2007年09月30日(日) 18時12分51秒

JCBの空港ラウンジ同伴者無料サービス終了

テーマ:空港ラウンジ

 先日,たまたまJCBのWeb Siteを見ていると,空港ラウンジ同伴者無料サービス終了の案内がありました。たしか10月号のTHE GOLD誌には案内がなかったような気がしています。。


http://www.jcb.co.jp/gold/lounge.html


 JCBゴールドカードの空港ラウンジサービスで,同伴者無料があったことはほとんど覚えていなかったので,「あれ?JCBにも同伴者無料サービスがあったんだ。」と思うくらいでしたが,昨年のダイナースクラブの同伴者2名無料サービス廃止につづき,JCBでも2007年12月31日をもって,同伴者無料サービスが廃止になるようです。同伴者無料サービスがあった空港は,新千歳,新潟,成田2タミ,福岡だけですが,幹線の新千歳と福岡が同伴者無料サービス廃止になったので,残念と思う方も少なくないかも知れませんね。


 これで,空港ラウンジにおいて,同伴者1名無料のサービスが存在しているカードは,AmEx,TS3,UC,UFJ,DC,NICOS,ORICO,SAISONなどになりますが,意外とUCあたりも同伴者無料が少なくないなーと思って,調べてみると17空港のうち8空港(新千歳,新潟,成田,松山,高松,福岡,熊本,鹿児島)で同伴者無料のようです。


 SAISONも,UCと同様,17空港中8空港にて同伴者無料のようです。TS3は,25空港中22空港で同伴者無料があり,同伴者無料の空港数では,カード業界ではトップとなります。AmExは,14空港中全てが同伴者無料になっていますが,やはり他社にはない同伴者無料の羽田空港の存在が光りますね。

 

 DC,UFJ,NICOSの各ゴールドカードでは,Webに空港ラウンジサービスの同伴者無料の詳細が記されていなく,また,各空港のWebでも記載があったりなかったりしますね。 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年09月24日(月) 14時53分27秒

アメックスの戦略

テーマ:アメリカンエキスプレス

 9月22日の「メレンゲの気持ち」では,つんく♂が控えめながら少々自慢げに,アメックス・センチュリオン・チタンカードを出していたのが放送され,お約束というか,久本雅美の「戦車が買えるカードですか?」には笑ってしまいました。こういうのが都市伝説を生むのでしょう。


 ちなみに,アメックスが設定している実際の与信額は,カードの色ではなく会員個々の収入状況及び資産状況による。


 以前は,高橋英樹も同番組にて,同様にアメックス・センチュリオンカードを自慢げに見せていたのが印象的でしたが,こういうのも突き詰めていくと,アメックスの上手い戦略の一つではないかと思ってしまいます。


 ところで,アメックスは,先日のGE Moneyとの提携カードに加え,今度は,三菱UFJニコスとの提携も予定しており,アメックス提携カードによるプレミアム市場の拡大を狙っていることが窺えます。GE MoneyのWeb Siteでは,アメックス提携カードのカード番号として,3778を使用し,3777の《セゾン》アメックスカード同様に,あくまでブランド及び一部のサービスを共有する「提携」カードであることがわかります。


GE Money American Express Card

http://www.ge-a.jp/index.html


三菱UFJニコスのプレスリリース

http://www.cr.mufg.jp/news/2007/070919_01.html


 カードの種別は,セゾンが,ブルー及びプラチナ,GE Moneyは,レギュラー(ブルー相当)及びゴールド(グリーン又はゴールド相当?)を発行していますが,三菱UFJニコスは,ゴールド及びプラチナの発行を予定しており,従前のゴールドよりもワンランク上のカード設定を考えているようです。ただ,DCゴールドといえば,老舗の都銀系カードで,それなりにステータスもあったようなので,このあたりはどうかな?と個人的には思いますが,世代も変わっていることなので,それはそれでいいのでしょうね。


 最近,新興のカード会社では,ゴールドを超えるプレミアムカードの発行が増えている状況にありますが,決済市場はどちらかといえば,iDやQUICPayなど日常的な小口決済にシフトしていることが窺えます。車でいえば,高級車やセダンよりも,経済的な軽自動車や道具的なミニバンにシフトしている状況と同じような印象を持ってしまうのですが,今回の提携は,車に例えると,レクサス的な発想といってもいいのかも知れません。

 三菱UFJニコスが,アメックスというブランドを上手く活用できるかは,サービスコンテンツと”そのカードを持ちたいと思う憧れ的なイメージ戦略”が必要ではないかと思います。


 クレジットカードといえども,ある程度,見栄は必要な面はあるのではないかと思うのですが,これらの新しいプレミアムカードがどれくらい一般に認知され,また,見栄として通用するかが,普及の鍵でしょうか。


 国内限定プレミアムカードと国内外共通プレミアムカードと,違いはあるものの,国内の最上級プレミアムカードとして,先行したダイナース・プレミアムが今ひとつの知名度であるのに対し,アメックス・センチュリオン・カード発行当時は,様々な会員に対しインビテーションを送付し,PR効果を図り,その後,入会を著しく絞り希少性を高め,また芸能人を上手く利用し,知名度とプレミアム度を高めていった方法は今ではさすがと思います。


 しかし,最近のクレジットカードは,ポイントプログラム(マイレージなど)が注目が集まるなど,本来の現金の代わりの決済機能である道具的な使われ方に進んでいることは間違いなく,日本のプレミアムカード市場は,プレミアムカードが持てはやされているアジアよりは,いろいろなプレミアムカードが発行され,フェードアウトするUSみたいな形に近くなるような気がしないでもありませんが,どうなるでしょうかね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年09月23日(日) 08時00分45秒

ポイントを交換する。

テーマ:三井住友VISAプラチナ

2007/09/24 13:27:00 記事中「Web上」を「コールセンター」に修正


 先日,三井住友カードとANAダイナースカードのポイントをANAのAMCマイルに交換しました。以前は,マイルに反映(ANAのweb上)されるまで,時間がかかったものですが,ダイナースは正確な移行期間は失念したものの三井住友カードは3営業日以内には移行が完了したようでした。


 ただ,あくまで営業日では3日以内ですが,実際は先々週の土曜日の夜に,Web上で手続きをして,完了したのは先週の木曜日の夜でしたから,当たり前の話ですが,休みを挟むと若干時間がかかります。ダイナースは,平日の夜,移行手続きをコールセンターWeb上で行い,こちらも確か3日前後で完了したように思います。


 三井住友カードの場合は,移行料6,300円がかかり,1ポイント10マイル換算です。今回は2つのカードで3万マイルほど移行しました。私の場合は,繁忙期の連休に国内線(ほとんどKOJ-HND間)で利用することがほとんどなのですが,これでも2名分の普通運賃としては,12万円ほどかかりますから,よしとしています。


また,AMC以外で移行できるマイルはシンガポール航空のクリスフライヤー(1pt=3マイル),アリタリア航空のクラブ・ミッレミリア(1pt=3マイル)があります。いずれも移行料は不要ですが,換算率はよくありません。


 他では,楽天スーパーポイント(1pt=5pt),TSUTAYA T-POINT(1pt=5Pt),ヨドバシゴールドポイント(1pt=5Pt),ビックカメラ ビックポイント(1pt=5pt)あたりが換算率はまあまあで,Edyは1pt=5Ptながら,1回30円の移行手数料がかかり,移行期間は1週間から1ヶ月と幅があるようです。


 キャッシュバックは,1pt=3円,年会費キャッシュバックは,1pt=5.25円(プラチナカードだと10,000ポイント必要),iDへの利用代金充当は,1pt=5円となります。ただし,iDの場合は,iD充当額>利用代金だと3ヶ月間持ち越され,3ヶ月を超えると1pt=3円で口座にキャッシュバックになるようです。


 私の場合は,ボーナスポイントは楽天スーパーポイントに移行したことがありますが,このあたりが有効な活用の一つかと思いますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月09日(日) 19時00分25秒

ヤマカタヤカード《セゾン》即日発行

テーマ:クレジットカードミシュラン

 あまり経験することがなかったクレジットカードの即日発行ですが,たまたま今日,地元百貨店である山形屋に行ったので,ヤマカタヤカードの即日発行を申し込んでみました。


http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca117.html


 このカードの申込書は,だいぶ前にセゾンから送ってもらっていたのですが,仕事も忙しくついつい出しそびれていたところでした。今日は久しぶりに日曜出勤から開放されたので,たまたま寄ることになりました。


 即日発行では,申込書の記載に加え,銀行のキャッシュカードと本人確認のための証明書等の提示が必要になります。口座確認では,iNFOX?という端末にて,銀行キャッシュカードを読み取りさせればよく,その後暗証番号を入力して口座振替契約受付確認にてOKのようです。


 担当者の案内では,1時間後にカードを受け取れるということでしたが,実際には申込書を記入してから,概ね40分程度での受け取ることができた感じです。


 ちなみに申し込み内容は,VISAでS150/C30でしたが,何故かS80/C50でした。家内分も一緒に申し込んだのですが,主婦扱いにてS40/C30でしたね(家内も働いているのですが,カード申し込み担当者から「主婦」にしてほしいという要望があったため。夫婦で申し込んだ場合は,妻の方は主婦とした方が審査が早いらしい。)。恐らく,私の与信内容は既発行のAMU CLUB《セゾン》カード (S80/C50)と合わせた感じかと思います。


 私自身,1人でも百貨店,スーパー等に行くことがあるので,今では本日取得したヤマカタヤカードに加え,AMU CLUB《セゾン》カード(鹿児島中央駅の駅ビルであるアミュプラザ鹿児島のカード),三越カード,OMCカードと4種類所有することになってしまいました。財布の中はカードだらけですね。


 そうそう,先日,三井住友VISAプラチナがはじかれる記事を書きましたが,その後,更新されたカードで試してみると問題なく使えたので,はじかれたカードは磁気が弱かったようです。発行してそれほど経たないカードでもそういうこともあるんだなーと思いましたね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。