安定した結婚がしたい!

テーマ:

『男性を条件で見てしまい、好きな人ができません』

雑誌の恋愛相談コーナーで見つけた。
 
悩んでいるのは、
5年間彼氏がいないアラサー女性。
 
答えるのは芸人の村本さんだ(ウーマンラッシュアワー)。
 
結婚には安定が欲しいという彼女。
絶対の安定なんて、手に入らないと言う村本さん。
 
確かに先々には何が起こるかはわからないが、
出会った時点で不安定なのは困る・・!
 

彼のバンドがメジャーになる確率と、(勝手にバンドマン設定)

彼の会社員が潰れる確率、果たしてどちらが高いのか・・?
 
婚活界では夢追い人よりも、
手堅い会社員が人気なのは仕方あるまい・・。
 
さて、相談に話を戻そう。
条件が大事だという女性に、村本さんは言った。
 
年収、貯蓄、老後、
現実を突きつける女に男は疲れる。
 
『あなたを見ていると、
頑固親父が経営するラーメン屋を思い出す!』
 
どういうことかと言うと・・。
 

『携帯電話使うな』『写真撮るべからず』

店の壁に注意書きが多い店内。
 
ところが、肝心のラーメンの味がイマイチ。
 

『あなたは色々条件を挙げているけれど、

それに釣り合うくらい、美味しいラーメンを出しているのか!?』
 
なんと・・!耳が痛いお言葉!
確かに商品が良くなければ、客は遠ざかっていく。
 
『彼氏いない歴5年、あなたの店には5年も客が来てないのです!
まずは注意事項を外して、客が入りやすい店にしなくては!』
 
ぐうの音も出ない・・。

壁紙を貼るなら、ラーメンの味を見直さねばならない。


 
自分の店の経営状態について、考えてみた・・。
 

旨いラーメンを提供しているように見せかけ(婚活時代)、

客(旦那)をおびき寄せて、すかさず鍵(結婚)を閉めた。
 
味(サービス)は低下したのに、
注意書きの壁紙(小言)はどんどん増えていく一方。
 
人にあれこれ注文する前に、
居心地のよい店内と商品を作るのが先か・・!
 
客が入ってきたからと言って、
安心してはならなかったのだ。

 

 






ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓

AD