1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-10-18 13:09:57

第43回:インプラント治療①

テーマ:ブログ
最近耳にすることが多くなった治療法、その一つがインプラント治療。
ご存知の方も、そうじゃない方も、インプラント治療をどこまでご存知でしょうか?今回は改めて、インプラント治療の意義についてお話したいと思います。


ⅰ)まず目的は、「歯を喪失してしまった所に人工の歯を作る事」です。
むし歯や歯周病(歯槽膿漏)によって抜歯された部位に人工の歯根(チタンやジルコニア)を埋め込み、失ってしまってた感覚、つまり自分の歯と同じように噛めるようにすることが目的であり、それが最大の魅力です。
ⅱ)一般的に、歯が無い所の回復として皆さん頭に浮かぶものは、「入れ歯、ブリッジ」ではないでしょうか。これらとインプラントとの大きな違いは何?それは残っている歯に負担をかけない。これが最大の違いであり、重要なことです。
「入れ歯」は、残存歯にバネをかけるため、入れ歯が適切でないとその歯に負担をかけたり、歯茎(歯槽骨)の吸収を助長してしまいます。また、かたい物が噛みづらい、取り外しがいる、審美面が良くないなどが挙げられます。
また「ブリッジ」は、取り外しの手間は無いですが、隣の歯(時には健康な歯)を大きく削らなければならないという特徴が挙げられます。
一方、「インプラント」は審美面の回復はもちろんのこと、隣在歯を削らない、残存歯に負担をかけないという最大のメリットが挙げられます。
ⅲ)ただし、注意して頂きたいのが、全ての方がインプラント治療を行えるわけではありません。
歯を失ったであろう原因を取り除けず、良い口腔内環境を自身で維持できない方、全身疾患(心疾患、肝・腎疾患、高血圧、糖尿病など)を患っていたり、コントロールできない方、歯を支えていた骨の吸収が著しい方(ただし、骨造成、自家骨移植などを行えば、可能の場合あり)。
ほんの一例ですが以上のような方は、難症例となりインプラント治療出来ない場合もあります。

次回より、数回にわけて、インプラントについてお話したいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2012-07-12 09:21:57

第42回:金属アレルギー

テーマ:ブログ

皆さん、金属アレルギーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?



アクセサリーやネックレスをして痒くなったり、赤くなったりという経験をしたという方も少なくないと思いますが、ごく稀にお口の中の金属でアレルギー症状が出る方もいらっしゃいます。

アクセサリーなどで生じる症状は、触れて直ぐに生じるものであり、接触性の皮膚炎と呼ばれるものです。

一方、お口の中の金属が原因となる場合は、直ぐに症状が出るのではなく、遅延型のアレルギー症状となります。蓄積して時間をかけて出てくる症状です。



実際どのような症状が出るのか?



お口の中に出る症状として、


口内炎、口角炎の他に舌・唇・歯ぐきなどが赤くなったり、ただれたり、痛みや痒みが出る場合や金属の味、味覚障害

などがあります。

また、全身に現れる症状として、

掌せき膿胞症(しょうせきのうほうしょう)、湿疹、かぶれ、蕁麻疹(じんましん)、扁平苔癬(へんぺいたいせん)、アトピー性皮膚炎、シミ、しわ、肌荒れなどの皮膚症状、肩こり、頭痛、ひざの痛み、腰痛、全身の痛み、立ちくらみなどの不定愁訴、自律神経失調、物忘れ、憂鬱、神経症状などの精神的な症状、ホルモンバランスの乱れによる老化促進、免疫力の低下、疲れの原因


になったりもします。





実際、銀歯でアルミ箔をかんだ、スプーンやフォークをかんだ時に、キーンとした不快な感覚が生じたことがある方もいると思いますが、この現象は電気が走って生じる症状です。通称「ガルバニー電流」と呼ばれます。銀歯、様々な種類の合金が一般的には使用されています。異なった金属が口の中にあると、唾液が電解質となって電位差が生じイオン化することで電流が生じます。つまり金属が溶け出していと言えます。この溶け出しがアレルギーの原因なのです。



対処法は、皮膚のパッチテストなどを行い、アレルギーの原因を同定し、その金属を除去することです。某国立歯科大アレルギー外来の報告によると、除去2年経過で約6割の方に改善が見られました。100パーセント治るとは言えないが時間をかけて改善するという難しい治療です


当クリニックでも歯科で用いられる金属の約10種類、パッチテストを行えます。


気になる方は是非お問い合わせ下さい。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-26 21:26:39

第41回:笑顔

テーマ:ブログ

久々の更新ですあせる


今回はM県からわざわざ来て頂いている患者様のお子さんとのツーショットにこ音譜



みちのく政宗-山形診療所 院長ブログ

最初きた時は恥ずかしがっていたのに、今では仲良しぺこ上げ上げ隠し撮りもされちゃってました(笑)キランっ

Yさん&Aちゃん、いつも遠くから来て頂き、ありがとうございますにこあげ

それと、この画像を送って頂き、本当にありがとうございました!!

これからも、マサムネ君を宜しくねべーっだ!音符


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。