏方の場所が、
特定の色を綺麗に見せてくれるなんて・・・。


太陽光だけが美しく見せてくれるわけじゃないって知れたことも、なんだか新鮮!^^




 










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の、な~んにもしないで読みたい本を読むだけの日から一転、
今日はあれこれと普段できなかったことをたっぷりと済ませました。^^


とことん何もしないでいると、
あ~、何かしたい!と思うのだから、ニンゲンって不思議です。


そういえば、何年も前に娘が学校へ行けなかった時、
「ここまで徹底的に勉強しないと、あー!勉強したい!!って思うわ~」と笑っていましたっけ。

確かに、今彼女は、当時からは考えられないほどの勉強量が必要な環境に自分を置いています。



 



・・あ。

「人前で絵を描くとか、考えられないわ~~」と激しくコンプレックスを持っていた、かつての私も、きっと

今の私を1%も想像できなかったことでしょう。(*≧m≦*)ププッ




と解ると、


振り子は半端に振るよりも、両極限界まで振り切ると
未練なく、一番いい位置に自分を置けるのかもね~と、

そんな風に感じます。



両極を知って、真ん中にいることを選ぶ。

半世紀年齢を重ねて、やっと、
「心地良い場所の見つけ方」を知った気がします。^^




 









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

月は、どんな夢を見るんだろう。。


 



昨日、眠る前に
今日のToDoリストを作っておいたのに、

自分でも呆れるほど
何も手につかなかった1日でした。


こういう日は、身体の感覚を信頼して
何もせず、ずっと読めないままだった本を読みました。


ぼんやり夕陽をながめていると、
周りのビルやホテルに太陽が反射して

まるで綺麗な玉虫色の中にいるようです。


都会も案外美しいんだな・・と、
巨大な構造物たちに少しだけ親近感を持ちました。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
遠近両用メガネというのをGETしました(笑)


子どもの頃、ずっと不思議に思ってたことがあるんですね。

それは、、、

な~んで大村崑や、(私の)おばあちゃんは、
メガネが鼻の下の方までずり下がってるのかなぁ~?

ってことでした^_^;



で!

自分が「その年」になって、知ったのは
老眼鏡とは、カメラで言えば単焦点レンズだ・・ということ。(オイオイ・・)


そう、本を読んだり絵を描いたり、パソコンをしている時は良いけれど、

家族に呼ばれて彼らを見ようとすると・・見えませ~~ん(><)


そっか!
だから、崑ちゃんもおばあちゃんも、メガネが鼻の下の方に引っかけてあったんだ~・・

と、

どうでもいい「世界の真実」を知りました(笑)



で。

このたび、本を読んでるときに呼ばれても、そのまますうっと視線を動かせる
遠近両用という魔法のメガネをgetしたんです。(オイオイ・・)



 



ん・もう~、天国♡
もう大村崑とは呼ばせなくてよ♡

なんでもっと早くに両用にしなかったんだろう。。


というわけで、新しい視界を手に入れて(大げさ)
今日は戸籍抄本が必要だったので区役所へ。


すると・・ビックリ!

半世紀して初めて知りました。

私の誕生日は2/20ですが、
出生届は3/3にされていました。


たったそれだけのことだけれど、
両親や祖父母が話し合った決めたんだなぁ~って伝わってきて、

なんだか、ちょっと、嬉しい。



嘘みたいですが、今までずうーーーっと、
その欄が見えていなかったんです。


講座でお話しする、「人間の脳は超~怠け者」は
誰よりもばっちり私の脳の事だったんですね^_^;



視界が変わると感謝が増える・・?



 





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「小さな積み重ね」の続きです^^



~道具のこと~

1・五感に触れるものこそ、心地良いものにこだわる

2・時短・美しい仕上げにこだわった道具だけを使う

3・道具に制限をかけない


ぱっと思い浮かぶのは、このあたりでしょうか。。



1と2は、、、実は私にとって「あたりまえ」のことばかりで、
どれが他の方と違うのかが、実はよく分かっていません^_^;


マンダラシートを使えば早く美しく簡単に描いていただけるのは「あたりまえ」ですし、

白の世界で「全ての図柄が、たった一つの型紙で!?」と驚かれるのも、今では恒例のシーンなんですよね^_^;


型紙意外の事で、今までみなさんから言われたのは、
私の専門分野・人間工学に基づいた説明に関することも多く・・・

・パステルを削る場所まで指定?と最初は驚きました
・画用紙の余白の使い方に、超納得です!
・なるほど~、女性のメイクと同じという考え方に納得です
・絵のレッスンなのに、説明が理系のギャップが面白い(笑)
・たかがカッティング。でも、このやり方は早くて美しくて、簡単!
・長い線・短い線で、描き方(手の使い方)が違うなんて・・

など、実はほんのちょっとだけ気をつければ、
仕上がりがもっと綺麗になることが、結構あるんですね。^^



そして純粋アートに関わってきた経験からの私の道具の使い方を伝えると・・

・コットンパフまで画用紙を傷つけないことを考えるのですか!
・最後の練り消しの仕上げの一手間に、作品への愛情を感じました
・みのりさんの好きな色は、削り心地、塗り心地がすごくいい♡
・意外な色の組み合わせで、持っていない色のイメージが作れるんですね
・練り消しゴムの本来の使い方を、初めて知りました。。
・なぜ太い筆で細い線を描くと楽なのか、今は調納得!手放せない!
・額縁に入れた絵の写真の撮り方があったんですね~。
・同じ色の混色でも、幅がこんなにある・・!


こういうことは、自分で開拓していこうと思うと、
何年も、、または何百枚も描かなくてはならなくなります。

だから、知ってる人から聞いちゃうのが手っ取り早いんですね^^



3・道具に制限をかけないに関しては・・
  これは一見2と相反するように感じるかもしれませんが、
  山のキャンプを想像して頂ければいいかな~と(笑)

木の枝は、箸になり、フライパン返しになり、最後は薪になります。
お鍋は、鍋であり、コップであり、どんぶりであり、洗面器であり、小物入れであり、少量貯蔵庫になります。

そんな風に周りを見た渡すと、普段の暮らしの中にも
使い道を限定しなければ、色々使い回せるものがたっぷりありました^^


たとえば大きめのアール(曲線)定規が欲しいとき、
私なら、わざわざ作りません。

フライパンを使ったり、お皿を使ったり、
時には、曲線定規として電気コードも使います^^

あとで楽しい記憶になるし、無駄な道具を持たなくてもいいし、時短になります。

はい。お料理は、すべて目分量で調味料を入れている私です(笑)




 
 「ここ、見たことありますか?
画材の種類を問わず、色ものは、
こんなところに大事な情報が描かれていたりするんですよ^^」

・・・な、図。(笑)














 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「毎日5分ずつでも、描き続ける方法」のその2です^^


その2は、環境や道具のこと。
 ハード面での維持方法ですね。^^




~環境のこと~


環境は・・今でこそ理想的な
「描く」中心の暮らしになりましたが、

描き始めたころは、、、最悪だったかも、です^_^;


描き始めの頃は、介護と介添えのダブルで
家から一歩も出られないわりに、
常に呼ばれて時間がない・・そんな環境でした。


合間に家事をしながら、
さらにその隙間を縫って描く・・・

そんな風でしたから、

毎回、5分描くために、
全ての道具を廊下から持ってきてひろげて、、
5分描いたら、また片付けて~、、

エンドレス。そんな時期が長かったです。^_^;


さらに、曼荼羅花アートの時は、シートができるまでの間、
色を触るまでに画用紙準備に15分かかっていました^_^;
(毎回角度を計算して、分度器で印をつけて~、今では想像も出来ません)



それが、こんな事を変えたら、以前とは全く違う環境になりました。


1・すぐ出せるように道具をテーブル脇に置いてある

  


このスチール棚は、夫が作ってくれました^^
食卓で私の指定席になっている場所の、すぐ隣にあります。

専用棚ができるまでは、
道具一式を衣装ケースに入れて、ソファーの下に置いてありました。


この「最低限のMyフル装備状態」は、普段はテーブルの下に収納できます。
(ありがたや~~)


24時間、いつでも手を伸ばせば、
パステルを取って描くことができる状態です。


ささっとティッシュを取る感覚・・・?に近いかも(笑)です。



2・ゴミを残さず一瞬で撤退できるように
  大きめシートを用意しました。

以前はそれもなく、いきなりテーブルマットの上で描いていたので
テーブルマットのお洗濯回数が増えて、ストレス満載でした~。
  ↑↑↑
( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!



3・色が美しく見える時間帯だけで描く

これは、その1の「もう少し描きたい」スイッチにも関係するのですが、
見ていて楽しい!嬉しい!綺麗!って思える時間を思いっきり楽しむと決めました。

だから、描くのは自然光の綺麗な時間帯だけ。

照明を入れなくてはならない時間には、敢えて描かないようにしています。


太陽と、二人三脚な気分です。^^

 


気を抜くと、ついつい日が傾くまで描いてしまいます。


でも、慌ててお夕飯の支度にかかるより
気持ちに余裕があった方が、自分が楽で♡


更に、「もっとここをああしたい・・」という
明日への期待値が高いままで維持できます♡



気持ちが落ちない工夫、継続には案外と大切かも、ですね^^



 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
携帯からの投稿にチャレンジしています(^ ^)


5月の曼荼羅花アート基礎講座@東京会場の
日程が変更になりました。

会場1day講座日は、5/21(日)→5/14(日)へ。

それに伴い、フォローグループも、
1週間早まります。

5/14〜6/13の30日間の開催です。^ ^


講座の詳細お取り寄せをして下さった皆さま、
告知ページは日程変更しております。

最初のお知らせと日程が変わりましたこと、
どうぞご了承くださいませ(^ ^)

よろしくお願いいたします☆



   画像はマスターコースより
{7EA51A05-0971-4945-968C-978F3FB2B2D6}






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
  
人生初くらいの、高熱と咽痛で
痩せるかな~と期待したものの、

一キロも体重の変わらなかった杉本です。

10日ほど時間をかけて・・・・一気に老けただけでした・・
      |li _| ̄|○ il||l



まだしばらく自宅でおとなしくしている予定なので^_^;
頂いたコメント欄のご質問などにお返事していきたいと思いま~す。



 



曼荼羅花アート 5月@東京会場の詳細お取り寄せをして下さった方が、

「毎日5分でも、描き続けるにはどうしたらいいのか知りたいです」

とコメント下さいました。^^ 
  ありがとうございます。



私がしていることは、主に4つあります。


一つ一つは小さな事ばかりです。
そして、時間をかけて、一つずつ増えてきたように感じます。


今思い返してみると、こんな事を気をつけて
継続して行ける自分を作っていました。



1・テクニック的なこと

2・環境・道具のこと

3・気持ちのこと

4・人を想う



です。


ひとつずつ、書いてみますね。



 




その1・テクニック的なことから~


ひとつは、毎日描いている積み重ねがあるから、

その日の体調・時間・湿度によって
「(テクニック的に)どう描こうか」の予想が立てやすいです。


はい、毎日描くから早くなり、 
 早く描けるから毎日面白く描いているという・・

この効果は、相乗効果で上昇するばかりです。^^

とはいえ、、
鶏が先か、卵か先か、、って感じですね^_^;



 




もうひとつは。例えば曼荼羅花アートなら、

応用でご披露することがある
「だたでさえ早く描ける特許シートを、さらに省略する使い方」をします。(笑)


これが、めっさ早いです(笑)


この省略・・・じつは基礎ではご披露していません。

 ぽろっとお話ししたりはしています^_^;
 理由は、絵は1日にして成らず、だからです。

 私は「本当の意味で上手になって頂きたい」のです。
 アカデミック畑で学んだ自分だからこそ、
 基礎というものをみなさん以上に大切に考えています。

 もちろん、ご自分で偶然の閃きで編み出した方には、
そのまま基礎段階でこの【超越スピード】を使って頂いています。

なぜなら、それがその方の「タイミング」だからです。^^




 



そして、白の世界なら・・

例えば、講座で作ったたった一つの型紙があれば、
構図は無限に取って頂くことが可能なんです。


しかも、講座で扱う画用紙サイズは葉書大です。
この大きさ(小ささ?)の中で、決まった型紙・・

ということは、迷う時間すら、無いということ。


しかも白の世界は一枚10~15分もあれば描いて頂けます。

基礎講座でのデモンストレーションは、
(私なりに)1枚1~2分で描くところを
みなさんにご覧いただけるように目指しています^^



フラワーパステル画は・・・5分だけ描こうとは思わないです(笑)
フラワーを描くときは、じっくり腰を据えて描くからで~す。
 


というわけで、

たぶん、みなさまが想像しているよりもずーーっと、

私が1日の中でパステルに触れている時間は少ないかもしれないです。

 



そして、時には、

「もうちょっと描きたいな~」で手を止める時があります^^

すると、明日また描けることが、待ち遠しくて・・!
毎日待ち遠しいが続くって、幸せかも~って思う、単純な私です。



次は、その2、環境・道具のことを書いてみますね。


つづく


 




















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)



いつも、とても楽しそうに、
曼荼羅花アートを描いて下さっていて、
 
WEB上で彼女の作品と出会えると、その日1日嬉しくなる私です^^


そんなsuzunyaさんが、
先日の記事を読んで下さったようで、

さっそく!描いて下さった曼荼羅花アートです。



はい、そうなんです。
曼荼羅花アートは、ほんとうにたくさんの顔を持っています^^


あなたの好奇心と興味の数だけ、
これからもいろんな表情を増やしていきます。


私まで、本当に楽しみ!!!


嬉しくて、みなさんにもご覧いただきたく。

リブログしました♡

ぜひご覧くださいね~^^


 
と、ご紹介風~^^



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)