2006年05月28日(日) 18時38分38秒

アメックスの海外アシスタンス

テーマ:アメリカンエキスプレス

 ここで記事を書くと,他のクレカ情報サイトにパクられるのが,非常の頭にくるのですが,いい加減にしてほしいものです。特に三井住友VISAプラチナの情報は,2000年の発行から,私自身追っかけて来たので,うちの情報そっくりそのままのパクリサイトは腹立たしいですね


 さて,クレジットカードミシュランのCCM Forum I でちょっと話題になっている海外旅行傷害保険ですが,アメックスのオーバーシーズ・アシスト規定を見ると,面白いことに気づいてしまいました。1998年当時,アメックス・ゴールドを取得した際に,グリーンとの差はあまり見いだせなかったのですが,再度規定を読み直してみると,グリーンが「ホットライン」に対して,ゴールド以上は「アスシト」であることに気づきました。当時,アメックスに問い合わせても「ホテルの部屋に薬を持って行くサービスがゴールドで,そうでないのがグリーンである。」と半ばイメージ的な説明しか受けていなかったのですけど,あらためてみてみると,他社のアスシトサービスとはかなり異なることが分かりました。


 三井住友カードを例に取ると,海外旅行傷害保険は,引受損保である三井住友海上火災と提携し,このうち海外アシスタンスサービスである「日本語緊急援助サービス」は,更に提携アシスタンス会社であるAXAアシスタンス会社及びインターナショナルSOS社のネットワークを利用しているということになります。これは三井住友カードに限らず国内の各クレジットカード会社が,損保と提携し,その損保の多くが,各アシスタンス会社と提携し,海外旅行時の日本語緊急援助サービスを実現していることになります。ただ,オリコカードのように保険は付帯するが,日本語緊急援助サービスは付帯しないといった例もあるので,クレジットカードの付帯保険をあてに旅行を行おうとする人は注意が必要でしょう。


 アメックスですが,規定を読むと,グリーンは,A.海外情報サービス(グローバル・ホットライン)のみサービスが適用され,グローバル・ホットラインでは日本語緊急援助サービスはなく,「医師,歯科医師,病院,弁護士の紹介」,「カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金のお手伝い」のみで,グローバル・ホットラインは,提携プロバイダのワールド・アクセスが業務を行うようです。つまり,規定の中からは,他のクレジットカードが損保会社のアシスタンスサービスを利用しているのに対し,アメックスは,損保は保険の付帯のみということが窺えます。


http://www.americanexpress.com/japan/include/maincontent/personal/cards/benefits/newkitei.pdf


 一方のゴールドになると「オーバーシーズ・アシスト」が付帯され,B.緊急支援サービスが提供されます。提携アシスタンス会社は,グリーンと同じワールド・アクセスで,サービス内容は他社クレジットカード提携の損保の海外アシスタンス会社のサービスとほぼ同じではないかと思います。ただ,アメックス・ゴールドの場合は,内容が細かく記載されており,このあたりはさすがにT&Eカードといえるかも知れません。


 なお,アメックス・プラチナ・カードは「プラチナ・カード・アシスト」が付帯され,センチュリオン・カードは,「センチュリオン・カード・アシスト」が付帯され,「オーバーシーズ・アシスト」の緊急支援サービスに加えて,それぞれのカードに対応する他のサービスも提供されるようです。


プラチナ・カード・アシスト規定

 アメックス・カードで,海外でそれなりの対応(安心)を求めるのならば,ゴールド・カード以上の方が無難かも知れません。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年05月18日(木) 06時20分38秒

センチュリオンのマンダリン・オリエンタル・ホテル宿泊特典

テーマ:AmEx Centurion

 最近,東南アジア系のリモートホストからのスパム投稿が連続してありますが(特にJCB THE ClassやCenturion Benefitsの記事),当方としても対応に苦慮しています。気づいた時点で削除はしていますが,さすがに24時間監視はできないので,読者の方はリンク先には御注意下さい


 さて,先日,Rare Forum登録の方から送って頂いたものの1つに,マンダリン・オリエンタル・ホテルの宿泊特典がありました。特典内容は,2日以上連続した滞在の場合,1泊分が無料,朝食サービス,1ランク上の部屋のアップグレード(予約時空室がある場合→確約),レイトチェックアウト(4時),ギフトプレゼントとバトラーサービスの利用などがあります。


マンダリン特典案内

 さて,個人的にプレミアムカードのホテル優待で最も有り難いのは,

1.安価なレート

2.予約時アップグレードの確約

3.レイトチェックアウト

になります。高級ホテルでのこれらのサービスは,さすがにアメックス・センチュリオン・カードが最も充実しており,年々,FSP関連サービスが縮小されている中でも,他社プレミアムカードが追いつけない部分ではないかと思います。


マンダリン


 私が持っている三井住友VISAプラチナカードも,以前はFSP上級会員資格付帯として,Hilton HHonors Gold VIP(Asia-Pacific VISA Platinumのサービス),STARWOOD PREFERRED GUEST GOLD(三井住友カードVISAプラチナのサービス)がありましたが,2005年に最後まで残っていたSPG-Gサービスの廃止により,国内ホテルの優待はかなり縮小されてしまいました。SPG-Gに付帯しているレイトチェックアウトは有り難かったのですけどね。


 ただ,私自身,FSP上級会員資格を維持できるような環境にはないことと,1つのホテルに年に何回も泊まるほど我慢強く?ないし(先日,3ヶ月の間,東京の第一ホテルに3滞在5泊したら,そのホテルに泊まるのが飽きてしまいました。),ましては,スターウッド系のホテルで泊まりたいホテルよりもハイアットや他の高級ホテルに魅力を感じますから,どちらかといえば,プレミアムカードにアップグレード,レイトチェックアウトのサービスが付帯している方が有り難いと思います。もっとも,SPG-Gを維持できなくても,再度申し込みが可能であった(三井住友)VISAプラチナカードのサービスがあればもっといいのですけどね。


 ところで,いつも送って頂いているアメックス・センチュリオン・カード関連資料には宛名付きの封筒まであるのですが,ちょっと気になったのはタックシールの右下に印字してある番号です。ちなみに,送って頂いた封筒には,9006XXXが印字してあり,仮に9000001からの通し番号であるのであれば,全国でセンチュリオンカード会員は7,000~1万人弱程度は存在しているのではないかと思ってしまいます。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年05月16日(火) 01時54分09秒

為替レート(3)

テーマ:クレジットカード基本機能

 クレジットカードの為替レートについては,為替レート為替レート(2) で紹介したところですが,ここ数ヶ月のMasterCardの為替レートのデータがあったので,まとめてみることにしました。MasterCardの為替レートは,三井住友カードの利用代金明細書中,個人輸入により購入したものの中からピックアップしてみました。時期は異なるものの,下記のとおりInterbank rate と比較してMasterCardの為替手数料は,1.23~1.61%の範囲でした。


 三井住友カードのMasterCardの為替手数料は1.63%であるため,この手数料よりは有利だったようです。まあ,換算レートも換算日によりますので,このあたりの微妙な数字に一喜一憂する必要はないと思いますが,どの程度のレートで換算されたかは知っておいた方がカードを使う際の参考になろうかと思います。


 残念ながら,AmEx,DinersやJCBが使えるサイトが少ないため,他の国際ブランドを試す機会はあまりないのですが,私が使った範囲では,VISA/MasterCardがレート的には有利な印象を持っています。


利用日:2005年10月24日,換算日:10/26/2005

為替レート:1USD=116.930JPY

換算日のInterbank rate:115.100

対Interbank rate手数料:1.59%


利用日:2005年12月3日,換算日:12/05/2005

為替レート:1USD=122.184JPY

換算日のInterbank rate:120.695

対Interbank rate手数料:1.23%

利用日:2006年1月14日,換算日:01/16/2006

為替レート:1USD= 116.066JPY

換算日のInterbank rate:114.226

対Interbank rate手数料:1.61%

利用日:2006年4月6日,換算日:04/07/2006

為替レート:1USD= 119.390JPY

換算日のInterbank rate:117.578

対Interbank rate手数料:1.54%


 ちなみに2006年4月1日から頃のInterbank rateは,下記の表のとおりで,小幅ながらレートは随時変化していますから,たまたまレートのいいときに当たるとラッキーといったところでしょうか。もちろん,取引額(カード決済額)によっては,このあたりの為替レートの変動も大いに気になるかも知れませんね。

 換算日については,三井住友マスターカードの場合は,オンラインショップ利用から1,2日後にレート換算されるようです。


04/01/2006 117.5620
04/02/2006 117.8210
04/03/2006 117.830
04/04/2006 118.1380
04/05/2006 117.6440

04/06/2006 117.3220
04/07/2006 117.5780
04/08/2006 117.8760
04/09/2006 118.3480
04/10/2006 118.3470

04/11/2006 118.30
04/12/2006 118.5140
04/13/2006 118.2530
04/14/2006 118.510


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月04日(木) 04時43分41秒

コンパニオン・カードの案内が来る。

テーマ:アメリカンエキスプレス

 アメックスのグレーのコンパニオン・カードについては,以前ここでも記事 にしたことがありますが,正式な形でのインフォメーションは今回が初めてではないかと思います(少なくとも私にとっては。)。案内によると↓,


コンパニオン・カードの案内

 コンパニオン・カードは,新しいデザインに変わりました。

 ※新デザインのコンパニオン・カードは,更新時に順次お届けしております。

 ※更新以前に新しいデザインのコンパニオン・カードへの切り替えはいたしかねます。

   あらかじめご了承願います。


とあり,券面変更が正式にアナウンスされた形になります。


 さて,私の場合は,2008年までグリーンのコンパニオン・カードを使わなければなりませんが,限度額枠は20万円とリボカードとしてはほとんど使い物にならず,たまーにコンビニで使用するか免許証入れの肥やしとなっている状況です。


限度額の案内
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。