藤原右裕 Official Blog

東京都・山梨県を中心に全国で音楽活動している藤原右裕(フジハラユウスケ)のブログです。


テーマ:
気が付いたら福島にいた。

ということもなく、前日は仙台BARTAKEでのライブでした。
その際に先輩、松本耕平兄さんと一緒だったのですが、翌日の予定を聞かれ、東京に戻ることを伝えると、福島で歌わないか?と誘われました。

耕平さんと峻くんは福島でのライブが繋がっておりました。
そこにぶっ込んでくれるとのこと。

この好意を無下にはできない。
それが藤原です。

殴り込みアクトとして福島行きを決めました!

福島には実は歌いに行ったことあります。
前回の福島は2012.9月でした。
http://ameblo.jp/migisuke/entry-11346455888.html

巡り巡っています東北。

ここから5年、福島も青森も行けるようになりました。

続けていればこそとは思うけれど長い5年だったように思います。

それでもいただいた縁には報いなければならないと心が申しておりました。

5年ぶりのリアコ。
変わったことも変わってないこともありました。
僕も同じだと思うけれど。

ラブソング王決定戦

と銘打たれたイベント。
出演者は前日に引き続き、耕平さんと峻くん、そして、おなじみラブソングの魔術師 小田和也先輩でして、非常に気心知れたメンバーでした。

決定戦に意気揚々と急遽エントリーしたものの自分の曲を思い返してみればラブソングたるものが少ない。

意識してそういう曲を書いてきませんでした。
どうにも恋の歌はこっぱずかしいし、たくさんのストーリーを紡ぎ出せるほど経験豊富でもなし。

元々、ファンタジックな世界が好きだし、大きく漠然とあるものを歌う方が好きだったのです。

そんな中でも数少ない武器として選んだラブソングはこちら。

【セットリスト試食的動画 2017.5.2 at 福島Re-Acoustic】


愛してる!とそのまま歌う「ドレミファソラシド」
マンネリ化したカップルを歌う「おはな おはな」
そして、これだけはすぐに思い付いた「クリストファーロビン」親への感謝の曲です。

ラブソングと一言で言っても、それは多岐に渡る解釈があります。

親への感謝も僕にとっては愛です。
ありがとうがいちばんのラブソングだなぁと思いながら歌っています。なので、この曲に迷いはなし。

連日、ライブを観てくれる人も多く、様々な藤原を、その日だけの藤原を感じてもらえて嬉しいです。

歌いたい曲も届けたい想いもたくさんあります。
3曲だけどちゃんと自分を届け切りました。

皆様、ありがとうございました。
そして、耕平さんみたいな先輩になれるように精進だなと思いました。

{E51D7562-39A6-4511-AC6A-8999473A2447}

{9D72BBD6-6902-450E-BCA0-3CFC0B02EC5D}

{6E54F664-C5C1-4EEE-990B-BF5E3B0B7822}

{E2E1D5BC-6BB0-4B00-BCC6-487EDA1FFE07}

お客さんから愛を、仲間からラブソングを目一杯受けまして福島の夜を終えました。

そして、急遽取れた夜行バスに乗り、バッチリ休んで東京へ。
一旦家で休み、山梨を経由して長野へ。

というわけにもいかず、とはいえ気合いで東京方面へ向かう旅となりました。翌日の長野へ続く。




▼ LIVE一覧 ▼

タップすると詳細が確認出来ます。チケット予約は予約フォームより可能です。

予約する

*予約完了メールは「@select-type.com」のドメインより送信されます。「@select-type.com」からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゆうすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。