トンデモ逆浸透膜浄水器ネオスを嘘まみれの宣伝を使って
販売している悪徳企業コーウェイに関しての情報は→
こちら
を参照してきただきたい。

-----以下本文-12/28 初稿 1/1加筆改訂------------------------------------------------------------------------
さて、久しぶりの、新ブログエントリなわけであるが、引き続いて、

トンデモ逆浸透膜浄水器、コーウェイ社への糾弾活動をネット上で展開しつつ、

ROに関しての啓蒙活動、導入相談、取り付け相談などの、別途ボランティア活動を行っていた所、

妙な書き込みをネット上で見かけるようになった。

曰く、

「逆浸透膜(RO)ではストロンチウムは除去できない」

「イオン直径と逆浸透膜(RO)の目の大きさではイオン直径の方が小さいからストロンチウムは除去できない」

この「イオン直径が~」という「机上の空論」は、3月24日の週の「水道水に放射性物質が~」と大騒ぎに

なった時に、2ch上で、「ROでは放射性物質はとりのぞけない」論を展開している一部のネットユーザで

ささやかれていたものであるのだが、その後の、RO関連企業の、「除去できました」実験報告とともに、

下火になっていた「机上の空論」であった。


その「机上の空論」が、ストロンチウムと絡めて、再度ネット上で息を吹き返してきてたのだ。


「ストロンチウムはROでは除去できない」は、全くの大嘘である、と断言できる。

ストロンチウムは水中ではSr2+のストロンチウムイオンとなるが、ストロンチウムイオンは

海水中にごく普通に存在しており、海水を淡水化するにあたっては、

逆浸透膜にてごく普通に除去を行っているイオンなのである。

この大嘘をネット上で撒き散らしているネットユーザの中には、

「ROではストロンチウム除去できませんから放射性物質を除去できる非RO式のseldon浄水器を買うべき」

などと非RO式の浄水器を盛んにお薦めしている者もいる。

このユーザがseldon関係者であるならば、広告表示法の明確な違反行為である。「広告の不当表示」だ。

また、seldonをお薦めはしないのだが、「イオン直径が~」空論を振り回し、

「ストロンチウムはROではとれないから無意味」と振りまいている者が多数存在している。

経済的余裕がなくミネラルウオータ購入もRO浄水器導入も不可能なので

「無料、低価格のスーパーのRO水」で対策を行うしかない方々も多数存在している、のだ!

そのようなユーザ層に対して、このような「大嘘」を振りまく輩は、

俺の視点から見れば

「日本国民のモチベを下げ、遺伝子プールにダメージを与える目的で活動している悪魔の手先」

と同等である。「大嘘」どころではない「悪魔の手先による『デマ・ゴーグ』」である。

この状態を看過することはできないため、急遽、このブログエントリを立ち上げたわけだ。

で、この『デマ情報』として悪用されている「大嘘情報」の発生源が特定できた。

それが、これ。

おしどりマコ・ケンの「脱ってみる?」 http://www.magazine9.jp/oshidori/111109/

この「おしどりマコ」という方は、吉本興業の芸人さんなのだが、東京電力の定例記者会見に、突撃し

自分で調べた情報を元にした質問を、東京電力にぶつける活動を行っている方だ。

そして、東京電力の記者会見において、この方と東京電力担当者の間で、以下のような問答が行われたようである。


(質問)ストロンチウムはRO膜だけでは取り切れずイオン交換か凝集沈殿しないと除去できないと思うのですが
ストロンチウムの除去は現在どこでしていますか?

(回答)はい、おっしゃるとおり、ストロンチウムはRO膜では除去できませんので、
アレバの処理システムが稼動していれば凝集沈殿しておりましたが、
現在、故障中ですので、ストロンチウムは一定程度含まれてございます

以上の問答は、

大馬鹿な管直人政権+東京電力がやらかしてしまった一連の事故&事故対応の後始末としての、

未だかつて人類が経験したことのない、

「超高レベルの放射性物質を含む海水を含む汚染水における放射能除去」

という事を目指した汚染水処理プラントの中の、東レのROを使った脱塩工程に対しての、
問答なのである。

この問答は、福島第1原発から放射性ストロンチウムがダダ漏れに流れ出ていると言う事を

東電側が認めたということで、2ch上でそれなりに注目を浴びたようであるが、

これを情報ソースとして、

「ROでは水道水中のストロンチウムも除去できない」

という誤った解釈をした情報報流布がなされてしまっているようだ。

また、「おしどりマコ」氏は、ご自分のHP以外に、

福島原発事故対策共同会見場だけど質問ある? 7スレ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1324458967

にも降臨されている。

ここの書き込みからすると、

(A)放射性廃棄物関係の工学書に、ストロンチウムの処理はROでなくイオン交換か凝集沈殿を推奨、と書いてある

(B)イオン直径と逆浸透膜(RO)の目の大きさではイオン直径の方が小さいからストロンチウムは除去できない

と氏自身がぶち上げていたようである。氏は上記(B)の主旨でTwiiterでも「つぶやいてる」

(A)の情報ソースは、その工学書であり、

(B)の情報ソースは「東大の環境解析化学の先生にも伺いました」

と言う事らしい。

「おしどりマコ」氏は「(B)を理由として(A)が工学書にかかれていた」と解釈していたフシがある。
(後半の2chのまとめ、をご覧いただきたい)

福島原発の「高レベルの放射性染水水の脱塩工程のROの処理」という観点に限定した話では、

「おしどりマコ」氏記載の、氏と東電担当者の間の問答には、嘘はないのであろうが、

この「ROではストロンチウムは除去できない」と言う言い回しを

水道水中の含まれているかもしれない薄いストロンチウムを除去する場合の話にまで、

拡大解釈すると、それは「大嘘」にばけるのである。


この問答を見たネットユーザは、

(1)やっぱり東電がストロンチウムをばらまいてわけね!
(2)ばらまかれたストロンチウムはROでは防御不能な訳ね!!

という誤った理解をしてしまい、

Q&A系のサイトで、「水道水中の放射能は~?」なんて感じの「質問」に対して

「ROではストロンチウムが除去できないことがわかっています。ROは無意味です」

とか

「だから、現状ストロンチウムが除去できるのはseldon浄水器だけです」

などと言った「大嘘回答」を、「おしどりマコ」氏のHPを情報ソースに使って、行っているわけだ。

スーパRO水しか利用できないユーザ層も存在している世間一般に対して、

こういう「大嘘」を垂れ流す行為は、上述したとおり、デマの流布と同等行為と考えるので、

氏のHPを「デマの発生源」と注意喚起している。

「おしどりマコ」氏も、ご自分が行っている活動を報告するための情報提供HPが、

このような形で、流布伝搬される事は、本意ではないだろう、と思う。

「おしどりマコ」氏におかれては、件のご自分のHPの記載情報を、

上記のような、「大嘘情報の流布」「広告の不当表示」「デマの流布」といった

悪用がなされないように、記述補強なり、表現修正などなりをして頂けたら、と切に要望するものだ。

東電担当者との問答内容は、「高レベル放射性物質汚染水処理の観点」では

事実なのであろうから、この記述自体をどうこうしろ、などと言うつもりはサラサラない。

御自身が発信している情報が、「大嘘」「悪用」「デマ流布」できないように、

記述追加して頂ければ、幸いである。

「HPの当該ページを削除する」などという短絡的な事は、既に流布されてしまっている

大嘘情報を訂正・収束させる観点では、マイナスでしかないのでそれはおやめ頂きたい、と思う。

情報ソースとして引用している、引用先の「はしご」をはずしてやってほしい訳である。

「おしどりマコ」氏のHPの情報が誤解を生まないように加筆訂正される、されないに

かかわらず、少しでも、この大嘘に騙される人々がすくなるなるよう、

このブログエントリを立ち上げた上で、流布された大嘘情報に注意喚起を行う為の

ネット書き込みを年末休みを使ってあちこちに行い、google検索で、RO ストロンチウム で

情報検索を行う様な、慎重な方々が誤解をすることがないような状況には、

何とかもっていけたのであるが・・・・

なお、俺の理解では、この「大嘘」情報の、真の発生源は、

「おしどりマコ」氏に「机上の空論」を吹き込んだ『東大の環境解析化学の先生』」である!

恐らく、この御仁は「おしどりマコ」氏以外の人々にも「机上の空論」を吹き込んでいるのに違いない。

ウイルスの1次感染者みたいなものである。

ASAPに捕縛し、「机上の空論」を否定する工学的実験データ

FILMTEC FT-30膜が低レベル放射性廃棄水を処理して種々の放射性物質を99%レベルで
除去した事を示す1990年の実験レポート
http://www.osti.gov/bridge/servlets/purl/6825310-brvWOI/6825310.pdf
(FT-30はアメリカ製の家庭用RO浄水器でも良く使われている膜素材だ)

USのEPAがWATTという家庭用RO浄水器メーカからの依頼を受けて、
各種不純物の除去率を第3者測定機関として測定した結果レポート詳細版
http://www.epa.gov/nrmrl/std/etv/pubs/600r06005.pdf

を突き付けご認識を正して頂く必要がある。

当該する『東大の環境解析化学の先生』の氏名・所属をご存知の方がいれば、
タレこみ、をお願いしたい。

さて、本来であれば、以下に、

「水道水中のストロンチウムイオンはROでこれぐらいの除去率で除去できます」

「井戸水中においても海水中のストロンチウムイオン濃度を超えない限りは
ROで除去できるでしょう」

といったことを証明するために、

英文の一次資料を引用したオタク技術解説を行うべきなのであろうが、

俺自身も震災後からのニワカおたくであるので、俺が立てた

2ch [放射能板] 逆浸透膜(RO)を放射能除去の観点から議論するスレ
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/radiation/1325140728/

にて公開議論中である。

1/1時点では、このブログのタイトルである、

『「逆浸透膜(RO)は水道中のストロンチウムを除去できない」と言う大嘘』

を否定する情報は提示されていない。

(1)福島第一原発の現場作業員の証言(RO後もストロンチウムが残っていて現場は大変的な・・)
(2)東電記者会見での東電担当者の「福島原発汚染水処理プラントの中脱塩工程」に対する発言
(3)件の東大の先生が情報ソースらしい「ROの目よりイオン半径が小さいから」という机上の空論

が提示されているが(1)(2)は「福島原発」での話であって「水道」ではない。

(3)に関しては
「ROによる海水淡水化プラントもROによる純水製造プラントも全部嘘っぱちなんです」
と主張するのと同義の「トンデモ科学」なのであるが、これが「トンデモ」である根拠情報を
俺が書き込んでいる。

この
2ch [放射能板] 逆浸透膜(RO)を放射能除去の観点から議論するスレ
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/radiation/1325140728/

を立てるまでの、2chでのやりとりは、
福島原発事故対策共同会見場だけど質問ある? 7スレ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1324458967
で行われているのでここで行われた「おしどりマコ」氏と

2chスレ上でのやりとりした記録を、まとめ転記するので、現時点では、それでご容赦いただきたい。


ここから 2chのまとめ--------------------------------------------


→ROオタク

おしどりマコ氏
→美人ロボット


-------------------------------------------------------------------------------------
181 名前:地震雷火事名無し(神奈川県) 投稿日:2011/12/27(火) 15:55:01.69 ID:HnnpIsgT0
>>162
参考、本スレ1828より。真偽は知らん。

426 :地震雷火事名無し(芋):2011/12/27(火) 13:33:24.22 ID:xCslStbc0
やぁ。お初。RO浄水研究スレから来たROオタクだ。
こっちのスレで「ROはストロンチウムには無力」が常識化しているという通報を受けてw
正確な情報を提供してやろうと出張ってきたw

吉本芸人と東電担当者の掛け合いでROがストロンチウムが無力的な
情報がネットにながれているようだが、こういう2次情報ではなくて、
1次情報をソースに語ってほしいな。

FILMTEC(ROのブランド名)とStrontiumで検索すると
「海水淡水化」に絡めて、ストロンチウムをROで除去する場合の
注意情報がテンコ盛りででてくる。
除去はできるが高濃度だとRO膜にダメージを与えてしまうからだ。
東電担当者が、ROではストロンチウムが無理だ的に語ったなら、
それは、発生源の高濃度汚染水処理の観点であろう。

で、ダダ漏れになった奴が環境中に広くばらかまれて、
そいつに対して、リスクヘッジする目的にはROは十分意味を持つ。
これの情報ソースは
ttp://www.osti.gov/bridge/servlets/purl/6825310-brvWOI/6825310.pdf
だ。これは、WH社(ここのスレなら解説不要だろ?)の関連会社の
実験レポートだ。
「低レベル放射性廃棄水」をROで処理して99%以上の除去率を出している。
この実験ではかけてる水圧が高いが、電動ポンプつきの家庭用ROなら
99%まではいかなくても93-98%は期待できる。
RO後段にDIフィルタを追加している構成なら99%除去は期待できるな。
--------------------------------------------------------------------------------------
189 名前:美人ロボット ◆4.vIwJz4Jw (茸) 投稿日:2011/12/27(火) 17:00:53.50 ID:ytu3Fxqz0
わー舞台前ですが急ぎで書いちゃう。

RO膜とSrについてですが、
放射性廃棄物の工学、液体廃棄物の処理の章を読むと
SrはRO膜処理はしません。
凝集沈殿かイオン交換除去を推奨。

東大の環境解析化学の先生にも伺いましたが
理論上は難しいとのこと。

Srイオンの大きさはRO膜の目の大きさより小さいからです。

公的データでSrがRO膜で除去できるデータは無いのではないか、とのこと。

現在ある実証データは、業者か、RO膜関係者のもので、
つまり、
「この薬を飲んだら痩せる!」
という薬を販売している会社の実証データと同じようなもの、
ということだそうです。
--------------------------------------------------------------------------------------
190 名前:地震雷火事名無し(神奈川県) 投稿日:2011/12/27(火) 17:02:28.73 ID:HnnpIsgT0
>>189
舞台に集中しろwww舞台終わってから書き込めwww
--------------------------------------------------------------------------------------
191 名前:美人ロボット ◆4.vIwJz4Jw (茸) 投稿日:2011/12/27(火) 17:22:06.76 ID:ytu3Fxqz0
>>190

今、ネタ終わりで後はエンディングとコーナーのみ!

Srイオンのイオン半径と
RO膜の目の大きさはお家に帰ってから書き込みます!
--------------------------------------------------------------------------------------
194 名前:ROオタク(芋) 投稿日:2011/12/27(火) 17:49:55.67 ID:LL9m7/4o0
何となく誘導されてやってきた>>181に張られた
書き込みをしたROオタクだ。俺も3.11以降のニワカROおたくだが、
こと逆浸透膜に関しては、日本ソースの情報は、疑ってかかるようにしている。
日本人は一般論として逆浸透膜浄水に馴染みがない。
ポンプなしの糞Cowayのトンデモ逆浸透膜浄水器に手を出してしまう人が一杯いるぐらいだ。
東大の先生が言ってる事も100%真に受けないことだ。
>>181に張られている俺が提示した情報は、公的情報だ。govつきだろ?
1990年の古い資料で紙資料をscanしたものらしく資料内容は残念ながらコピペ不可だ。
疑う奴は頑張って原文の英文みてみな。
東大の先生のチャネルがあるなら、URL提示して、これはどうみる?って確認してみてくれよ。
結論部分に低レベル汚染水に有効、高レベル汚染水にはちょっと、的にかいてある。
--------------------------------------------------------------------------------------
195 名前:ROオタク(芋) 投稿日:2011/12/27(火) 18:06:00.97 ID:LL9m7/4o0
イオン半径とRO膜の目の大きさをくらべて、
「ROではイオンはとれねぇ」論を展開するのは「机上の空論」という奴だ
この空論によればROは、Naイオン(セシウムと同族)
Caイオン、Mgイオン(ストロンチウムと同族)も除去できない理屈になる。
ところが所謂このあたりの「ミネラルのイオン」と言うものまで
ROは水道水から除去しているのが事実だ。これは信じるとか信じないとか、
情報ソースがgovつきであるとかないとか、そんなレベルの話ではなく、
数千円で売ってるTDSメータで誰でも確認できる物理的な観測事実だ。
Ca,Mg,Cl(ヨウ素と同族)の水道水に普通に含まれているこのあたりのイオン類を
除去できなければ、電気伝導度が95%も低下するわけはないからな。
現実の物理事象は「空論」には従うわけではない。

ROがイオン類を除去できる理屈については数説あるようだが、
決定打は見つかっていないようだ。理論が確立していないからと言って
イオン類を除去出来ているから水の電気伝導度が低下している、
という実際に起きてる物理事象を否定するなよw
--------------------------------------------------------------------------------------
199 名前:ROオタク(芋) 投稿日:2011/12/27(火) 18:34:02.09 ID:LL9m7/4o0
連投、アラシに扱いになると迷惑なのでこれで最後にしておく。
「嘘を嘘と見抜けないとネットを使うのは云々」
という名言があったが、極力、一次情報ソースを自分で確認する事を勧める。
特に、この震災がらみのRO云々に関しては、英文資料を自分で当たることを勧める。
否定的立場であろうが、肯定的立場であろうが。
Reverse Osmosis Strontium
の3単語でひいてみな。

福一近傍での高レベル廃棄物対策の観点で
ROはSr処理には不適と論ずるのは同意だが、
環境中に広く、薄くばらまいてしまったSrのリスク低減目的の場合に
拡大解釈するのは不同意だ。

なお、DI(イオン交換樹脂)は非常に有効なのは確かだ。RO後段に配置した
RO+DI型の6ステージモデルのRO浄水器の使用を推奨する。ROで95-98%除去したのちに
DIで99%以上の除去率にもっていくわけだ。

ttp://reverseosmosis.wiki.fc2.com/
--------------------------------------------------------------------------------------
200 名前:忍法帖【Lv=40,xxxPT】 (新疆ウイグル自治区) 投稿日:2011/12/27(火) 18:49:38.68 ID:nv4yFS9Y0
まあ、おしどりも東大ブランドにまんまと騙されたわけねwwwww
これじゃあ御用学者に文句言う筋合いもないね。

大体この手のことに関しては大学の先生なんかよりも、企業の研究者や技術者
に聞いた方が確実だし、遥かに実戦レベルが進んでる場合が多いかんね。
--------------------------------------------------------------------------------------
203 名前:ROオタク(芋) 投稿日:2011/12/27(火) 20:08:53.58 ID:LL9m7/4o0
東大先生とチャネルのある方が後でくるみたいだから、追加ネタを書き込んでおこう。
核工学系書物を調べるような勉強熱心な方みたいだしw
追加ネタは
ttp://www.epa.gov/nrmrl/std/etv/pubs/600r06005.pdf
だ。これはUSの環境省みたいな研究機関が、
USのWATTというRO浄水器メーカからの依頼を受けて、
各種不純物の除去率を測定した結果レポート詳細版だ。
測定を行っているのはメーカではなくて政府機関と言う所に注意してくれ。
上記資料みるとわかるが、セシウム、ストロンチウムイオンに関して
高除去率で除去できている結果が示されている。99%とかそんな感じだ。
最後の1ケタはうろ覚え。つっこんでくれるなw。
実験につかった試験材料は、非放射性とはかいてあるけどね。

ここからが、読み手の基本的科学知識レベルを測る踏み絵だw

(A)非放射性だろうが放射性だろうがイオンの性質は大差ないだろ?
だって最外殻の電子数は変わらんし、原子核周囲の電子数もかわらんのだから。
原子核のわずかな質量差でこの試験結果が変わるか?変わっても測定値の誤差範囲じゃね?

(B)非放射性なら、なんの意味もな~い。

ぜひ、また、東大の先生とお話する機会があったら、
「USのEPAがこんなレポートだしてるみたいなんですが、
これに対する解釈って(A)(B)のどちらが正しいのでしょうか?」
と確認してみてくれw

もし(B)のスタンスをとるべき、というお立場を示されたら、
その理論的解説をぜひ拝聴したい。

情報はGIVE&TAKE。

東大の先生のご高説が得られたたら、
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/kaden/1319600552
に書き込んでくれると感謝する。
--------------------------------------------------------------------------------------
207 名前:地震雷火事名無し(神奈川県) 投稿日:2011/12/27(火) 21:21:47.94 ID:oOJyQrxh0
おしどりが参照したのは
「原子力の教科書 放射性廃棄物の工学」長崎晋也 中山真一 共編 オーム社
だったと思う
--------------------------------------------------------------------------------------
208 名前:ROオタク(芋) 投稿日:2011/12/28(水) 02:25:04.58 ID:fr0iDz530
>>207
正直その類の書籍は俺は見た事がない。もっぱらRO関係の英文ネット情報を見てるんで。

ROに詳しくない日本人にありがちな誤解なんだが、ROというのは、
日本人が浄水器からイメージするようなフィルタではないんだよ。
フィルタをイメージしている奴らは目の細かさ論をよく持ち出す。
ここで言うフィルタは、1つの入口と1つの出口があるというイメージだ。
このイメージしかない奴がROを語ると、
目の細かさが~
取れてもフィルタにたまって危険が~
なんて事を言い出すわけだ。

ROは1つの原水入口と2つの出口(浄水と排水)がある。
入口からはいった、
(原水)水分子+その他

(浄水)水分子の1/3+その他の5%
(排水)水分子の2/3+その他の95%
に分配しているわけだ。(比率は例な)
フィルタというよりは不純物分配器だ。
排水の比率を上げるほど、原水圧力を高めるほど、
浄水への「その他」が混じる量は減るという特性がある。
で、原水より排水の方が「汚い」わけ。
浄水は圧倒的に「綺麗」だがね。
--------------------------------------------------------------------------------------
210 名前:ROオタク(芋) 投稿日:2011/12/28(水) 02:31:34.01 ID:fr0iDz530
>>208でご理解いただけただろうか?
ROは高濃度核汚染水の処理に使うようなテクノロジーではない事を。
>>207の書籍にROが否定的に記載されていても、それは当たり前だ。
処理対象汚染水より量は少なくなるとは言え、より高濃度の汚染水がでてくるわけだから。

一方、「その他」が水に対して十分少ない水道水みたいなものを原水にする場合には
最強の浄水テクノロジーだ。だからこそ、半導体工場では水道を原水にして
逆浸透膜+イオン交換樹脂
を使って、純水を製造して洗浄剤としてつかっているわけだ。

十分な水圧をかけたROは、100ppmのイオン濃度の水道原水4Lから
1ppmのイオン濃度の浄水1Lと133ppmのイオン濃度の排水3Lを生み出す。

日本水道のベクレル基準値も10bq/Kgに下方定義されたが、
仮に基準値をギリギリクリアしている水道水原水をROで処理したら
0,1bq/Kgの浄水と13.3bq/Kgの排水がでてくるわけだ。
排水はすかさず下水に流せばよい。原水より増えるのが気持ち悪いと言う奴は。

工学書を見るなら、純水製造関係の工学書だなw
--------------------------------------------------------------------------------------
211 名前:美人ロボット ◆4.vIwJz4Jw (東京都) 投稿日:2011/12/28(水) 02:48:51.40 ID:cY2GwkVz0
>>200
東大=御用と考えてるわけじゃありませんよね?
東大にもいろいろな先生がいらっしゃいますから。
私の印象では、駒場の若い先生がたはいい感じです。
ヒエラルキーがあるから自由にものを言いにくいけど
上の先生に納得いってない方々も多くいらしゃいます。
でも、ヒエラルキー無視して教授に怒鳴り込んだ先生もいらっしゃいました。

>>203
詳しく教えて頂いてありがとう存じます。
理論より実証だとは思いますが有意なデータを余り見たことがありませんでした。
なので教えて頂いたデータを拝見いたします。

確かに族が同じであれば放射性であろうが非放射性であろうが同じような挙動ですね。
だからこそセシウムとカリウム、ストロンチウムとカルシウムなど、
人体にとって紛らわしいのですし。

しかし、私はDOE(USエネルギー省)やNNSA(国家核安全保障局)のサイトもよく見るのですが、
原子力推進国、軍事核保有国らしい表現、考え方も多く見られ、
あんまりアメリカ政府のデータに全幅の信頼を置いていません。
日本の保安院ほどひどくないでしょうが…
保安院とやり取りをしているNRC(US原子力規制委員会)も
冷温停止状態の議論などいかがなものか、というものありましたし。

でも、USのEPAのサイトは見たことが無かったので
時間が取れ次第、ぜひ見させて頂きます、ありがとう存じました。
--------------------------------------------------------------------------------------
212 名前:ROオタク(芋) 投稿日:2011/12/28(水) 03:45:14.88 ID:LJMtpas60
ふむ。英文情報には抵抗がない方とお見受けした。
US政府は信用置けんは、あまりに十派ひとからげすぎると思いますがねw
ならば、おもっきりコアな非政府資料も紹介しよう。

ttps://dow-answer.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/3428/~/filmtec-membranes---filmtec's-technical-manual

これは政府機関の情報ではなく、RO膜の最大手のDOWケミカルの
「技術マニュアル群」のINDEXだ。
東大先生曰く、「RO企業の情報なぞ信じられるか!」と切り捨てるようなスタンスを
盲信する方には紹介しても無駄だかもしれんがね。
Indexのレベルでストロンチウムの単語がでてきている。
「放射能除去できます宣伝資料」ではなくて単なる「技術マニュアル」と言う所に注意してほしい。
逆浸透膜を使った浄水システムを設計するエンジニアたちが、これらの技術マニュアルを
参照して、海水淡水化装置を設計したり、家庭用・業務用浄水システムを設計したり、
廃棄水処理システムを設計したりしているわけだ。
--------------------------------------------------------------------------------------
213 名前:ROオタク(芋) 投稿日:2011/12/28(水) 03:45:59.82 ID:LJMtpas60
海水淡水化、廃棄水浄化目的のROの場合は、硫酸ストロンチウムなどの硫酸なんたらの
濃度制御が重要設計事項になっている。
「ストロンチウムイオンは除去できるが硫酸イオンが多くなりすぎるとRO膜がダメージ云々」
という感じ。イオン半径がどうたらこうたら、とかレベルの空論の話ではなく、工学的事実として
除去できることは前提となっている訳です。工学的には。非放射性ですけどw
水道水を原水にする場合、つまり純水製造目的には、このあたりは気にする必要はない。

あなたには悪意はなかったのであろうが、あなたの東電担当者との問答を
引用して、(高濃度放射性廃棄水の処理においては)「ROではストロンチウム処理できない」が
ネット上で(~)部分が抜けおちるかたちで、多重引用されて、一部の非RO浄水方式浄水器業者の
宣伝材料に悪用されている状態だ。okwave 放射能 浄水 の3単語で google検索してみてほしい。

俺が提示した資料で、ご自分の「誤認識」を「御認識」頂けたならば、デマ・ゴーグ情報の
発生源として、情報訂正もしくは補足を行っていただけたら幸いだ。
--------------------------------------------------------------------------------------

東京電力発表資料
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_111118_01-j.pdf
の数値を表計算ソフトにうちこんでみた(以下の表1)
これからROの除去率、濃縮率を計算してみた。(以下の表2)

BEAT IT !! IT業界の踊るオヤジのブログ-fukushima-ro
AD