手紙

テーマ:
息子へ)

弟のために空き巣に入り、
気が動転して殺人を犯してしまう。

その強盗殺人犯の弟の人生を描いた作品。

この本を読んでいると。

家族が殺されてしまったら。
家族が犯罪者だったら。
近くや会社の同僚に犯罪者の家族ががいたら。

問われる。
自問自答から逃れることができない。

自ら出してみた答え通りに、
本当にそうなったら行動するか自信がない。

東野圭吾おそるべし。

巷に溢れる「なんたら殺人事件」のようなタイトルの
ミステリー小説とは一線を画す。
そして面白い。

話は変わるが、最近の日本人は、
電車の中で、ほぼ全員スマホを見ている。

「本」という最高のエンターテイメントを楽しむ最適の場所なのに、、、、。


お父さんの本の買い方) ブックオフ 108円
読め、もしくは、読むな)必ず読め
君が・・・歳のころに) 電車の中で。

手紙 (文春文庫)/文藝春秋

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD

69

初めて村上龍の本を読んだ。

1969年の高校生の青春ストーリー。
学生運動、恋愛、極道。

昭和のエネルギッシュな時代で、
青春を謳歌!

それなりに面白かった。
まぁまぁってとこだ。

気が向けば、他の村上龍作品も読んでみようかな。。。

お父さんの本の買い方) ブックオフ 108円
読め、もしくは、読むな)読みたければ読め
君が・・・歳のころに) 読むなら高校生か大学生のときに

69 sixty nine (文春文庫)/文藝春秋

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD

奇跡のリンゴ

テーマ:
息子へ)

無農薬でリンゴをつくることに成功した
普通のおじいちゃんのお話。実話。

ただ、普通のおじいちゃんは普通でない。

全てを、一つの目的に捧げて、
そればかり考えてそればかりやっていても上手くいかず、
自殺を覚悟したときに、成功へのキッカケをみつけ、
見事に、無農薬リンゴに成功する。
でも、このおじいちゃんは、
「がんばったのはリンゴ」だと言う。

上のように書いてしまうと、面白い話でなく見えるが、
本当に面白い。感動する。

お父さんは真似できない。
君にも真似してほしいとは思わない。

でも、必死に頑張る人の話は、こころを打つし、
程度の差はあれ、頑張らないと、成功できないし、
なにより、幸せなな気持ちになれない。

という訳で、この本は、君に是非とも読んでほしい。
心から願う。


お父さんの本の買い方) ブックオフ 108円
読め、もしくは、読むな)必ず読め
君が・・・歳のころに) 思春期のときには。

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD

すごいメモ。

テーマ:
息子へ)
メモ術についての本というタテマエだが、
実際に書かれていることは、コピーライターである筆者の、
仕事ノウハウが書かれている。

お父さんは日々の仕事に取り入れていこうと思ったノウハウを残しておく。

・ポイントとなるメモに、○印。
・→を多用。
・「それは本当に、・・・・か?」と、自分にも問う。
会議で使って、他人にも問う。
・ブラック三角メモでアイデア出し。
左三角にシーズ、右三角に顧客の不満を、挙げる。
潜在ニーズは不満にあるという発想。
・ホワイト三角メモでアイデア出し。
左三角にシーズ、右三角に何らかのテーマ。
アイデアは異色の組み合わせから生まれるという発想。
・逆を考える。
タブーを崩せないか?
絶対ダメの逆を訴求できないか?
・人の気をひくフレーズ(仕事にだけでなく結婚式のスピーチにも)
「なぜ、・・・は・・・か?」
「あなたは、・・・を知ってますか?」
数字を入れる。「7つの習慣」
「・・・だけでがやっている。」

上にあげたうち、一つか二つかでいいから、
仕事に、生活に、取り入れてみよう!



お父さんの本の買い方) 大田区立図書館
読め、もしくは、読むな)読め
君が・・・歳のころに) 仕事を始める前か、新入社員のときに。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。/かんき出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

論点思考

テーマ:
息子へ)

会社で働き出すと、
仕事=何かを解決する。である。

つまり、仕事と問題解決は同義だ。

残念ながら問題を効率的に解決する方法は、学校では教えてくれない。
そんな経緯もあって、問題解決手法に関するビジネス本は、
毎月、数冊のペースで書店に並ぶ。

ただ。。。。

問題解決の前に重要なのが、何を解決すべきか?だ。

ポイントは2つ。
・解決する目的は?
・問題の根本は?
この2つの視点を考え、本当に解決すべきことから、
ズレてはいけない。もったいない。

ということで、問題の本質をとらえるノウハウを教えてくれている本書。
ノウハウの一部、書き記しておく。

・ワクワクドキドキする提案を心がける
・ものの見方をいくつも持っておく
1 類似事例から考える
2 顧客視点から考える
3 鳥の目、虫の目で考える
・ロジックツリーを作るとき、虫食い状態から始める
・2つ上のポジションから物事をみる。
お父さんは係長なので部長視点から。

筆者は、「仮説思考」という本で有名なコンサルタント。

仮説思考と論点思考。
この両輪で仕事することは確かに重要のようだ。

会社に入って、ある程度したら、目を通して見てくれ!

お父さんの本の買い方) 大田区立図書館
読め、もしくは、読むな)読め
君が・・・歳のころに) お仕事を始めたら

論点思考/東洋経済新報社

¥価格不明
Amazon.co.jp

武士道シックスティーン

テーマ:
息子へ)

スポーツに青春をかけるストーリー。

単純だけど、これほどに楽しめるものはない。

映画やドラマで描くとイマイチになりがちだが、
小説や漫画のスポコンものは、最高のエンターテイメントだ。。。

と、父は思う。

この本もそれ。

剣道に青春を捧げる2人の少女の友情が芽生えるストーリー。
最高!!!

以上。多くは語らないでおくから、読め!



お父さんの本の買い方) 大田区立図書館
読め、もしくは、読むな)読め
君が・・・歳のころに) 暇なとき

武士道シックスティーン (文春文庫)/文藝春秋

¥価格不明
Amazon.co.jp

ほめ言葉ハンドブック

テーマ:
息子へ)

ほめることはいいことだ。

ほめられるほうはもちろん。
ほめたほうも気分がいい。

褒める方も褒められる方も、くすぐったい気持ちになるが、
慣れれば、幸せな気分だけが残る。と、この本に書いてあった。

注意すべきは、褒める行為に裏があると思われること。
うそくさくなってしまうこと。

これを防ぐ唯一の方法は、、、
「こころから褒める」。これに尽きる。

他にも褒めるときの原則。
・具体的に褒める
・相手に合わせて褒める。
・タイミング。
・おだてず媚びずに褒める。

褒め言葉が、たくさん紹介されてあった。
お父さんが使ってみようと思った褒め言葉を残しておく。

・行動力があるね。
・フットワークが軽いね。
・君は必ずやり遂げる人だね。
・いい食べっぷりだね。
・一流だね。
・このレポート、説得力があるね。
・〜にかけては、天下一品だね。
・決断力があるね
・判断力が高いね。
・アイデアマンだね
・話が分かりやすいね。
・頭の回転はやいね。
・話題が豊富だね。
・一緒にいると楽しいよね
・面倒見がいいね
・リーダーシップがあるね
・君の・・・は最高だね
・腕あげたね。
・器が大きいね
・教え上手だね
・颯爽としてるね
・洗練されてるね
・見かけによらず・・・だね。
・ありがとう。。。

んー、キリがないけど、いろんな言葉で、
心から周りの人を褒めていこう。

君は、お父さんにとっての最高傑作だ。
やることなすこと、天下一品だよ!!!

お父さんの本の買い方) BOOK OFF 108円
読め、もしくは、読むな)読め
君が・・・歳のころに) なるべく早く。

ほめ言葉ハンドブック (PHP文庫)/PHP研究所

¥価格不明
Amazon.co.jp

息子へ)

丸の内の大型書店「丸善」に行った。

たくさんの本があるのはもちろんだが、
そのディスプレイの仕方が、お父さん好みだ。

知的興味が掻き立てられる。
東京駅からすぐ。君も大きくなったら是非立ち寄ってほしい。

で、めったに定価で本を買わないお父さんが、
書店の素晴らしさに、ついつい買ってしまった本。

英語の勉強法。

結局は、語学勉強に王道なし。
ということを、再確認した。

オススメ勉強本が掲載されているところに引かれたが、
ほとんど目新しい内容はなく、ちょっぴり後悔。

まぁ、この本より、丸の内「丸善」を、
今日は、勧めておこう。


お父さんの本の買い方)定価
読め、もしくは、読むな)読みたければ読め
君が・・・歳のころに) 本気で英語を勉強しようと思ったとき

世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法 (中経の文庫)/KADOKAWA / 中経出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

金閣寺

テーマ:
三島由紀夫の「金閣寺」
大学生のとき、英語の先生がこの本に触れたときがあって、
読もうとしてみたが、難解だったの、当時は残念した。

それから、いくらか小説に慣れ親しんだお陰なのか、
今回、読み切った。

実際に起こった「金閣寺」放火事件の犯人の、
内面を描いているストーリー。

お見事、の一言。

事件を起こして自決した三島由紀夫作品が、
いまだ賞賛され続けている理由をやっと理解した。

これぞ文学作品といった内容ながら、
退屈することなく、一気に読めた。

この類の本を書評できるほど、お父さんは芸術性がない。
なので、このへんにしておく。


お父さんの本の買い方)大田区図書館
読め、もしくは、読むな)読め
君が・・・歳のころに) 思春期を終えてから。


金閣寺 (1956年)/新潮社

¥価格不明
Amazon.co.jp

亀山市立図書館

この本を読め!のスピンアウト企画。
この図書館に行け!を残していこう。

図書館の名称)
亀山市立図書館

お父さんの独断評価)
総合 0.01
蔵書数 1
自習室 なし
居心地 1
貸出し 亀山市在住・在勤・在学の人のみ

一度だけ行ったが、、、。

田舎の図書館で、
市町村が図書館に力をいれなければ、
こんなものなのだろう。

特にコンセプトなく、本が本棚に並べられていて、
蔵書数も少ないし、居心地もよくない。
自習できる場所もなく、特筆すべきことも、勧めるポイントもない。

なので、この図書館には行くな! ということで。