そんなに長くは感じなかった。

最初の方がおもしろい。

下級武士で、大した手柄もなく2人の家臣だけが頼りで、嫁さんがしっかり者。

このびびりぶりが斬新だ。

こんな人が主役なの?

女忍者との関係や、そのボスの忍者との関係もおもしろいが、中ばになるとトーンダウンしていく。

ただ、土佐入りのところや、相撲大会での虐殺のところは迫力を感じた。

土佐を治める器量なしと奥さんに見られた亭主、その臣下たち。

あの虐殺は、本当に残念だ・・・

 

歴史好きなら読む価値あり

司馬さんの長編の中でも、おもしろい方の作品だと思う。

 

 

5段階評価でヾ(@°▽°@)ノヾ(@°▽°@)ノヾ(@°▽°@)ノヾ(@°▽°@)ヾ(@°▽°@)
5点です。

 

 

 

 

 

 

AD