日本の年間エレキギター台数

テーマ:
写真は、微分音が出せるギターのような楽器と出音も楽器も材料の都合に合わせた製作方法です。
アンプは、もはやクリーントーンでは世界一かもしれませんが、まだまだ世の中は広いので、アホを待ちます。



ギターは人間に合わせた楽器であり、フレットレス楽器のように、微分音楽器ではなく金属フレットにより最初に決定された音と、弾き方や、押弦の強弱、ベンドやビブラート、アンプや再生機器などによって表情を変えます。

ギタリストが不思議に思うこと。

解放弦でバッチリチューニングをしているのもかかわらず、ハイフレットや弦によってピッチが違うのに気づく人も多いでしょう。メンテナンスにより正確にオクターブチューニングが合っているにもかかわらず。

ピアノのチューニングもメーターは使用せず、4秒以内に合わせろとスタンウェイ専属トレーナーから指導を受けたことがあります。物理的に計算するとオクターブ以外は、倍音が一致するはずもなく、4度であろうが5度であろうが1秒に4回以上はゆれているわけです。物理的に不可能なわけですから、メーターを使っても意味が無いわけです。ピアニストは、そのハンマリングで音色を変えるのです。打楽器と同じです。

シンセサイザーは演算方式をとるため極限まで最大公倍数を瞬時に選択できるわけですが、人間の耳はその数億倍も優れているので、マシンが人間に追い付けるにはあと数万年かかります。

フレット楽器は人間に合わせた楽器
古楽器などは平均をとらない微分音を採用しています。

私の見た楽器

ジェフ・ベックのストラトはオクターブチューニングが合っていません。
ジム・ホールのダキスト製フルアコは、オクターブが合わないので、彼は、ハイフレットを弾く時はチューニングペグで瞬時に調整し、ピックは2種類を瞬時に使い分けます。
アルディメオラは、1曲で3個のピックを捨てるので、おそらく数千枚単位で発注をしベンドにより音程を調整します。クラプトンがボブジェームスの釣り友であることはあまり知られていません。音を歪ませると人間の耳にはピッチが揺れる前に歪んだサウンドが認識されてしまうので、多少ピッチがズレていても判別不可能になります。

ギターが流行る理由は、簡単だからです。
年間40万台も売れるのですから日本だけで。

MID(C)
AD

まだ製作途中で、動画ではアンプから音も出てません。

しかし、イメージを記録するために、一旦ここに置いておきます。
完成後は、ライブハウスで実験します。



======
FaceBook
MID Jazz Rock
より引用

Buzz Feiten
Michael Landau
Steve Lukather
Dean Parks
U2
Slash
Van Halen、
多くのミュージシャンのサウンドシステムを製作したBob Bradshaw継承のサウンドシステムからパクり、ロケットswitchオンでオーバードリームするツータッチシステム。

その回路は発売はしておらず、部分的に抽出して使用。
追加で外部スピーカーへseries接続またはparallel接続、8Ωスピーカーparallel接続の際、出力をUSARMY仕様phoneジャックより、4Ωに自動変換アウトプット、作り直した。

原音はCELESTIONのGreenback 10inchスピーカーから見事なMarshallサウンドを再現する。

さらに8bit microprocessor搭載時限装置のデジタルquartzカウントダウンによって、音が出る前からワクワクさせる近未来デザイン。

もう、これで作らない。

ギターは14才から試行錯誤し時代の変換を見つめ、無限の音の追求を見届けてきたが、これで終わりだ。やっと練習ができる。41年間も待ってしまった。

録音、システム、エフェクト、もう凝らない、しない。

一時期、アトリエは、sony社の3324レコーダーを搬入するために(3324は幅が通常の玄関ドア950より200mmも大きいため)ドアを鉄板化し幅を広くし、彩飾を少年ジャンプの背表紙のカラーチャートと同一(青色)にし、友人との共有でブラックボックスを設置、デジタルperformerとカーツェルのMIDIボードとAKAIのマシン群に囲まれていたこともあった。

電子機器は必ず壊れる。
このアンプは制作費は2万円。壊れた場合は修理でなく、今後は買い足すように考えた。

あらゆるものを修理していて、最後にたどり着いた答えが、買い足せばいいだって(笑)笑ってしまう。いままでの修理スキルは要らないんだぜ。最初っからそういう時代が来ると思っていたが、まさか生きているうちに未来が到来するとは。

つまり、出音は、どうでもいい。
演奏者が発するものは、音の強弱、長さ、そして音程

楽器は人が弾かなければ鳴らない。
MID

=====


カウントが終る前に弾ききって、黄色いリード線をカット。ほんとです。


"キースジャレットに追い付けない場合爆発するアンプ" を YouTube で見る

AD
ハコフェス2016

行ってみた。
アスカちゃんが、ステージ上がりなよって勧めてくれて。

打楽器はいろいろ作ってはるが、実は、
た、た、たたいた、ことが無い(^^;


(写真、梅の種をくり貫いて作った鈴状のものを漆で固めて、生革(くさい)とスコン用のケーキ型抜きモリブデンシェルで包み込んだpercussionです。すっごく原始的な音がする。カスカスみたいに使う)

そりゃ、せっかく作ったんだから5分くらいは叩いてみるけど(笑)

で、はじめてカホンを叩いた。
叩き方わからないまま。
叩いていて、ヤヴァイと思った。
手が痛い

もう、遅い。
でも、曲が鳴り止むまで叩きたかった。
痛くても叩いた。

演奏が終わって、すぐドリンクカウンターに行き、

す、すいません(^^;
氷1個だけ、も、もらえますか?

冷した、ヒヤシンスになるぐらい冷した。

帰宅途中も缶ジュースを買って缶を握ったまま電車に乗った。これをニギカンと言う。

みるみる、は、腫れてる。
両手指の関節10箇所くらい全て内出血。青黒い。

ゆ、指が曲がらない。

それでも、今日はハコフェスで2名くらいとしゃべって
痛くても、痛いの関係なく眠れなく


弾きまくった。ギター。
クラシックギターだよ。
あれ?クラシックギターって、
なんだ、カホンじゃん。

もしかしたら、カホンってクラシックギターが起源?
だって、ギター叩くと同じようなフィーリング。

少し寝ないと。

ハコフェスは、カホン奏者がいっぱい。
リズムアレンジを綿密にリハーサルしているショー。
打楽器こそ、音楽。

いい音だったのは鹿児島のカホン。おそらく今後経年変化を加味すると、サイコーのサウンドに育つ。メーカー忘れた。

出音が良かったのは、名古屋の大きい人、と少しカホンを習った女性の人。ぼくの想像ですが、あきらかに違う。パラディドルを無駄にしてない。下積みが違うと感じた。

先が楽しみだ。
AD