こんばんは、みどりです(*^。^*)

センター試験の心得に関し、リブログしたい記事があったのでリブログ致します


 

色々なるほど…と思いました。凄く心に落ちる言葉たち。

 

私は受験生ではないですが、未解決問題に挑む状況の日々。

もっとも、諸々の事情でそんなに時間割けてないのですが…。忙し過ぎて。

 

で、『150年間誰も解けてない未解決問題を解きました!』なんてことになったら、間違いなくハイテンションで高飛車になるだろうと思いまして。

昨年11月に某一件で命の危機、何もかも1年巻き戻る(+インフルエンザ)前だったら、このアドバイスも多分心に落ちなかったと思うし。

多分、ほぼ確実に上から目線になり、世界中から更に嫌われ/狙われる事間違いなしだったと思われます。

 

ここ心の扉の内容なのでカットですが、11月の某一件以来、『私』が目の前の未解決問題を完遂する理由は、少なくとも『私』の成功ではなくなったわけで。

少し具体的に言うと、『私』だけが成し遂げるより、

『沢山の思考を皆さんに残し、もし私が力尽きても、引継ぎがいるように』…みたいな状況を創ろう、と。

 

それに元々、諸々の事情で狙われの身ですからね、

私に何かあっても、『思考』を残しておけば、私の命と思考は世界中に生きるって事ですし。

 

-----

カトリック・雙葉学園で何を学んで来たんでしょうねぇ。恥ずかし過ぎです。

諸々の(また諸々ですか)事情で、大学受験の頃は雙葉じゃないんですが、思いっきり繋がってたので理解してて、確か雙葉の教えだと、

 

・勉強が出来る方の方々は、遅くとも11月までには受験勉強を終わらせて、そして皆さん余裕なくなって焦るから、優しく気配り・皆さんへの質疑応答などに時間を使い、『気配り』を心の扉として学び

・そうでない方(勉強が苦手な方)は、出来る方に頼って『素直さ』『感謝』『人の優しさ』を心の扉として学ぶ

そういう『心の扉』『心の絆』を学ぶ受験生活でありなさい、そして【全員で】成功しなさい…だったはずです。

完全に忘れてて、一人で成功しようとしてました…。だから完遂出来なかったんですね、私。

 

私の今回は『未解決問題の完遂』なので、ちょっと事情が違いますが、似たようなもの。

一人高飛車ではなく、今からでもこの雙葉の受験生活の教えに従おう、そのような心の扉を創ろう、そう決意しました。

………姉妹(カトリック)になったの去年なんだから、去年決意しましょうね、私。

 

というわけで、何故昨年11月の、あのゴールするはずのタイミングで命の危機にあったか、しかもインフルになったか…

この事、心の扉の旋律を、正確に理解する為だったんですね。

 

人生、何事も意味があるものです。

というわけで、もうちょっとだけ遅れます…が、先日、狙われの身でありながら自分の筆痕をネット上に公開したって事は、そういうわけです。

 

あとは、この事柄…心の扉を正確に理解し、それが済んでからしっかり完遂しようと思います。

 

2018年1月10日 みどり

(※数時間フライングで書きます。本来1月9日までは昨日の記事(センター試験の救済措置)がトップです)

AD
こんばんは!みどりです(*^。^*)
※一応、心の扉にも書いた内容と同じです。

他所紹介で申し訳ないですが、センター試験2013年 センター試験 数学Ⅰ・数学A 第3問は魔物なんですよね(文献:受験の月さん)

線分ODが出ないだけで27点が飛ぶっていう、パニックまっしぐらの問題です。しかも救済措置が未だにネット上に出てない・・・?

なので救済措置の公開です。
サクッと考えたからもっといい救済措置あるかも。

【鉄則】
・後半の方が優しく配点が高い可能性があり。難問は一番最後にやるのが一番良いと思います。
・本番は色々な魔物があるので、頭でパニックになるのではなくてとにかく手を動かしてた方が(精神的にも)良いと思います。

【別解】
※急いで書いたので字が粗雑です。

私の文字(しかも急ぎ文字)はあまり公開したくないんですが、まぁ諸々の事情でそろそろなので、エイっ!



とにかく手を動かしていれば、奇跡は起こりえる。
今まで吸収してきた全ての知識と経験をフル活用して、皆さん頑張ってきてくださいね!
--------------------------

『―みんながいる。だから、私は戦える。』

uprising

※提供:親友の神鏡さん

------------------------
全然勉強できなかった方向けの救済措置も、一応書いておきます。1週間前駆け込み受験。

完全な救済措置ね。真面目にやって来て成功している方は読むと不快な思いをする可能性があるので、ご注意ください。

まず、今まで成績不振で、浪人が一切許されないからもう学校生活不可能だーみたいな場合を仮定します。

もっとも、絶好調の方の受験生は、そもそもセンター1週間前は忙し過ぎてここ見てないはずなので、多分その仮定でOKなはず。

この場合、例えば理系だったら東京理科大(※2部です)とか入っておくといいですよ。他にも起死回生的な学校は探せばあるかも。
(※例に挙げた東京理科大:
昼間部(1部):名の知れた難関大学 偏差値60以上。
夜間部(2部):数1Aと英語がちょっと出来れば入れる(試験範囲もIA+II+中学英語) 偏差値42位。
しかも途中で編入制度あり、機転利けば夜間→昼間→他の場所編入も。自分次第で起死回生可能。)

で、夜間でセンターだったら多分5割ほどで行けるので(詳しく調べてないので受験する方は調べてね)、

------
受験生向け戦術記述
-----

★IA
・平方完成だったら操作は同じ(【『xの1乗の係数×(1/2)』の2乗を、最後に足して引く】)なので、操作を機械的に覚える→数値変えても出来るようにする
展開、因数分解とかの、数Iの頭の計算問題だけは確実に取る
・三角比はセンターは穴埋めだから、回答欄からどうせ30度45度60度しか出ないとみて、わからなければ3パターンしらみつぶしでやって、回答欄の『桁』が一致するのを選ぶ
・難しい後の方の問題は一切手をつけないで捨てる(時間が勿体ないし解けないので)
・あと適当に暗記で済むもののみ取る。標本調査系(統計)とか割と取りやすいのでそこに時間を割くと得点しやすい。

コレで割と5割ほどはいけるものです。

★英語 以下のものに絞る。
・英単語ターゲット1400とか(1900は難し過ぎ)を仕入れて(今からでも十分遅くないです)、最初の500個くらいだけ繰り返して覚える
・熟語も同様、200位
・中学英語の文法

★生活
・現役生なら学校は休む。高熱出したのでセンターまでに治しますとか言っておけば良いと思います。

で、偏差値40台なら割と1週間で滑り込めます。

センターミスっても2部の普通の入試があるので、そんな緊張もしないで『とりあえず受験』が出来るはず(調べてないけど)。
焼き付け刃といえばそれまでですが、こういう救済措置を本気で吸収して乗り切れるのなら、救済措置の連続で人生乗り切れるわけで、私はそれもありだと思ってます。

※追記:うわ、恩師さんと真逆の事書いてた…orz
うーん私的には、『今までが間違ってた』というのを正確に理解/把握して、
ラスト1週間で素直に方向転換して、救済措置で救済してもらうっていうのもありだと思うのですが…。

----------------
何故こんな事書くかって、私の研究が救済措置になってるからです。
割とひな祭り決戦。本気で。大学受験的に例えると、センター最小限で二次勝負です。
AD
※一部注:
私の運営する、箱入り娘専用館(心の扉)の抜粋で、文章ほぼ同じです。
若干ずるいですが、『誘拐』とかそういう色に染めてしまって放置してたので、体調や雰囲気を強引に戻す裏技です。

というか数学とかもそれでいいんですよ。作文でさえ。最初は恩師さんに解答作ってもらって完全に真似でいいんです。
もちろん自分の頭に引き出しとして出さなきゃいけないから、理解した上で覚える必要があるのですが。

それにしても、去年の引きずり過ぎですね、さすがに、私。
いやほとんど1年間巻き戻ってるんですが…。あと雰囲気出すためにSMの曲かけてます(何)

---------

おはようございます、めぐみです♪(*^。^*)

うーん…サンタさんのお願い、27年間で初めて忘れました…酷い。。
あれっだけ生命の修羅場だった去年でさえ、覚えてたのに!

ちなみに忘れてただけで、サンタさんはしっかり信じてますよ。
忘れてちゃ意味無いでしょうっていうのはあるけど…。

『1年間、信じてしっかりやってきた心の芯』『1年間、真剣にやってきた物事』の答え、乗り越えるものを、冬のサンタさんが、スピリチュアルの世界でくれるんですよね。
だから、お願い事はもう決まってて。
クリスマスのうちに、しっかりお願いしておきました。



えーっとね、分かりやすく例えると…、
幼いお子さんだったら、1年中…とまではいかなくても、ずっと欲しいって願ってたものを、サンタさんにお願いするでしょう?
それと同じで。
受験生だったら、1年間本気で真剣に、泣きながらでも頑張って来た受験生は、この冬の時期に奇跡が起こるんです。

受験じゃなくても、1年間、悩んで真剣に向き合ってきたものがあるなら、大抵冬に答えをくれて乗り越えて、
………そんな感じ!

『1年間、心の底から、真剣にしっかり頑張って来たもの』の答え、プレゼントを…、
スピリチュアルの世界、心の世界で、サンタクロースさんがくれるんです。


お子さんと、お父さんやお母さんのサンタさんの事は、それを『目に見える形』で、お子さんがわかりやすく吸収するために…、
お父さん、お母さんが、『サンタクロース』の存在を、わかりやすく教えているだけで。(絵本を読んで、童話を心の中に教えるのとかと同じですネ)
皆さん一人一人、しっかり『心の中』に、心のスピリチュアルの世界で、サンタクロースは、いると私はずっと信じてます。

クリスマス、まだ11時間ありますよ。(←時間計算あってる?←この書き込みの意味は内緒です)
皆さんも、しっかり心の中の…スピリチュアルのサンタクロースさんに、お願いなさって下さいね。

さて…メリークリスマス☆(=´∀`)人(бвб))♪

----------
そういえば昨日、一部の方に生存報告&メリクリメール送ったけど、
本当に送りたかった生存報告内容は、こっちの内容だった気がします。

私の心は…生き返ったよー!しっかり、心の灯は消えないで生きてますよ!っていうネ。

去年の生存報告は、本当の意味での生存報告だったんですけどね(葬式が起こらなかったって意味の方)

(*^。^*)
去年:辞書に書いてある1番目の意味で死ななかった方の、生存報告(私の葬式無し)
今年:辞書に書いてある3番目の意味で死ななかった方の、生存報告(鬱症状回復&上昇。鬱とか言ってるけど11月だけです)

『同じ生存報告を2回しないで下さい』というのがあったのが、なんか悲しかったけど、
例えばガンや事故などに遭った方って、
・『葬式が無いです(しっかり生きてます)』の意味の生存報告、
・『退院しました!』の意味の生存報告、
・『幸せな日常が戻りました!』の意味の生存報告、

全部意味があると思ったのにー・・・

まぁ、クリスマスイブに生存報告とか、タイミングが悪かったって事にしておきます。。そこはすみません。。
AD

誘拐1周年とその後。

テーマ:

※やはり数学関係ないです。

思いっきり関係あるけど、その関係性は研究発表の時に。

 

昨日は消えるかどうかの境目だったんですが、生きて乗り越える事に。沢山の役目がありますからね、私。

心配して下さった方々、ありがとうございます。

 

あと、誘拐喪中が晴れるって事は(1周年って書いてるけど最初の誘拐は震災の時=6年半前)、

某あれこれの所有が許されるって事ですから、知っている方は狙ってきますよね。

だからブログですら身を隠してるけど。

 

とにかく、ここ2ヶ月位は多分人生でもっとも狙われやすいので、ちょっと弁護士や警察などに頼ってでも、

また移動をタクシーにしてでも(数年前かよ…)、自分の身を守っていこうと思います。

 

あと、最高の振り子理論ですコレ。説明は後で。

逆境の時こそ、最大のチャンスです。

 

【連絡事項】

・ブログレイアウトはなんか強制的に変えられましたが、私じゃないです。

・不正ログインがあったかどうかも未定。但し、これ自体が数学の研究材料(←意味わかるよね)

・インフルあがり(予防接種したのに…) & 危険な目にあったばっかりなので、暫くは目立つブログデザインにはしないです。

『最後の試練』は、仲間と共に明確に乗り越えます。

・インフル、多忙、生命の危機により、11月くらいから、まともにコメントや判断が出来ずすみません。

・リディアちゃん(カトリック)を切らなかったのは大正解。と同時に、自分の受験は絶対に成功だったと大確信。

(カトリックを最後まで切らずに、心の事と同時進行して第一志望に落ち、第二志望以下は受かった)

誘拐1周年、また誘拐…?

テーマ:

※数学一切関係ないです。

いや関係あるんですけど、関係ない(←意味わかる方は凄いです)

 

去年は、yahoo!知恵袋にまで書かれた私。今年の影響は…?

 

私、やっぱり…消えちゃった方が、いいのかしら…。

 

※去年から見てる方は、去年とほぼ同じです。2年前とも同じ。説明は出来ない・・・体調悪い。。

※最強の振り子だと思ってます。ここを正確に、乗り越えなきゃ…。

 

 

ってちょっと待って、ブログレイアウト何これ。。

私いじったわけじゃないのに。インターネットすらやってなかったよ?

もしかしてここも見られたのかしら・・・

 

もう嫌、何もかも嫌、怖い・・・

誘拐なんて、世の中から消えちゃえばいいのに。

 

『最後の試練』

私は、…私は…。

 

乗り越えるの?戻るの?

正確に、判断しなきゃ…

 

※11月くらいから、まともにコメントや判断出来てなくて、ごめんね・・・

インフルとかじゃないです、いやインフルもなったんですけど、インフルは予防接種してたので。

誘拐の予防接種なんて、してないって。

 

 

心配して、電話下さった皆さん。

心配して、お手紙下さった皆さん。

本当にありがとう・・・!

 

私は…私は…。