10月7日の日曜日午後3時45分頃、東京都板橋区大山のグリーンホール上空に、巨大UFOが出現しました。

午後3時から始まったトランスミッションが予定通り終了した後に、溝江淳三アジア大陸責任者が、「エロヒムはいつも私たちを見守って下さっています。あなたがもし一人または仲間内だけでUFOを見れたなら、それはあなたに気づきをもたらすためにわざわざエロヒムが意図的に見せて下さるのです」とスピーチしました。

スピーチが終わったあと、トランスミッションがどんなものかを様子見に来ていらした女性の方が帰ろうと会場の外に出たら、なんと

空に「巨大UFO」出現!!銀色の金属色で母船のようだったとのことでした。UFOだと確認した後で一瞬で消えたそうです。

他に居合わせた数人の方も同じ物体を見たので幻覚などではないはずです。
その女性はUFOを目撃したあとに、「やっぱりトランスミッションを受けたい!」って会場に駆け戻って来ました。
トランスミッションは午後3時から4時の間で受け付けており、無事にトランスミッションを受けることができました。

来場者全員でこの素晴らしい出来事をお祝いさせていただきました。


エロヒムは地球人類よりも25000年進んだ科学力を使って、地球上全ての人々の全ての言動を記録することができます。

そして、エロヒムからのメッセージに賛同し、エロヒムの地球来訪のためのラエリアン運動に協力しようとする人に対しては積極的な態度をお示しになられます。


皆様の中で、もしまだトランスミッションを受けられていない方がいらっしゃいましたら、是非次回12月13日のトランスミッション会場にお越し下さいませ。

次回のトランスミッション会場詳細はこちらです!

AD