2016年10月04日

10月のおすすめワイン ~シャトー・カッシーニ~

テーマ:ワイン

9月の13日の会、東京は一部悪天候でしたが、明るく盛り上がる事ができました。10月も引き続き楽しんで行きましょう!

 

さて、10月のワインは「シャトー・カッシーニ」さんのワインです。エスポア輸入でも新顔で、しかも珍しいボルドー地方のワインです。なかなか開ける機会の少ないワインですので、今から13日が楽しみだったりしています。

 

【13日の会『日本中で、いや世界中で〇〇〇のワインが飲まれる日』@facebook】

  フェイスブックページも絶賛稼働中。皆さまのコメントや写真の投稿をお待ちしています!

 

このカッシーニさんは若くからワインに魅せられ、ボルドーの有名シャトーで研修へ参加したり、ネゴシアン業への勤務を経て、パリでワイン商を設立したりしました。そして、4年を掛けて多くの畑を見て回り、1999年、遂に理想の畑に巡り合えた彼はシャトーを開設しました。

 

その畑は1.93haととても小さいものですが、逆に小さいという事を生かし非常に手間の掛かる仕事をブドウ畑に施す事ができました。その結果、果実味と深みに富んだハイクオリティなワインを造る事に成功したのです。

 

 

 

ではワインの説明を

(当店ではシャトー・カッシーニのキュヴェをボルドー及びサン・テミリオン両銘とも取り扱っていたのですが、つい先日、後者が売り切れてしまいました・・・。今月はボルドー一本勝負です)

 

①シャトー・カッシーニ AOCボルドー 2012

 サン・テミリオンの最高のメルロを贅沢に使って造られています。100%の除梗をし、木樽を使わない事でブドウの果実味を追求した一本です。黒や赤のベリーをよく煮詰めたような深い果実味に、複雑なスパイスのニュアンスが香ります。また、ほのかで優しい甘味もあり、深みとボリュームを感じながらも親しみやすいワインに仕上がっています。

 

②シャトー・カッシーニ AOCサン・テミリオン 2012(売切れ中)

 このシャトーのメインアイテムです。完全除梗と木樽不使用については前述と同じ。落ち着いたエレガントなルビー色をしており、香りには熟した果実のコンフィやプルーンに加えて、花やスパイスのニュアンスが感じられます。口に含むとタンニンの粒子が非常に細やかで、とても滑らかな質感です。よく熟した赤い果実のピュアな風味がゆったりと心地良く広がり、余韻も長く、最後には爽やかな印象が残ります。非常にハイレベルで調和の取れた、エレガントな1本になっています。1時間以上前に抜栓するのがオススメです。

 

 

それでは今月もよろしくお願いします!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まるけんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。