国民大集会に24000人結集

テーマ:
沖縄の「慰霊の日」であり、日米安保条約発効の日でもある6月23日、東京・明治公園で「6.23国民大集会」が開催され、全国から24000人が集まりました。全労連議長の開会あいさつ、志位和夫・日本共産党委員長などからの連帯のあいさつがされました。このうち志位委員長からは「消費増税反対の声は国民の圧倒的多数。一方で国会は消費増税の談合が圧倒的多数。国会が国民から孤立している」と指摘、そのうえで「国民生活を守るための共同戦線を広げよう」と呼びかけがありました。

建設横浜緑支部のスタッフブログへようこそ

あいさつに続いては、各分野からの発言が続きました。
年金生活者は「後期高齢者医療制度廃止の見送り」や「年金給付額の不当な切り下げ」、「消費税増税」への怒りの発言。
非正規雇用の仲間からは「最低賃金を全国どこでも時給1000円に」「ダブルワークしなくても暮らせる賃金の保証と安定を」という願いの発言。
医療関係の仲間からは「消費税非課税の診療報酬と仕入で支払う膨大な消費税のアンバランス」や「人手不足と待遇悪化」への怒りの声。
原発被災地の浪江町の方からは「原発事故の完全な補償」を求める声と、「大飯原発再稼働への疑問と怒り」が叫ばれました。
農業従事者からは「TPP参加断固大反対」と力強い訴えもされました。

建設横浜緑支部のスタッフブログへようこそ

集会終盤には、明治公園は移動もできない大混雑。「怒」と書かれたそろいのプラカードを掲げてシュプレヒコールを唱和したのちに、「消費税大増税反対」「社会保障大改悪反対」「TPP参加反対」「原発ゼロを」「雇用拡大で景気回復と震災復興に力にしよう」といった願いを盛り込んだ集会アピールを採択。新宿コース・原宿コース・渋谷コースの3つのコースに分かれてパレードに出発しました。

建設横浜緑支部の詳しい情報はこちら
AD