厚い雲間にオルフェウスの竪琴が…

今夜は、夜空を吹き抜ける風がとても気持ちいい夜です。
その風を浴びながら、ふと立ち止まり上を向くと、あいにく夜空には厚い雲。
でも、その雲間に一瞬キラリと輝く星が見えます。

もしや…と思い、瞳を閉じて10を数えて、目を開けます。
すると、雲の間の薄いところに、チロチロと輝く星たちがちゃんと見えてきました。

多分、天頂より少し西に見えるのは、オルフェウスの竪琴、こと座でしょう。
そのひときわ明るい星は25光年先のベガ。今から13,000年後には北極星となる星です。





わたしの一番好きな星座は、こと座。
そして、一番好きな星はベガ。
一番好きな神話がオルフェウスの竪琴のお話と、
わたしはかなりの「こと座推し」なのです。

竪琴の名人オルフェウス。
愛する人を失い、自分も悲しい最期を迎えました。
でも、きっと今は冥界で愛しい妻と幸せに暮らしているはず。

こんなにも風が気持ちいい夜は、オルフェウスの美しい竪琴の音が聞こえて来るような気がします。耳元に吹いてくる優しい夜風に乗って…

オルフェウスの神話を思い出していたら、なんだか恋したい気分になったかも…


さて、みなさま、今日も1日お疲れ様でした。
どうぞゆっくりおやすみください✨
 

AD