はじめまして!ホメオパシー・レメディスクール.comの石井睦子です。
このブログではホメオパシーのレメディ選択が楽になるよう
レメディ達を紹介していきたいと思ってます。
弊社の日常も紹介するので、どうぞお付き合いくださいね!

アメンバー申請に関しては
  • ホメオパシー・レメディスクール.comの会員様
  • 私のクライアントさん
  • 実際にお会いしたことのある方
のみとさせていただきます。どうぞ、よろしくお願いします♪
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-21 14:02:16

花粉症の時期を乗り越えるためのホメオパシー

テーマ:ブログ

こんにちは。

ホメオパシー・レメディスクール 学生相談担当の高郁美です。

 

3月は花粉症でお悩みの方が多いですが、皆さんはいかがですか?

 

今日は花粉症を軽減するためのレメディをご紹介しますね。

 

その前にまず、レメディの作用をより感じるために日常生活での気を付け方と花粉症に対する考え方について書いてみます。

 

日常生活を整えると、レメディなしでも花粉症が改善することはありますよ。

 

・夜更かしせずに早く寝て睡眠をしっかりとる

・バランスの良い食事をする

・暴飲暴食をしない

・甘い物、アルコールなどは摂りすぎない

 

これは前回の記事のインフルエンザの予防にも書いたことです。

 

結局はレメディをいくら摂ってもこれらを気をつけなければ、レメディがもったいないとことになってしまいます。

 

私はホメオパシーを初めて5年ほどになりますが、最近本当にこのことを実感することが多いです。

 

春は東洋医学でいう肝臓の季節です。春は地球の地場が上がり、身体の中のいらないものを排出しようとする力が高まる時期なのですね。

 

この1年でたくさん溜めてきた老廃物を地球の力、花粉の力を借りて排出しようとしてくれます。だからまず、花粉を悪者にしない考え方はとても大切なんです。花粉を悪者にしようとすればするほど、自分自身にアタックしてくることになります。

 

春はポカポカと暖かくて気持ちがいいな~。

 

花が咲いて、花粉が飛び、また新しい生命を産む始まりとなる。

 

私たち日本人も同じですね。3月4月、入園や入学、新社会人、会社の転勤、部署異動など新しい環境にうつる人も多いのではないでしょうか。

 

これまでの考え方、生き方を一掃し、新しい環境に身を置く時期です。

 

花粉症でとてもつらい方もみえるかもしれませんが、この一年はどうだったのかな、

 

生活環境はどうだったのかな、いらない考え方をいつまでも持っていないかな、など見直す時期かもしれません。

 

レメディーで花粉症を軽くしようと考えた場合、2月末、3月頃の花粉症の症状が吹き出している時のギリギリの対応では少し難しいです。

 

できれば、9月10月頃から始めた方が3月の花粉症が軽くすみます。

 

そうは言って今がつらい。そんなときのお勧めのレメディをご紹介します。

 

粒のレメディのKシリーズ 

・K-Sugi 杉花粉

・Kafu(All-c./Euphr.他)・・・アリウム・シーパー(玉葱のレメディ)

                ユーファラジア

・Ts-18(Kaf)・・・Nat-m(ネイチュミア)

           Mag-p(マグ・フォス)

 

 

臓器の調子を整えるために、サポートマザーチンクチャーや、サポートレメディを日頃から摂ることもお勧めです。

 

・サポートチンクチャー K、または サポートレメディ Kan(解毒の促進をサポートする)

・サポートチンクチャー Choまたは、サポートレメディ Cho(腸の調子を整え、免疫力を上げる)d

・サポートチンクチャー Hiz、またはサポートレメディ Hiz(脾臓をサポートし、免疫力を上げる)

・サポートチンクチャー Hai、またはサポートレメディ Hai(肺をサポートする)

 

 

その他も臓器サポートも素晴らしいものがたくさんあります。

どの臓器サポートが今必要か分からない方や、飲み方が分からない方はお気軽にご質問下さいね。

 

皆さんの花粉症が少しでも軽減しますように♡

 

学生相談も随時募集中です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-29 11:24:08

インフルエンザのホメオパシー的予防

テーマ:ホメオパシー

こんにちは。

ホメオパシー・レメディスクール 学生相談担当の高郁美です。

 

前回は風邪の時の簡単な対処法について書きました。

 

今日は冬になると毎年流行るインフルエンザの予防法についてです。

 

インフルエンザが流行ってきそうな時期に下記のレメディを夜寝る前に3日間続けます。

 

Influenzinum 200C 1粒

Oscillococcinum 200C 5分後に1粒  

 

また、Eupatrium-o-perf. 200C もお勧めです。

 (書籍 『ホメオパシー的予防』 より)

 

上記のようなレメディも大切ですが、それ以上に大切なことは日常の生活を整えることです。

 

・夜更かしせずに早く寝て睡眠をしっかりとる

・バランスの良い食事をする

・暴飲暴食をしない

・甘い物、アルコールなどは摂りすぎない

 

など、臓器を痛めつけないようなことはとても大切です。

 

臓器の調子を整えるために、サポートマザーチンクチャーや、サポートレメディを日頃から摂ることもお勧めです。

 

・サポートチンクチャー Choまたは、サポートレメディ Cho(腸の調子を整え、免疫力を上げる)d

・サポートチンクチャー Hiz、またはサポートレメディ Hiz(脾臓をサポートし、免疫力を上げる)

・サポートチンクチャー Hai、またはサポートレメディ Hai(肺をサポートする)

・サポートチンクチャー Jin、または サポートレメディ J(腎臓をサポートする) 

 

その他も臓器サポートも素晴らしいものがたくさんありますが、どの臓器サポートが今必要か分からない方や、飲み方が分からない方はお気軽にご質問下さいね。

 

学生相談も随時募集中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-20 09:11:27

不満と怒り (ベイリーフラワーエッセンス C-1.Anger&Frustration)

テーマ:ベイリーフラワーエッセンス

こんにちは。ホメオパシー・レメディスクール 学生相談担当の高郁美です。

 

今日は前回に引き続き、ベイリーフラワーエッセンスについてのご紹介をします。

 

今日はC-1 Anger&Frustration(不満と怒り)について。

 

このフラワーエッセンスには3種類がブレンドされています。

ファイアーソーン、ホリー・リーフ、レッドポピー。

 

自分では気づかない部分の心の奥深くに眠るエネルギーのバランスをとってくれます。

 

エネルギーは多すぎると破壊的になり、少なすぎると不活発になります。破壊的になると、怒りを外に爆発させたりメラメラ、反対に、自分の内側に向けたりしてしまうことがあります。

 

そのような感情のバランスをとってくれるのが、このフラワーエッセンスです。

 

 

黄色い花このような人にお勧め黄色い花

・理不尽なことで怒られて気持ちの行き場がない方

・日常の様々な出来事でストレス、フラストレーションが溜まっている方

・怒りが溜まって爆発しそうになる方

・子育ての中で子供にイライラしてしまう方

・怒りを抑え込んでしまい、自分の内にこもってしまう方

・小さい頃に怒りを抑えこんでしまった方

 

ぜひ、どうしようもないような怒りの感情がわき起こったり、自分ではどうしようもないような、気持ちの行き場がないような気持ちになったりしたら、このフラワーエッセンスをとってみて下さいね!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。