ミカリュス ブルガリスのフランス語恋愛絵日記

フランス・パリに棲息するミカリュス・ブルガリスとその世話係のグラン・ヌヌスの日常生活を絵日記にしました。La vie quotidienne de Miccalus Vulgaris et son ami, Grand nounours. フランスの美味しいもの、マルチリンガル子育てなどについても書いています。


テーマ:

子育てに迷いがある優しいお母さんたちへ

 

 

 

この記事の続きですので、まだお読みでない方、読んだけれど内容を忘れてしまったかもという方は、ぜひこちらからお読みくださいね。

 


 

 

ママを守るために生まれてきたよ!という本の中でこんな一節があります。

 

 

生まれてきた子どもたちは、真っ先にお母さんの役に立ちたいと願っています。

 

それが人生で果たすべき最初の使命なのです。

 

そして、だいたい15歳くらいまでにその使命をなしとげたお子さんは、安心して自分だけの世界を築くことに着手します。

 

昔ならちょうど元服のころ、いまの子どもたちなら、自分の将来についてそろそろ考えはじめるころでしょう。

 

そのころに、お子さんが安心して自分の将来を考えられるよう、お母さんたちにはぜひ幸せになってもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんがお母さんを選んで生まれてくる目的は、お母さんを笑顔にするためなのだそうです。

 

リブログした前記事にもありますように、赤ちゃんがお母さんを選ぶときに、優しいお母さんに続いて人気があるのは、泣いていたり寂しそうだったりして、生きるのが辛そうなお母さんだそうです。

 

 

 

たとえ一番人気の優しそうでいつも楽しそうなお母さんを選んだとしても、出産・子育てを経て、いつも辛そうなお母さんに変わってしまうかもしれません。

 

 

 

お母さんを笑顔にするために生まれてきた最初の使命が果たせないと、子供はずっとそこにとどまって前に進めなくなります。

 

 

成人しても親の顔色を伺って、就職や結婚を自分の魂が求めるからというよりも、親を安心させるためや喜ばせるために選んでしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

女の子なら、無意識のうちにお母さんより幸せになってしまうことにブレーキをかけてしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

 

 

お母さんが幸せであれば、子供はのびのびと生きることができます。

 

なぜなら、自分が生まれてきた最初の使命を果たすことができたからです。

 

 

 

お母さんが辛そうだと、自分自身の幸せを掴むための試行錯誤する時期が遅れてしまいます。

 

 

 

 

思春期はそのための絶好の期間なのですが、その時期にお母さんが悩み過ぎたり落ち込んでばかりいると、本来ならば次の使命(自分自身の人生を生きること)に向かって進んでいくべき時期にうまく移行できず、お母さんの顔色ばかり気にするようになるかもしれません。

 

 

 

子供は見ていないようで感じています。

 

 

お母さんが幸せかどうかはすぐにわかるものです。

 

 

子供の成績や受験や就職をまるで自分の人生の通信簿のように思い込んで、それだけに人生をかけることは子供の自由な選択を狭めてしまうことになるかもしれません。

 

 

 

親が憧れる学校や職業が子供に合っているとは限りませんし、誰もが生まれる前に決めてきた人生の筋書きというものがあるので、本人がそれを思い出して実行できるようにサポートをしながら静かに見守ることが大切なように思えます。

 

 

 

生きていくうちに起こる苦しみの多くは、自分の人生を生きていないことから発生すると言われています。

 

 

子供にとって一番身近で大好きなお母さんが自分の人生を楽しんでいないと、子供も人生を楽しめないものです。

 

 

 

 

 

 

 

そういう私もシングルマザーだったということもあり、子供に夢や希望を託して、それが自分の幸せにつながると思い込んでいた時期がありました。

 

 

息子もその期待に添うように頑張ってくれていたと思います。

 

 

 

 

でもある日、まさしく昔であれば元服の年齢である15歳になった頃、突然、息子の方から自分の人生を生きることを宣言されたのです。

 

 

子離れできない私と物理的に距離を置くことで、自分自身の進む道を見つけたかったのだと思います。

 

 

 

息子にその大きな勇気ときっかけをくれたのが私の再婚です。

 

 

 

もうママの面倒は見なくていいとホッと肩の荷が下りたのでしょうか。

 

 

息子も私もここでは書ききれない大きな葛藤がありましたが、時間と共にあの時の息子の選択は正しかったと思えるようになりました。

 

 

 

 

距離的には遠く離れて暮らすことになりましたが、心は昔のまま繋がっていてお互いの幸せを願う気持ちが強まるばかりです。

 

 

私が息子のためだけに生きなくなったことで、息子も自由になり、本来の自分を取り戻して水を得た魚のように人生を謳歌するようになりました。

 

 

 

精神的自立という意味でも、今ある状況を親のせいや周りの環境のせいにすることなく、自分で納得した上で選んだ道を進んでいっているように感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この本には流産や死産、中絶によって生まれてこなかった赤ちゃんからお母さんへのメッセージについての章もあります。

 

生まれてこなかったことは赤ちゃんが決めていて、その時のお母さんの状況に一番良い選択を赤ちゃん自身がしているというようなことが書いてありました。

 

そしてその時に生まれてこないことを決めた同じ赤ちゃんが、また同じお母さんの元へとやってくることも多いそうです。

 

またここでは触れませんが、不妊や養子などの血の繋がりのない親子の関係についても、心暖まる優しい語りかけで書かれています。

 

 

ママを守るために生まれてきたよ!

 

 

 

 

 

 

またこの本の最後に、5歳の頃の自分に会いに行くというワークについて書かれている部分があります。

 

 

私も5歳の私に会いに行きました。

 

 

今まで生きてきた人生を正直に語り、たいへんだったこともいっぱいあったけれど、今、優しいパートナーに出会ってフランスに住んでいて幸せに暮らしていることを伝えました。

 

そしてニコニコしながら優しく聞いてくれている5歳の私を抱きしめて、『何があってもだいじょうぶだよ、なんとかなるよ。』と伝えてお別れしました。

 

 

 

 

5歳の私は、未来から来た私に会えてとてもうれしそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリのサロン・ドゥ・ツーリズムに来ていた山羊さん。

横で丸くなっている眠っている赤ちゃんに最初は気づきませんでした。

 

{221140D6-6F70-4127-8870-F7237493122D}


 

 

クリップ 土曜日のパリ散歩

 

クリップ サロン・ドゥ・ツーリズムにて

 

 

 

 

 

 

 

ご縁があり、このブログに辿り着いていただいたことに感謝しております。

私に知らせる形で読者登録をしてくださればたいへん励みになりますのでどうぞよろしくお願いします。

 


読者登録してね

読者になるとこのブログの更新情報が届きます。

 
 
 


 

<アメンバー申請をされる方へ>

毎日、たくさんの読者登録とアメンバー申請をいただきありがとうございます。ラブラブ

アメンバー申請をされる方は、必ずこれらの記事を熟読の上、メッセージを添えてご申請くださいね。
(アメンバーさんは女性限定となっております。)おとめ座

読者登録と同時は受け付けていませんので、読者登録後、交流を深めてからご申請くださいませ。ハート


クリップ アメンバーさん限定 - 誰にも言えないラブストーリー

クリップ 恋と愛 情熱と安らぎ
 
 
 
 
 
 
<アメンバーの皆様へ>
 

赤ちゃんヌヌスヒヨコ他、グランヌヌスクマ特集をアップしました。

天使時代のグランヌヌスをお楽しみくださいね。天使

 

早速コメントをくださった皆様、ありがとうございました。 グランヌヌスが皆様のコメントがすごく気になるみたいなので、フランス語に翻訳して伝えています。
 
 
 
「誰にも言えないラブストーリー」に多くの優しいコメントありがとうございます。ハート
 
こんな自己満足の思い出ストーリーに付き合ってくださる天使のようなアメンバーさんたちに感謝・感激です。天使天使天使
 
<第8章>が書き上がりましたので、読んでいただけると嬉しいです。
 
 
 
 
また『初めまして♡ミカリュス・ブルガリスです。』の記事には、優しすぎる愛情のこもったコメントをたくさんいただきまして、本当にありがとうございます。
 

記事のコメントのお返事が終わっておりますので、コメントくださった方は、お時間のあるときにご確認くださいね。

スキンケアなどの質問にもお答えしています。おとめ座

 

 

 

 

今後はさらに皆様との信頼関係を築きながら、ブログ上のヴァーチャルな関係を超えたお付き合いをしていければと思っております。
 
 
 
 
 
 

アメンバー記事は、主に家族のプライペート記事になっておりますので、ブログをされていてその方の暮らしぶりがある程度わかる方に限らせていただいております。読者登録を私にわかる形でしていただいていて、コメントなどで何度か交流をしていただいている方で興味がある方がいらっしゃったら、遠慮なく申請してみてくださいね。

その場合、メッセージで自己紹介してくださいますと承認がしやすくなりますのでよろしくお願いします。
 

フランス生活やフランス語関係の記事、愛されて幸せになる秘訣や美と健康を保つための記事など、皆様に有益と思われる記事は全て一般公開しておりますが、もし私に知らせない形で読者登録をしてくださっている方がいらっしゃいましたら、私に知らせる形の読者登録に切り替えていただければ、双方向のコミュニケーションができ、今度の更新の励みにもなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。       

   

     

 

   

   

パリでの日常生活はこちらで綴っています。ウサギ            
パリ近郊情報も盛りだくさんです。          
 

いつかパリに住みたい女の子のためのガイドブック。            
おススメのカフェ、レストラン、観光スポットなど、普通のパリの暮らしを綴っています。    
       
           
ミカリュス・ブルカリスのパリ・ガイドブック            
           
       

   

     

   

フランス語と英語の学習方法や、息子の他言語生活などについてはこちらです。男の子    

   

       
フランスの子どもたちの日常生活や、子どもと過ごすパリのバカンス、フランス語や英語を親子で楽しく学ぶ方法など、あれこれ書いています。            
           
子どもと一緒にバイリンガル      

   

     

   

     

  

     

   

激戦の国際恋愛ランキングに参加してみました。      

   

いいなって思ってくださった方は、クリックしてみてくださいね。      

   

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(1)

ミカリュス ブルガリス(Miccalus Vulgaris)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「子育ては親育て」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。