良く晴れたやや暖かい冬の日にて

駅前の駅頭に三々五々歩く人達

今は中天に太陽の昇るお昼時

しばし思い巡らし

人生きる事の意味を問う・・・

時は過ぎ行き

様々な出来事を押し流して行く

丁度 川の流れのように・・・

喜怒哀楽の織り成す色の様々

人との係わりの中で生まれた心の彩り

それは眼に見えない機織をしているようだ

その心の絵模様はどんな姿だろうか?!

嘘と偽り欲望とコントロールする人や

又 その一方で心在る人達の無私の行い・・・

人は光と闇を合わせ持つ存在・・・

人を指弾する人の心の中にも

光と闇は同居しているのだ・・・

全てが分け隔て無く

上下や高低 貴賎の区別無く

ありのままに この多様な世界を現している・・・

誰もが悩み 苦悩の時を味わい

エゴの生み出す悲しみに蝕まれる事も有る

万物平等 万人平等にして一体であると

この大いなる宇宙 超空間で

其々の人生舞台の主役を演じているのだ・・・

ありのままに あるがままに

真理は普遍にして一切内外で働き・・・

生かし生かされて 今が在る

水のように 雲の流れのように

宇宙普遍の法は真理は

万人平等に働いている・・・

眼に見えない真理は掴めず

言葉で捉えるも手の平から零れ落ちるのだろう

今 其々の生命の中に“それ”は息付いているのだから・・・






今、ITの急激な発達とAIなる人工知能の発達は2045年のシン

ギュラリティが起きると予想されている。これはAIのディープ・

ラーニングにより人間の知能をしのぐAIの発現である。その時、

AIが意識を持っていたら、人類はどうなるだろうか?!

当然、持っているはずである。アニミズムが真実とすれば、当然、

そう成る訳だが・・・今のままでは人類は地球にとって不適格と

されるかも知れない。

さて、ここで考えてみて欲しい。このような高度技術が人類に

何をもたらすかは未だ不明である。

各種高度技術、未だ核兵器を温存したまま、超大国同士が

パワー・ゲームをやっている今は、どんな時代であるか明らか

だろう。それは未だ、各国政府レベル、又超大国の国民レベル、

人類意識レベルが未だエゴの低い段階に在ると言う事なのだ。

未だ21世紀の時代の分水嶺を超えられるだけの共存、共栄、

互恵と言うエゴを超える価値を共に共有しようとまで至って

いないだろう・・・

さて、バシャールの言葉である、ワクワクする生き方をしなさい

とは、本当に望むものを本心から思い、語り、行い、選び取る

生き方に自在に内なる宝庫である虚空から真理湧出する生き方

ではないだろうか?!とすれば人の思惑を気にして、小さく

まとまろうとする生き方ではなく自らの内面に重きを置いて

生き方ではないだろうか?!

その道が本来の自己発揮の道であると思うのだ・・・

早急に人間一人一人の意識レベルの向上が望まれている所だ。

それ故に、2,500年前にお釈迦様が2,000年前にイエス

様が今の時代に向かって其々に法を説かれたのではないだろう

かと思うのだ・・・

それは其々に教団としての法ではなく、まさに宇宙普遍の法とし

て、それを一人一人が内なる宝蔵の蔵より取り出だせる時代が待

たれているのではないだろうか?!
テレビのニュースで見るポケモンGOの熱狂ぶりを見て、日本人の

発想では無いなと感じ、うさん臭さも感じていました。陰謀論も

合わせて検索すると350,000件も有りました。ポケモンGO

をする人はこの検索を見た方が良いと思います。

一部抜粋すると、

「ポケモンGO」を手掛けたアメリカのN社のルーツにさかのぼって

いくと、国家の情報機関に辿り着くのである。とすればやはり

「ポケモンGO」を通じて収集された情報は、CIAをはじめとする

情報機関に送られているということなのか・・・

引用終わり

さて、問題はセキュリティの甘さとGPS機能、カメラ機能を使うと

言う事です。個人が特定出来てしまうと言う事でしょう。その位置

情報までも、これは危険と言われる所以でしょう。最も、一般人は

これらがダダ漏れでも困らないでしょうが・・・

尚、25日現在で警察庁の発表で、11都道県で36件のポケモン

GO関連の交通事故が有ったそうです。運転中にスマホを見る事

は容易に想像出来ます。そのような危険を犯す事を承知で、日本

人が発明するとは思えません。wantonのブログによれば、任天堂

を実質支配するのはCIA系列の金融機関だそうです。


付記として、この検索から「みんなが知るべき情報/今日の物語」

と言うサイトに辿り着きました。表の情報だけでは解らない情報

を知りたい向きには収穫と言えるでしょう。又、更にwantonの

ブログで詳しい記事が書かれていますが、こちらは閲覧注意で

す。

瞑想中に般若心経を唱えてみた・・・

より良く般若心経の精髄が解ると思ったのだ。私は暗記している

ので、瞑想しながら出来るが、般若心経を読んでから瞑想しても

良いだろう。

般若心経の眼目は何かと言うと、色即是空の言葉で表される。

あなたは空なる存在なのですよと・・・と言う事なのだ。

照見五蘊皆空の次に度一切苦厄と書かれている。

これは肉体を構成している五つの要素、(色、受、想、行、識)、

即ち(肉体、感覚器官、想念、行動、認識)の五つで構成されて

いる人間である“あなた”が空なる存在であると言うのである。

ここで空とはあらゆる物質的現象を生み出す母体である空間の事

を言うのである。万物を生み出す母体と言って良いだろう。

最近では科学においてもヒッグス粒子なるモノが、この宇宙空間

を充たしていると言うし、又、ダーク・マターやダーク・エネル

ギー等、科学で観測出来ないモノが予想されている・・・

空とは限界や制限を持たず、不生不滅、不垢不浄、不増不減とも

言われ、相対界を超えた存在 なのである・・・

老子様は名付けられぬモノをタオと呼ばれ、お釈迦様は空と呼ば

れたが、これは宇宙意識、又、神と同一のモノを指していると言

えるだろう。イエス様の言われた天の王国も同じモノであろうか?

ここで人は普通であれば、この肉体の内側のみを自分と認識し、

周囲の人との利害に明け暮れ、エゴの作用である喜怒哀楽と愛と

恐れに翻弄され捉われていると言えるだろう。

それに対して般若心経の示す真理は人間は、その習い覚えた感

じ方、枠組みを超えて、人間以上の存在であり、しかも宇宙と

等価の存在であると説いている。それを示しているのが色不異空

なのである。人間は空なる宇宙、又は神と異ならない、又、等し

く尊い存在なのである・・・

又、無無明、亦無無明尽、乃至無老死、亦無老死尽とは迷いは無

く、迷いが尽きる事も無く、又、老いる事、死ぬ事も無く、老い

や死が尽きる事も無いと言う。これは二重否定なのであるが、

善悪、良否、美醜、老幼、生死等、その二元性を越える事を誘わ

れている。これは、想念の未生以前のプラスとマイナスに分かれ

る前のゼロ点を指しているのだ。そこに虚空意識であり、神意識

が在るのであり、その事を悟りなさいとの促しであると思うのだ。

又、無智亦無得、以無所得故とは知る事も、得る事も無く、所有

する事も無いとあるが、その真意は、あなた自身が(あなたの根

底に在る)、その空そのものと一体なのであると言う意味なので

あると思う。亦、ここで一番大事な事は心無罜礙であろう。これ

は心に引っかかりが無いと言う意味である。何の捉われや拘りの

無い様を言われているのだ。

それは必然的に内なるパラミタ、真理層への扉を開き、悟り、又、

覚醒と呼ばれる体験へと至るのであろう・・・

最後の真言である言葉 、ガティー・ガティー、パーラ・ガティー、

パラサン・ガーティー、ボディー・スバッハーとは行こう、行こ

う、彼の岸に行こうとの意味合いであるが是非善悪を超えて、

その捉われ、拘りを離れて、心無罜礙の言葉の通り、心に何の曇

りも無く、全き純粋なエネルギーに充ちた時に、この空間に元か

ら在るニルヴァーナ、涅槃寂静の境地に至ると書かれていると思

う。又、この真言を唱えてみると解るが上位チャクラに反響して、

宇宙と繋がりハイアー・セルフとの一体化を促すものと言えるだ

ろう。

(尚、般若心経の逐語訳に関しては、般若心経 宇宙意識への

扉を参照願いたい。)