ずっと昔、30数年前
営業の報奨金で買ったSEIKOのMAJESTA腕時計。
一年で何秒も狂わないと云うふれこみだった。3万か四万円したと思う。

その純正ステンレスシルバーの時計バンドのサイズ調整をする金具のピン
が折れて外れてしまった。新しい金具に取り替えればいいのだろうが、
こんな金具だけ売っているのか、いくらするのか、当然時計屋にあると思うが。
太平堂時計屋さんは休業中のときに困ったものだと思いながら四・五日が経つ。
いっそ新しいバンドに変えたらとも思ったが安くは無いだろう 何千円か。

そんなことを考えていたら今は止まって仕舞ってある腕時計があったことを思い出した。
確かあれもバンドだけを替えた記憶がある。
其れを探し出してきたが、ベルトの部分の厚みが違うので合わなかった。
万事休す。

やはり新しい時計バンドに変えるしかないのかと思ったが
純正の、時計の枠に合わせたバンドが良いのはわかるが高くつくし、
どうせ新しいのに買い換えるのなら今取り出してきたバンドにすればいいのではないか。

SEIKOの時計バンドをはずしに係ったが、片方が上手く外れない。
止めておくピンが汗と雨のおかげで固まってしまっている。
ステンレス製だから錆付いている訳が無いと思うが取れないので力ずくで外した。
そして新しいバンドのピンを使って片方、もう片方と付け替え完了。

金色の新しい金属時計バンドも捨てたものではないなあと思いながら腕にはめたら、
ピンが跳んで外れてしまった。大変 細いピンを探して見つけて再度取り付け。
腕にはめたら、又ピンが跳んで外れてしまった。上手くピンが入っていないのか。

虫眼鏡を出してきて、付根の部分の清掃をしたら あら大変。
片方は黒い点が見えるが もう片方は見えない、白く光っているだけ。
何故だろう 黒い点と言うかピン先が止まる穴が空いていない。
そう 先程力ずくで外したピンの先が折れて残ってしまった故止まらないのが解った。
如何すれば良いのか。

折れて残ったピンの先を取り除く為には
先ずは551で洗浄。錆びてはいないはずだが念のため。
次にピンセットはどうか、ガーゼを挟むピンセットはあるが先が尖がっていない。
虫眼鏡を眼鏡に乗せて、蛍光灯で角度を調整しながらするが掴めない。
時計屋さんが目にはめている黒い円錐形の拡大鏡、専門用具が無いと難しい。
視力の個人差もある故ピントも合わし難い。
先の尖ったピンセットも専門用具か。

裁縫に使ってる針箱を持ち出してきて細い針先で引っ掛かりを作るべく突いた。
同じ箇所を何度か針も替えて突いていたら黒い点のような塵が取れた。
コレでなんとかピン先の穴が確認できた。
改めてピンをセットしてもう片方のバンドが完了。

新しい金色の時計バンドも似合うもんだと自画自賛して喜んで今もはめている。
ひょっとしたら時計屋さんが出来るかも。しかしコレじゃあ儲からないね。
サッサと諦めて新しい時計に買い換えないと金が回らない。
勿体ない精神では世の中回らないような気がする。

腕時計・携帯時計が流行らない、
携帯電話・スマホが主流の時代にこんなことを書いていて良いのか疑問。





TOTOユニットバス・風呂の設定について

保温時間の設定・1時間も保温時間にしていると電気代が高くつく故offにした。

保温せずとも入る時に、入る人が追い炊きを選べばよい。最悪冬場は1時間位か。

しかし保温性が高いユニットバスが強みならば不要に思う、嘘なら別だが。


足し湯の設定・10リットル、20リットル、と選べるが風呂の湯がどれだけ増えるのかは判らない(何センチ上が

るのかわからない)故、蛇口で追加するのが良いと思う。

一杯になれば止めればいい話だ。

足し湯の蛇口と湯桶の蛇口と共通で良い。


足し湯をせずに溜り湯に入ると、家族人数が多いと垢が浮いたままになり感じ良くない。

源泉架け流しのごとく足し湯をして洗い流しだすほうが良い。湯舟の手摺淵がざらざら。

湯舟の淵は水平のほうが良い。

湯が広くこぼれる故床面の掃除をかねて暖める為床面全体に湯が行き渡る方が良い。



シャワーの水量の強弱があればよい。

コンナトコロカ



今年も無事スタート

テーマ:

2015/05/17

今朝、子メダカ発見、早速記念写真。






其の後、探してみたらもう一匹発見。合計二匹。

今年は上手く行きそうだ。


2015/05/18

今朝、スグに二匹を発見。二匹はすぐ近くに泳いでいる。

大きさがわかっている性か見つけやすい。とりあえず元気そうだ。


橋下君、負けた。

大阪市を変えるといっていたが、大阪都構想を大阪市に限定したことが負けだ。

テッキリ大阪府の話だと思っていたのに。

他所の国の話になってしまった。小さい話になってしまった。




昼からも子メダカの池を覗いていたら、五匹いた。

昨日ホテイアオイを入換えたからかもしれない。好いタイミング。


群れ



昨日、180匹をバケツに移して車で新池へ。

道路端のフェンスを乗り越えて、新池の一番端へ。

決めてから1週間も経つ。雨続きで出来なかった。

広い池に放ったが、広すぎた。スグに泳ぎださない。



いや車酔いか、浮かんでいるような。

別れを惜しんでいるのか

この春にはいなかった赤い色の子メダカが2匹。
改めて遺伝の法則を思い出した。


来春には、群れて泳いでいるところが見れますように。






昨日、やっと子メダカの池を移動させることが出来た。

9月に入ってずっと雨続き、今日も雨だったが、晴れたときに取り掛かった。

そして今年の数が決まった。242匹。




去年一池に60匹ずつに分けて、120匹居た筈だが。
今は一池に30匹弱位の親メダカたち。計60匹が見える。

子メダカといっても親の半分、にもなってないか。
まだ小さいが動きが速い。

今後は又60匹ずつになるようにするとして
一池に30匹ずつ分配したとして、180匹をどうするかが問題。

やはり今年の計画通り室池に放そう。カワセミ翡翠の為に。