麻央さんのブログ

テーマ:

ずーっと読んでいました。

読者登録して。

 

だからかな、今日の訃報は

まるで身内のことのように悲しかった。

 

麻央さんの

最後のブログの

最後の言葉。

 

「皆様にも、今日 笑顔になることが

ありますように。」

 

なんて慈悲深い方なんだろう。

 


AD

大相撲夏場所千秋楽

テーマ:
白鵬 優勝おめでとう〜。

稀勢の里ファンのみどりがめでありますが
このところの日本列島の稀勢の里フィーバー(←死語?)、
ちょっと既存の横綱たちには
気の毒だなぁ〜と思っておりましたので
この度の白鵬の優勝には
心から拍手を送りたいです。

休場明けからの全勝ですもの。
やっぱりすごいや。

今場所の白鵬、
何だか一回り身体が小さくなった気がして
もうぼちぼち世代交代かなぁ〜
寂しいなぁ〜
なんて思ったりしちゃいましたけど
謝ります。

白鵬に限らず
4横綱はこれからも熾烈な優勝争いを展開して
場所を大いに盛り上げていって欲しいですよ〜。
(鶴竜は特にガンバレ!)

高安も大関昇進が決まりそうですね〜。
近い将来、綱取り!なんてことになるのを
大いに期待しています。

そして、今場所十両優勝の錦木にも期待しております。

今場所は7日目に国技館観戦。

{B2857F61-68E8-461E-8B84-68014E0F09A1}

{4BD02BA4-D0DC-4F8C-B124-03453FA18D83}


初めての枡B観戦で
テンション上がりました〜。

あー夏場所、終わってしまったな〜。
毎度のことながら
祭りの後の寂しさですわ。








AD

ゴールデンウィーク最終日〜

テーマ:
いやはやゴールデンウィークも
あと数時間で終わりでございますよ。(TωT)

今年はあまり予定を入れなかったので
基本的にはおうちで
本を読んだり
dtv(ドコモ動画)を観たりして
まったり過ごしました。
お天気良かったのにね。
私ってつくづくインドア人間なんだと痛感。

dtvでは
バカリズムとナイツのライブを
観まくりましたよ〜。
面白かったですー。(≧∇≦)

しかし、
そうやってのんきに遊んでいるうちに
もう添削も始まっておりまして
遅ればせながら今日から参戦。
また、忙しい日々が始まります。




AD

小台の七庚申

テーマ:
今朝はダンナとペアランですわ。

いつも彼が通るコースに
磨崖仏みたいなものがあると聞いていたので
案内してもらいました。

磨崖仏というと
大分の国東半島にあるような
立派なやつを想像してしまい
そんなものがこんな町中にあるものかい?と
不思議に思っていたのですが
行ってみたら…

{92CFE6EE-A816-457D-B052-F2EE745CD3FC}

こんな感じで
磨崖仏ではなかったです。

小台の七庚申といって
荒川放水路(現在の荒川)を作る時に
川になっちゃう地域にあった庚申塔を
下川亀蔵さんという方が集めて
ここに祀ったそうです。

そう言えば、隣に下川さんという表札のかかった
立派なお宅がありました。
あの家の皆さんが代々守っておられるのですね〜。

{6A73CFD2-8427-4F93-8BA7-F9350E865F51}

青面金剛が邪気を踏みつけています。
わかりにくいけど足元には二羽の鳥。
その下に三猿がいます。

石仏自体は江戸時代のものらしいですよ。
歴史を感じますな。

近くには弘法大師を祀った祠もありました。

{26E75F4D-7B5E-42CD-B66F-1E38F6763DEB}


こういうちょっとしたスポットは
町走りの楽しみです。








お花見ラン&ピクニック

テーマ:
ゴールデンウィークです。

連休初日の昨日は
中野区に住むラン友さんのホームコースである
平和の森公園にお邪魔して
お花見ラン&ピクニックをしてまいりました。

{7845C102-A2C1-4574-BA54-C8070C2BD793}


お花見と言っても
この時期ですから
桜ではありません。

ツツジだったり牡丹だったり…

{699E57D7-1C01-427E-997C-354E2C64B485}

{E78E23B0-1479-4FA2-BB4A-9C85E2A7839F}

初夏の花を楽しんできました。

ナンジャモンジャの木という珍しい植物の花も見頃だということで
連れて行ってもらいましたよ。

{EF051CC8-BE9A-462D-8EF5-A328BEC9A832}

{9E147A4B-6642-412D-BEEC-9B3B1FBCF2F4}

普通の民家の玄関先に生えているのですが
わざわざ見にくる人も多いのか
郵便受けの上に
ご自由にお取りくださいと
この木に関する説明の紙が置かれていました。
そういうお心遣いは嬉しいですね〜。

ラン後のピクニックでは
みんないろいろ持ち寄って
飲んだり食べたり。

{689CC7FC-2392-4EFE-86D4-E2EC81CFF6DA}


みどりがめ提供は左下の崎陽軒のシウマイのみ。
ええ、買って行ったものですとも。
こういう時、気の利いたものを自分で作って行ける才能がないもので…(´・ω・`)スミマセン
毎度毎度本当にごちそうさまでございます。

昨日出た話題の中で
好きな音楽は何?というものがありました。
みんなはそれぞれ好きなアーティストがいて
アルバムを聴いたり
ライブに行ったりしているそうなのですが
「みどさんの好きなアーティストは誰ですか?」
と聞かれて戸惑いました。

特にいない…( ̄_ ̄ i)

そう言えば最近音楽ってあんまり聴かないかも。
聴いたとしても
集中力を高めたりリラックスしたりするための
ヒーリングミュージックのようなものか、
もしくはもうすぐライブがあるので
その演奏曲ぐらいかしら。

昔は杉真理とか大江千里とか稲垣潤一とかが好きで
アルバム買って
毎日エンドレスで聴いてたりしていましたが…

未だに自分の趣味の中に音楽鑑賞は入っているつもりだったけど
そうでもないのかなぁ〜。(´・ω・`)






お一人様デビュー

テーマ:
基本的に気ままな1人行動が大好き。
しかし、これまでどうしてもできなかったのが
1人カラオケです。

1人で外食ができないと言っていた友達さえ
1人カラオケは楽しんでいるというのに
私ときたら…

しかし、今日ついに
1人カラオケデビューしてやりましたよ。

最初は控えめに30分でお願いしていましたが
意外と興がのっちゃって
もう30分延長する始末。
これはハマるかもー。




神宮外苑

テーマ:
2週間後に
高校時代の同級生たちと
ちょっとしたラン&ウォークイベントを企画しているので
今日はその下見に行って来ました〜。

{0557534D-B38C-4A45-BFE4-DF5EE74AF2C4}

{D558CFA0-FAC4-48B5-90E4-FCE2AD384680}


最近、皇居は初心者が増えたらしく
速いランナーがこちらに流れて来ているそうですが
外苑一周の1.3㎞はそんなに飛ばしている人はおらず
(とは言え何人かいたですけど)
まあまあ安全に走れそうかな。

ちょっと大人数になりそうなので
マナーを守って
楽しく走り(歩き)たいですよ〜。(・∀・)



ライブに向けて

テーマ:
昨日はバンドのスタジオリハでした〜。(・∀・)

基本的に楽器はできない、歌えないというみどりがめが
バンドで一体何をやるのかというのが
毎年課題ではあるのですが
今年は特にやることがない!(≧∀≦)

まあでも今年が最後になりそうなので
何としても楽しんで
乱入していきたいと思います。

一方でぼちぼち添削も始まりますよ。
遊びと仕事の両立に苦しむのも
今年が最後かぁ…

しかし、遊びがなくなると
仕事に集中できるかっていうと
そうでもないんだな。これが。

部活を辞めても成績上がらない理論。






長与千種さんのブログ。

 

学生の頃、クラッシュギャルズが大好きだったので

阿部レフェリーには本当にムカついていた。

 

ダンプちゃんとかが反則攻撃をしているのに知らんぷり。

それを見て

「おいおい!反則じゃねーかよー!ちゃんと見ろよー!ヽ(`Д´)ノ」

とテレビに向かって本気で憤っていた。

 

今思えば、阿部さんも私たちを楽しませてくれていたんだな~。(´・ω・`)

 


5月27日に全国公開される
映画『ちょっと今から仕事やめてくる』



こないだWOWOWで宣伝していて観たいな~と思ったのですが
おそらく劇場には行けそうもないので
原作読んじゃいましたよ。

ブラック企業に勤める青山隆は
パワハラ上司に追い詰められて
ある日ふらふらっと電車に飛び込みそうになるのですが
すんでのところでヤマモトという男に助けられます。
ヤマモトと過ごす日々のおかげで
少しずつ自分に自信を取り戻していく隆。
そして、このタイトルです。

一体、彼を救ったヤマモトは何者なのか?!
そんな謎にも惹かれて
ぐいぐいと読み進めていくと
最後には人生で何を大切にすべきなのかということを
教えられます。

あ~このお話、
仕事に限らず
学校で追い詰められちゃっている人にも
是非読んでいただきたい。

他者から深く深く傷つけられると
自分を肯定することもできなくなり
つらくて悲しくて
そこから解放されるには「死」しかないと思いがちだけど
そうじゃないんだ。
世の中、逃げ道はいくらだってあるのです。

しかし悩みの渦中にあると
なかなかそこまで思いが至らないのよね。
自分を悩ませている世界が全てだと思ってしまう。
だから苦しいわけで。死ぬほど苦しいわけで。

どうしたら彼らを救うことができるのだろう。

この本や映画で
自分の命の尊さや逃げること大切さに気づいてくれる人が
増えるとよいな。