生きづらいけど、生きてます:広報ウーマンネット 代表、作詞家、ライター:伊藤緑

Happyな人のSNS記事を見るたび落ち込む……。ほんとにそれがすべてなのかな? 強迫神経症と経度の鬱を患い、生きづらさを感じながらも生きてる毎日のこと

Happyな人のSNS記事を見るたび落ち込む……。ほんとにそれがすべてなのかな? 強迫神経症と経度の鬱を患い、生きづらさを感じながらも生きてる毎日のこと

コメントをお受けしておりません。ご理解ください。

生きづらいけれど、人前に出る仕事もやってます。
矛盾を感じる人もいるかもしれませんが、それが自分をキープする手段。そして、生きていくためです。

作詞家、フリーランスライター、広報ウーマンネット代表、神楽女会共同主宰、講師

Green Label合同会社を設立いたしました。


NEW !
テーマ:

「好きなことを仕事にしましょう」という言葉が氾濫しています。

 

この言葉、とてもとても大変なことを言っていると思っています。私は、12歳から書き始めた詩をきっかけに、17歳で歌詞に目覚め作詞家という職業を意識し、21歳で初めて動き出し、毎日5回以上電話をするくらいの営業をして、26歳で出会いがあり、28歳で上京、30歳で作詞家デビューという道のりをたどりました。

 

今はもっと違う方法で作詞家になる道はあるのかもしれませんが、作詞という職業に資格がなかったのです。

 

だから、ガムシャラに動いた。

 

そして、書くことが好きだった私も、仕事になってしまうと、好きなように書くことはできないことに気づきます。思っていたものとは違ったのです。それでも、私はそれさえも好きでした。だから、続けられた。

 

多くの場合、好きだと(思っている)ことを仕事にできた場合、思っていた仕事と違うという感想を持つようです。

 

3年は続けなさいと言われた仕事も、今では3ヶ月、3週間、3日で辞めてしまう人も多いです。

あんなに頑張って手にした場所なのに、簡単に手放す人も多いです。

 

そんな姿を見ていると、安易に「好きを仕事に」とは言えません。

「その覚悟はありますか?」と問いたいです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

という本が出ていることを、以前書きました。

 

そして、私自身、会社に着いて10分くらい経つと、胸が苦しくなるという症状が毎日のように発症してしまう時期がありました。

派遣で働いていた時です。

 

その理由が、まったく分からず。胸が苦しくなるフィジカルな原因を探しました。しかし、それは見つからず。。。。。

 

定期的に行っていたメンタルクリニックで、今すぐ会社を辞めなさいと言われました。原因は、会社です、と。

 

残業が多かったわけでも、仕事が忙しかったわけでもありません。1年半以上続けていた仕事でした。

しかし、やはり原因は会社だったのです。

 

自分のなかで、何かしらの折り合いをつけることができなくなった心がアラートを出したともいえます。

 

ただ、その時期、その会社の仕事が忙しくなることもわかっていました。だから、病院の先生に、今辞めたら迷惑がかかるので、絶対にやめられないと何度も言いました。

その時言われたのが、「あなたが会社を辞めて本当に困るのは何人の人ですか?」というコトバです。その数字は多いものではありませんでした。

 

また、「自分を守ることができるのは自分だけ」というのも言われたように記憶しています。

 

そうして、自分で自分に言い聞かせて、その仕事から離れる決断をしました。

人は新しい決断をするより、今を続ける方が楽です。

 

継続は時にとても美しいものです。ただ、積極的に続けない、惰性での継続は美しくない。

 

病院に行けたことで、救われたのかもしれません。あのまま仕事をつづけたいたら……

 

人に迷惑をかけないことはとても大切なことですが、それによって、自らが壊れてしまったら意味がない。

 

その境目を見極めるのは、本当に難しいです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

思うように心をもっていけない時期は、誰にでもあると思います。

一時期、毎日笑顔で過ごせるような生き方をしたい、と書いていた時期がありますが、正直それは外向きの自分でした。

 

ただ、そういう言葉をいうことで、自分の気持ちを上げていかないと、どうにもならなかったんだろうな~と今ならわかります。

 

今は、逆に毎日笑顔でなんていられるわけないけれど、毎日きちんと生きるようにしたい、とは言えます。

 

気持ちが落ち込んでいても、それと向き合う(実際はそう簡単じゃない)、そして、対応を考えるとか。

 

笑顔でいることが善で、笑顔になれないことが悪ではないと気づいたからです。

人はロボットではありません。リセットボタンもありません。

だからこそ、魅力的です。

ステレオタイプに、自分を語るのはやめたい、それだけです。

 

リセットボタンなんてない、というのは、以前、さくら学院さんに提供した歌詞にも書いています。

http://www.uta-net.com/song/127163/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中にはいろんな人がいらっしゃって、こんな私もそのいろんな人の一人なのですが、小さな言葉で一時的に折れました。

まさかの方の言葉だったので。

でも、返ってカンフル剤に。

結局、前に出たもの勝ちの今。
後ろに控えていては、いいようにされてしまう。

そもそも前に出るという時点で想定していたこと。

昔から言っている「しなる女になる」だけです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、ふーてんについて、書きました。

精神の均衡を失っていることもさしている言葉であると知り、そうなのか~と思った次第です。

 

精神の均衡って、そうそう簡単に保てるものではありません。日々晒されるストレス。

それに強い人もいれば弱い人もいる。

絶対値では測れない。

 

そして、精神の均衡がとれている人なんて、そもそもいるのか、ということも同時に思いました。

 

人はバランスを失うからこそ、何か行動を起こそうとするし、そこから生まれるものもある。個人的な意見ですが……。

私は、幸せ恐怖症です。幸せになると、何も書けなくなるのではないかと、ずっと思っていきています。

 

そんな時代ですが、壊れた均衡を言い訳に自分の殻やハコに引きこもるのは、違うような気がしています。少なくとも私の場合は。

壊れた均衡のままでも、闘い続けない限り、大きなものに消されてしまうから。だから、ボロボロになっても、血を流しても闘うしかないのです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。