2007年06月26日(火) 00時18分07秒

オーデマ ピケ ダイナースクラブ プレミアム

テーマ:ダイナースクラブ

 ここのところ,仕事が相当忙しく,帰宅時間が午前を回っていることもしばしばで,ブログも投稿できず少々参ってます。


 さて,タイトルどおりですが,クレジットカードミシュランForum参加のN氏からダイナースプレミアムカードの初の提携カードである「オーデマ ピケ ダイナースクラブ プレミアム」が発行されるという情報をメールでいただきました。いよいよダイナースも路線変更か?と思ってしまいましたね。記事は日経ビジネスに掲載とのこと↓。


オーデマ ピケ ダイナースクラブ プレミアム記事

 特典は,通常のプレミアムカードに,オーデマ ピケならではのサービスとして,AP BOUTIQUE GINZA CLUBサロンでのサービスが付帯するようです。詳細はオーデマ ピケの優良顧客ならご承知かも知れません。入会はAPブティック銀座店で買い物をされた方で,オーデマ ピケに選ばれた方にインビテーションを送るというやり方のようです。まるで,AmExみたいなやり方ですわね。


 券面デザインは,記事中の参考券面写真を見る限り,氏名の刻印の下に「AP BOUTIQUE GINZA CLUB」が刻印されており,オーデマ ピケならではのデザインを採用した券面ではないようです。通常のプレミアムとそれほど見分けは付かないかも。


 ところで,提携カードのプレミアムカードは出さない方針だったダイナースクラブも,路線転換をしないと経営的に厳しい感じが窺える提携カードの発行でしょうか。今更ステータスの連呼をしても,どうなんだろうと思ってしまいますが,まあ,高級カードもいろいろあった方が消費者からはいいのでしょうけどね。


 当面は提携時計カードシリーズに打って出ると逆に面白かったりしますが,時計以外では,車とか趣味性の高いブランドとの提携も模索されるような感じを受けます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年06月18日(月) 18時54分37秒

ホスピタル・トランスポート廃止

テーマ:ダイナースクラブ

 本日,ダイナース機関誌の「SIGNATURE 7月号」が届きましたが,p.90を見て,またもやサービス低下か?と思ってしまいました。


http://www.diners.co.jp/press/hospital_pop.html


 このホスピタル・トランスポートですが,ダイナースの代名詞的サービスの一つであり,

「旅先で入院が必要となった場合,ご希望の病院まで搬送します。」という謳い文句で,1泊2日以上の国内旅行中の,病気やケガをサポートし,2週間以上の入院が必要と診断された場合は,現地の医師の了承を得たうえで,希望の病院まで無料で搬送するという,ベテランのダイナース会員には,なかなか魅力のあるサービスではなかったかと思います。↓は2007年9月のSIGNATURE臨時増刊「変える勇気,変えない勇気。」より


ホスピタル・トランスポート

 先日の,空港ラウンジの同伴2名無料の廃止(同伴2名無料サービスは,ダイナースが日本ダイナースからシティコープダイナースジャパンに経営権が移り,年会費の値上げと同時にサービスを付帯させたもの。)とホスピタル・トランスポート廃止は実質的な年会費値上げと同様かと思います。ダイナースのサービス低下は今に始まったことではありませんが,サービスに特色がなくなってしまうと,そのうちダイナースクラブカードそのものがフェードアウトしそうな気もします。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007年06月11日(月) 00時10分51秒

各カード会社の会員数,取扱高及び平均利用額の年度比較

テーマ:クレジットカードミシュラン

 JALカードの記事をコメントしたところ,K氏からメールにて5月30日付け日経新聞の「クレジットカード各社の規模(2006年3月末)」の記事の写しをメールでいただいたので,私が持っている情報と突き合わせ,1994年3月末分と比較をしてみました。


○2006年3月末時点(日本経済新聞,2007.5.30朝刊,会員1人あたりの平均取扱高の多い方から並べてみました。)

カード会社名,取扱高,会員数,会員1人あたりの平均取扱高

1 JAL,14,000億円,160万人,89万8千円

(参考:SMC,47,538億円,1,495万人,31万8千円)

2 VJAグループ,61,000億円,2,300万人,26万5千円 ※1

3 DC-UFJ-NICOS,96,000億円,4,300万人,22万3千円

4 UC-SAISON,66,000億円,3,600万人,18万3千円

5 OMC,14,000億円,810万人,17万3千円

6 AEON,18,000億円,1,400万人,12万9千円

7 JCBグループ,71,000億円,5,800万人,12万円

8 ORICO,13,000億円,1,100万人,11万8千円


※1 日経新聞では,三井住友カードの取扱高が記載されていましたが,よく調べてみるとVJAの間違いであることに気づきました。

(参考Web)

VJA http://www.vja.gr.jp/00m_gyo.asp

SMC http://www.smbc-card.com/mem/company/index.jsp


○1994年3月末時点(ランキングは上と同,ダイナースは1995年3月末)

1 ダイナース,3,283億円,76万人,43万2千円

(参考:住友クレジットサービス,14,603億円,1,132万人,12万9千円)

2 UC-SAISON,29,954億円,2,381万人,12万6千円(UCグループ及びSAISONの合算)

3 JCBグループ,35,007億円,2,898万人,12万1千円

4 VISAジャパングループ,25,546億円,2,108万人,12万1千円

5 OMC,6,616億円,755万人,8万8千円

6 DC-UFJ-NICOS,31,080億円,4,305万人,7万2千円(DC,mc及びNICOSの合算)

※2 JALカードの資料なし。

※3 参考文献 

 「よくわかるクレジット&カード業界,増渕政明,1996.4,日本実業出版社」

 「證券・生損保・ノンバンク早わかりマップ,小島郁夫,1995.1,こう書房」


○1998年3月頃

AmEx,会員数:110万人,平均利用額:55万円


 データ的には上記のとおりで,JCBを除くと各社会員1人あたりの平均取扱高が大幅に伸びていることがわかる。DC-UFJ-NICOSは,合併前後の整合性が取れているかどうかはわからなかったが,単純比較ながら伸び率は309%と最も大きかった。JCBは意外と12年前と会員1人あたりの平均取扱高はあまり変わらなかった。所有して使わないスリープカードが多いことを物語っているように思える。逆に年会費有料カードが多い三井住友カードは,会員1人あたりの平均取扱高は大幅に伸びていた。ANAカード,三越カード,リボ払い等の効果が出ているように思える。参考文献の「よくわかるクレジット&カード業界」から,ダイナースの場合は,1990年から1995年までの会員1人あたりの平均取扱高は,概ね40万円台で推移している。実際のデータと付き合わせてみると,前の記事にコメントした「クレジットカードサバイバル戦争」で記載のあった50万円は過剰見積もりかもしれない。


 AmExの場合は,ほとんど非公開であるので,「日経トレンディ」からの引用になるが,1998年頃の会員数は110万人前後,会員1人あたりの平均利用額は55万円とのことなので,グリーン,ゴールド及びプラチナ会員の平均取扱高は意外とこんなものかも知れない。


 しかし,JALカードの利用額がこれほどまでとは思いませんでしたね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月10日(日) 09時30分17秒

JALカードの年間平均利用額90万円

テーマ:クレジットカードミシュラン

 最近,仕事が忙しく家に帰ってもなかなかブログ等に書き込む元気がないので,失礼しております。


 ちょっと前のニュースになりますが,個人的に目を引いたのが,JALカードの利用状況で,フジサンケイ ビジネスアイによると「JALカードは2006年3月期の会員数が176万人、年間のカード利用額は約1兆6500億円。「旅行や出張などで頻繁に飛行機を利用する富裕層やビジネスマンを中心とした優良顧客」(カード会社関係者)が多く、1人当たりの年間カード利用額は平均90万円台と、国内最高水準を誇っている。」とあり,JALカードのハウスカード(JAL-DCやJAL-JCBとしての利用ではなく,JALカードとしての利用。)のみの利用で90万円とは驚きました。


 しかも,JALカードのハウスカードとしての加盟店は,国際カードであるVISA/MasterCard/JCB/AmEx/Dinersや国内ブランドカードのUC/DC/UFJ-NICOS等よりも遙かに少ない訳ですから,利用先はかなり限定された状況での90万円ですので,ほとんどの利用先がJALの航空券購入であることが窺えます。


http://www.jalcard.co.jp/milenet/index.html


 私もJALカードは持っているのですが,JALを利用する際は,ANAダイナースで決済するため(ダイナース決済により国内旅行傷害保険を1億円付帯にするため),JALカードの利用額はほとんどありません。


 これまで,私が知っている範囲で,記事にされたことがある年間平均利用額は,AmEx(ゴールドとグリーン)の55万円(日経トレンディ,1998.3),ダイナースの50万円(クレジットカードサバイバル戦争,岩田昭男,1995.1)であり,この数字から見ても90万円という決済額は突出していることがわかると思います。


 ただ,プレミアカードとしてのJALカード(JAL-Club-Aカード)の歴史は古い方で,国内で初めて航空傷害保険を付帯させ,海外出張が多いビジネスマンに重宝されたという事実もあることから,これらの方が長くJALカードを保持し,引き続きJALを利用し,現在ではマイルを貯める目的もあって,それだけ高額決済がなされているのではないかと思いますね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。