ブラックブック   メモ詳細@yahoo映画

第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のオランダで、
家族をナチスに殺された若く美しいユダヤ人歌手の復しゅうを描いたサスペンスムービー

主演の“カリス・ファン・ハウテン”はちょっと雰囲気が“キルスティン・ダンスト”っぽいよねるん♪
スパイだからもちろん体も張るわけで、すぐに脱ぐんだけどあんまり好みじゃなかったなぁふ~ん・・

だけど、歌といい演技といい彼女には引き付けられるものがあったねMe
オランダ人の俳優って全然知らないけどちょっと注目だなじっ
2時間越えの映画だけど、考えさせられる事もあったし見入ってしまったよじー・・・

ただ最後の方に気分が悪くなるシーンがあって、あれはありえなくて目を背けちゃったガクリ
けど、これも現実に起こった事なのかと受け止めなくてはいけないな(`-ω-´)

オランダ出身の監督“ポール・ヴァーホーヴェン”は23年ぶりに故国に戻り、これを撮ったらしいが
彼の以前の作品は≪氷の微笑≫、≪ショーガール≫、≪インビジブル≫などなど
このラインナップを見れば、女優がすぐ脱いじゃうのも納得 ┐(*´д`)┌ ヤレヤレ


そういや、この映画中に『ムービーミステイクス』を発見(*゚Д゚) ムホムホ
始まって70分前後に主人公がタバコを吸うシーンがあるんだけどタバコ
前のシーンでは灰が今にも落ちそうなくらいだったのが、次のシーンではその灰がなくなってたeh!!
灰を落とす暇もないし、落としたとしてもタバコが短くなってないからこれはミスN Gでしょ~(`ー´)イヒヒ
これからこの映画観る人はぜひ注意しながら観てみて~GOOD

☆☆☆☆☆☆☆星星星(7点/10点満点)

では、最後に一句筆
『オランダの “ファン・ハウテン” 注目(・д・)ジドーミーガ印

にほんブログ村 映画ブログへ ブログランキング 人気映画・TVBLOG
AD

コメント(12)