くちづけ【映画】

テーマ:
観てきましたよ~映画「くちづけ」

$駄目袋-くちづけ

知的障害者の自立支援のためのグループホームでのお話。
元々舞台作品で、本当に素晴らしい作品でした。
映画になったらどうなんだろうと、ちょびっと心配な気持ちもありました。

良い映画だった~!

私も含め、観てるお客さん、何度も笑ったり、すすり泣きしたり…
終った後の場内はシーンとしてました。
噛みしめるというか、あれ観た後はなんか喋れないよね…


舞台のキャストも良かったけど、映画も良かったなあ。

マコちゃん(貫地谷しほり)可愛かった~。
下手なグッバイ マイ ラブも愛らしい(^O^)

うーやん(宅間孝行)は、相変わらずマイペースで爆発してて面白い!
反面、その繊細で愛情深い部分を、今回強く感じました。

いっぽん(竹中直人)の想いはいかばかりか…


パンフレットにもありましたが、結局の所この映画が描いている事は「人類のテーマ」なのかもしれません。
障害があるとかないとかじゃなくてね。


映画なので、舞台より気軽に、全国で観られます。
たくさんの人に観てもらいたい作品です。



AD

Rob Legato 「感動的な映像の作り方」

テーマ:
なんだか近頃よく聞く、プレゼンイベント「TEDカンファレンス」。
そのプレゼンをEテレで放送してるのですね。

Rob Legato 「感動的な映像の作り方」

面白かった!
映像撮る人ってすごい ((>д<))


ジュラシックパークで「恐竜!生きてる!!CGってすごいなあ」って、当時衝撃を受けました。
それ以降も技術は日進月歩。
よくよく考えたらありえないカメラワークなのに、あまり考えずに、自然なものとして受け入れてました。
こうやって裏を観るとすごさがわかりますね。

20世紀初期のトリックも、裏を見てみないと想像もできないもんだなあ。
映像で現実らしく見せるテクニックって面白い。



そしてプレゼンも楽しい~!

たくさんの人を前にして喋るなんて、私には最も苦手な分野…
こう言う風に、人が聞きたいなって思える話ができる人は尊敬します。
AD
志の吉さんの「しめせ!」独演会へ行ってきました~。
今回は第三回目のビジネス編(商売)。

煙ありの、リポDのCMありの、スーツの志の吉さん登場!などなどで盛りだくさん。
今回もたくさん笑いました。


$駄目袋-しめせ!手ぬぐい

今年のスペシャル「しめせ!手ぬぐい」。
グッときちゃって買っちゃいました。

今回スーツの営業マン志の吉さんがセールストーク(笑)
スーツの志の吉さんレアですよね。
新宿のオフィス街に馴染みすぎる佇まい!
ご本人もスーツだと普通の人って言ってました( ´艸`)

上司だったらどんな感じかなと想像してしまった。
なんかあちこちから仕事頼まれて、いっぱい抱えつつ、楽しく残業してそうだなあ。
もちろんリポD飲みながらグッド!


$駄目袋-しめせ!ビジネス編


メラメラ火焔太鼓
かなり辛辣なおかみさん。
甚兵衛さんに「バカ!バカが荷を背負った!バカが歩いた!」と畳み掛ける所は、気の毒と思いながらも爆笑!
今まで二人のやりとりばかり注目してたけど、お侍と甚兵衛さんのやり取りも良いな。
甚兵衛さんがテンパってオカシクなっても、あくまでもクールなお侍さん。
なんだかシュールで面白い。


トークコーナで、この噺に関する当時の通貨の説明がありました。
三百両ってきいても、多分すごいんだろうと思ってもピンときてなかったけど、現代の通貨で聞くとリアルでした。
「二万五千円で仕入れた~?大金だよ!わかってんの?そんなもん25円にもなりゃしないよっ!」
わかりやすい!!!ガッテン(^O^)/
でも奥さん、言い過ぎだよ(笑)



テレビ土地小咄・千代田区
キンシオからの一席。
キンさんが「それには色々理由があって…」って言ったところでVTRが切り替わっちゃって、気になりすぎ(笑)



グーリポビタンD小咄
志の吉土地小咄スタイル。
まさかの隠居ペディアによるリポD CM!
隠居ペディアがおせーてやろう!でホントにCMやっちゃえば良いのに~。



むっ五人廻し
「お見立て」の喜瀬川さんはあまり好きなタイプじゃなかったけど…
悪い女過ぎて見直しちゃった(笑)
ちょびっと見習わないといけないわ(^ε^)♪

次々出てくるいろんなお客が楽しかった~。
個性的なイライラをたくさん観れました。
お客さん気の毒です(笑)
マネージャーのような役目の若い衆が1番気の毒か…(笑)




そう言えば、先日志の輔さんがフェスティバルホールをプッシュしていて、とっても行ってみたくなりましたが、志の吉さんの大須演芸場話をきいてこちらにも興味津々。
こっちは怖いもの見たさ?
いやー、でもお客が自分1人だったら…ツライ(笑)




あー、今回も楽しかった!

「しめしてガッテン!」か「しめせ!2」に続くのか…
この会楽しいから「しめせ!2」に続くのも良いな(笑)
いやいや、きっと会場で見てた人みんな、ガッテン!待ってますよ。
AD

巣鴨四丁目落語会

テーマ:
久々の巣鴨四丁目落語会へ行ってきました~。

先週は志の春さん。今回は志の輔さん。明日は志の吉さん。
今月は固め打ちです(^_^;)


$駄目袋-巣鴨四丁目落語会


志の太郎 「メラメラ強情灸」

志の太郎さん聴きやすくて良い感じです。
もしかして前より上手くなってるかも~と思いました。

こういうのが粋でいなせな江戸っ子なのか。
熱いのは苦手なので、このお話の人たちの我慢比べにはついていけないなあ~。
私は怒られても水で埋めちゃう(^▽^;)


志の輔 「がま口財布はんどたおる」

これ前から聴きたかった~。うれしい!

これは新作ですが、志の輔さんこういうネタどこから拾ってくるのでしょう?
なんであんなに女性の心理わかるのでしょう?
「合計がピッタリ三千円よ。ビックリでしょ!すごいでしょ!!」って力説する奥さん。
「はあ?」っていう旦那さんの気持ちもわかるけど、私もどっちかと言うと「そりゃすごい!なかなかピッタリにはならないもん」と思っちゃうのよね(笑)


志の輔・チー坊 「星鐵あれこれ」

チー坊さんの展覧会があるから、本当はお休みにしたかった5月にこの会を開催したとか。
作品を拝見しましたが、星の飾りのついたケーキスタンドが、とっても可愛かった~。
お金があればお持ち帰りしたかった…
とりあえず一度ゆるカフェで鉄板料理を食べてみたいです。


松永鉄九郎 「音譜長唄三味線」

鉄九郎さんいつもニコニコ楽しそうなので、聴き慣れない三味線も楽しく聴けちゃいます。
しかも曲が多摩川でした。
私は川と言えば地元の多摩川なもんで、なんかうれしくなっちゃいました。

前に「川と言えば何川?」という話をした事がありました。
それぞれ地元のいろんな川の名前が出る中、帰国子女の子が「ハドソン・リバー」と発言。
みんなで「この外国かぶれめ!」とやいのやいの責め立てた記憶があります(もちろん冗談ですよ 笑)


志の輔 「時計五貫裁き」

弱いものは助けられ、ずるいものは懲らしめられ、正直者は救われ、おバカはおバカなりに毎日楽しく過ごす、そんな落語の世界で繰り広げられるこのお噺。

大家さんが相当な知恵ものだなあ。頼りになる~!
訳わからん大家さんの指示に爆笑してるうちに、あれよあれよと素晴らしい展開に!

最後はみんないい人になっちゃうけど、最後の最後はあまりハッピーエンドではありませんでした。
だけど何でしょう、このすっきり感。
なんかそう言うものかもしれないなと、納得させられてしまったようです。




まくらではこけら落とししたばかりの、大阪フェスティバルホールのお話など。
天井から拍手が振ってくるような、素晴らしい音響のホールだそうです。
あれだけ熱く絶賛&プッシュされると、行ってみたくなっちゃうなあ。
何か観たいのがやってたら、頑張って遠征しちゃおうかしら。


今回も楽しかった!
チケット頑張ってとって、志の輔さんまた聴きに行こう!
「グリーンコンサート2013 バラライカの響き~ばららいかるてっと」を聴きに行ってきました。

$駄目袋-バラライカの響き

このチラシを見かけて「バラライカって何?」って興味を持ち、近いので行ってみる事に。

出てきてまず思ったのが

三角!!!

まるでおにぎりです。

しかもコントラバス バラライカの大きい事!
大きいおにぎり!
北川翔さんの使う普通のものの10倍くらいありました。
日本にコントラバス バラライカがあまりない理由は、大きすぎて飛行機で運べないからだそうです。

ご参考↓
TBE-東京バラライカアンサンブル バラライカの歴史

バラライカは弦が3本で、内2本は同じ音になってるそうです。
右手の指で弾いて演奏するので、なんとなくオルゴールのような優しい音でした。

コントラバス バラライカは工事のワイヤーのような弦だそうで、痛いから左手には軍手、右手には革製のピックを持ち演奏するとの事。
リズム隊でボンボン鳴らしてました。



演奏した曲は「カリンカ」や「ポールシカ・ポーレ」などロシア民謡中心。
途中ジャズっぽくなったりして面白かった。
でも全体的に、バラライカの震えるささやき声のような音色もあって、うら寂しい曲調のが多かったかな。

「グロテスクと瞑想」と言う曲は、曲名から受ける印象と違って、なんだか元気で楽しかったです。ウォッカで酔っぱらっちゃった感じでしょうか(笑)

アンコールは「恋のバカンス」。
ロシアでもヒット曲で、ずっと自国(ロシア)の曲と信じて疑わず、最近日本の曲と知られて来たそうですよ。