―正宗の名刀は再現できる―

自身を「スーパーメーカー」と称する鋼の研究者、古屋道正です。
世界に3人しかいないダマスカス鋼の再現者の一人です。
鉄・鋼に対するあくなき探究心を、ブログに少しずつ書き記していきます。名刀細川正宗は再現することができることを知っていただけることでしょう。

無銘正宗


正宗(まさむね、生没年不詳)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期に相模国鎌倉で活動した刀工。

五郎入道正宗、岡崎正宗、岡崎五郎入道とも称され、日本刀剣史上もっとも著名な刀工の一人。「相州伝」と称される作風を確立し、多くの弟子を育成した。

正宗の人物およびその作った刀についてはさまざまな逸話や伝説が残され、講談などでも取り上げられている。

「正宗」の名は日本刀の代名詞ともなっており、その作風は後世の刀工に多大な影響を与えた。

織田信長や豊臣秀吉に仕えた安土桃山時代の茶人・津田宗及の『宗及他会記』の天正8年(1580年)3月22日の記録に正宗が登場する。信長の前で脇指14腰、御腰物8腰が振る舞われたとある。茶事に信長を客として招き、当時の名刀を並べたのである。

Wikipediaより引用

テーマ:
古代製鉄は、2種類の系譜がある。


第一はいわずと知れたタタラ製鉄で一期的に道具の原料の鋼までつくるやり方である。


中国揚子江付近はこの系譜の製鉄から始まって長く続いた。河北地方の二期的製鉄法と併存することが長かったが炒鋼法と呼ばれるこの二期的製鉄法にだんだんとって代わられたようである。



直接法の欠点はノロをかんでいて汚いため加熱と鍛打を繰り返すことで清浄な鋼に変えていく大きな手間がかかることである。



炒鋼法はまず銑鉄をつくり、ノロ分を上に比重差で浮かせて非金属介在物の非常に少ない状態にする。



そのあと空気中で熱を加えて溶解して酸化で炭素分を下げ練鉄を得る。


鋼にする場合は酸化程度を減らせばよい。


二期的である手間がかかるが、遥かに清浄な鋼を得ることができる。


この方法が鎌倉時代までの名刀の原料鋼を作り出していたという説がある。



もうひとつは練鉄の小片多数と銑鉄を混ぜて坩堝でいっきに溶かして平均炭素料が鋼と同じものをつくる方法である。これは戦前まで満州の鍛冶作業の基本だった。



古代製鉄の二期的方法には二種類あったことになる。



後者の方法は割りと簡単に火炉と坩堝があればできる。今はこの方法で古代製鉄再現を試みている。まだうまくいかないが、、、。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。