みぃみぃの徒然ブログ

  
  ヴァンフォーレ甲府のネタをメインにつづるブログ。

  ヴァンフォーレ以外には写真、自転車、TRPG、サッカー、ビリヤードなどなどを徒然なるままに気ままに書いております。

  このブログは「みぃみぃ」と「みや~ん」と「がるふぉ」が管理しております。


テーマ:
1つの区切りがつき、1週間ほどの目まぐるしい日が終わりました。

本日から社会復帰です。
身体中痛くて辛い…



肝臓に病気を患って30年近く、肝臓ガンになって10年。
手の施しようが無く、いつ肝臓が破裂してもおかしくないと言われてから半年。
母はとてもよく頑張ってくれたと思います。
先生も10年なんて滅多にあることではなく、本当によく頑張ってくれたと仰ってくれました。

絶望的な最後の入院も、入院時には1ヶ月と言われておりましたが、奇跡的な回復を見せ、その1ヶ月後には、外出許可が出て、母の目標だった一時帰宅が出来ました。

母の頑張りのお陰で、家に帰ってきて、みんなで食事を取り、家族写真も撮れ、家族で幸せな時間を過ごせたのは、何よりも母の頑張りのお陰だと思います。

先生にも恵まれ10年戦った先生は戦友であり、友人であり、今回入院を見てくれた先生もとてもよくしてくれましたし、母は孫みたいだと、二人の先生が病室に来てくれるのをとても楽しみにしておりました。
患者にとってはいい先生に巡り会えるかどうかが大きいと改めて思いました。
その点では母はとても恵まれていたと思います。

また入院中は、子供が常に付き添って食事の世話や話し相手、個室に移ってからは夜の寝泊まりもほとんど一緒に過ごしました。

親子といえども、別居していることもあり、普段は忙しかったりで、数年間はこんなに長く、そしてゆっくりと過ごせたことは無かったと思います。

だから、そのせいか、母は「こんなに幸せでいいのかしら」とずっと言ってました。

心配していた痛みや精神的な落ち込みは、緩和ケア専門のチームが痛みと精神面のコントロールをキメ細やかにしてくれて、痛みをあまり感じることがなく、本当によくしてくれたと思います。

そのせいか、一時はとてもよく喋り、ごく少量ですが、好きな果物を、美味しい美味しいと言って食べておりました。


最後の日、病院から連絡があったとき、職場が遠いので、看取りは間に合わないと思いましたが、そこでも母は頑張ってくれて、家族が揃うまで頑張ってくれました。

最後も眠るようにスーっと息を引き取りました。気がつかないくらいでした。

看取りは二人の主治医が譲るように、和気相合と出来たし、母のお気に入りの担当看護師も居てくれたので、本当にいい最後だったかと思います。

母が頑張って時間を作ったり家に帰ってこれたりで、親孝行をする時間を作ってくれました。
それもこれも母が病気と戦って頑張ってくれたお陰だと思います。
わたしはやれることはやれたかなと思いますし、他の子らも同じ考えみたいです。

ただ、同居している子はわたしだけでしたので、家にいる間にもっといろんなことを教えておいてもらうんだったなぁと、少なからず後悔はありますが、今さら考えても仕方がありませんね。


通夜、告別式は滞りなく終わり、お役所関係の手続きも少しづつですが進めています。

告別式はわたしの誕生日でもありました。
誰かに言われましたが、それはお母さんからの感謝なのでは…と。


病院へも先生に直接会え、お礼を言うことが出来ました。
棺には戦友の先生と孫のような先生、そして担当のお気に入りの看護師さんの写真や家族との写真を入れられることが出来てよかったです。


最初は悲しくて落ち込みましたが、やることが多すぎて考えないといけないことが多く、体力的にきつかったですね。
激動の1週間でした。
まだやることは残ってますけど。

回りの方にも言われますが、今は気が張っているせいか、思ったより大丈夫だけど、だんだん寂しくなったり、ガクッと来るから気を付けろと言われております。
疲れているのに、気が張っているのか、夜あまり寝れてないですしね。

なるべく早く日常に戻らないといけないかもしれませんね。



よく言われますが四十九日までは落ち着かない日が続くかな?
四十九日終わったら師走だし年末はずっと忙しいのかも…
AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
10/16(金)
二日間のお勤めは滞りなく終わりまして、ひとつの区切りがつきました。

これをもってこの記録は終了します。
さすがに疲れました(笑)


しかし母は本当によく頑張ってくれました。
無理だと思われていた一時帰宅も叶い、笑顔で家族の写真も撮れました。
最後の入院も5週間ほどしましたが、その間常に子供の誰かが付き添って、親孝行をする時間を作ってくれました。

そのせいか、わたしにはほとんど後悔と言うものはありません。
やれるだけの事はやれたのかなと。

まあ今は忙しかったので後から色々思い付くかもしれませんが。

でも母には本当に感謝です。



それにしても告別式の日がわたしの誕生日と重なったのは頑張りすぎたんじゃないのかなぁ(笑)
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
10/12(月)
9日の誰も付き添えないときに、緩和の先生が来て、外泊して良いよと言われたらしく、母はとても喜んでいたが、土日で一気に具合を悪くし、今日は姉が病院から呼び出されたらしい。
その時は痛みが出て来たので呼ばれたらしいが、夕方には意識もあり、家に外出したときの家族との写真をぼんやり眺めていたらしい。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
10/11(日)
三連休2日目。
昨日に続いての付き添い。
数日前に家に帰って来たときと比べて、病状が一気に進んでいる気がする。
起きてはずっとハイでしゃべりっぱなしだったのが、昨日と今日は昼間もほとんど寝ている。
手の震えが大きくご飯も自分では食べれなくなってきた。
喋ってることも脈絡がなく、無いものが見えたり、記憶も混濁してる気がする。
痛みも訴えだしている。

1日1日症状は変わっていて、予想がつかない感じがずっとあるが、また下り坂に入ったんだろう。

口からの食事はそろそろ難しいのかも。

一ヶ月と言われてそろそろ5週間。
頑張ってはいるが…
 |  リブログ(0)

テーマ:
10/10(土)
先日の家への外出は苦労はしたものの癒えに五時間ほど居れて、孫を含め家族と一緒にお昼にお寿司を食べました。
東京から叔母も来てくれて、散髪してもらった。
みんな幸せそうに笑ってたのが印象的です。
家族の写真もとれて、病室に飾って喜んでます。


先生から外泊の許可が出てるけど、付き添いもあるので様子見。

入院時とずいぶん変わり、一時期は水も飲み込むのも大変だったけど、今は自分で少し食べれるし、喋れるし(少しせんもうっぽい)、体も少し動かせる。
トイレも看護師さんの助けで行けるようになりました。
凄い回復?ぶり(笑)

先生から今後の方針を決め直しましょう、と来週話をすることに。
退院を勧められるのかな?
どうなんだろう。

自分は今日明日と丸二日付き添い。 連休だけどゆっくりできて良いのかな?(笑)

食事のつまみ?に甘い厚焼き玉子とウインナー、はんぺんのバターソテーを作って持ってきた。
ひと欠片でも食べられるかな?
フルーツは良く食べてます。
 |  リブログ(0)

テーマ:
10/6(木)
入院してからちょうど一ヶ月。
外出許可をもらって実家まで帰ることに。
距離もあるので大変だけど、無事に終わりますように…。

何事もなければ、家族でお寿司を食べて休ませてまた病院に戻る予定です。
 |  リブログ(0)

テーマ:
10/1(木)
なんとか九月は持った。
最近は薬の調節がうまくいってるのか、調子は上向きで、外出、外泊許可が出る。
家に帰りたいとの事だが、移動距離が長く身体に負担がかかるのと、常に付き添いも必要なので、どうしようといったところ。
ひとまず外出で外の空気を吸わせたいと思うのだが…

意識もはっきりしてるし、ベッドに座る時間も増えている。
食事も少し取るようになり、普通に話ができる状態。
 |  リブログ(0)

テーマ:
9/26(土)
付き添いの姉の休養も含めて昼間に交代でお見舞いにいく。
昨日辺りから起き出してずっと喋っている。
元気が出てきたのは良いことだがハイテンションで数時間しゃべりっぱなし。
あとで聞いたら少し薬が効きすぎているかもと言うことで調節してもらい、次の日からは落ち着いてるようだ。
同じことを延々繰り返し話していたので精神的に結構疲れる。
付きっきりの姉には苦労を掛けてしまっているなぁ。。

何年も足がずっと浮腫んでいたのに、急にスッキリして楽になったと喜んでいた。
楽になったのはいいけれど、急にと言う事が少し不安。
腕はもうガリガリだし。

お腹は妊娠してるかと思うほど、腹水がたまり、ずっと苦しがっていたが、主治医の話では腹水ではなく、ガスとのこと。
こちらもガスが抜けて随分と楽になったようで、ベッドサイドに足を下ろせるようにまでなった。
食事もわずかながら出てきて、あれが食べたい、これが食べたいと言うようになった。

孫の肉じゃがを食べて喜んでいたそうだ。

姉の知り合いの人にアロママッサージをお願いした。
随分と喜んでたようだし、個室もアロマでいい香りがする。
肌もそのせいか綺麗になった。

親しい友人がお見舞いに来る。
随分と喜んでいたようだ。


母が畑で育てていた観賞用のナスを採集してきた。
母の病室にも持っていって飾ってある。
プチトマトみたいで艶もあり綺麗だ。




今は薬で痛みも取れ、子供たちとの時間も多く、幸せだとのこと。
本人にも主治医から今年の冬は越せないとの話をされたそうだ。
1日でも良いから自宅に帰るのが目標といっていた。

母は強し。
 |  リブログ(0)

テーマ:
9/24(木)
肝機能が随分落ちているようでだるくて辛いらしい。
昼も夜も起きたり寝たり。
食事は止めてもらって、好きなときにお団子やブドウをつまませている。
親しい友人や姪がお見舞いに来たようで少しは話せたとのこと。

夢を見た。
もう家に帰ってこれるはずのない母と、わたしと、父で川の字になって寝転んで笑いあってた。
母と父が仲良く笑ってる姿なんて見たことはないけれど、幸せな夢だった。

起きたら随分と残酷な夢だった。

土曜日はお見舞いにいく予定。

入院してからそろそろ三週間。
先生には一ヶ月持つかどうか、いつ急変してもおかしくはないと言われているので、母はよく頑張っていると思う。

恐らく今月末にもしもの時がやって来る気がする。
 |  リブログ(0)

テーマ:
9/21(月)
父を連れてお見舞いに。
遠方からおばちゃんも来てくれた。
今日はステロイドが聞いてるのか、終始明瞭に会話ができた。
足や顔のむくみも落ち着いてる。
ただお腹の水がまた増えてるようで、お腹や胸が圧迫されて苦しいとのこと。

父とはほぼ話はなし。
父にはもうもたないと話してあるのだが…。

帰りはシルバーウィークの渋滞にはまり帰途二時間半。
色々と疲れた一日だった。

下の姉が毎日昼も夜も付き添っているので、さすがに疲れが見える。
一週間休みをもらってあるとのことで、どこかで交代しないと行けないが…。
週単位で休職出来ると良いのだけどそれは難しい。



9/22~9/24
痛み止めの点滴を追加。
ここ二日とうって変わって、せん妄が出てきて、寝てるかボーッとしているか。
ご飯は差し入れの団子とか葡萄を食べている。
昼間も夜中も寝たり起きたり落ち着かないみたい。
肝機能がかなり落ちてきて、だるくて仕方がないと言うことらしい。
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。