2009年03月23日(月) 06時26分00秒

1年間にJALグループ50フライトだったのですが。。。

テーマ:FFP等エアラインカード

 年度によるカウントだったらサファイヤ到達&JGCだったのですけどねぇ~。残念というか少々悔しい気もしています。


 実は,2008年4月から2009年3月23日現在までの間に,50フライト達成しております↓(ちなみに今年のFOPは適当な数字を入れております。)。


クレジットカードミシュラン・ブログ-FOP 2009.03.23


 ただ,JALを含め多くの航空会社が年度ではなく,年による搭乗回数をカウントしているので,2008年は38フライト,2009年は3月23日現在で12フライトとなりますかね。当初から,年度だったら50フライトは達成しそうでしたので,勿体ないですね。


 今年は今のところ順調ですが,たまたま1~3月の間のフライトが思ったよりも多かったので,FOPは延びましたが,後9ヶ月あまりどうなることやら。一応,今年もサファイヤを目指しています。でも,修行をする暇も金もないので,最終的にはクリスタルでも御の字ですかね。


 また,今年の実績は現在まで12フライトですが,実際はJALグループで14フライトです。RACを使った区間があって,ノーカウントだったんですよね。これも残念といったところでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月15日(日) 08時11分22秒

保険業法施行規則等改正に伴う海外旅行傷害保険の家族特約の取扱い

テーマ:クレジットカード付帯保険

 記事自体が長くなったことと,三井住友VISAプラチナカード等の部分と保険業法施行規則の一部を改正する内閣府令に伴う外旅行傷害保険の家族特約の取扱いについては,記事の内容が別ではないかと思ったので,それぞれ分けて記載することにしました(実は,昨日は酔っぱらい状態で記事を書いたので,精査が足りませんでした。)


 府令改正に伴う家族特約の取扱について,私がWeb上で探した範囲では,三井住友カードが早い段階からインフォメーションしているようですが,根拠法令である「保険業法施行規則の一部を改正する内閣府令」及び「保険会社向けの総合的な監督指針」の一部改正を見ると,府令第57条の7第2項に,http://www.fsa.go.jp/news/20/hoken/20080828-1/01.pdf


 「保険会社が、人の死亡に関し、一定額の保険金を支払うことを約し、保険料を収受する保険であって、被保険者が十五歳未満であるもの又は被保険者本人の同意がないもの(いずれも不正な利用のおそれが少ないと認められるものを除く。以下この項において「死亡保険」という。)の引受けを行う場合には、前項の社内規則等に、死亡保険の不正な利用を防止することにより被保険者を保護するための保険金の限度額その他引受けに関する定めを設けなければならない。」とあります。


 また,監督指針では,http://www.fsa.go.jp/news/20/hoken/20080828-1/02.pdf


「イ.死亡保険(規則第53条の7 第2 項に規定する死亡保険をいう。)の引受けについて(ア)保険の不正な利用を防止することにより被保険者を保護するため、死亡保険に係る保険金の限度額を具体的に定め、これを超える保険金額による保険の引受けを行わないものと定めているか。また、この限度額は、(社)生命保険協会の「契約内容登録制度・契約内容照会制度」又は(社)日本損害保険協会の「契約内容登録制度」等(以下「契約内容登録制度等」と総称する。)への照会結果を踏まえ、同一被保険者の他の死亡保険に係る保険金額と通算する旨を定めているか。(イ)その他、保険の不正な利用を防止することにより被保険者を保護するため、顧客ニーズの確認等を通じ、適切な引受審査を行う旨を定めているか。」とあり,クレジットカード会社等に死亡保険に係る義務を求めていることが分かります。


 根拠条文を見ても分かりづらいのですが,要するに海外旅行傷害保険の死亡保険のうち,家族特約は,被保険者が低年齢の場合は,本人の同意なしに付帯されるため,モラルリスクが高く,損害保険会社等が内規を作り,リスクを低減させなさいといったところなのでしょうか。


 業界では,(社)日本損害保険協会が本年2月に「傷害保険等のモラルリスク防止に係るガイドライン」を策定し,その中で,海外旅行傷害保険の場合は,http://www.sonpo.or.jp/news/file/00393.pdf


「ア. モラルリスクの懸念がそれほど高いとは考えられない賠償保険(注3) 、団体契約(注4)等を除き、被保険者1名に対する保険金額について、各会員会社においてモラルリスク防止の観点に特に留意のうえ、自社引受け契約と他社引受け契約を合算した具体的かつ適正な引受基準額を定めるとともに、契約内容登録制度等を通じたシステム的な引受け保険金額の検証を行う等の十分な社内態勢を構築して運営することとする。
(注4)クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険でカードホルダーの家族が自動的に被保険者となる契約は、ここでいう「団体契約」には含まない。」


と,業界でもルールの徹底化を目指しているようなので,今後,他社においても同様な海外旅行傷害保険に係る家族特約の傷害死亡・後遺障害の限度額の引き下げが本年4月前までにはインフォメーションされそうな感じです。


 ただ,実際の所,本当に不正が多かったのか,私の調べた範囲では,そういう府令改正のベースになる根拠が示されていないので,なんとなく損保業界を守るような面も窺えるような気がしないでもありません。


 一方,パブリックコメントでは,懸念が示されていますが,それに対しての金融庁の回答は,http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?ANKEN_TYPE=3&CLASSNAME=Pcm1040&btnDownload=yes&hdnSeqno=0000047138


「法制審議会保険法部会においては、被保険者による同意が親権者により行われる未成年者に対する死亡保険に関して、モラルリスクや必要性への疑問などから、制限を行うべきことについて検討が行われました。

 また、金融審保険ワーキンググループにおいては、被保険者による同意が親権者により行われる未成年者の死亡に係る保険契約について、モラルリスクが高いものがあるため、何らかの対応を図るべきであるとの意見が大勢でした。
こうした指摘を踏まえ、規則に、保険会社が保険金の限度額その他保険の引受けに関する社内規則等を定めるとともに、当該社内規則等に基づいて業務が運営されるための十分な体制整備を構築することを求める旨のルールを定めることとしたものであり、ご理解願います。」


と審議会の意見がそうであったと述べています。


 このあたりのプロセスはあまりよく分かりません。家族特約の取扱いを変更しなければならない理由が私にはあまりわからなですね。


 通常利用において,もし仮に海外でトラブル等があり,経費がかかる面があれば,かなりのマイナスのような気もしますけどね。


 さて,4月までに多くのカード会社が追随するのか,多くのカード会社が設定している2,000万円という線は,現状維持なのか,各社の対応を見守りたいと思いますね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年03月14日(土) 23時03分48秒

海外旅行傷害保険の家族特約の保険料引き下げ

テーマ:三井住友VISAプラチナ

 昨日,三井住友カードからVISA誌4月号が届きました。


 VISA誌の中で非常に気になる記事がありましたので,紹介します。VISA誌カードインフォメーション中,「カード付帯保険サービス変更のお知らせ」があり,VISAプラチナカード及びゴールドカードの海外旅行傷害保険「家族特約」の補償金額が変更になる旨の記載がありました↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-海外旅行傷害保険・家族特約変更

 当初,傷害死亡・後遺障害が2,000万円から1,000万円に引き下げられていたので,また,三井住友VISAプラチナカード等のサービス低下か?と思っておりましたが,どうも事情が異なるようです。


 VISA誌では,保険の不正利用(モラルリスク)の可能性の高まりから,金融審議会で「未成年者や被保険者同意がない保険契約の死亡保険金を制限すべき」という内容の方針が出され,保険業法施行規則等改正により,三井住友カードでは,海外旅行傷害保険中,「家族特約」部分の「傷害死亡・後遺障害」の補償額を従来の2,000万円から1,000万円に引き下げたとのことのようです。


 ちなみにVISAプラチナカードの場合は,家族特約に年齢制限がなく,ゴールドカードの場合は,19歳未満の方で,本会員と生計を共にする同居の親族又は別居の未婚の子供を対象にするとあるので,ゴールドカードの場合は,そのままサービスダウンという感じです。VISAプラチナのメリットをこの程度で差をつけないでほしいと思うのですけどね。

 なお,適用される時期は,本年4月16日以降の出発からとなっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月13日(金) 05時54分26秒

新会員紹介キャンペーン(紙サンプルの投入)

テーマ:アメリカンエキスプレス

 この時期になるとアメックスからの各種DMが来ることが少なくありませんが,今回は「新会員紹介キャンペーン」でございました。他のキャンペーンとなると「家族会員申し込み」と「ビジネス・ゴールド・カード入会キャンペーン(初年度年会費無料)」ですかね。


クレジットカードミシュラン・ブログ-新会員紹介キャンペーン

 さて,今回は紙サンプルの投入を図ってきました。当初,新会員紹介キャンペーンなのに何故サンプル?,しかも紙??,けちったのかな?なんて思った訳ですが,説明を見て納得というか,まあ,いろいろ考えるなーと思いましたね。ちなみにサンプルは2枚入っておりました↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-ゴールド・カード・紙サンプル

 まあ,早い話が,知人等に紹介者コードを記載した紙サンプルを手渡して,アメックスへの入会を促進するような感じでしょうか↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-新会員紹介キャンペーン手続き案内


 紹介者のメリットは,「メンバーシップ・リワード」の5000ポイント付与と「ネームプレート」贈呈ですかね。

 しかし,今の世の中,いくらアメックスの高級イメージとがあるといっても年会費3万円弱のカードは普通作らないと思うのだけどな。費用対効果はあまりないし。

 まあ,初年度年会費無料なので,お試しにはいいのかも知れませんが。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月09日(月) 05時41分57秒

那覇空港ラウンジ華(2)

テーマ:空港ラウンジ雑感

 先日,久しぶりに沖縄に行くことがあったので,那覇空港の空港ラウンジ華を利用してみました。


クレジットカードミシュラン・ブログ-那覇空港ラウンジ華看板


クレジットカードミシュラン・ブログ-ラウンジ華入口


 前回の利用(2006年10月) からおよそ2年半ぶりになりますが,利用当時は,ワンドリンクと時間制限1時間がありましたが,その後(確か2007年4月頃?),ワンドリンクからフリードリンクに,時間が1時間から2時間に変更になったようでした。


 トラブルによる出発遅延等を除くと,1時間制限とワンドリンクを気にしないで済むところは,やはり使い勝手がいいといったところですかね。

 そういえば,前回の利用時にあった無料のナッツ類は,今回は気がつきませんでした。それ以前に,休日ということもあって利用者が多かったというのが印象的でしたかね。


 まあ,最近は,鹿児島空港のラウンジ菜の花もいつ行っても利用者が多いので,意外とどの空港ラウンジもそんなものかも知れません。また,最近は高齢者の利用も多いように思えますが,空港ラウンジもだいぶ認知されてきたといったところでしょうか。


クレジットカードミシュラン・ブログ-ラウンジ華通路


 沖縄は,個人的にも好きな場所で,次回はオンシーズンに行きたいと思っているところですが,さすがにGWなどはホテル代がバカ高いですね。リゾートホテルのGW中の宿泊料金はもはやぼったくりの域に達しているのではないかと思うくらいです。


 繁忙期は,宿泊料金の割には,人が多くて,サービスも低下するので,利用する側からすると結構辛いものがありますね。とは言うものの,カレンダーどおりしか休めないサラリーマンには,仕方がないのでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009年03月07日(土) 12時32分22秒

New Maserati - Centurion Edition

テーマ:AmEx Centurion

 久しぶりに海外のカード事情について情報収集をしているところですが,面白い企画物を見つけました。マセラティとAmEx Cneturionのコラボといってもいいでしょうね。高級車にCenturionを冠しているのが凄いというか↓。

 なお,情報と画像(ビットマップ形式による取り込み画像)は,http://www.autoblog.com/から引用しています。


クレジットカードミシュラン・ブログ-New Maserati - Centurion Edition

 車体価格は,Maserati Quattroporte for Centurion 4.7が£94,185(現在の為替レートで1,304万円,Maserati Quattroporte for Centurion 4.2が£88,315といったところです。個人的にもV8エンジンはいいなーと思ったりしますが,さすがに私には手が出ません(↓はダッシュボード付近のCenturionの銘板?)


クレジットカードミシュラン・ブログ-Maserati - Centurion logo


 AmExとマセラティファンにはたまらない企画でしょうけど,なんだかんだ言って,AmExはイメージ戦略が上手いというか。


 最も,AmExの場合,各国に支社を置いて,ほとんど直営でCenturionを発行していますが,VISA InternationalやMasterCard Internationalそのものは,それぞれのカードブランドの管理団体で,DinersはCitibankの一カード会社(以前は,各国がフランチャイズでカードを発行していた。)ですので,イメージ戦略が全世界で統一しやすい側面はあるのではないかと思います。


 全世界で通用する高級カードといえば,今やAmEx Centurionくらいで,VISAは,本家USでInfiniteがフェードアウトしている状況にあるし,日本では高級イメージのDiners Premiumも日本独自カードですし,最高級カードとしては,個人的に,Centurionの一人勝ちではないかと思っているところです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月07日(土) 04時34分10秒

Asia-Pacific VISA Signature

テーマ:最高級?カード

 何気にAsia Pacific VISA PlatinumのWebにアクセスし,Top Pageからリンク先をたどると,Asia Pacific VISA SignatureのWeb Siteがあるのに気づきました。


https://www.visasignature-asia.com/signature/ap/


 これでアジア太平洋地域においても,VISAカードの種類は,Infinite / Signature / Platinum / Gold と格付けされたといってもいいでしょう。以前は,アジア太平洋地域でのVISA Signatureの発行はなく,USのSignatureとAsia-Pacific VISA Platinumは位置的には変わらないという認識を持っておりましたけど,ようやくEUと同じになったなーという感じですかね。ちなみにUSでは,現在ではInfiniteの新規発行はなく,Signatureが最上位カードとなっている。


 Asia-Pacific VISA Signatureのカード券面は,結構,クールな感じです↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-Asia-Pacific VISA Signature


 ちなみに,現在のところ,アジア太平洋地域におけるVISA Signatureの発行国は,インド,シンガポール,韓国及び台湾の4か国です。

 

 ところで,あらためてAsia-Pacific VISA PlatinumとAsia-Pacific VISA Signatureのサービスを比較してみると,以前のVISA PlatinumのサービスがVISA Signatureになり,VISA Platinumのサービスがますますしょぼくなるという,AmExと同じような状況が見られます。


Asia-Pacific VISA Signature Benefits↓

http://www.visasignature-asia.com/signature/ap/benefits/index.shtml


Asia-Pacific VISA Platinum Privileges↓(今回から,Benefitsというメニューすらない!)

http://www.visaplatinum.com/platinum/ap/privileges/index.shtml


 昨年,私は三井住友VISAプラチナを解約しましたけど,Asia-Pacific VISA PlatinumのWeb Siteを見て,解約は正解だったかなーと思っています。三井住友VISAプラチナのサービスもダウン,Asia-Pacific VISA Platinumのサービスもダウンではね。


 発行当時は,SPG Gold会員やHilton HHonors Gold VIP会員付帯で,当時のAmEx Platinumのサービスを超えていた部分もあったAsia-Pacific VISA Platinumでしたが,VISAカードへのカースト制度の導入により,無惨な形になってしまったという印象ですかね。


 以前,Asia-Pacific VISA Infiniteが発行されたとき,VISA Platinumカスタマーの担当者がVISA Infiniteカスタマーに異動になっていたので,VISA Infiniteといえども,希少性はあるもののサービスといえば,最上位カードの発行で,従来の最上位カードのサービスが移行しただけという側面は,ぬぐえないと思うのは私だけでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月07日(土) 03時54分33秒

WEB版「コミュニケ」大丈夫か?

テーマ:アメリカンエキスプレス

 昨年から三井住友カードはWeb明細に変更しましたが,私の場合は,めんどくさいのが先に立ち,Web明細を見ることはほとんどなく,また,同封物のWeb版の「Niceday VISA」も見ることがなくなりました。もっとも「Niceday VISA」なんて近年,プラチナカードですらリボのPRばかりで,見るべきものがほとんどなかったというのが事実でしたからね。


 アメックスカードは,個人的にもNTTやDoCoMoなど以前よりも日常的な決済にも使うことが増えたので,Web明細にはせず,郵送にしています。私の場合,電化製品購入(家電総合保証制度)のためにアメックスを持っていることもあって,電化製品を購入した場合は,やはり保証書と明細を管理しないといけないので,結局プリントアウトすることになるため,郵送を選択しています。


 さて,タイトルどおり,「IMPRESSION GOLD」のWEB版導入に伴い,WEB版「コミュニケ」は毎月Web上で更新されるというアナウンスですが,3月7日現在で,未だWEB版は1月のままです↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-3月7日現在のWEB版「コミュニケ」

 ニューズラインなどは3月分は掲載されているのですけどね↓。


クレジットカードミシュラン・ブログ-3月7日AX Webアクセス画面


 優待情報などは鮮度が命という側面もありますので,紙媒体を減らしてまで,WEB版を充実させるとアナウンスしたからには,しっかりしてほしいものです。

 一方,現在の国内情勢等を考えると,アメックスもサービスに手が回っていないのかな?と思ったりしますね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年03月04日(水) 06時52分37秒

GlobePass 加盟店優待プログラム

テーマ:三井住友VISAプラチナ

 テーマカテゴリーが”三井住友VISAプラチナ”のままですが,一応,まだ三井住友カードのWeb Siteでは,プラチナ会員・マスターゴールドPt会員としてもアクセスできます。三越カードの場合は,解約と共に比較的早く,IDは消されたのですけどね。解約とカード切り替えは違うのでしょうね。


 さて,久しぶりに三井住友カードのWeb Siteにアクセスしてみたら「GlobePass 加盟店優待プログラム」なるサービスが”新登場”としてありました。


クレジットカードミシュラン・ブログ-GlobePass 加盟店優待プログラム


 このサービス「三井住友カード会員(VJAカード会員,CFカード会員,OMCカード会員,クオークカード会員)が,アジア各国へ渡航の際に,免税店やホテルなどでGlobePassクーポンを提示するだけで割引やプレゼント等の優待サービスが受けられるプログラム」とのことです。


http://www.globepass.com/index.php


 ただ,現在のところ,サービス開始直後?ということもあって,韓国では,


AK免税店 / AK DUTY FREE

ノースビーチ / Bookhae International(NORTHBEACH)

宮宴(クンヨン)Gahoe店

チファジャ三清店 / Samcheong Branch

チファジャ国立劇場店 / Jihwaja (The National Theater Branch)

ロッテホテル ソウル / LOTTE HOTEL SEOUL

ロッテホテル ワールド

ナンタ / NANTA

ノボテルアンバサダー江南 / Novotel Ambassador Gangnam

パラダイス免税店 / PARADISE DUTY FREE SHOP

ソウルロイヤルホテル / Seoul Royal Hotel

新羅免税店 / The Shilla Duty Free

新羅ホテル ソウル / The Shilla Seoul

ウォーカーヒル免税店 / Walker hill Duty Free


の14件となっています。その他,中国は,俏江南 / South Beauty Restaurantの各支店を含む24件,香港1件,台湾26件,タイ5件などとなっています。フィリピン,マレーシア,シンガポールでの優待は準備中で,サービス開始は今春とのこと。


 ちなみに優待券を見ると取扱可能カードとして,V/M/JCB/DN/AXとあったけど,意外とアメックスを持って行ってもOKだったりするかもしれないなーと思いましたけどね。


 まあ,こういったサービスの充実は評価できると思いますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。