• 08 Nov
    • 脱・浄化マニアのススメ 〜 浄化が必要ではなくなるとっても素敵な魔法

      みなさん、こんにちは☆星のセラピスト ミエルです。今日は1日お家でダラダラ過ごしました。奇跡的に本日のお仕事がすべてキャンセルになりまして…朝からダラダラ…ダラダラ…、ゴハンを食べて、またダラダラ…あ、いや、ダラダラじゃなかった…のんびり、ゆったり…久々に自分のための時間を過ごしました✨ちょっとイメージアップ↑狙ってみたwところで、昔からなのですが〈浄化〉についてよく聞かれます。職場が殺伐とした環境で…病んでる人に絡まれてしまって…悪い物をもらってしまった気がして…などなどで、「わたし、今、浄化が必要でしょうか?」と聞かれるのです。そうですね。まぁ、気になるならした方がいいでしょうね。でも、そういう人は年がら年中、浄化、浄化なのです。そう、浄化、浄化と、やたら浄化が好きな人っていますよね?そういう人のハートにダイブしてみるとものすごい恐怖が渦巻いているんです。ほとんどの場合、これは、本人が経験した以上の肥大化してしまった恐怖です。多分、最初、本人はただキラキラしたくて浄化、浄化と意識していたのでしょう。それが、いつの間にか不浄なモノに意識が向いてしまった。そして、いつの間にか不浄なモノへの恐怖感を増大させそれを抱え込んでしまった。そして、浄化しなくちゃと強迫観念のようなものを強めてしまった。そういう感じです。そんな方、結構いるんですよね。あなたも浄化浄化と言っていたら不浄なモノに異常に反応するようになってしまったとか…大して不浄でもないモノにも過剰に反応するようになっていませんか?浄化に意識を向けるよりももっともっと素敵な方法があります。それは…そう、〈愛〉に意識を向けること。いちいち浄化しなければいけない対象を見つけ恐れてしまうのではなくてどんな場でも、どんな人たちでも、〈愛〉で包んでしまうのです。わたしたちは〈愛〉によって生かされています。浄化によって生かされているのではないのです。もしも神格の高い神様ならどんな人も、どんな状況も愛をもって包み込みますよね。大きな愛でその人を、その状況を包んでしまいます。また、例えば、観音様なら慈悲の心で包むと思うのです。浄化、浄化と強迫観念のようなものを勝手に肥大化させてしまうよりも〈愛〉をもって過ごした方が自分にとっても健全で良いのです。まぁ、たまには浄化が必要な時もありますけど…基本的には、愛の意識、慈悲の意識でいれば相手は邪を振りまいてきません。すると、浄化はそれほど必要ではなくなるのです。ひとりの人のエネルギーはみなさんが思っている以上に大きなものです。あなたのエネルギーも本当に大きいのですよ。ですから、愛で包み込むような意識女性性の意識 = 女神の意識自分が女神だったらどうするか?そんな意識をいつでも持って過ごしてくださいね

      25
      テーマ:
  • 23 Sep
    • 秋分の日、先祖供養についてあまり知られていないこと。先祖供養しないとバチが当たるの?

      今日は秋分の日ですね。わたしは午前中にお墓参りに行きましたが、やはりたくさんの人がご先祖様に手を合わせに来ていました。春分、お盆、秋分と、節目に手を合わせるのは大切ですね。   *   *   *   *   *ところで、たまにクライエントから「親の代から実家とは絶縁状態なのでお墓参りも行っていないのですが、大丈夫でしょうか?」というような内容のことを聞かれます。やはり、みなさん、心配になるのですね。表面的なスピリチュアリストなら、先祖供養をしないとやはり良くないと言うかもしれません。ですが、本質的な事を悟っているスピリチュアルリストなら、あまり関係ないと言うはずです。なぜなら、霊はお墓にいませんし、何代も前の人たちは既に他の家に生まれ変わっている可能性が高いでしょう。それに、これはあまり知られていない話ですが、世界でも先祖供養をするのは日本、韓国、そして、中国くらい。その他には、アフリカの少数民族などに、わずかに先祖崇拝の風習が残っているだけなのです。例えば、海外でももちろん一緒に過ごしたことのある祖父母などくらいまではお墓参りに行くかもしれませんが、先祖供養は世界的にはスタンダードではないのです。なので、先祖供養しないことで不幸になるなら、世界の人達はみんな不幸になっているはずですね(笑)ですが、もし、あなたが何らかの事情でお墓に行けない状態で、それが気になっているなら、あなたのいる場所から手を合わせ、心からの祈りを届けましょう。きっと心は届くはずです。ただし、お墓もあり、お墓参りにも行ける状況の人が、手抜きで行かないのはどうかと思います。わたしは、余程の事情がない限り、しっかりとお墓参りは行ったほうがいいと思っている派です。   *   *   *   *   *さて、今日は本来は、秋分の12星座の運気について書べきですが、ちょっと時間がなくてすみません。先に〆切が迫っている…いや、3日過ぎた仕事を片付けなくては…では、では、みなさま、ごゆるりとした秋の連休をお楽しみくださいね

      24
      テーマ:
  • 18 Jan
    • 隠れキリシタンの過去世と映画「沈黙」

      深夜のひとり言です。わたしの過去世の記憶の1つに、隠れキリシタンとして長崎の近くの島か海岸沿いの村に生きていた記憶があります。約10年前、出張で長崎に呼ばれた際に、偶然に昔から気になっていた大浦天主堂に行く機会がありました。そこでマリア観音を見た途端、突然遠い昔の過去世が脳裏に蘇り、座り込んで嗚咽してしまったのです。マリア観音の表情に、ずっと会いたかった人に会えたような懐かしさを感じると同時に、その気持ちが皮肉にも辛く苦しい思いを呼び覚ましたのでした。今でも長い距離を歩く際には、隠れキリシタンの人々が引き回されたシーンがなぜか脳裏に浮かび苦しくなります。映画「沈黙」オフィシャルサイトhttp://chinmoku.jpよりこのストーリーもこれまでは怖くて読めなかったのですが、今ならこの映画も見れそうな気がします。とても怖いけど…無視する事はできない気がするんです。もしかして今が過去世の苦しみから解き放たれる時なのかもしれませんね。あ…、映画の話ではなくてごめんなさいね…

      8
      2
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 神子(みこ)修行に参加してきました〜月読命の元での四日間

      山形県の庄内地方と村山地方にまたがる月山、羽黒山、湯殿山は出羽三山と呼ばれ、古くから修験道の霊山として信仰を集めています。現在も出羽三山神社を中心として多くの宿坊や山伏たちにより日々修行が行われています。ここは1997年まで女人禁制でしたが、開山1400年を記念して女性にも解放され、出羽三山神社では神子(みこ)修行が開催されることとなりました。これは、修行を通して人間本来の真姿を悟り、明るく正しい清らかな世の中の実現に貢献できる人格を磨くため毎年開催されているもの。今回、わたしはこの神子修行に参加してきました。一つ前の記事で「この秋はやりたいことをやろう!」と書いたとおり、前から決めていましたので。わたしの場合、本能スイッチオンのやりたい事が、本能スイッチオフにする行ですから矛盾していますけどね(笑)ところで、わたしはこの出羽三山での修行に2006年に初めて参加して、これで3度目となります。修行の内容に関しては、「秘して語ることなかれ」との事なので、詳しい内容は控えておきます。ですが、今回は特に夜明けから深夜までに渡り、精神も肉体も研ぎ澄ませ集中していないと無事にはやり通せない行でした。そのため、最終日の最後の儀式には涙を流す人も少なくはなく、わたしも自然と涙が頬を伝って流れていました。修行はわたしにとっては精神面でも肉体面でも辛いものでしたが、昔からわたしの心の拠り所となってくださっている月読命の守護の元、無事に全日の行を終えることができました。また、神子名「絹脩(けんゆう)」という名を授かり、とても感激しています。意味は自分で考えなくてはいけないのですが、きっと「束ねた絹糸のごとく、美しく輝きのある魂を目指しなさい」との意味が込められているのでないかとわたしは感じています。この名前も大切にして、何かの折に使っていこうと思っています。※写真は修行前のまだ余裕のあるわたしです。修行が始まると、テレビやラジオはもちろん、ネットもスマホも、カメラも禁止。なので、着替えが終わった隙に見学者の方に撮って頂きました。◆この修行から気づかされたこと◆修行は四日間に渡るものでしたが、たった4日でも人生観が変わるには十分な内容でした。食事も身の回りの物も、必要最低限のものだけで修行をしたこの期間を通して、改めて気づかされた事がたくさんあります。わたしは恵まれいます。恵まれ過ぎているくらいです。ですが、その恵みが当たり前になり過ぎていて、何が恵かを完全に忘れてしまっていました。感謝の気持ちを忘れ去ってしまっていたのです。ですから、つい何事も我先にと走り、まだまだ足りないと不満を感じ、もっともっとと求めてしまっていたのです。わたしたち現代人は、もう都市生活を捨てることはできないでしょう。ですが、自分が日々どれだけのものをごちゃごちゃに抱え、それにより自分が人生をいかに混乱させていることか…抽象的な言い方ですが。つまり、物品でも、人間関係でも、精神面でも、それに願い事に関してさえも、求め過ぎたが故の混乱が起きている感じです。これは、わたし自身の反省点で見えてきたことです。ですが、みなさまも自身の日常をふりかえると、そう感じたりはしないでしょうか。わたしは、こんな風に定期的に日常から離れ、究極にシンプルな環境に身を置き、本当に大切な必要最低限のことに気づく機会を持つ、そして、改めて恵みに感謝する、そんな時間を持たないといけない…そう感じました。また、他にも感じたことはたくさんたくさんあります。そちらもまた、少しずつシェアしていきますね。この神子修行の四日間、ただ無心に世界の平和と人々の幸せを祈る時間を持てたことは、大きな感謝です。わたしは昔から星と月が大好きで、日本の神様では月読命を信仰しています。そして、守護霊様は陰陽師様です。今から約10年前、その守護霊様に導かれ、月読命を祀っている月山で、陰陽道の要素も入っている修験道の修行に導かれたことに偶然とは思えないご縁を感じており、心から感謝しています。また来年も月読命のお膝元で修行に参加させて頂きたいと思います。では、みなさま、最後までお読み頂き、ありがとうございました。今日も奇跡の1日を…✨

      21
      テーマ:
  • 21 May
    • 今夜はぜひ満月浴を!天界から目覚めのエネルギーが降り注ぎます

      おはようございます。本日、京都の鞍馬寺では、5月満月祭《ウエサク祭》が行われます。5月満月の夜は、全てのものの目覚めを促すために天界から強いエネルギーが降り注ぐのだそうです。※満月は日付で言えば明日ですが、明日の夜には満月の時間が過ぎてしまうため、今夜のうちに行うのだそうです。一度行ってみたいなぁ。※画像は、鞍馬寺サイトからのスクリーンショット。5月満月祭についての説明です。http://www.kuramadera.or.jp昨年は鞍馬寺にお参りする機会がありましたので、わたしも今夜は鞍馬山のご神気に思い馳せながら、満月のエネルギーで満たした清水を作りたいと思います。みなさんも今夜はぜひ満月浴を!雲はかかっていても天界からのエネルギーは届くそうですよ。では、では、今日もミラクルな1日を…☆

      7
      テーマ:
  • 28 Sep
    • 今夜はスーパームーン!お財布フリフリで金運アップ!?

      みなさん、こんにちは。今日はスーパームーンの満月ですね🌕今夜、月明かりをお財布に当ててフリフリすると、お財布がいつもにも増してミチミチに潤います。やり方は簡単。お財布の中身を全部だして、月明かりに向かってフリフリするだけ。これはもう振ってみるしかないですね!(笑)というか、実はわたしも本当に満月の力だけで金運アップとは思っていません。この時、お財布の中身を全部出します。だから、お財布の中身が整理されスマートになるし、お金と向き合う時間にもなると思うの。ほとんどの方が月に一度もお財布の中身を確認したり、お金と向き合ったりしませんよね。だから、満月がいい機会。お部屋の整理整頓をするように、お財布の整理整頓をする機会も兼ねて、お金と向き合ってみてくださいね。きっとお金に対する意識が変わってくると思います。今夜は特別にスーパーなスーパームーン。ぜひお財布フリフリして、お財布の中も整理してくださいね。

      8
      テーマ:

プロフィール

星のセラピスト☆ミエル

お住まいの地域:
福島県
自己紹介:
西洋占星術家として15年、産業カウンセラーとして7年のキャリアを持ち、延べ10,000人以上をカウン...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最近のコメント

フォローしてね!














AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。