1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年02月27日(日) 23時18分03秒

ユニークな付帯保険

テーマ:クレジットカード付帯保険
 クレジットカードには,比較的よく知られている海外旅行傷害保険,ショッピングプロテクション(カード会社によって名称は異なる。ちなみにショッピングプロテクションは,アメックスが開発。),国内旅行傷害保険等が付帯されている。通常は,全てのカードにデフォルトで付帯しているカード紛失時や盗難時に保障されている保険を除くと,各カードの付帯保険はまちまちである。ただ,旅行で使って貰うことを意識して,多くのカードには,海外旅行傷害保険がゴールドカードのみならず一般のカードにも付帯されている。

 さて,ユニークな付帯保険といえば,アメックスセンチュリオンやアメックスプラチナ等オーバーゴールドクラスのカードにはよく見られるが(クレジットカードミシュランWeb Site版「AMEXプラチナとVISAプラチナ」,「アメックス・センチュリオン」参照),ゴールド以下でユニークな保険といえば,JCB GOLDに付帯している犯罪被害傷害保険と空き巣被害見舞金はもっともユニークといえる。これは,国内外問わず,ストーカーなどの「第三者の故意による加害行為」によるケガ,及び「ひき逃げ」によるケガを補償するもので,死亡・後遺傷害が1,000万円(ただし,家族会員を除く。),入院保険金が7,500円(手術の場合,7,500円×40倍まで),通院保険金が5,000円(180日以内で90日が限度)が支払われる。ちなみにこの保険は,海外旅行傷害保険と重複して支払われる。空き巣被害見舞金は,留守時に空き巣に遭ったときに一律5万円(1年間に1回が限度)が支給される。家族会員にも支払われるので,実際の支払額は5万円×会員数となる。ただ,支払われるといっても,請求額と相殺されるようなので,当該月の請求実績があれば,請求額が減免される仕組み。

http://www.jcb.co.jp/loan/hoken/futai_hoken/index.html
詳細な解説は,こちらhttp://www.jcb.co.jp/pdf/all.pdf

 次にユニークなのは,DC GOLDの国内旅行傷害保険プランBだろうか。通常の国内旅行傷害保険(DC GOLDの場合は,利用付帯)に加え,事前に電話で申込み,旅行中のケガによる入院・通院費用(傷害入院日額5,000円,傷害通院日額3,000円),賠償責任(免責1,000円),携行品損害(免責3,000円)が補償される。1回分の補償は,3泊4日以内の旅行を対象とし,年間(12月~翌年11月)3回まで申込み可能。

http://www.dccard.co.jp/travel/j_hoken.shtml

 その次には,年会費が若干高くなるが,JALダイナースカード,CLUB-Aゴールドカードに付帯しているゴルファー保険だろうか。ゴルフプレー中適用になる最高1億円の第三者賠償と,最高300万円の本人傷害をカバーする保険が自動付帯される。通常のゴルファー保険は,これにホールインワン保険,用品損害保険が付帯されるが,賠償だけでいいという人にとっては悪くないと思う。

http://www.jalcard.co.jp/insurance/incidental/golf.html

 他では,ネット社会を意識してのアメックスのオンライン・プロテクション,NICOSのネットセーフティサービスがある。

アメックス:http://www.americanexpress.com/japan/cust_svce/onlinefg_jp.shtml
NICOS:http://www.nicos.co.jp/card/emergency/net_safety.html

 興味のある方は参考にされたい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月24日(木) 00時29分18秒

東急TOPカードの年会費が永年無料に。

テーマ:クレジットカード最新?ニュース
 東急TOPカードの年会費が永年無料になったようです。対象カードは,インターナショナルカードで,VISA(三井住友カード提携)とMasterCard(DCカード提携)になります。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=94073&lindID=3

 一部の提携カードが年会費永年無料となっているケースは珍しくありませんが,プロパーカードを永年無料にしたケースは初めてではないかと思います。

 日本のクレジットカードの場合は,マンスリークリアが一般的でアメリカのリボ払いが中心のクレジットカードと異なり,年会費は重要な収入源になっているはずですが,セキュリティ対策,会員サービス等コストがかかる分をどうやって回収できるか,注目されるのではないかと思います。

 また,東急TOPインターナショナルカードは,利用付帯(カードで海外旅行代を支払う必要がある。)の海外旅行傷害保険があり,東急TOPカードをメインカードとする方にとってはメリットがあるのではないでしょうか。

http://www.topcard.co.jp/insurance/travel/travel01.htm
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年02月23日(水) 21時10分24秒

羽田空港第2ターミナルエアポートラウンジ2F

テーマ:空港ラウンジ雑感
 東京出張でした。
行きはANAを使ったので,時間はなかったんですが,到着時に興味津々で羽田空港第2ターミナルのエアポートラウンジ(2Fのエリア外ラウンジ)を利用してみました。

さすがに真新しい感じで,モダンな雰囲気が感じられます。残念ながらシャワー室は見ることができませんでしたが,広いラウンジエリアは好感が持てます。



 また,ラウンジは出発ロビー側に面しており,全面ガラス張りで少なくともロビー側は明るい感じがしました。ただ,ラウンジ内は比較的ダークな感じがしていましたから,仮眠を含めてゆっくりする分は悪くないと思います。



 イスの配置は,個人客を意識したようなレイアウトになっており,第一ターミナルの南・北・中央エアポートラウンジのようなテーブルを囲むようなイスの配置(相席が多い感じ)ではありません。
 また,ドリンクブースもすっきりまとめてあり,なかなか良い雰囲気であります。トイレの洗面台は,ハイアットグランド福岡のグランドルームを思い出させるようなガラス製になっており,デザイン的にも配慮がある感じです。



 帰りの便は,JALでしたからアメックスで南ラウンジを利用し,またまたアメックスで新大和でアメックス定食(海老玉丼)を食し,羽田を後にしました。まだ,第2ターミナルのゲート内ラウンジを利用したことがないので,なんとも言えませんが,南・北・中央・2タミエリア外では,2タミエリア外のラウンジが最も秀逸という気がします。

 そうそう,アメックスの固定ブースで空港ラウンジリストを貰ったのですが,毎度のことながらワープロソフトで作成したような簡単なもので,リストといっても羽田と成田のみの記載でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月21日(月) 23時28分56秒

暗証番号(5)

テーマ:クレジットカード基本機能
前に続きます。

 「暗証番号」と題して,カード会社の会員規約から読み取れる情報を元に経時的な側面を含め自分なりに解釈してみた。

 解釈した結果,結論から述べると,クレジットカードの暗証番号盗用によりキャッシングされた場合,一部のカード会社を除くと,ほとんど補償される見込みはないと考えられた。また,会員規約はカード会員側にとって非常に厳しいものであり,暗証番号をスキミングされることを想定していないばかりか,どちらかといえば黙殺している雰囲気さえある。

 となると。。。
カード会員は,自前でカードのスキミング等による被害を防ぐ必要がある。簡単な方法としては,

1.暗証番号はカード毎に設定し,他のインターネットの各種暗証番号やパスワードと同じ番号は使わない。また,ゴルフ場等スポーツ施設や公衆浴場等レジャー施設のロッカーの暗証番号は,キャッシュカードやクレジットカードとは別の番号を使う。

2.持っているカードのうち,例えば海外旅行や非常時にキャッシングする可能性のあるカードは1,2枚に絞り込み,残りのカードはキャッシング枠をゼロにする。

3.被害に遭ってみないと分からないが,キャッシング可能なカードとして,DCカードやセゾンカードにしておくと,万が一の事態になっても,会員規約上,ある程度は話を聞いてもらえそう(日経トレンディの三井住友カードみたいな「会員規約上補償されません。」と回答されても仕方がない訳だから。)。

あたりだろうか。

 何でも自己責任が問われる今のご時世である。カード会員は,カードをショッピングカードと位置づけ,キャッシング枠をゼロにするようなカードライフをおくってもいいのかも知れない。カード会社に対しては,DM等でキャッシングのお勧めをしている場合ではなく,もう少しセキュリティを上げ,「会員規約上補償されません。」と言わないようなシステムを構築してほしいものである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月21日(月) 22時22分11秒

暗証番号(4)

テーマ:クレジットカード基本機能
前に続きます。

 クレジットカードミシュランのForumで勧められた本「キャッシュカードがあぶない(柳田国男)」を今日買って一通り読んでみた。キャッシュカードもクレジットカードのキャッシング機能も基本的には同じシステムなので,興味がある方はご一読を。

 さて,昨夜は一生懸命,カード関係の資料や乱雑に積み重なっている書類等からやっと各カード会社の会員規約を探してみた。暗証番号(3)でコメントしたJCBの規約の改定状況についてはかなり興味を持っていたからである。最も古いもののJCBとしては,1995年8月のJCBカード申し込み分の会員規約(鹿児島カードJCB)が出てきた。

("JCB"会員規約 抜粋)(1995.8印刷,1993.5.1推定改定)
第4条(暗証番号)
(第1項省略)
2.会員は暗証番号を他人に知られないように善良なる管理者の注意をもって管理するものとし、会員の故意または重大な過失により他人に知られたことにより生じた損害については会員の負担となります。

これが,2002年10月版になると

(JCB CARD 会員規約)(2002.10版)
第7条(暗証番号)
(第1項省略)
2.会員は暗証番号を他人に知られないように善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。カード利用の際,登録された暗証番号が使用されたときは,その利用代金はすべて会員の負担とします。

 現在のJCBの会員規約は,2002.10版の第7条に第3項が追加規定されているものの,第2項はまったく同じである。1995年当時と2002年の規約を比較すると,第4条(2002年の規約は条項移動により第4条は第7条に改められている。)の暗証番号の規定は大きく変更され,いかなる理由があろうとも登録された暗証番号が使用された場合は全て会員負担と規定がなされている。ちなみにアメックスもJCBと同じである

 つまり,JCBやアメックスに関して規約をそのまま読めば,暗証番号を悪意のある第三者が盗用してもその支払い責務は,当該カード会員にあるいうことである。

 これまでの記事とだぶるが,これが三井住友,UC,ダイナースの場合になると,「当社に責のある場合を除き」の除外規定が規定され(カード会社に責がある場合は余程のことなので,内容的にはJCBと変わらないと思う。),DCでは,「ただし、登録された暗証番号の管理において会員に責任がないと当社が認めた場合は」という,一文が入り,暗証番号盗用に際しての責任の所在を一義的に会員に責を負わせず,セゾンでは,「但し、会員の故意又は過失のなかったことが当社で確認できた場合は、会員のご負担とはなりません」と,会員の故意と過失でないことを会員が明らかにできれば,責を免れると読み取ることができる。

 暗証番号(3)のところで,日経トレンディの記事を紹介した。1999年当時は,会員側に対し,温情的な対応を日経トレンディに回答したJCB,UFJ,UCだが,JCBとUFJの規約改定経緯を追っかけてみると,除外規定があるばかりに以前は火傷をしたのではないかと想像してしまうのは何故だろうか。ちなみに,日経トレンディで最もそっけない回答をしたのは三井住友で「会員規約上補償されません。」とある。会員規約は,カード会社の考え方を代弁しており,規約からDCとセゾンを除くと,スキミングされようが,CCDカメラで暗証番号を盗まれようが,全てカード会員の責任であると考えた方がいいようである。

つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月20日(日) 18時02分58秒

暗証番号(3)

テーマ:クレジットカード基本機能
前につづきます。

 今までのカード会社の規約を見ていくと,当たり前の話かも知れないが,少なくとも私には,カード会社は民事・刑事訴訟法等関係法令の対抗要件として規定がなされていることが窺え,実際の対応については,各カード会社まちまちと考えた方が無理がないだろうと思っている。

 甘い考えを持つことは禁物ではないだろうか。また,カード会社も善良な会員のみを対象としているわけではないので,カード会社を騙してしまおうという者への対応も当然ながら迫られることになる。

 さて,クレジットカードの暗証番号についてのトラブル対応について,各カード会社の対応をまとめた雑誌の特集記事が過去にある。

 日経トレンディ 1999年9月号である。今から5年以上の記事なので,現在の対応とは異なることも否定できないが,今回の調査した会員規約で最も厳しかったUFJ(旧mc)とJCBの2社とUCのみが,管理上の不備(例えば,暗証番号を記載したメモとカードを同時に補完していた場合等)を除いて,原則,全額補償を日経トレンディ編集部に回答している。

 改めて当時の記事と現在の規約を比較してみると,カード会社の対応が変わったのではないかと想像してしまうくらいの印象を受けてしまうが,1999年当時の規約と比較しているわけではないので,これについては別途調べてみたい。

 日経トレンディの当該特集では,実際に犯罪に巻き込まれ,脅迫された上で暗証番号を第三者に教えた場合の対応については,補償されないことがほとんどというカード会社の担当者のコメントが同時に記載されており,暗証番号盗用に対しては,カード会社も対応に苦慮していることが窺える。

 情報化社会の中,カード会員は情報がどういった形で流れているかをつかめない状況下で,暗証番号盗用に係わる事件について,相手がつかまって自白しない限り,裁判で勝てる対抗要件をカード会員側が持つことは非常に厳しいと思う。

 したがって,会員側は,暗証番号4桁の意味を十分に認識した上で,暗証番号に係わる犯罪に巻き込まれないことが重要であると考えた方がより得策なのかも知れない。

 対策やカード会社における暗証番号の容易な変更の有無については,何かの機会に調べてみたい。

つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月20日(日) 18時00分00秒

暗証番号(2)

テーマ:クレジットカード基本機能
前に続きます。

#一度記事を書きましたが,ログが飛んでしまい。トホホです。

次に,カード会員に優しい?会員規約を見ていきたいと思います。前の記事のUFJ,JCB,三井住友カード,ダイナースの会員規約と比較して,若干異なっているのは,DCカードやセゾンカードであり,
https://www2.dccard.co.jp/kiyaku/kiyaku.shtml
http://www.saisoncard.co.jp/guide/gu010.html

例えば,DCカードの場合は,
(DCカード会員規約 抜粋)
第3条(暗証番号)
(1項及び2項省略)
3.カード利用の際、登録された暗証番号が使用されたときは、そのために生じた損害については会員の責任となります。ただし、登録された暗証番号の管理において会員に責任がないと当社が認めた場合は、この限りではありません。
4.使用されたカードの暗証番号が当社に登録された暗証番号と一致していることを確認し、当該利用者を本人として取り扱った場合は、カード・暗証番号等に事故があっても、そのために生じた損害については、当社はその責任を負いません。

となっています。

セゾンカードの場合は,
(《セゾン》カード規約 抜粋)
第4条(暗証番号)
(1号及び3号省略)
(2)ご本人以外の方に暗証番号を知らせ、又は知られたことから生じた損害は、会員のご負担といたします。但し、会員の故意又は過失のなかったことが当社で確認できた場合は、会員のご負担とはなりません

とあり,
一見すると,会員に責任がないことを明らかにさえできれば,他のカード会社の規約と異なり,全額補償される可能性があります。いわゆる除外規定ですが,少なくとも除外規定がないカード会員規定に比べると,何らかの理由により暗証番号を盗用され,被害を被ったカード会員が,多少でも証明できれば,なんとかなりそうな気がします。

つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月20日(日) 11時29分40秒

暗証番号

テーマ:クレジットカード基本機能
 最近,ゴルフ場での組織的キャッシュカードのスキミング事件を受け,カードの暗証番号に係わるセキュリティについても議論されることが多くなった。

 では,クレジットカードの暗証番号のセキュリティはどうだろうか。各カード会社の会員規約から読み取れるカード会社責任と会員責務についてみてみたいと思う。カード会社では,会員規約の中に暗証番号の条項を規定し,その中で会員の責務について規定している。内容を見ると,ほとんどのカード会社は,会員責務について暗証番号の管理義務を課している。

 例えば,会員側に対し最も厳しい規約を規定しているJCBとUFJの場合,
http://www.jcb.co.jp/kiyaku/pdf/kojin.pdf
http://ufjcard.com/kiyaku_ufj/regulation1.html

(UFJ VISAカード・MasterCard個人会員規約 抜粋)
第4条 (暗 証 番 号)
(1項省略)
2 会員は、暗証番号を他人に知られないよう、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。カード利用の際、登録された暗証番号が使用されたときは、暗証番号について盗用その他事故があっても、そのために生じる一切の債務について会員が支払いの責任を負うものとします

とあり,UFJの会員規約を見る限りは,暗証番号盗用についての被害は会員の責務となっている。他のカード会社はどうだろうか。

三井住友カードとダイナースの場合は,
http://www.smbc-card.com/mem/kiyaku/pop/kiyaku_kojin.html
http://www.diners.co.jp/footmenu/rule/index.html

(三井住友VISAカード&三井住友マスターカード会員規約 抜粋)
第8条(暗証番号)
(1項省略)
2.会員は、暗証番号を他人に知られないよう、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。カード利用にあたり、登録された暗証番号が使用されたときは、当社に責のある場合を除き、本会員は、そのために生ずる一切の債務について支払いの責を負うものとします。

とあり,三井住友カードとダイナースの場合は,「当社に責のある場合を除き」という除外規定があるものの,内容については,UFJとほとんど変わらないとみなしていいだろう。

つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月19日(土) 23時22分04秒

SMC VISA Platinum Year-End Summary

テーマ:三井住友VISAプラチナ
 本日,三井住友カードからYear-End Summary(年間ご利用明細書)が配達記録郵便にて届いた。Year-End Summaryといえば,アメックスではゴールド以上,ダイナースではビジネス・アカウントカード,CITIBANKでは同じVISA Platinumに付帯されているサービスである。残念ながら三井住友カード以外のものを見たことはないが,年間当該カードでどれくらい使っているかどうかの目安になるのは有り難い。

 ちなみに三井住友カードの場合は,月別での業種別集計表,業種別集計表がVISA PlatinumとMasterGold Pt別にまとめられている。業種別では,旅行,飲食,ショッピング,カーライフ,レジャーサービス,マネーサービス,その他に分類されているものの,加盟店別情報で記載がなされているため,実際の用途とは異なるケースも少なくない。

 他に過去2年間の業種別利用額が分かるので,当該年を含め比較できるのは面白いと思う。残念ながらVISA PtとMasterGold Pt合算の集計はない。実際のところはこの情報がほしいのだが。。。

 実は,ネット用にMasterGold Ptを多用しているために,昨年は初めてVISA PlatinumとMasterGold Ptの利用額が逆転してしまった。また,最近ではアメックス,ANAダイナース,JAL-JCB,セゾンと利用するカードも完全に分散化してしまったので,三井住友カードの相対的な決済額は年々減っているような気がする。しかし,毎年良く使っていると思う次第である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月18日(金) 23時53分53秒

ゴールドカード年会費もデフレ傾向か?

テーマ:ゴールドカード
 バブル以前はステータスだったゴールドカードも入会資格である年収1,000万円から500万円に下げられて久しい。最近では,様々な形で年会費の安価なゴールドカードも発行されてきて,消費者にとっては選択肢の幅が広がったと言っていいだろう。ただ,ゴールドカードもいわゆるゴールドカードとT&E系サービスを強化したフルサービスのゴールドカードとあり,選択するのであれば後者を選択したいものである。

年会費の安価なゴールドカードのうち,T&E系サービスも充実しているのは,

◎GONZO CARDゴールド(DCカード提携) 年会費無料
http://www.gonzo.co.jp/card/index.html
○UCS-VISA/Master/JCBゴールドカード(UFJ/JCB提携) 年会費3,150円(初年度無料)
http://www.ucscard.co.jp/lineup/gold/index.html
○UFJスヌーピープレミオ 年会費3,150円
http://ufjcard.com/card_ufj/snoopy_d.asp?tkcd=4023005
△荘銀UCゴールドカード 年会費5,250円
http://www.shogin-card.com/uc/ucf7.htm
△財団法人日本盲導犬協会ゴールドカード(DC提携) 年会費5,250円
http://www.moudouken.net/donation/dc.html
△ワンパスUFJ 年会費5,250円(初年度無料)
http://ufjcard.com/tcard/onepass.asp?tkcd=0750300
△東急TOPゴールドカード(SMC-VISA/DC-Master提携) 年会費6,300円
http://www.topcard.co.jp/card/kind-of/gold.htm

あたり。これらのカードは,ちゃんと空港ラウンジサービスもある。サービスの実を取るのであれば,悪くないと思う。

 もちろん,これら以外に年会費無料や安価なゴールドカードも存在する。ただし,上記以外のカードには空港ラウンジサービスといった代表的なT&E系サービスはない。色にこだわるのであれば,それも有りだろうし,発行先カード会社のサービスに魅力を感じるのであれば,選択肢の一つだと思う。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。