ずいぶん前のドラマで江口が叫んでいたせりふ……だったかな

私はプロ野球にはあんまり興味はありません。
高校野球は、多少好きです。去年の夏、今年の春に大活躍していた長崎の清峰高校は、判官贔屓、っていうとちょっと違うかな、小兵好きな日本人の一人として、心密かに応援してました。
でも、プロ野球のおもしろさは、今ひとつわからない。きっと、ずっと見ていれば面白いんでしょうか、子供の頃からテレビアニメ大好きで育った世代としては、プロ野球というのは「大好きなアニメ番組をつぶすにくい敵」だったわけで、イヤなイメージが先行しちゃうんですね。
それでも、昨年地元にチームが来ましたので、応援するまではいかなくとも、勝った負けたくらいは気にしています。
なかなか勝てないですねえ、楽天。
ファンでない私より、応援しているファンの方が落胆は大きいだろうし、直接関わっている人はもっと、だとは思うんですが。
それにしても。
夕べの野村監督の談話は、ちょっと心ないと思ったわけです。

【楽天】野村監督「こんなにひどいとは」

こんなにひどいとは、という他人行儀な言葉の冷たさ
自分が引き受けたチームの実力をちゃんと把握していない、監督としてのいいかげんさ

ひょっとすると彼なりの、チームを奮起させるべく発した身内ゆえの発言なのかもしれないけれど
どうにも「チームが悪い、オレのせいじゃない」的な責任逃れを感じてしまいます。

まあ、マスコミが伝えた言葉は彼の発言のごく一部でしかないのだろうし
本当はもっと違う意味の言葉だったのかもしれないけれど
そこに愛はあったのか、いえぜひとも、愛のある発言であって欲しいと願うところです。
AD

コメント(5)