ロマンチックなSEがIT業界を変える。

アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタントのブログです。
IT業界に入って15年。
システムエンジニア(SE)としての日々の活動記録。
キーワード は「右肩上がり」。
読者登録、大歓迎です。



-----------------------------------------------------------------------------------


「愛犬との旅行を7倍楽しくする方法」


-----------------------------------------------------------------------------------



NEW !
テーマ:

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

 

アッツワークスの井上です。

こんばんは。

 

プロジェクト常駐型のビジネスをされている経営者のかた、や、現場のエンジニアのかた、には直結するお話です。

 

それが、チームメンバの育成。

 

自社のメンバなら、当然、育成しますよね。

というか、育成せざるを得ない。

 

でも、それが、他社のメンバならどうか、というのが本日のテーマです。

 

常駐型のプロジェクトだと、所属会社って、バラバラです。

上にも下にも、そして横にも、他社の技術者がいます。

でもでも、チームになったら、ちゃんと成果を出さないといけません。

 

でもでもでも、合流したメンバが自分より若手なら、育成する必要があります。

というよりも、仕事を進めながら、結果的に育成的な見地になってしまいます。

 

自社と他社の境目。

 

でも、ここで、他社のメンバだから、と言って、育成しなかったり口出ししなかったりするのはどうかなって思うんですよね。広い意味では、みなエンジニアです。

 

そして、ひとつのゴールに向かって参画したメンバです。

だとしたら、全力でサポートするのは当然だと思うんですよね。

所属会社は、全然、意識しない、関係ない。

 

ついつい、目先の利益やメリットに目がいきがちですが、10年、20年単位で、見られるようになりたいと考えています。

 

もう、20年も前に、他社のある新人の技術者と一緒に仕事をしたのですが、その技術者が、今では当社メンバを育ていただいている、そんな構図が目の前にあります。

 

自社と他社の境目。

 

そんな小さな境界ではなく、エンジニア、IT業界、日本、地球、そうした広い視点で考えるように注意しないとな、といつも考えています。

 

また、書きます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)