2011年10月18日(火) 22時06分49秒

三井住友ETCカードの年会費変更

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 2011年11月の情報誌「VISA」から。


 2011年4月以降の支払い分から,1年間にETC利用の請求が1回以上の会員は,2012年4月以降も年会費は無料になりますが,1年間にETC利用の請求が0回の会員は,当年の年会費525円がかかるとのこと。


 詳細は,三井住友カードのウェブサイトにもあります↓


https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo8090334.jsp


 我が家は,現在,私と家内の普通車が2台ありますが,ETCカードは年会費無料とのこともあって,結構,作っていたりします。


 三井住友カードも持っているので,三井住友ETCカードも保有していますが,三井住友ETCカードを含め,メインのETCカード(JCB ETC)とサブのETCカード(UC ETC)を除いて,すべて解約した方がよさそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年09月27日(月) 18時46分41秒

最上位カード「三井住友VISAプラチナカード」を刷新し,パルテノンVISAプラチナカード登場

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 9月27日のニュースリリースになります。


http://www.smbc-card.com/mem/company/news/news0000780.jsp


 以下,三井住友カードのWeb Siteから,


 三井住友カード株式会社(本社:東京都港区,社長:月原 紘一,以下:三井住友カード)では,カード会員増強策の一つとして,今秋よりプレミアムカード事業の強化を図ります。

 その一環として,最上位カード「三井住友VISAプラチナカード」を刷新し,新サービスを搭載するとともに,カードデザインをリニューアルいたします。

 新カードは,2010年10月1日(金)より新規募集を開始いたします。


 とのこと。


 テコ入れ内容は,

1 国内有名ホテル・旅館をアップグレードして利用できる「プラチナホテルズ」(新サービス)

(1)アップグレードホテルズ

  国内約30の有名ホテル・約10の旅館を優待料金でご利用頂ける上に、お部屋もしくはお食事等を無料でアップグレードいたします。

(2)スペシャルプライスホテルズ

  国内約20のホテルのスイートルームを50%OFFでご利用いただけます。

2 一流レストランのグルメサービス「プラチナグルメクーポン」(新サービス)

  東京・大阪を中心に約70軒の国内一流レストランで2名様以上のコース料理をご利用頂いた場合,プラチナ会員の方1名様分が無料になるクーポンを差し上げます。


3 新券面の採用
  高級感のあるつや消しブラックを基調とし,三井住友カードのプロパーカードデザインの共通シンボルである「パルテノン神殿」をあしらった新デザインに刷新します。

 ステータスとロイヤリティーを兼ね備えた,最上位カードに相応しい洗練されたデザインとなっております。デザインは2種類からご選択いただけます。
 2種類の新デザインには,三井住友カードで初となる新Visaロゴを採用しました。さらに,新デザインのうち「BLACK×PLATINUM」のカードには,従来に比べ経年劣化が目立ちにくい加工を施すとともに,デザインとの統一感を出すためシルバー色のICチップを搭載いたしました。いずれも,三井住友カードとして初の採用となります。


 券面 BLACK×PLATINUM

クレジットカードミシュラン・ブログ-SMC VISA-Pt 黒×白金


 券面 BLACK×GOLD


クレジットカードミシュラン・ブログ-SMC VISA-Pt 黒×金


 など。


 追加されたサービスは,JCB THE CLASSに似たような感じもしますが,地方在住の私にとっては,あまり魅力を感じませんね。


 いっそのこと,三井住友VISA Infiniteを発行し,ANA-SFC又はJAL-JGC付帯とか各FSPの上級会員の付帯等の他社にないサービスがあれば,修行する人も出るのでないかと思ったりしますが。。。


 宝塚とかUSJ好きな人(そういえば,USJのラウンジの記載がないが,継続されているのでしょうね。)にとっては,いいカードなのでしょうけどね。


 券面変更は,個人的にはNGです。Asia-Pacific VISA Platinumの共通券面の方がましなような気もしますが,パルテノンが好きな方にとっては悪くないかも。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年09月22日(水) 06時31分08秒

アメリカン・エキスプレス,アメリカン・エキスプレス・カードなどのトラベル関連サービスを強化

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 9月21日のニュースリリースになります。


http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=261896&lindID=3


 アメリカン・エキスプレスが10月1日から,アメリカン・エキスプレス・カード,アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのトラベル関連サービスを大幅に強化するとのこと。

 以下,アメリカン・エキスプレスのニュースリリースから引用すると(句読点,数字等は修正してあります。),


 今回のサービス強化により,国内空港ラウンジの利用を既存の14空港から27空港36か所に拡大するほか,国内外600か所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」を無料にて登録できるようになります。


 さらに,東京国際空港(以下,羽田空港)の国際便増便に合わせ,同空港にて手荷物無料宅配サービスの往復利用およびエアポート送迎サービスの利用が可能になるなど,カード会員のニーズに合わせてトラベル関連の付帯サービスを大幅に拡充しました。


1 新たなサービス・特典について(10 月1 日より)
アメリカン・エキスプレス・カード及びアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの付帯サービスを以下の通り拡充します。国内外の空港ラウンジの利用範囲を拡大するとともに,羽田空港の国際便増便に合わせ,エアポート送迎サービスや手荷物無料宅配サービスを同空港でも利用可能にするなど,旅行や出張で空港を利用するカード会員向けの特典を大幅に充実させました。


(1) 国内外の空港ラウンジの利用範囲が拡大

 国内27空港36カ所の空港ラウンジを利用できます。さらにカード会員本人だけでなく,同伴者1名まで無料で利用可能です。また,国内外600カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス※」を無料にて登録ができます(通常99ドル)。
 ※同サービスはプライオリティ・パス社の運営となります。


(2) エアポート送迎サービスが羽田空港(国際線利用のみ)でも利用可能に
 海外旅行の出発・帰国時に,提携タクシー会社(MKグループ)の車を会員専用でチャーターし,利用可能地域内の指定の場所と空港との間の送迎を格安の定額料金にて提供している「エアポート送迎サービス」が,成田国際空港,中部国際空港,関西国際空港に加えて,今回新たに羽田空港(国際線利用のみ)も対象空港となります。
※本サービスは,メンバーシップ・トラベル・サービスにて,日本発着の国際航空券または海外パッケージ・ツアーを購入した場合に利用できます。
※上記サービスの羽田空港での利用開始は10月31日となります。


(3) 手荷物無料宅配サービスが往復利用可能に
 海外旅行からの帰国時に,空港から自宅まで,カード会員一人につきスーツケース1個を無料で配送する「手荷物無料宅配サービス」が,自宅から空港まで,出発時にも利用可能になります。さらに,対象空港を成田国際空港,中部国際空港,関西国際空港に加えて,今回新たに羽田空港(国際線利用のみ)を追加します。


(4)フライト遅延、およびキャンセル時の補償が追加 ※アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのみ対象
 海外にお出かけの際,航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償,また,手荷物の到着遅延や紛失したことによって負担した衣類や生活必需品の購入費用も負担する保険が新たに追加となります。以下がその一例です。


1 航空便を乗り継ぐ予定が,乗り継ぎ地点までの到着便の遅延によって搭乗する予定だった航空便に搭乗することができず,到着便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便に搭乗することができなかった場合,宿泊料金や食事代を2万円を限度として補償。


2 航空便が目的地に到着してから6 時間以内に,カード会員の身の回り品で搭乗時に航空会社が受託した手荷物が目的地に運搬されなかったために,カード会員が目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を2万円まで補償。


3 航空便が目的地に到着してから48時間以内に,受託した手荷物が目的地に運搬されなかった場合,手荷物は紛失したものとみなし,到着後96時間以内に目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を4万円
まで補償。


2 「メンバーシップ・リワード」のリニューアルについて
 カードの利用代金を 100 円=1 ポイントとして換算し,一度のアイテム交換で,ポイントの有効期限が無期限になる「メンバーシップ・リワード」はさまざまな優待やアイテムと交換できるポイント・プログラムです。

 アメリカン・エキスプレスでは,9月1日より「メンバーシップ・リワード」を以下のようにリニューアルしました。


(1) 「メンバーシップ・リワード」の交換アイテムが400 アイテム以上に拡大
 カード利用額に応じて付与される「メンバーシップ・リワード」の交換アイテムを約80点追加し,400アイテム以上取り揃えました。有名ブランドの商品やショップでの買い物券,食事券に加え,今回新たに全国百貨店共通商品券を追加し,より使いやすいポイント・プログラムになりました。


(2) すべてのカード会員がJAL,ANAを含む11の航空会社のマイルに移行可能(10 月1 日より)
 10月1日より,全てのカード会員が貯めたポイントを,JAL,ANAを含む11の航空会社のマイルや3つのホテルグループのポイントに移行し,航空券や宿泊券等に交換することができるようになります。


(3)特別な体験やチャリティー・アイテムもさらに魅力的に
 「市川亀治郎氏による舞踊会プロデュース」,「鎧塚俊彦氏プロデュースによる世界に一つだけの手作りスイーツ」といった人生をより豊かにするための貴重な体験への参加や,年々高まっている社会貢献活動への関心を受けチャリティー団体へ寄付ができるプログラムも一新しました。


 最近では,楽天プレミアムカード 等ゴールドカードクラスにも付帯されているプライオリティ・パスですが,年会費の高いイメージのアメックスに付帯させ,会員サービスのテコ入れしたことについては,いい傾向ではないでしょうかね。


 ただ,アメックス・パーソナル(グリーン)カードのサービスを向上させると上位カードとのサービスの差が少なくなりますね。


 しかし,アメックスの場合,年会費99ドルが無料とあるのでプライオリティパスのスタンダード会員相当 なのでしょうか?これだったら,メリットは半減ですかね。となると楽天プレミアムカードには及ばない。。。


 ただ,私個人としては,仕事の関係や子供の学校などがあり,カレンダーどおりの休みしか取れず,海外旅行をするような状況ではないので,PPもあまりありがたみはないのですけどね。


 それから,個人的には,10月1日から始まる全てのカード会員のメンバーシップ・リワードのFFPやFSP移行が気になるところですが,既にAmExのWeb Siteには記載があります↓。


http://www.americanexpress.com/japan/personal/point_program/renewal/default.shtml?


 マイルについては,2,000ポイント(100円=1ポイント,20万円利用)=1,000マイルで,三井住友カードの場合と比較すると,200ポイント(1,000円=1ポイント,20万円利用)=600マイルで,AmExの方が交換レートが高いことになりますが,AmExの場合,参加登録料として,JALが年間9,000円,ANAが5,250円必要になるので,ある程度ポイントを貯めないとかえって損をする感じになるでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年09月18日(土) 11時21分59秒

3種類のデザインから選べる「アプラスゴールドカード」を募集開始

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 アプラスといえば,国内では,SBIのSBI World MasterCard に続き,ポルシェカードでWorld MasterCard を発行しましたが,今度は,年会費を5,250円に抑えたゴールドカードの発行となります。


ニュースリリースは↓

http://www.aplusfinancial.co.jp/news/2010/ap20100917.pdf

 券面は,VISA,JCB,MasterCard別で異なるようですが,どうせだったら,それぞれ券面を選べるようになると良かったのかも知れませんけどね。


 VISAはブラックフェイスを採用しています。


クレジットカードミシュラン・ブログ-Aplus VISA GOLD


 JCBはゴールドフェイス。


クレジットカードミシュラン・ブログ-Aplus JCB GOLD


 MasterCardは何故かアニマル柄というかヒョウ柄というか。。。。


クレジットカードミシュラン・ブログ-Aplus GOLD MasterCard

 特徴は次のとおり(一部当方で句読点等を変更しています。)。


1 特長
 「アプラスゴールドカード」は,VISA,JCB,MasterCardの国際ブランド毎で違ったデザインをお選びいただくことができ,従来のゴールド色にこだわらず保有されても飽きのこないデザインを採用しています。

 また,年会費5,250円(税込)で,国内主要空港のラウンジや会員向けの専用デスクをご利用いただけることはもちろん最大5,000万円の旅行傷害保険(国内・海外)を付帯するなど,質の高いサービスをご提供することができます。 

 年齢、性別問わず幅広い会員さまに継続的にご利用ただけるステイタス性の高いカードです。

2 「アプラスゴールドカード」概要
(1) カード名称 :アプラスゴールドカード
(2) 年会費   :5,250円(税込)
(3) 国際ブランド:VISA,JCB,MasterCard
(4) 主なサービス・特典 :
 〔1〕ポイント率:利用金額×0.5%~1.0%(カードショッピング年間50万円以上利用で1.0%)
 〔2〕空港ラウンジ:国内主要空港,ホノルル,仁川
 〔3〕付帯保険:旅行傷害保険(最高5,000万円)
          ショッピング保険(最高300万円)
 〔4〕専用デスク:ゴールドデスク設置
 〔5〕ポイントモ-ル:「アプラスポイントプラスモ-ル」でのポイント倍率優遇


 空港ラウンジサービス付きの5,250円の年会費のゴールドカードは,JACCS が先行しましたが,ターゲットとしては,若年層や銀行系ゴールドカードからの乗り換えを意識したように思えますが,どうでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月09日(日) 22時30分00秒

AmEx ZYNC Card発行

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 5月7日Cardtrakに,USアメリカン・エキスプレスの新しいカード,”AmEx ZYNCカード”についてのニュースがありました。


http://www.cardtrak.com/news/2010/05/07/amex_zync


 このニュースリリースを見て,最初はチタンカードの次は亜鉛カード(ZINC Card)か?と思いましたが,よく見てるとつづりが異なっていたので,新しい造語なのでしょうかね?


 券面は,ホワイト系のようです。


クレジットカードミシュラン・ブログ-AmEx ZYNC

 亜鉛色とは違いますが,多少は意識があるのでしょうか。それとも酸化亜鉛の亜鉛白をイメージしているのか。


 このカードの対象者は20代から30代の世代のようです。コンセプトは,4つのサービスをパッケージにしているようで,サービスを選ぶとその分だけ年会費が余計にかかるようになっています。ちなみに基本の年会費は25ドル。


 AmExのサイトを見ると,


http://www201.americanexpress.com/getthecard/learn-about/zync/


 サービスは次のとおりで,


 GO Pack (航空券購入のポイント2倍,25% offのAvis,Budgetレンタカー,20% offのHertzレンタカー(2日間GPS無料付き)などのサービス,追加年会費25ドル)


 RESTAURANT Pack(レストラン決済のポイント2倍,レストランでの各種オファー,提携レストランでのサービスなど,追加年会費25ドル)


 ECO Pack(グリーンショップでの決済のポイント2倍,Greenopiaでのエコ・コンシエルジュなどのサービス,追加年会費は無料)


 STYLE Pack(デパートでの買い物のポイント2倍,リターンプロテクション(アパレルとアクセサリー)の付帯,提携ギフトショップでの優待など,追加年会費は25ドル)


 などとなっています。AmExの券面では,赤,青,緑,金,白金(シルバー),黒とあるので,今度は白にしたのでしょうかね。


 いずれにせよ目立つ券面には間違いなさそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月05日(土) 23時40分00秒

アプラス,ポルシェジャパンのオーナー限定クレジットカード新「ポルシェカード」を発行開始

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 2009年9月4日のニュースリリースになります。


日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=230230&lindID=3


アプラスのウェブページでのニュースリリース

http://www.aplus.co.jp/news/2009/ap20090904.pdf


ポルシェのウェブページでのニュースリリース

http://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?pool=japan&id=2009-09-04


 ブログの記事タイトルは,アプラスからのニュースリリースとポルシェジャパン株式会社からのニュースリリースをひっつけたもので,確かゴールドカードも発行していないアプラスからWorld MasterCardを発行するとは思いませんでしたね。発行は9月10日から。


 ポルシェカードといえば,以前は三井住友カードから発行されており,確かゴールドクラスだったと記憶していますが,あまりパッとしなかったのでしょうか。それともポルシェ側の都合によるものでしょうか。


 しかし,アプラスと提携,そしてWorld MasterCardとしての発行は驚きです。券面は↓のとおりで,アプラス色は窺えない感じでしょうかね。


クレジットカードミシュラン・ブログ-新ポルシェカード


 デザインをスポイルしない形でカード番号の下にWORLDの文字が記載されています。ただ,どっからみてもフツーのポルシェデザインの一般カードとしか見えないのが,なんとも言えないところでしょうか。これでポルシェオーナーの方の心をくすぐるのでしょうか?


 ただ,この券面はポルシェカードとして,全世界共通デザインのようですので,浸透していけば,それなりに認知度も高まっていくのではないかと思います。


 ちなみにWorld MasterCardは,MasterCardの中では上から2番目の上位カードの位置づけです。国内では,SBIの「SBIワールドカード」と「SEVEN HILLS ワールドカード 」がWorld MasterCardとして発行されています。最上位のMasterCardは,World Elite ですかね。


 SEVEN HILLS World MasterCardの券面は↓で,MasterCardの標準券面をベースにしています。


クレジットカードミシュラン・ブログ-SEVEN HILLS World

 海外でWorld MasterCardとして認知されやすいのは,World MasterCardの標準券面でしょうかね。


 さて,サービスですが,ポルシェ独自のサービスを除くと,後発だけにほとんどありきたりのサービスが多くなっています。以下,ポルシェのサイトからの引用。


●ウェルカムキット プレゼント
ご入会していただいた方にもれなく、特別入会キットを贈呈


●MasterCard Moments
World MasterCardの特典として、ビジターでは通常利用できない名門ゴルフコースのご予約、高級レストランやシティホテル、老舗ホテルにてご優待料金でのご予約手配などのサービスを提供。今回特別にオリジナルレストラン優待クーポンをウェルカムキットに同封予定。


●会員誌
ポルシェ マガジン「クリストフォーラス」を定期送付


●ポイント交換サービス(名称:ポルシェマイレージ)
カード利用金額に応じてカード会社が提供するポイント交換サービスにおいて、ポルシェカードオーナー様限定のサービスも展開予定。また、「JALマイレージ」への交換やキャッシュバックも可能


●ポルシェカード ショッピングコンシェルジュサービス
ECナビコンシェルジュと提携し、カード業界初のEC上のショッピングコンシェルジュサービスを提供


●国内空港ラウンジサービス
アプラスが契約する国内空港ラウンジを利用可能


●海外空港ラウンジサービス
「プライオリティ・パス」への無料入会


●各種保険サービス
最高10,000万円の海外、国内旅行傷害保険やポルシェカードならではのシートベルト保険など各種保険の提供


●その他サービス
海外アシスタントサービス、国内・海外の大手レンタカーとの優遇割引制度、専用チケット予約サービス、フラワーギフト、一週間駐車場無料サービス(提携ホテルのみ)、ヘリコプターチャーターや遊覧飛行の割引など


 他に,特徴といえば,日本で初めてのシルバーICチップ が搭載されることでしょうか。


 ただ,年会費だけは非公開になっていますね。どなたかご存じであれば,コメントをいただけると有り難いです。SBI World MasterCardが157,500円でしたので,どの程度の年会費を取るのか興味があります。


 それと,アプラスと提携する空港ラウンジもどの程度展開するのか,こちらも興味が沸きますね。なにしろ,一般カードのみの発行だったカード会社が,ゴールド及びプラチナを飛ばしての上位カード発行ですからね。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2009年07月12日(日) 12時29分50秒

三井住友カード,カード利用枠体系等の制度改定へ。

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 三井住友VISAプラチナカードをゴールドに切り替えてから8か月程経ちますが,未だに三井住友VISAプラチナカードのページにログインできる状況です。カード切り替えの場合は,アップコンバート,ダウンコンバートに拘わらず旧カードのページは6か月以上は閲覧可能なのでしょうかね。次は1年経ったらどうなりますか。


 さて,三井住友カードは,カード利用枠体系等の制度改定を今年10月1日から段階的に実施するようです。いよいよ本来のクレジットカード(リボ払いカード)に近づきつつあるのでしょうか。


https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo8090252.jsp


ちなみに,読売新聞では,「三井住友カード,ATMキャッシング有料化へ」と記事になっていました。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090712-OYT1T00095.htm


 2009年10月1日からの実施

1 キャッシングご利用枠での「キャッシング一括」(翌月1括払いのキャッシング)の取扱中止


 2009年11月1日からの実施

2 カード利用枠体系の変更

(1) カード利用枠で管理していた「カードショッピングの2回払いとボーナス一括払い」を,分割払い利用枠での管理に変更

(2) カード利用枠で管理していた「海外キャッシュサービス」を,キャッシング利用枠での管理に変更


 2010年からの実施(期日未定)

3 ATM利用手数料

 キャッシングのご利用や臨時の返済にあたり,ATM設置会社 (金融機関・カード会社等)に支払う利用手数料は従来三井住友カードが全額負担していたが,貸金業法4号施行後は,国内・海外に係らず,利用金額に応じた一律の手数料を会員に一部負担してもらう予定


 キャッシングの利用及びキャッシングの臨時の返済が1万円未満は105円,1万円以上は210円手数料が発生するとのこと。


 これは海外でのキャッシングも同様になるようです。


 個人的には,三井住友カードは,大手で安定していることとiDが使える等(すでにiDも様々なカードで利用可ですけどね。)などしか魅力を感じていませんが,以前はアメックス,ダイナースに近いサービスもあった頃からすると,カードそのものが,USでの銀行系VISA/MasterCard=リボカードにどんどん近づいているような印象を持ってしまいます。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2008年10月01日(水) 04時45分11秒

三井住友カード,iD機能のみを搭載した「iD専用カード」を発行

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 連続投稿になります。プライベートでは,子供の世話で時間を食ってしまうので,記事を書きたくてもなかなか時間がとれないのがネックですね。まあ,書けるときには頑張って書こうと思います。記事を投稿したら1時間ほど仮眠するか(汗


 さて,日経プレスリリースにもありましたが,本日から,三井住友カードではiD専用カードの発行がはじまります↓。


http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=201337&lindID=3


https://www.smbc-card.com/mem/addcard/id-credit_s.jsp


 券面は↓のとおり,どこかのカード会社のETCカードみたいな感じがします(日経プレスリリースの参考資料を加工してアップしました。)。ANAカードは別のデザインが用意されています。


SMC-iD専用カード

 

 JCBはQuicPay専用カードであるブーメランカード がありましたので,SMCには何故ないのか?と思っていたところでしたが,ようやくSMCでも専用カードの登場です。当面,発行手数料は無料とのことですが,使う予定のある方は早めに申請した方がいいかも知れませんね。


 デザイン的にはQuicPayみたいなブーメランカードも悪くないところですが,実際使うとするとカード型のものを財布に忍ばしておく方が使い勝手の面ではいいのかもしれません。JCBのブーメランカードは,私の場合,ほとんど使うことがありません。携帯で十分かと思っています。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年09月27日(土) 20時17分50秒

東京スター銀行がTOKYO STAR CREDIT等のサービス終了

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 東京スター銀行(株式会社TSBキャピタル)が,今年の12月31日をもってクレジットカードとデビットカードのサービス提供を終了するとのことです。


東京スター銀行の当該Web Page
http://www.tokyostarbank.co.jp/important080922.html


株式会社TSBキャピタルの当該Web Page

http://www.tsb-capital.co.jp/product/credit.html


以下,東京スター銀行のWeb Siteのトピックスの全文を引用すると,


--

2008年9月22日
東京スター銀行

クレジットカード「TOKYO STAR CREDIT」、デビットカード「TOKYO STAR DEBIT」のサービス提供を2008年12月31日をもって終了させていただきます。

2008年12月31日をもちまして TOKYO STAR CREDIT および TOKYO STAR DEBIT のサービス提供を終了させていただくこととなりました。
TOKYO STAR CREDITにつきましては、サービス提供終了後はクレジットカードサービスの新たなご利用ができなくなります。TOKYO STAR DEBITにつきましては、キャッシュカード機能以外のサービスの新たなご利用ができなくなります。
会員の皆様には郵送にてご案内を送付させていただきます。詳しくはご案内の内容をご確認くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


お問合せ先
東京スターカードお客様センター: 0120-82-0877 (日・祝除く、9時~20時)

以上

--

 クレジットカード会社が,カード事業をそのまま終了するという話は私自身これまで聞いたことがないのですが,発行当初は,国内初のPlatinum MasterCardの発行も計画していたくらいカード事業に対し意欲的だった東京スター銀行(株式会社TSBキャピタル)ですけど,カード事業を維持することが困難なくらい経営が厳しかったのでしょうね。


 事実上のクレジットカード事業の廃止は,カード会員がそれほど多くなかったため,別の引受会社を探す必要もなかったのではないかと思うのですが,それにしてもスパッと止めることもあるのだなーと思いましたね。


 ところで,先日,鹿児島三越の閉鎖が決まり,私自身速攻で(三井住友)三越カードを解約しました。年会費がかからなければ解約するまではなかったのですけどね。やはり使わないカードに対し年会費負担は大きいようで。


 実は,鹿児島三越の閉鎖は来年の5月の予定で,閉鎖のニュースを聞き,すぐに三越カードの券面を確認してみると,有効月が来月になっていたため,年会費の引き落としが近いと思い速攻で解約した次第です。実際は1月とのこと。ただ,もうこのカードは使うことはないですね。三越カードにあったポイントは,VISAプラチナ分と合算し,全て楽天ポイントに換えました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年07月01日(火) 18時23分52秒

三菱UFJニコス,新カードブランド「MUFGカード」デビュー

テーマ:クレジットカード最新?ニュース

 またまた黒カード増殖のニュースです。以前からニュースリリースのあったMUFGカードがいよいよ発行されることになりました。三菱UFJニコスといえば,DC,UFJ,NICOSと元々カードブランドが多かった訳ですが,更にブランドを追加するような形になりました。どちらかといえば,旧東京三菱カードというか,銀行本体カードなのでしょうかね(下の画像は,日経プレスリリースにあったpdf資料を加工してアップしてあります。)。


http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=193103&lindID=3


http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0193103_02.pdf


ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

ゴールドプレステージ


MUFGゴールド


 さて,ラインナップですが,カード機能及び年会費からすると一般,ゴールド,アメックスというカテゴリー分けですが,カード券面は金,金,黒といった形で,一般カードクラスも「ゴールド」と表示し,全体的に高級感を出していると言ってもいいでしょう。特に一般カードのゴールド化は,海外ではVISA Gold / Gold MasterCardとして通用するので,”なんちゃってゴールド”を持ってみたい方には銀行系ですし,いいのではないでしょうか。


 年会費は,2,000円(ゴールド),10,500円(ゴールドプレステージ),21,000円(ゴールド・アメリカン・エキスプレス)となっており,ゴールドプレステージの付帯サービスは,空港ラウンジの提供や旅行傷害保険等は一般のゴールドカードと同等,ゴールド・アメックスは,ゴールドプレステージに加えて,Priority Passの付帯があり,またアメックスのサービスも一部提供(提携アメックス用サービス)されるようです。他にゴールド・アメックスには,犯罪被害傷害保険が付帯されます。


 会員誌は,ゴールドプレステージカードは無料で送付になっていますが,ゴールド・アメックスは無いなど,ちょっとちぐはぐな面もあるようです。

 券面は,割とクールな感じがします。各上位カードを研究したような面も窺える感じでしょうか。


 なお,当該Web Siteは,7月16日から開設されるようです。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。