みどりの丘歯科医院 院長ブログ

『治療から予防へ』
『361/365日はあなたがホームドクターです』
をコンセプトに歯ブラシの処方を行い、ホームケアへつながる新しい予防の形を提案しています。みどりの丘歯科医院の院長ブログ。
日々の出来事や、歯に関する情報などを綴っています

NEW !
テーマ:

平等院から10分ほど歩くと源氏物語ミュージアムに着きます。

館内では交互に2つのショートムービーが上映されるそうなのです。1つは浮舟、もう1つは橋姫です。次回の上映は浮舟でした。「子供さんには浮舟が好評ですよ」受付の方が笑顔で教えてくださいました。「ちょうど良かったな」と順路に従い進んで行きました。館内も源氏物語の雅な雰囲気を演出しています。若い女性客も目立ち、今でも源氏物語は多くの人に愛されているのでしょう。しばらく展示物を見ているとアナウンスが。遂に上映時間が来たようです。家族で列になって腰掛けました。クーラーの温度もよく涼しい風が吹いています。暑い外が嘘のようです。理系の私は古文は授業で習っただけ。源氏物語についての予備知識はほとんどありません。イケメン光源氏の豊富な女性遍歴の物語、といったイメージしかありません。

ナレーションが流れ、着物を着た女性が川に身投げし、長い髪がまるでクラゲの足のように広がるシーンから始まります。実写版ではなく、人形劇になっているのですが、どう見ても子供向けとは思えませんでした。ストーリーもなかなか複雑です。浮舟には光源氏の子、薫が主人公として描かれています。実は薫は別の男性の子供なのです。その辺りもかなりドロドロ昼ドラ顔負けです。しかし、日本人の心をつかんできたのは、その根底に流れる「もののあわれ」なのでしょう。私は登場人物の複雑性にちょっと戸惑いましたが、娘達は楽しかったようです。やっぱり子供向けだったのでしょうか?次女はその後、現代語訳版まで買い、いま続きを買ってくれ、とねだっています。現代の女子のココロもつかむとは、源氏物語、イヤ光源氏恐るべし。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。