2005-12-04 15:41:26

錬金術に手を出しました

テーマ:ココロ学
E.F. エディンガー, Edward F. Edinger, 岸本 寛史, 山 愛美
心の解剖学―錬金術的セラピー原論


卒論関連で教授が貸してくれた本なんですけど、「あんま読むな」と言われました(笑)


でも結構面白いのですよ。


心理療法のプロセスを錬金術になぞらえて、溶解・凝固・昇華などなどに分けて説明しているのです。


やば、結構熟読しそうになるのをこらえないと。


買おうと決心して、裏を見ると4200円。


…(財布を見る)



………(千円札を握りしめて涙)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-24 21:56:02

シャウト~アタシの中で行われている激しい攻防

テーマ:ココロ学

エス<うおおおおお!!眠い!!っていうか寝る!!>


超自我<だっめぇー>


自我<(オロオロ)と、とりあえず、やることやろうかな…あぁ、眠い…>


超自我<そうそう、将来はどうすんのさ。やりなさいやりなさい>


エス<寝る!!寝るってば寝る!!オラ、布団敷いてんじゃん!!寝ろよ!>


自我<そ、そういうわけにはいかないって、だって…>


超自我<ったく、お前はちょっと黙ってなさい>


エス<うるっせぇえええ!!やんのか、コラァアア!!!(凶暴化)>


自我<やべ、このままじゃコイツが暴れる。ということで、激しめCD、ON>


(TMGE~ピストルディスコ)


エス<おお!揺さぶられる♪YEAH!ひゃっほう♪>


超自我<ほら、いまのうちにやりなさい、研究計画書>


自我<はーい>



……心はこんな仕組みだよって、フロイトが言ってたの。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-08 19:12:03

知覚を知覚

テーマ:ココロ学

勉強してたら発狂しそうになった項目。

そう、ニュールック心理学。


「知覚する前に、それが防衛すべきものかどうかを知覚」するというお話。


要は2段階になってるのではないか、と。


刺激 → これを受け取っても大丈夫かどうか知覚


→ 大丈夫 → 知覚


この最初の段階は無意識と非常に深いつながりを持って、ていうか、この段階が無意識?とかぐるぐる考えてたら、気持ち悪くなってきました。


しかし、知覚1と知覚2は連絡しあうことはあっても、相互に独立しているという。


うわぁぁああ!今、アタシが観て、感じているものってすべて嘘?


どうしたって「無意識」からは逃れられないのか…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-12 20:45:15

【悪について】エーリッヒ・フロム

テーマ:ココロ学

買っちゃった。フロム。


冒頭部分で、かなり頷けます。


「防衛のため」に戦争を装うと。ふむふむ。

互いが互いの攻撃から身を守っていると主張。

そらそうだよなぁ。


人々は脅威にさらされていると感じると、進んで殺したり破壊したりする。


ふむふむ。

一概に「嘘つけ!」と言えないのが、この本のツライところ。

人間って、なんなんだろうね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-11 15:46:43

精神科リハビリのレポート終わりー

テーマ:ココロ学

所要時間2時間半。

すばらしい。

4回生ともなると、どうやって手を抜けばいいかわかってくるもんですね(笑)


しかし、日本における精神医療の変遷は凄まじい。

だって、法的に私宅監置=監禁を認めてるんだもの。

まあ、今はこんなのご法度ですよ、もちろん。

ねぇ、座敷労牢とかね。

酷いもんです。


もっと昔だと、加持祈祷とか、そういうことになってくるのですが。


さ、これから院試講座です。

今日は研究計画書の書き方…だったかしら?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-07 23:13:15

心理的両性具有

テーマ:ココロ学

心理学辞典を読んでいたら、面白い項目がありました。


<心理的両性具有>



まあ、人間誰しも「女性的」な面と「男性的」な面の両方を持ってます。

個人差はもちろんあります。


この、どちらをも高く備えた状態のことを心理的両性具有と言うんだそうで。

多様な社会に柔軟に対応できるそうですよ。


女性・男性という二項対立的な感じを受けますが、そんなことをとっぱらいつつ、自分の内部の性を大事にしたいものです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-19 16:16:57

欲求階層説

テーマ:ココロ学

マズローって人が提唱した説。

人間は「自己実現」に向けてすくすく成長するんだとか。


生理的満足

安全と安定

所属と愛情

承認と自尊心

自己実現


と、まあ、こんな風に階層になってるっつーことですね。

よく、「自己実現」とか何とか言われてますが、ワタクシはそもそも第3段階であるところの「所属」欲求が満たされていないので、実現もへったくれも無いわけです。

下手したら第2段階すら怪しい。

まあ、マズローに言わせれば、

「この自己実現とやらは達成できる奴ぁ、一握りだぜ。むしろ追求しようとする心意気が大事ってもんよ」

ってことらしい。

けったいな話である。


で、その達成した人の特徴も示されてたりするんですね。


1.現実を的確に捉え、不確かさに耐えることができる。


早速無理みたい。

この世の中の不確かさに疑問を投げかけ、悶え苦しむ。それに耐えられないから歌うんじゃないか!

だからロックが必要なんだ!(話が変わってきてる)


よく「自分探し」とか言うけど、その見つけた自分が「どうしようもないぐらいの邪悪」だったらどうすんだって。

見つけない方が幸せかもよ?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-09 16:56:35

WHAT'sロボトミー

テーマ:ココロ学

さて。
ここのブログのタイトルにもなっております、ロボトミーという言葉。
簡単に説明。

正確にはロボトミー手術。
すなわち、前頭葉の一部を破壊する手術のこと。
統合失調症等、暴れて暴れて手がつけられない患者にちょちょいと施術すると、あら不思議。
さっきまであんなに暴れてた患者が、虚ろな表情と共に、すっかりおとなしくなるのです。
平たく言うと、廃人になってしまいます。

ワタクシも大学の授業で、この手術を受けた患者のVを見せられましたが、
もう驚くぐらいの効果。
なんとも言えないそら恐ろしさを感じたものです。

人間であるはずなのに、人間じゃないような。

視線が定まっている、というのは無条件で、安心させるのだなと思います。


ちなみに、イエローモンキーの2ndアルバム【未公開のエクスペリエンスムービー】の1曲目。

<MORALITY SLAVE>にて、歌われておりますね(笑)

吉井氏は一体どこから、こんな言葉を持ってきたのやら。

ハナモゲラだったのでしょうか(笑)


ちなみに現在では、この手術は禁止されています。

アーティスト: THE YELLOW MONKEY, 吉井和哉
タイトル: 未公開のエクスペリエンス・ムービー


このアルバムの冷静なキレ具合が大好き。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-08 15:12:39

人肉食

テーマ:ココロ学

今、大学4回生のワタクシですが、卒業論文なるものがつきまとっています。

いまのところ、「カニバリズム」=人肉嗜食をテーマに、と思っているのですが、なかなかどうして巧くいきませんね(苦笑)


やっと頼んでいた先行研究の論文が届きましたが、うーむ…・・。


もしかしたら、土壇場になってテーマ変更とかあり得る様相。

一般的な行動ではないので、(たいていの人は顔をしかめるという意味で)難しいかもしれませんね。


「おいしい」か「おいしくないか」ということなんですけど、諸説あって、結局どっちやねんという感じです。

やっぱ、好き・嫌いが分かれる味なんでしょうね(笑)

通好みというか(違う)


「食べたい」か「食べたくない」かで考えると、「絶対嫌」というのは嘘になります。

好奇心旺盛ですから。


かと言って、犯罪を犯してまで、とは思いませんがね。

たまたま「精肉」された状態で「はい、どうぞ」とされたら、「あ、じゃあ遠慮なく」といってみたいってだけな話。


まあ、無いでしょうけど。


うわー、と思ったあなた。

カマキリだって、共食いするじゃないですか。

人類史を見てみると、結構人間もやってますよ。共食い。


だから人って面白い。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。