!Querer es poder! 30代だけど女子大生奮闘記

為せば成る為さねば成らぬ何事も。社会人入試で入学し、会社員と学生という2足の草鞋を履き続けた私もとうとう卒業となりました。人間やれば出来るものです。これからはスペインでの努力と根性の大学院生活を綴っていきます。(※大学2年初頭までの記録は別URLです。)


テーマ:

自分のための覚書。


ここで書くのは日本で用意しなきゃならないもの。


①文部科学省で大学の学校証明の取得
②外務省で学校証明のアポスティル認証の取得、および卒業証明・成績証明の公印確認証明の取得
③自力で①~②(学校証明、卒業証明、成績証明)を翻訳して、スペイン大使館への翻訳認証申請および受領


文部科学省での学校証明は、申請をしてから1週間~10日くらいで郵送で届く。

外務省でのアポスティル認証、公印確認証明の取得は、申請をした翌日には受領することができる。

スペイン大使館での翻訳認証は、その時に大使館にある翻訳認証の件数によりますが、大体2週間くらい。(早ければ1週間くらい、2週間以上かかることもある。)
スペイン大使館へ翻訳認証手数料(2569×原本の枚数)と公印確認のサイン証明(1027×認証件数)が必要


業者を使うと4万弱。高ぇ・・・。(;´Д`)ノ


んじゃ、それぞれの続きはまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード