2005年09月29日(木) 00時32分07秒

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(4)

テーマ:プラチナカード

 昨日(9月28日),セゾンから《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの入会申込書等が届きました。プラチナカードのリーフレット↓,入会申込書,記載例と返信用のビニールの封筒が入っていました。


セゾン・プラチナ・アメックス資料


 《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのリーフレットには,


真の実力を秘め、プラチナという至高の輝き。


今日を超えて新しい自分にチャレンジする人に、


磨き抜かれた価値とクオリティ、


《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード。


洗練された輝きに秘めた、大きなゆとりと実力。


この一枚が、国内でも海外でも


最高水準の快適と歓びをお約束します。


セゾン・プラチナ・アメックス


 とありました。


 セゾンのWebや日経プレスリリースにあったpdfの画像では,カードフェイスは今ひとつ感があったのですが,リーフレットの写真を見ると,思ったよりはマシかなって思うようになりました。ただ,SAISONの大きな文字はちょっと気になりますね。資料に記載のあったサービス内容は,セゾンのWebにある程度の情報しかなく,肝心の海外旅行傷害保険の保障額等については,Web以上の情報は何もなしでした。ただ,限度額枠は,200万円,300万円,500万円,指定なしと選択できるようになっており,他社にないスタイルかと思います。限度額枠が比較的大きいので,審査基準のハードルもそれなりに高いことが窺えます。


 さて,私自身,申し込むかどうかになると,やはりちょっと考えてしまいます。もし,VISAプラチナカードを持っていなければ,即申し込んだと思うのですが,自分の行動範囲やT&Eを考えた時,取得してもこのカードの出番はないかなーと思ってしまいます。2万1千円という年会費は魅力の一つなのですけど,VISAプラチナを解約して《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを取得したくなるかというとと,なかなかそういう気持ちにはなれないでしょうか。やはり,プラチナカードを持ったことがなくてプラチナカードに興味がある方であるとか,他社プラチナカード以上のカードを持っていて年会費が気になる方にとっては,入会してみる価値はありそうな気もします。


 個人的に気になるのは,旅行傷害保険の内容と保障額ですが,《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードの保障額から推測すると,VISAプラチナやJCB THE CLASSと同じ保障額ではないかと予想しています。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005年09月24日(土) 18時15分53秒

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(3)

テーマ:プラチナカード

2005-09-25 17:00:00 一部加筆


 《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのカードフェイスについては,別記事 に記載したが,よくよく考えてみると,このカードはセゾンのプラチナであって,アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードではないことが窺える。プラチナ・カードは,アメリカン・エキスプレス・カードが商標登録 しており,アメックス・プラチナ・カードの提携カードのみその名称が使えるものと考えられる。


 つまり,アメックス・プラチナ・カードとの提携カードであれば, 《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは,《セゾン》アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードと呼ぶべきであろう。したがって,カードフェイスがSAISONプロパーであることは,当然のことではないかと思うようになった。ただ,最初に《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・ブルー相当カード)が発行されたときは,アメックスが採用しているカードフェイス(アメックス・ブルー)だったので,《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのカードフェイスについては違和感を感じたが,SAISONの上位カードとしてのプラチナカードであれば,逆にSAISONプロパーのカードフェイスでなければならなかっただろう。


セゾン・アメックス

《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード


アメックス・ブルー

アメリカンエキスプレス・ブルー・カード


 アメックスのパートナー企業でカードを発行しているカード会社が,アメックス・プラチナ・カードを発行しているかどうかはわからないが,今回の《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは,USのPlatinum VISAと同じく,カード発行会社が独自に発行しているプラチナカードであり,日本でのMasterCard Goldと似たようなもの(厳密には異なる。MasterCard InternationalがGoldカードを開発したため。)思っていただけたら理解しやすいかもしれない。ちなみにUSのVISA発行会社の場合,プラチナ(Platinum VISA) だけでなくチタン(Titanium VISA) といった様々なブランド名を冠した年会費無料のプレミアムカードが存在する(Platinum VISA=発行会社プラチナ,VISA Platinum=VISAインター統一プラチナ と私は考えている。並び順による区別はあるようである。)。


 国際ブランド毎の上位カードの取扱いは,全世界或いは国内でサービス及びカードフェイス等必ずしも統一されているとは言えない。例えば,MasterCard Gold(YGクラスを含む)は,日本でも数多くのカード会社が発行しているカードになるが,サービスはカード発行会社により千差万別で,例えば,空港ラウンジ提供状況を例に取ると,DC MasterCard Gold,UC MasterCard Gold等には空港ラウンジサービスがあるが,SAISON MasterCard Gold,ACOM MasterCard Gold,Orico MasterCard i-Gold ,三井住友MasterCard Gold 20's(YG)には空港ラウンジサービスはないといったような感じだろうか。海外での共通サービスはカードの緊急再発行のみに限定され,基本的にMasterCard Goldはカード発行会社のサービスしか受けられないようになっている。


 複数のカード会社が同じプレミアム・カードを発行して,ブランド提供側が同じサービスを提供しているカードとなると,全世界をエリア別に分けたVISA Platinum / VISA Signature / Infinite と国内のJCB Goldだけではないだろうか。USで無料のPlatinum VISAが多くのカード会社から発行されたが,VISA Signatureや他のエリアのVISA Platinumとは異なり,VISAインターからの統一されたサービスはないようである。

 Dinersのプレミアムカード(ブラックカード)は,カードフェイスのみ共通化を図っており,レギュラーカードで統一されたサービス(空港ラウンジサービス等)以外のサービスは発行会社それぞれのようである。


 《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードがアメックス・プラチナ・カードと同じプラチナ・カードでなければ,これまで自社ブランドのスーパーゴールドカードは住友クレジット(ゴールド2100)やDCカード(DCノブレス)で存在したものの,今回の《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは,国内ブランドとしてのプラチナカード発行は,恐らく初めてではないだろうか。こういった点からも注目のカードであるような気がする。

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2005年09月22日(木) 01時20分22秒

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとグレーのコンパニオン

テーマ:プラチナカード

 《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの発行のニュースはかなりのインパクトがあった。

 このカードと競合するであろうと思われるカードは,年会費がほぼ近いアメックス・ゴールド,同じアメックス・プラチナとVISAプラチナ(三井住友,CITIBANK)あたりではないだろうか。海外で汎用性の高いカードとなるとVISA / MasterCard / AmExなので,国内・海外での加盟店が少ないダイナースや海外での加盟店が少なく24時間コンシェルジェ・サービスのないJCB THE CLASSとは直接的には競合しないのではないかと思う。


 素人でもこのように予想してしまうのだが,当然ながら安価な年会費でプラチナを名乗る提携アメックスが出た訳だから,国内で本家のアメックス・プラチナを発行しているアメックス・日本支社が面白い訳はないのではないかと勝手に想像してしまう。つまり,今回の出来事が米国本社主導で行われたように思えるのである。ちょっと前の,VISAジャパンの頭越しにNICOS,DCが直接VISAインターと交渉してVISAカードを発行した事件に似ているものを感じるのは私だけだろうか。


 ところで,《セゾン》プラチナ・アメックスは,何故かSAISONカードのカードフェイスで発行されることになっている。《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードがアメックス・プロパーのカードフェイスで発行されていることからするとかなり違和感を感じている。少し前のアメックス・日本支社の動きを思い出すと,グレーのコンパニオンカードをカードの色に関係なく発行していたことに気づく。他国ではアメックス・プラチナ・クレジットカードとして発行されているカードにも係わらずに。。。である。このため,セゾンが,アメックス・プロパーのカードフェイスを使えず,SAISONプロパーで発行せざるを得ないとしたら,なんとなくグレーのコンパニオンカードの存在も説明がつくような気がする。


 憶測でモノを言って申し訳ないのだが,アメックス・日本支社は,《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの発行に反対だったのではないだろうか?自前の会員の確保に十分影響を与えかねない訳だから,そういう動きになるのは自然ではないかと思う。ただ,アメックス・カードの会員数の拡大にはセゾンとの提携強化も必要ということで,今回のセゾン・プラチナ・アメックスの発行に至ったように思える。アメックス・プラチナとプラチナ・アメックスという語句の並びもなんとなく意味がありそうな感じである。


 最近でのJCB THE CLASSのカードフェイス変更を見ても,カードのデザインは顧客の注目を惹くための大きな影響力を持っていると思える。もし,《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードがグレーのコンパニオンカードのカードフェイスだったらどうだろうか?本家のカード会員を食ってしまう可能性は十分にあるのではないだろうか。


 私は,《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードに大きな期待を寄せて取得したことがある。ただ,アメックスならではのサービスを期待していたので,正直なところがっかりした。その後すぐに《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードは解約して,アメックス・グリーンを取得した訳であるが,今回のニュースリリース中の資料として《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードの会員数が50万人という数字が出ており,多くの会員の支持を集めたカードといえるだろう。一方,《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの発行予定数は5万人ということであるが,年会費2万1千円の設定は,多くのカード保有者の興味をそそるのではないだろうか。他のプレミアムカードを持っている人にとっても,使いやすいサブ・プレミアムカードにもなりうるような気が個人的にもするが,どうだろうか?


※ 記事中の内容は,ほとんど憶測で記載していますので,読み物感覚で読んで頂けたら幸いです。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年09月20日(火) 22時53分23秒

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

テーマ:プラチナカード

 このニュースには,びっくりしましたね。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=110959&lindID=3

http://www.saisoncard.co.jp/amexpt/

http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca103.html


 ついにセゾンもプレミアムカードの市場に乗り込んだかな?なんて感じですが,年会費はなんと2万1千円!ただ,サービスはあくまでセゾンのようですが,Priority Passを付帯させたり,ハーツNo.1ゴールドを付帯させたりと,パフォーマンスはなかなかのものだと思います。また,コンシェルジェ・サービスは,24時間専用デスクで,カードに関する問い合わせからコンシェルジェ・サービスまで網羅しているので,この年会費でこのサービスを付帯させるとは,なかなかCPに優れていると思います。


 対象は,40歳代の男性ミドルエグゼクティブや30歳代キャリアウーマンとのことで,従来のセゾンカードではなかなか顧客を獲得できなかったいわゆるプチ富裕層を取り込もうとしているように窺えます。


 2005年も中盤に入り,VISA Platinum LEXUSカード,JCB THE CLASSのブラックカード化,セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード発行と,上級カードの市場も俄然活気を浴びてきた感じがします。


 私も申し込んでみたくなるカードですが,以前の《セゾン》アメックス・ブルー・カードの記憶がよみがえる感じがしますねぇ~。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年09月20日(火) 22時19分06秒

New JCB THE CLASS

テーマ:最高級?カード

 いつ,このカードを紹介できるのだろうかと思っていたところ,本日,JCBのゴールド会員用機関誌である「THE GOLD」○九Bが届き,その中のページにありました。ちなみにダイナースからはSIGNATUREが同じ日に届きました。JCB THE CLASSはゴールドカードフェイスから,各社の最上級カードが採用しているブラックフェイスに変更になりました。既存のザ・クラス会員は,有効期限到来時に変更されるようですが,希望をすれば事前に変更も可能のようです。今回のTHE GOLDの広告を見ると,ダイナース・プレミアムとアメックス・センチュリオンをかなり意識していることが窺える感じです。個人的なカードフェイスの印象は,かなりクールな感じで,良いと思います。他国で発行しているJCB Platinumよりは高級感があるので,今回のカードフェイス変更は既存会員にとっても良かったのではないかと想像するくらいです。従来のTHE CLASSが見た目,ゴールドカードとほとんど変わらないカードフェイスだったので,差別化を図る意味でも今回のカードフェイス変更は意義があったと思えます。


 広告では,


 JCB

THE CLASS


人々の夢は、世紀を代表する傑作を、数多く生み出してきました。


それらは、時代を超えてなお美しい輝きを放ち、人々の描いた夢を、私たちに語りかけています。


美しい夢には美しい輝きが、最上のステイタスには最上の誇りがふさわしい。


新たな顔を持った「ザ・クラス」-その価値は、はかり知れない。


New JCB THE CLASS


 という謳い文句で,NewカードフェイスのJCB THE CLASSの紹介がありました。今のところは,カードフェイスを変更しただけという印象が強いのですが,これからサービスのてこ入れがあるのかどうか,注目したいところです。今回のカードフェイス変更で,THE CLASSの入手は,ゴールドカード会員の中からインビテーションという形での案内になり,併せて審査基準も変更されるとの話もあるようですが,一般に浸透させるには,従来の審査基準である1200万円以上の年収と100万円以上の実績及び40歳以上の役職者というハードルはちょっと高い気がします。


 ただ,他社プラチナ以上のカードが全て24時間コンシェルジェを付帯させているのに比べると,THE CLASSといえども,ゴールドカードと同じ営業時間のコンシェルジェ・サービスではイマイチ感は拭えないところでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(86)  |  リブログ(0)
2005年09月20日(火) 03時39分01秒

情報誌VISA 2005.10

テーマ:クレジットカード付帯サービス

 各社の情報誌がいつ頃来るのか,前からチェックはしていたのですけど,JAL Club-Aの「Agora」のチェックはついつい忘れてしまいました。三井住友カードの情報誌VISAは9月5日に10月号が来ました。我が家では最も速い情報誌送付になります。最も,8月号と9月号は合併号になるので,早期送付になるのかも知れませんが。同封されていたのは,情報誌以外に保険の広告と通販の広告,それからVISA JAPAN Hotel Stay Couponがありました。三井住友カードの場合の情報誌は1つで(確かMasterCard専用版もあったと記憶していますが,情報誌名が異なるだけだったかと思います。),レギュラーカード,ゴールドカード,VISAプラチナカードのそれぞれの専用の情報誌はありません。アメックスが,DEPRTURE(センチュリオン・プラチナ)とIMPRESSION GOLD(Gold),JCBがTHE GOLD(THE Class,GOLD)とJ Basket(JCB会員用情報誌)とカード種別毎に専用情報誌を発行しているのに比べると,特にVISAプラチナ会員向け用には見劣りがする感じは否めないと思います。ただ,同じVISAジャパンでもCITIBANKの場合は情報誌そのものがなく,こちらも情報提供という点では,どうかと思いますけどね。


情報誌VISA 2005.10


 個人的な印象では,最近の「情報誌VISA」は紙面構成のデザインは表紙を含めて,すっきりとしてきたように感じます。記事の内容は,以前とそれほど変わっていないと思うのですけど,構成で雰囲気も変わる感じがします。JCB THE GOLDが地域別の情報を出していますが,情報誌VISAの場合は,全国を網羅していくというスタンスで,情報の取扱では三井住友カードとJCBはちょうど対峙しているような感じでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年09月12日(月) 22時47分39秒

アメックス,ダイエーで再度はねられる。

テーマ:アメリカンエキスプレス

 「IMPRESSION GOLDが来ました。」 のところで,ダイエーの総菜売り場のレジでアメックスを出したらはねられたと書いたのですが,再度,チャレンジしてみました。というのも,日曜日にダイエーに行ったとき,レジの天井につり下げられていたプレートに,使えるカード種別ととして,しっかりとアメックスのマークがあったからでした。

 でも,結果は同じでしたね。


 一応,飲み物を買って,店員にカードを渡してみたところ,2回,3回スキャンしても「ピー」という音がして,エラー表示が出たようでした。その店員,次はどうするのかな?なんてレジのわきで見ていたのですけど,前回の店員とは異なり,カード番号を入力し始めました(おおっ!エライ,エライ!)。ただ,その店員はカードの種別があまり分からないようで,私が「07のアメックス,アメックス」と言うと,06のダイナースを選択しようとするではありませんか,店員はダイナースと勘違いしたようです。結局のところ,07のアメックスを選択しても「ピー」とエラー表示が出て,ジエンド。またまた,OMCカードを出して終了でした。しかし,OMCカードってダイエーではスムーズですよね。今度は,他の店舗でアメックスを試してみたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年09月05日(月) 01時38分54秒

IMPRESSION GOLD 2005.9

テーマ:クレジットカード付帯サービス

 8月31日にIMPRESSION GOLD 9月号が来ました。当ブログでアメックスはIMPRESSION GOLD送付についてルーズと記載したのが効いたのでしょうか?先月号を含めカード切り替え後としては,スピーディーな感じがしますね。


IMPRESSION GOLD 9/2005


 内容はいつもどおり,オヤジ向け?(基本的にモノの紹介と商品コマーシャル,サービスの案内がほとんどかも。)となっております。記事中で優待情報があり,ソニーのQUALIA東京でゴールド・カード限定サービス「QUALIA東京 American Express Week」があるようです(この限定ってどこまでか分かりませんが,グリーン,プラチナ,センチュリオンはどうなのでしょうかねぇ??)。キャンペーン期間中(9月10日,11日,14~19日),QUALIA東京を訪れ,受付でゴールドカードを提示すると,2,000円の飲食券プレゼント(銀座ソニービル内のソミドバー,あるでん亭,カフェ・ラキ,マキシム・ド・パリ/ケーキショップ&レストラン)と視聴専用個室で優先商品体験(事前予約が吉)の2つが特典としてあるようです。都内在住の方は,タダ飯狙いの女性同伴でいかがでしょう?


 ところで,QUALIAですが,ソニーの高級AV商品ラインナップに位置づけられ,他のソニー製品と徹底した差別化がされており,コンセプトはほぼトヨタレクサスと同様な印象を受けます(ソニーが先行してサービスをスタートさせましたが。)。こちらも独特のコンシェルジュサービスがあり,ショールームでのもてなしと,なんでも購入時の適切なリスニングポイントを含めたセッティング等もやってくれるようです。QUALIA005(液晶TV)が発売されたときには,商品が置いてある少ない家電店を回ってみたものの。。。SD画質(いわゆるDVDレベルと地上波放送レベルの画質)を見ると,QUALIAといえども液晶TVはまだ購入時期ではないなーと思いましたね。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年09月05日(月) 01時12分19秒

JCB THE GOLD 2005.9

テーマ:クレジットカード付帯サービス

 JCB THE GOLDが8月22日に来ました。8月号と9月号を合併して1誌にまとめてあるカード会社も少なくない中,月別発行にしている点は評価できると思います。また,ゴールドカード専用誌として編集されている点も,特に銀行系他誌が一般とゴールド共通になっていることを考えると評価できるのではないでしょうか。


JCB THE GOLD 2005.9


  今回は裏面の広告に目がいってしまいました。最近のJCB THE GOLDはブルガリが多かったんですけどね。マイバッハを広告につけるとは。。。。恐るべしJCB THE GOLD!バックナンバーをあたってみると,ブルガリの他にメルセデス,オメガ,ダニエル・ロート,ホンダあたりが広告に使っているようです。バックナンバー20誌中半分がブルガリでしたね。裏面の広告で当該カード会社のカードイメージに寄与する部分もあると思いますが,いろいろ見てみると各社まちまちのようです。ただ,他誌を含めて広告の種別では,時計,車が圧倒的に多く,中でもブルガリの出現率は多く,他ではアメックス・ゴールドのIMPRESSION GOLDでのトヨタやダイナースのSIGNATUREでのカルティエも多い感じです。


JCB THE GOLD 2005.9裏面

 

 さて,以前からJCB THE GOLDの表紙に記号があることは知っていたのですが,今回表紙をまじまじと見ていたら,当該号は○に九Bという記号が表紙の雑誌名の下に印刷されていました。文字列から九州B版ってところなのでしょう。JCB THE GOLDのバックナンバーを当たってみると,どうやら2004年4月からこの記号が印刷されており,当該号では○に西Bとあり,2004.5まで同じで,2004.6は○に西B2と変更され,2004.9までは同じ記号を使っているようです。2004.10からはまた○に西Bに戻り,2005.1から○に九Bに変更され,何故か2005.3は○に九B2に変更され,2005.4は元の○に九Bになっているようです。地域別にコードを変更しているということは,紙面の一部を変更している可能性がありますが,現時点では特定できていません。まあ,カードインフォメーションの内容を若干変更している程度と思いますけどね。後,BやB2というのも気になりました。どの紙面にもJCB THE CLASSのインフォメーションはあるので,JCB GOLDがBでTHE CLASSがAとなっていることは考えにくい気もしましたが,他誌ではないことでしたから,ちょっと気になりましたね。ちなみにJCB THE GOLDは家内が本会員として送付されているので,毎回,パラパラめくる程度で,印象に残る特典はTHE CLASSを除くとあまりないような気がします。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。