真・三国無双  やりました。
別にお目当てで行ったわけではなく、ひさびさなのでどんな台があるのかも知らないので、とりあえず店に入って一番先に目に付いた「新台」のプレートに近づいたら、画がとてもキレイだったのですわりましたね。
パチンコは座っている間中「画面を見てるだけ」だから、画がキレイじゃないとやっぱりつまらないでしょう。
テレビゲームをほとんどやらないので知らなかったんですが、KOEIのゲームをパチンコにしたとか。
なるほど、このキャラデザインはKOEIなのかあ……

感想
劉備がハンサム過ぎです。

ゲームはやらないけどマンガは読むので… 最近読んだ三国志マンガといったら「蒼天航路」だったりするわけで、劉備大好きだけど、どうみてもスケベで食わせ物のオヤジだもんですから。
イメージのギャップが。

孔明は激しく男前でもOKなのですが、劉備はあまり男前ではなく「見た目パっとしないのに、よくよくつきあうととても魅力のある漢」であって欲しいのでした。


釣果は、座って15分で突然確変がきて、そこから8連チャン。ホクホクして帰ってきました。
パチンコで勝った時は、しばらくはパチンコ屋に寄らないのが私の負けないコツです。
勝ってすぐに行くと「昨日勝ったから今日は負けてもいいや」とたくさんつっこみ過ぎちゃうので。
AD
復帰記念で、トラックバックテーマに挑戦してみたり。

日常生活を円滑に送る上で相互に期待される地域社会のルール、でしょうか<常識
あくまでローカルですから、よその社会の人には通じません。
よく、若い人には常識がないと嘆く大人がいますが、若い人には若い人の常識があります。
ないのはむしろ……自分とは違う常識に生きている人への配慮の心、でしょう。
それはまあ、お互い様のことではありますが。

小学校の道徳の教科書に(いまでは、道徳という授業がないそうですが)、外国からの客人のためにフィンガーボールの水を飲む夕食会の話しがのってました。
食事が一通り進んで、デザートの運ばれるタイミングになり、テーブルにフィンガーボールが運ばれてくる。
フィンガーボールというのは、手指を洗うための水の入った小さな器です。
でも、外国からのお客さんはそれをしらずに、その水を飲んでしまう。(お客さんだから、先に出されたんでしょうね)
同席していた人たちはびっくり。でも、その家の主人はあわてずさわがず、自分も同様にその水を飲むのでした、というお話です。
フィンガーボールの水は指を洗うためのもの、という常識よりも、それを知らずに水を飲んでしまったお客さんに決まりの悪い思いをさせない配慮の方が大事だね、という話しでした。



しかして、あとあとの事を考えたら、その外人さんに、本当のことを教えてあげる方が親切、という考え方もあるんですが…

常識って何なのでしょう?
AD

休眠打破

テーマ:
ながらく。
ご無沙汰しておりました。

引っ越しが予定より長引いたり、フレッツ光の回線工事を1ヶ月半も待たされたり、やっと開通したと思ったらPCが故障してOSとハードディスクを新しく買い直したり、自転車で転んでケガしたり(痛かったけど直りました)、家族がケガで入院したり(無事に快復してます)……
しているうちに、ほうっておいたブログに顔をだしづらくなってしまい、「これじゃ『ホントに三日坊主だったんだね』って思われてるよ、きっと!!」と思ったらますます再開しにくくなってしまって、放置してました。(だからそれは本当に三日坊主…)

で。このまましばらくほっておいてほとぼりがさめた頃に削除しようとか、無責任でいい加減なことなど考えていたのですが。
今日、事務所のすぐ近くのサクラに狂い咲きの花がついているのにきづいて、考え直しました。
「休眠打破」という言葉を思い出したからです。
「眠眠打破」という眠気覚まし飲料がありますけど、あれとは違います(笑)

花の狂い咲きには、気温が関係してます。
サクラにかぎらないのですが、春に咲く木の花は、夏に実を落としたらすぐに次の花の準備をします。準備だけです。そのまま夏や秋に咲いたりはしません。目覚まし時計をかけて、休眠状態に入ります。
サクラの花を咲かせる目覚ましは、時間ではありません。温度です。
春になって暖かくなったら咲くと思っていたら、それもちょっとちがいます。
秋冬の冷え込みこそが、目覚まし時計です。低温が眠っている花芽をさますのです。
これを、「休眠打破」といいます。
秋が来て冬が来て、冷え込むことで、花芽は休眠状態から覚め、暖かくなったら花を咲かせる準備をするわけです。

というような、昔ちょっと覚えたことを狂い咲きのサクラをみながら思い出して、で、ずっと休眠していたこのブログも目を覚まそうかな、と思ったわけです。


ご心配、していただいた方にはもうしわけありません。
いろいろありましたがおおむね元気に楽しくやっています。
これからも、ときどきお休みしたりしながら、気ままなマイペースに、プログをつづけていこうと思います。

AD

UD

テーマ:
日本人の半分がガンで死ぬことを考えたら
これは人助けではなくて自分のためなのかもと思う

ガンの研究は、いろいろされてます。
遺伝子治療とかも私は興味あるのですが、やはり現状では外科手術と抗ガン剤と放射線治療がメインなのかな…?
専門家でもないし、ちゃんと勉強したわけでもない立場なのですが、なんにも分かってなくともちょっとでもお役に立てば。

っていうか、結果として何の役にも立たなくてもいいんです。
私がメール読んだり、ネトゲしたりしている裏でUDがCPUを使っていることは、ほとんどコストがかかっていないことなわけだから、コスト対効果を考えなくてもいいでしょう。
コストがかからない状態で、やれば役に立つかもしれない、役に立たないかもしれない、でもともかく害にはならない、ことがあるんだから、やればいいのです。ダメもとで。

UDはじめて、1年半くらいです。このあいだ、15万ポイントを超しました。
ああ、それでもやっぱり、この15万ポイントが、ほんのちょっとでもいいから何らかの成果につながることを祈るばかりではあります。

WHA(世界偽善者協会)本部

偽善者って、ヤな言葉。
でも、ネットでは時々目にします… 某匿名掲示板とかで(UD@Team2chにリンク貼っているのにこんなところで伏せても意味ないような)
時には誰かの役に立ちたいな、たまにはちょっといいことしたいなっていう気持ちは、誰でもあると思う。
それは、たまに誰かに意地悪したくなったり、無性に悪態つきたくなったりするのと同じに、自然な感情のながれじゃないでしょうか。
別に自分を善良なる市民だなんて、思ってないし。どうせ出来ることだってたかがしれてます。
でもちょっとその気になっていいことしてみたら、偽善者、なんて言われたりしたら、やっぱり気持ちよくない。
出る杭は打たれる社会で、自分一人だけいい子、を許されない気がする。
だから、なかなかいいことをするのも勇気がいる。
……?
そんなバカな。

たしかに私が出来ることはほんのちょっとの影響も世界に与えないくらいのごくごく些細なことで。
ムダって言われるのは仕方ないし、偽善って言われてもべつにいいけど、でもその言葉たちに脚を取られて、なにかを出来ないのはイヤです。
だから、開き直って最初から、私は偽善者ですよ、と言うことで「偽善者と呼ばれちゃうことを怖がらない」ようにする。
そんな発想の転換をしてみましょう、という呼びかけです。(と思います。)

お仲間になりたいです。

wha   バナーは勝手につくらせてもらっちゃいました。

CSSをいじってみた

テーマ:
スキンのグレーとサヴァービアを適当に混ぜてみました。
かなり行き当たりばったりに、ここを変えるとどうなるのかなー、あれ、ヘンになっちゃった、やり直し、の繰り返しです。
背景画像を入れたかったんだけど、なんだか上手くいかない。

まあ、しばらく試行錯誤
自分の三日坊主の記憶は小学校2年生にさかのぼります。
とてもおませな女の子でした。

2年生のみけにはクラスに好きな男の子がいました。
なんでその子を好きになったのかはよく覚えてないんだけど、たぶん、その子がかしこかったからです。
先生がちょっと難しい問題を出すと、それに答えられるのはヒデキくんとみけの二人だけになるんでした。
運動はからきしだけど、勉強はちょっと得意だったんですね。

で、まあきっかけは忘れたけど「ヒデキくん好き~♪」と思ったみけは、学校でヒデキくんにべったりひっついて歩いたんです。
テレビアニメに出てくる、ヒロインのあこがれの男の子につきまとう、ちょっと意地悪だけど恋には一途なクラスメイトの女の子みたいな感じです。
たぶん迷惑だったと思うんだけど、ヒデキくんはちょっとあきらめたような悟ったような顔で、「どうせ三日坊主だろ」って言いました。
そして、ヒデキくんの予見通り、みけはヒデキくんにつきまとうのに三日で飽きました。だって、他の女の子と遊んだりもしたいわけだし。
でも、ヒデキ君のことを好きじゃなくなったわけじゃなくて。
三日で飽きて止める、ってことをちゃんと当てちゃったヒデキくんのことは、ますます好きになっちゃったのでした。

これがみけが「三日坊主」という自分の性格と向き合うことになった最初の出来事です。

それからかれこれうん十年、自分の三日坊主とつきあってきました。
ですからまあ、ブログやっても長続きしないかもしれないんですがー
やってみたいことにはなんでもチャレンジする、好奇心旺盛なのはいいことだ。と、いつものいいわけをつぶやきつつ。
ご縁がありましたらどうぞよろしく。